FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2019年01月19日 (土) | 編集 |
20190101_散歩 シリーズ

元日の午後 初詣に行きました。
茅の輪くぐり


ヤツデの花と実
R0041126大島稲荷ヤツデの花と実_400

ピンポン玉くらいの大きさに丸く集まった花
R0041127ヤツデの花と実_400

花は、まず 雄しべが伸びます。
R0041130ヤツデの花と実_400

花びらと雄しべが落ちてから雌しべが伸びます。
R0041128ヤツデの花と実Zoom_400

めも:2019/01/01 CX2 で撮影

ヤツデ (八つ手、学名: Fatsia japonica) は、ウコギ科ヤツデ属の常緑低木
別名 テングノウチワ、八角金盤(中) 
 葉身は掌状の円形で、7~9裂 
 
 ⇒ 2019年初詣と富士山 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 
こちらも見てね。
大人のフィールド図鑑 原寸で楽しむ 身近な木の実・タネ 図鑑&採集ガイド ~ Myブログ:あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート
 
関連記事

 Myタグ 花の色.白 川沿いの遊歩道 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック