FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2017年08月31日 (木) | 編集 |
→ 20170829_日比谷公園 シリーズ

ムラサキシキブ の実をみつけました。

DSC_0568ムラサキシキブの実Zoom_500

色の変化が 面白い。
DSC_0568日比谷公園、ムラサキシキブの実_400

葉の色も鮮やか。
DSC_0569日比谷公園、ムラサキシキブの実_400

これは、デュランタの木です。
DSC_0570日比谷公園入口のデュランタの風景_300

めも:2017/08/29 SW001SH で撮影

・ コムラサキ (C. dichotoma) クマツヅラ科 ムラサキシキブ属、 別名 コシキブ。

・ ムラサキシキブ (クマツヅラ科) Callicarpa japonica
  山野に生え,高さ2~3mになります。6~7月,淡紫色の花を多数つけます。
  果実は直径3~4mmの球形で,きれいな紫色に熟し,秋も深まり,葉が落ちたあとも実は残ります。
  幹はまっすぐで強いので,道具の柄や杖などに用いられ,昔から親しまれてきました。
 
関連記事

 Myタグ 場所_日比谷公園 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック