散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2014年01月18日 (土) | 編集 |

現代美術館に行った帰り道、小名木川沿いの遊歩道を歩きます。

吉岡徳仁−クリスタライズ展に行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

小名木川の遊歩道を歩く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

現代美術館 MO+
RIMG0008MO+の風景_400

遊歩道
RIMG0018新高橋_400

タブノキ
RIMG0009タブノキ_400

タブノキの冬芽
RIMG0010タブノキ_400

RIMG0010タブノキ冬芽Zoom_400

めも:2014/01/18 CX2 で撮影


タブノキの冬芽には、花と葉の両方が入っている冬芽と 葉だけが入っている冬芽があるんだそうです。
花が入っている方がずんぐりとしていて、表面の毛も目立つ。
花入りの芽が半月くらい早く展開する。
参考 → タブノキ(クスノキ科) ~ 福原のページ(植物形態学・生物画像集など)
関連記事

 Myタグ 冬芽 
コメント
この記事へのコメント
ポポさんへ
ポポさん、こんにちは!
「妖精ポポと森の仲間」のファンダジーワールド、今年も楽しみにしています。
ほんとにかわいい!
2014/01/22(水) 17:34:47 | URL | ベルル #TY.N/4k.[ 編集]
ベルルさんいつもご訪問ありがとうございます。
今年もベルルさんの花の散歩楽しみにしています。
よろしくお願いいたします。
2014/01/22(水) 16:58:10 | URL | ポポ #MDMkRtpI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック