散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2016年07月23日 (土) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

附属自然教育園 水生植物園で ハンゲショウを見つけました。

ハンゲショウ

R0021101ハンゲショウ花と名札_400

花期に葉が白くなるんです。
R0021130ハンゲショウ花と白い葉_400

花を、ズームで見てみましょう!
R0021118ハンゲショウの花_500

R0021102ハンゲショウの花_400

ビューポイント 「小川と湿地」は、一面の ハンゲショウです。
R0021126ビューポイント小川と湿地_400

めも:2016/07/02 CX2 で撮影

ハンゲショウ (半夏生、半化粧、学名 Saururus chinensis)  ドクダミ科 別名をカタシログサ(片白草)

毎年7月2日は、暦の雑節の 「半夏生(はんげしょう)」です。
ハンゲショウ(カタシログサ)の葉が、名前の通り半分白くなって化粧しているようになる頃。

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ
関連記事

 Myタグ 場所_附属自然教育園 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック