fc2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2021年05月18日 (火) | 編集 |
20210511_散歩 シリーズ


5/11 シデザクラ の名札のある木。 去年から注目です。
この春は、花が咲いているのを見たのに、写真は撮り損ないました。

シデザクラの本名は ザイフリボク
去年調べたところによると、
赤い実がなるので、「アメリカザイフリボク (ジューンベリー)」かも。

IMG_9274_0511SC近くのシデザクラの赤い実_400

IMG_9275_0511SC近くのシデザクラの実_400

IMG_9276_0511SC近くのシデザクラの木_240

IMG_9273_0511SC近くのシデザクラの名札_300

めも:2021/05/11 PowerShot SX730 HS で撮影


◆ ザイフリボク(采振り木 Amelanchier asiatica)はバラ科の植物。
別名シデザクラ。 
春、葉の展開と同時に白い花を咲かせる。
花弁は細長く、采配の様であるとの意味から、采振り木の名前が付いた。

果実は熟すると黒紫色になり、食べることができる。


◆ 「アメリカザイフリボク (ジューンベリー)」 というのが、あって赤い実がなります。
ジューンベリー (和名:アメリカザイフリボク、学名:Amelanchier canadensis)は、バラ科ザイフリボク属に属する小木。
北アメリカに産する近縁種のアメリカザイフリボク (A. canadensis) は、ジューンベリーと呼ばれており、赤く熟した果実を食用とする。

関連記事

 Myタグ 実.赤  場所_散歩.CMマンション通り 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック