fc2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2009年08月17日 (月) | 編集 |

最近覚えた リョウブ 、真っ白の花が印象的でした。

いまは、花から実へと変身中?

P8160149リョウブ_400.jpg

P8160150リョウブ_400.jpg

P8160148リョウブ_400.jpg

P8160152リョウブ_400.jpg

P8160147リョウブ_400.jpg

めも:2009/08/16 SP570UZ で撮影



リョウブ(令法)【学名】Clethra barbinervis。リョウブ科リョウブ属の落葉小高木。
【別名】ハタツモリ ハタツモリ。 リョウボ(良母)
若葉は山菜とされ、庭木としても植えられる。
樹皮は、サルスベリに似てツルツルして斑に剥げて美しい。
柔らかな若葉は食用になり、茹でて干すと長期保存ができるので、昔は重要な救荒食であった。
盛夏に白い花を穂状に咲かせる。

関連記事

 Myタグ 場所_散歩.リョウブ通り 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック