FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2010年03月16日 (火) | 編集 |
やっと写真に撮りました。 ハコベ です。
小さくてありふれていて見過ごしがちな・・いわゆる雑草。

ハコベ ナデシコ科 ハコベ属

RIMG0262ハコベ_400.jpg

RIMG0257ハコベ_400.jpg

RIMG0259ハコベ_400.jpg

RIMG0259ハコベZoom_400.jpg

RIMG0258ハコベ_400.jpg

RIMG0258ハコベZoom_400.jpg

めも:2010/03/16 CX2 で撮影

タグ ~ はじめて! 白い花 紛らわしい 小さな花

ハコベといっても、種類がいくつかあります。
ハコベ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

◇ 主な種
・ コハコベ S. media (L.) Villars
高さ:10~20cm
雄蕊:3から5本
花弁:がく片と同長、深く2裂

・ ミドリハコベ S. neglecta
全体に柔らかい草。成長した際の高さは15~50cmくらいとなる。
  葉は卵型となり、短い柄をつけ、対生する。
  春~夏に径6-7mmの白い五弁の花をつける。
  花びらは小さく目立たないが、よく見ると細い花びらが10枚あるように見える。
  これは、5枚の花びらがそれぞれ2つに深く裂けているためである。雌しべの先端は3つに分かれる。
  おしべの本数がミドリハコベでは8から10本、コハコベでは3から5本であること、
  花弁ががく片にくらべて短い(コハコベはほぼ同長)であることなどで区別する。

・ ウシハコベ S. aquatica
雌しべの先端が5つに分かれることで見分けがつく(このため、ウシハコベ属に分類する場合もある)。

・ ノミノフスマ S. alsine Grimm var. undulata (Thunb.)
ハコベの名を持たないがハコベ属。葉は他のハコベと違って細い楕円形でハート形にならない。

◇ 多少似たところのある類縁のない植物
* ルリハコベ (サクラソウ科)
* ミゾハコベ (ミゾハコベ科)
* スズメノハコベ (ゴマノハグサ科)
* ミズハコベ (アワゴケ科)
関連記事
 Myタグ 花の色.白 メモ.小さな花 メモ.紛らわしい .花 はじめて!.花 
コメント
この記事へのコメント
マンションにも
MusiKureさん、こんにちは!
昨日は、マンションの花壇の脇にたくさんハコベが咲いているのを発見!
うれしっくって、写真も撮りました。
2010/04/12(月) 11:24:51 | URL | ベルル #TY.N/4k.[ 編集]
ハコベの写真、とっても綺麗に撮影されてますね。
やっぱり、お花は綺麗です。
似た種が多いけれど、だからこそ楽しい~~^^
2010/04/11(日) 21:26:44 | URL | MusiKure #yl2HcnkM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック