FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2020年03月13日 (金) | 編集 |
 → 20200312_散歩 シリーズ

川べりを散歩します。 橋の袂に実がなっています。

ナワシログミ です。

IMG_0823ナワシログミの実_400

こっちには、赤くなった実があります。
IMG_0821ナワシログミの赤い実_400

IMG_0822ナワシログミの実_400

IMG_0821ナワシログミの実_400

ちょっとヤブのようになっています。
IMG_0820橋とナワシログミの実_400

めも:2020/03/12 PowerShot SX730 HS で撮影

 
ナワシログミ (苗代茱萸、学名:Elaeagnus pungens) グミ科グミ属の常緑低木。
別名 タワラグミ、トキワグミ。 盆栽としてはカングミの名で呼ばれる
秋に花が咲いて、果実は翌年につきます。それが苗代をつくる時期であるためナワシログミと呼ばれています。

花の写真 ⇒ Myブログ:秋に咲くナワシログミの花 2015年09月16日

 
 
関連記事

 Myタグ 場所_散歩.桑の木通り 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック