散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2015年08月30日 (日) | 編集 |
今年は、道路脇に アフリカハマユウが咲いているのをよく見かけます。
でもなかなか、きれいに撮れなくて・・・。 今日こそは!

雨上がり、ここのアフリカハマユウは初めてみます。

SBSH0569アフリカハマユウ_500

SBSH0568アフリカハマユウ_400

SBSH0567アフリカハマユウ_400

めも:2015/08/29 940SH AS で撮影

アフリカハマユウ (アフリカ浜木綿)   ヒガンバナ科 ハマオモト属
[学名] Crinum bulbispermum(Burm.f.) Milne-Redh. et. Shweick.
別名: インドハマユウ、クリナム・ポーウェリー(ポウェリー)
参考 アフリカハマユウ  阿弗利加浜木綿 ~ 三河の野草

間違えやすい夏水仙 (リコリス)  ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。
8~9月に咲く。
花の特徴は「花茎を伸ばして、ラッパ状の花を数輪つける。花の色は淡いピンクで、6枚の花被片は反り返る。」
関連記事

 Myタグ 場所_散歩.バス通り 花の色.桃色 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック