散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2015年09月16日 (水) | 編集 |
→ 20150916_散歩 シリーズ

河川敷に植えられている ハンノキ

雄花の花序(蕾) 、やがて茶色になり垂れ下がるんですよ。

R0014727ハンノキの花と実_500

左の小さいのが雌花、右の長いのが雄花 だと思います。
R0014727ハンノキの雄花の花序(蕾)_500


R0014722ハンノキの実_500

花と実
R0014729ハンノキの花と実_500


R0014721ハンノキの花と実の風景_400

ハンノキ全体
R0014730ハンノキ全体_400

同じハンノキの季節による変化がわかります → ハンノキ

めも:2015/09/16 CX2 で撮影

ハンノキ (Alnus japonica) カバノキ科ハンノキ属   雌雄同株、雌雄異花。

参考 
・ ハンノキ  榛の木 だんじりのまち大阪府岸和田市の樹木図鑑
・ ハンノキとゼフィルス

こちらも見てね!
秋の川べりを散歩 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」 
関連記事

 Myタグ 花の色.緑 場所_散歩.A川原 実.茶色 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック