FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2019年04月19日 (金) | 編集 |
→ 20190417_附属自然教育園 シリーズ

4月17日 国立科学博物館 附属自然教育園 に行きました。 

シュンラン の花が咲いています。

R0042817シュンラン名札と全体_400

R0042819シュンランの花_400

淡い緑色がきれいですね。

R0042820シュンランの花_400

こんなところに咲いています。
R0042816シュンランの風景_400

少し歩くと ここにも シュンラン。 
葉が元気すぎて 花はあるのかなぁ

R0042931シュンラン名札と茂った葉_400

しゃがんで、こんにちは! 

R0042936シュンランの花_400

R0042933シュンランの花_400

ズームで見てみましょう! このまま飛んでいきそうですね (=^▽^=)

R0042935シュンランの花Zoom_400

めも:2019/04/17 CX2 で撮影

シュンラン ラン科

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2019.4.11
 

[READ MORE...]  Myタグ 場所_附属自然教育園 花の色.白 花の色.緑 
2019年04月18日 (木) | 編集 |
→ 20190417_附属自然教育園 シリーズ

4月17日 国立科学博物館 附属自然教育園 に行きました。 

見ごろの花、イチリンソウとニリンソウ

イチリンソウ の花 路傍植物園

R0042781イチリンソウの花_400

R0042780イチリンソウの花Zoom_400

ズームで見てみましょう!
R0042781イチリンソウの花Zoom_500

R0042779イチリンソウが一面に_400

一面に咲く イチリンソウ
R0042778イチリンソウの風景_400


イチリンソウ (一輪草、学名:Anemone nikoensis Maxim.) キンポウゲ科 イチリンソウ属
花弁状の萼片を持つ花を1個、花茎の先端につける。
萼片は白色でふつう5-6枚、裏面は紅色を帯びる場合がある。花弁はない。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ニリンソウ の花 路傍植物園

R0042803ニリンソウの花2輪_400

R0042800ニリンソウの花2輪_400

ズームで見てみましょう! 雌しべが膨らんでいます
R0042803ニリンソウの花Zoom_500

R0042801ニリンソウの花と葉_400

一面に咲く ニリンソウ
R0042802ニリンソウの風景_400

ニリンソウ (二輪草、学名:Anemone flaccida) キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。
めも:2019/04/17 CX2 で撮影



→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2019.4.11
 

[READ MORE...]  Myタグ 場所_附属自然教育園  花の色.白 
2019年04月18日 (木) | 編集 |
→ 20190417_附属自然教育園 シリーズ

4月17日 国立科学博物館 附属自然教育園 に行きました。 
久しぶりです。

自然教育園で見ごろ情報を元に、、散策開始!

ミツガシワ

初めて聞く名前だったので、どんな花か興味津々。
場所は 園内をだいぶ進んだ 「水生植物園」です。

R0042995ミツガシワの風景_400

R0043000ミツガシワの花が一面に_400

R0042996ミツガシワの花と葉_400


R0042997ミツガシワの花_400

蕾もありますね。
R0042998ミツガシワの花と蕾_400

R0042999ミツガシワの花CutZoom_400

ズームで見てみましょう!
R0042999ミツガシワの花Zoom_400

「葉は複葉で3小葉からなる」 そうです。
混み合った葉をよく見ると、3枚組になっている。 (=^▽^=)
R0042995ミツガシワの小葉は3枚_400

花と葉の全体です。
R0043000ミツガシワの花と葉_400

木道が印象的な 「水生植物園」
R0043001ミツガシワの風景_400

めも:2019/04/17 CX2 で撮影


ミツガシワはミツガシワ科ミツガシワ属の一属一種の多年草。
日本を含め北半球の主として寒冷地に分布し、湿地や浅い水中に生える。
地下茎を横に伸ばして広がる。葉は複葉で3小葉からなる。
4-5月に白い花を総状花序に多数つける。 ウィキペディア

・ ミツガシワ 四季の山野草

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2019.4.11
 

[READ MORE...]  Myタグ はじめて!.花 花の色.白 場所_附属自然教育園 
2018年11月07日 (水) | 編集 |
20181104_稲荷神社 シリーズ
 
 ノゲシ が咲いています。

R0040018ノゲシの花Zoom_400

R0040020ノゲシの花_400

R0040099ノゲシ_400

R0040019ノゲシの花_400

葉のつき方にも 注目。
R0040021ノゲシの葉_400

こんなところに生えていました。
R0040017ノゲシの花の風景_300

綿毛になってますよ。
R0040022ノゲシの花の風景_400

めも:2018/11/04 CX2 で撮影

ノゲシ(野芥子、Sonchus oleraceus) キク科ノゲシ属の植物の一種。
 別名 ハルノノゲシ、ケシアザミ。 
 

 Myタグ 場所_散歩.稲荷神社 
2018年10月11日 (木) | 編集 |
→ 20181009_縄文の村 シリーズ

遺跡庭園 縄文の村 自然観察会 の後 もう一度行きました。

丸い葉の草は何でしょう? 「団扇みたいな葉」でGoogle画像検索したら、ヒットしました。

ヒマラヤユキノシタ です。

R0039168脇の庭の草の葉何B?_500

R0039167脇の庭の草の葉何B?_500

花が咲いていないと、ただの菜っ葉畑みたいですね。 (*^_^*)♪

R0039166脇の庭の草の葉何B?_400

こんなところに、生えています。
R0039165脇の庭の空のプールと何B_400


めも:2018/10/09 CX2 で撮影


近所で花を見たことがあります。 2/15 ヒマラヤユキノシタの花 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」



ヒマラヤユキノシタ ユキノシタ科 学名:Bergenia stracheyi
別名:ベルゲニア
参考
・ ヒマラヤユキノシタ ヤサシイエンゲイ
・ ヒマラヤユキノシタの基本情報  みんなの趣味の園芸

10/6 午前は 遺跡庭園 縄文の村 自然観察会
 ⇒  Myブログ:20181006_自然観察会シリーズ
 
10/6 観察会の後、午後は 「琥珀の勾玉づくり」教室です。
 ⇒ コハク勾玉作り教室に参加したよ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

・ 東京都埋蔵文化財センターの企画展示
 平成30年度企画展示 『蒼海(うみ)わたる人々 考古学から見たとうきょうの島々』
 平成30年3月21日(祝)~平成31年3月10日(日)

2018年4月の観察会も見てね
 ⇒ 東京都埋蔵文化財センターで縄文体験 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒  Myブログ:春に会った植物に再会したい
 

 Myタグ 場所_縄文の村 
2018年10月02日 (火) | 編集 |
秋の七草 クズ(葛)

10/2 川べりを散歩、 一面クズがはびこっているところがあります。

花を探したら・・・、ありました。 でも イマイチかな

R0038824A河原のクズの花_400

R0038823A河原の一面のクズの花_400

まるで葛の葉の絨毯 
R0038822A河原の一面のクズ河口方向の風景_400

R0038821A河原の一面のクズ_400

めも:2018/10/02 CX2 で撮影

 

 Myタグ 花の色.桃色 場所_散歩.A川原 
2018年09月14日 (金) | 編集 |
夕方17時近く、交差点のフェンスの中で咲くピンクの花。

サフランモドキ です。

R0038463交差点のサフランモドキの花_500

R0038464交差点のサフランモドキの花_400

茎にも周囲にも葉はなく、花だけが 突然咲いています。 右隣には 蕾
DSC_3914交差点のサフランモドキの花_400

花の色はこのくらい濃かった。
DSC_3915交差点のサフランモドキの花_400

めも:2018/09/14 CX2 で撮影


サフランモドキ  ヒガンバナ科 ゼフィランサス属(タマスダレ属)  別名 ゼフィランサス
西インド諸島やメキシコに自生する多年草で、観賞用の園芸種
 

 Myタグ 花の色.桃色 
2018年08月31日 (金) | 編集 |
→ 20180829_千葉 シリーズ

ニッケコルトンプラザの花壇

一面緑の中に はっとするような 赤紫の茎がすくっと!

ヨウシュヤマゴボウ です。
R0037992ヨウシュヤマゴボウの風景_300

鮮やかです。
R0037992ヨウシュヤマゴボウ_400

実の色が 緑からワイン色に変わりつつあります。
左端は 花の蕾でしょうか。
R0037993ヨウシュヤマゴボウの実_500

R0037994ヨウシュヤマゴボウの実_400

めも:2018/08/29 CX2 で撮影

ヨウシュヤマゴボウ (洋種山牛蒡、学名: Phytolacca americana) は、ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草。
別名は、アメリカヤマゴボウ。
 果序が垂れ下がる。 果実をつぶすと紅紫色の汁がでる。

似た仲間
・ マルミノヤマゴボウ (丸実の山牛蒡) 学名は、Phytolacca japonica ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属
 分果とならず、果期にも果穂が下に垂れない。

・ ヤマゴボウ  →  FILE63  ヤマゴボウ 「カネゴン先生の植物教室」
ヤマゴボウ科の多年草。 
日本全土,東アジアの温帯に分布し,人家付近にはえる。根は肥大し,円柱形。茎は太く,直立し,高さ1m内外となり,大型で楕円形の葉を互生する。
6〜8月茎頂に長さ5〜12cmの総状花序が直立する。
花は白色で径約8mm,花弁はなく,萼片(がくへん)は5枚。
果実は扁球形の液果で黒紫色に熟し,果穂も直立する。果汁は紫色。
 →  ヤマゴボウ 栄養・生化学辞典の解説

ご注意: 上記3種とも 毒があるので 食べられません!

変なブログをみつけました。!!(>д<)ノ
・ 有毒なヨウシュヤマゴボウを上から下まで食べ尽くしてみる (真似しないでください案件)

「ヤマゴボウ漬け」として販売されているのは、
 キク科の「モリアザミ」の根の漬物で、本種とは全く別の植物です。
当然ながら 花は、アザミの花です!
モリアザミ  もりあざみ(森薊) キク科 分類:草 学名:Cirsium dipsacolepis
別名・別読み: ゴボウアザミ
 → 四季の山野草 (モリアザミ) 

・ 漬物の山ごぼうとヨウシュヤマゴボウ(東京都薬用植物園)
・ 自然毒のリスクプロファイル:高等植物:ヨウシュヤマゴボウ 厚生労働省
 

 Myタグ 場所_千葉 
2018年08月27日 (月) | 編集 |
 → 20180822_日比谷公園 シリーズ

園内では、ノシラン の白い花が、あちらこちらで咲いています。

DSC_3613ノシラン:日比谷公園_400

DSC_3613ノシランの花と葉_400

DSC_3614ノシラン:日比谷公園_400

めも:2018/08/22 SW001SH で撮影

ノシラン. 学 名. Ophiopogon jaburan Lodd. 科 名. クサスギカズラ Asparagaceae.  
 

 Myタグ 花の色.白 場所_日比谷公園 
2018年08月15日 (水) | 編集 |
8/15 国立近代美術館 へ行く途中・・・、
竹橋を渡りながら 何気に水面をみたら、びっくり。
水は見えず びっしり 水草が生えています。

これって何?
こんなに茂って いいことなの?

R0037572竹橋_400

ずっと向こうまで、緑の絨毯 o(*'o'*)o
R0037573竹橋と水草_400

橋の欄干から 覗いてみます。
R0037575竹橋の水草_400

いったい何でしょう? 

『皇居 竹橋 水草』 でGoogle画像検索したら、似た葉をみつけました。

ヒシ(菱)のようです。 ということは・・・菱形の葉。 (*^_^*)♪
R0037574竹橋の水草CUT_400

写真をよく見ると 左上の方に 白い点が写っています。
R0037574竹橋の水草_400

ズームで見てみましょう!
ヒシの花は白いそうですから どうやら花のようです!
R0037574竹橋の水草白いのは花?_400

花の見ごろは7月~10月 なので もう一度見に行きます! (*^_^*)♪

めも:2018/08/15 CX2 で撮影

ヒシ(菱 、学名:Trapa japonica)は、ミソハギ科 (クロンキスト体系ではヒシ科) ヒシ属の一年草の水草。
池沼に生え、葉が水面に浮く浮葉植物。種子は食用にされる。
夏から秋の7 - 10月にかけて、葉のわきから伸びた花柄が水面に顔を出して、花径約1cmの白い花が咲く。

そうそう 万葉集にも詠まれています、 昔から日本人になじみのある植物なんですね。
1年生の水草。水面にひし形の葉を浮かべ、白い小さな花を咲かせます。
ヒシの実は、甘味の少ない栗に似た味で、食用にされました。

『君がため 浮沼の池の 菱採ると わが染めし袖 濡れにけるかも』 柿本人麿歌集(巻7-1249)

大意:あなたのために池のヒシの実を採ろうとして、着物の袖を濡らしてしまいました。

・ 菱 (ひし) 写真集 2 (花、実) 「季節の花 300」
・ ヒシ Wikipedia
・ ヒシ 超水草図鑑

皇居のお濠や竹橋付近のことを調べました。
・ 皇居のお濠改善プロジェクト始動 生態系の再生目指して (文化 - 2018年5月29日)
・ 「お濠の名前をおぼえる」 ~ 無限ひとり遊び 2016年7月26日 (火)
・ 皇居外苑ニュース > 環境保全の取り組み

水草の種類
・ 今日もガサガサ日和 vol.17 〜水草の森

こちらも見てね。 今日行った美術館です。
 ⇒ 国立近代美術館へ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ 「金剛宗家の能面と能装束」三井記念美術館に行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 

 Myタグ 水草 はじめて!.花 花の色.白 和歌