散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2016年10月29日 (土) | 編集 |
→ 20161023_散歩 シリーズ

川べりの木々が 伐採されています。

赤い実をつけた枯れた枝があります。 

何かと思ったら、ツルウメモドキ の実。

ここで花を見たことはあったけど、実は初めてです。

R0022886ツルウメモドキ切られた木の赤い実_500

R0022884ツルウメモドキ切られた木の赤い実_500

付近を歩き回って 未だ緑の実を 見つけました。

R0022888ツルウメモドキの緑の実と葉CUT_400

R0022888ツルウメモドキの緑の実と葉_400

R0022887ツルウメモドキの緑の実と葉_400

めも:2016/10/23 CX2 で撮影


2014年05月04日 ⇒ Myブログ:あけびのそばのツルウメモドキの花



ツルウメモドキ(蔓梅擬、学名:Celastrus orbiculatus)ニシキギ科ツルウメモドキ属、落葉つる性木本。
秋には 熟した真っ赤な実と黄色い仮種皮のコントラストが美しいそうです。
 
 
関連記事

 Myタグ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック