FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2007年03月26日 (月) | 編集 |
2007/3/23 R公園にて

ハルジオン (春紫苑)でしょうか?
薄紅色が柔らかでとってもきれい。 蕾もたくさん付いて 初々しいってかんじ!

似ている花に 「ヒメジョオン」があります。 ⇒ 2006/10/18の記事へ
春紫苑は蕾のときに下を向いていて、ヒメジョオンは上を向いているそうですよ。

ハルジオン?

めも:2007/03/23 R公園にて Ca GXで撮影
ヒメジョオンとの見分け方 [編集]
 ハルジオンとヒメジョオンは、花がよく似ていて混同してしまうことがある。
 標準的には、ヒメジョオンの方が背が高く、花は小さくて数が多く、根本がすっきりしている。
これに対して、ハルジオンは、背は低く、花は大きくて少なく、根本に葉がある。
また、ハルジオンの蕾は下を向いて項垂れているような特徴がある。従って、しっかりと比べて見れば、はっきりと見分けがつく。
 分かりにくい場合は、茎を折ってみるとよい。
ヒメジョオンの茎には空洞がないが、ハルジオンの茎には真ん中に空洞がある。
葉の付き方も違い、ヒメジョオンの葉は茎を抱かないが、ハルジオンは茎を抱くように付く。
 最近では、デジタルカメラで花をマクロで撮る人が増え、花だけを拡大して写すことがよくある。
そのような花だけの写真では、この両者の区別がとても難しい。
標準的な花では、ハルジオンはヒメジョオンより花が一回り大きく、舌状花の数も多いので、見分けられるが、判断が難しい場合もある。
 なお、ハルジオンとヒメジョオン以外にも、近縁のものがあるので、注意が必要。
 また、花弁の白い部分がやや紫がかる個体が見られることもあるが、これは清浄な空気の中で育った時にできるものである。

タグ ~ はじめて! 桃色の花 帰化植物 蕾
関連記事

 Myタグ 帰化植物  花の色.桃色 メモ.紛らわしい .花 はじめて!.花 
コメント
この記事へのコメント
ほほっ
このは紅葉さん こんばんは。
薄紅色の頬に、うつむき加減に ほほっ って笑う。
いまはあまりいない人種? かもね!
2007/03/31(土) 01:37:44 | URL | ベルル #TY.N/4k.[ 編集]
下を向いているのは
恥じらいの表情っぽい?
わたしみたいに人見知りするのかな?

お花の表情もいろいろあって面白いですね。
2007/03/30(金) 23:16:03 | URL | このは紅葉 #3/2tU3w2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック