散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2016年11月19日 (土) | 編集 |

庭園美術館には、年に数回 美術展を見に行きます。
庭園美術館 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

いつも 展示室に入る前に 庭園を散歩します。
同じ場所に同じ木があって、花の時期、実の時期を観察できるのはいいですね。

ノイバラ の実
R0023505庭園美術館ノイバラの赤い実_400

R0023503庭園美術館ノイバラの赤い実_400

垣根の中には入れません。
R0023501庭園美術館ノイバラの木の風景_400

庭園美術館、右手が レトロな本館、左手がモダンな新館です。
R0023500庭園美術館旧館と新館_400

めも:2016/11/10 CX2 で撮影

ノイバラ (野茨、学名:Rosa multiflora)は、バラ科の落葉性のつる性低木。 
 
関連記事

 Myタグ 場所_庭園美術館 実.赤 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック