散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2013年12月29日 (日) | 編集 |
ずいぶん前から 1つだけなっている赤い実
何でしょう?・・・わかりました! 

ウキツリボク(浮釣木) チロリアンランプ です

平家蟹さんが教えてくださいました。 ありがとうございます。

わかってみればナットク、近所でもみかけ写真を撮っています。
 ⇒ ウキツリボク ~ Myブログ「Niwa niha Hana」


RIMG0001赤い実何_400

鮮やかな真っ赤

RIMG0002赤い実何Zoom_400

めも:2013/12/25 CX2 で撮影


原っぱでカットして挿し木にしたのが、Myガーデンに根付いたんですね。
花は全く気づかなかったけれど、赤い実が可愛い。

1個しか無いので、中を見るのも もったいない。

なにか調べてから載せようと思っているうちに 秋から冬になり年を越しそうです。


11月23日の写真です。

RIMG0001挿し木の赤い実何?Zoom_400

RIMG0002挿し木の赤い実何?_300

RIMG0003挿し木の赤い実何?_500

めも:2013/11/23 CX2 で撮影



ウキツリボクといえば 普通こんなのを思い浮かべます。

 

 ⇒ ウキツリボク ~ Myブログ「Niwa niha Hana」


ウキツリボク (浮釣木) Abutilon megapotamicum アオイ科イチビ属 またはフヨウ属の常緑半蔓性低木(多年草)。
和名 チロリアンランプ の由来は、花が空中に浮かんで吊り下がっていることからきている。 原産地はブラジル。
樹高は20センチから150センチくらいである。 枝は細い。葉は長三角形。
赤い筒状の萼が目立ち、ランプをぶら下げたような姿が可愛いアブチロンの仲間。
萼の間から黄色の花が少し顔を出します。
アブチロンの中では耐寒性があり、関東以西では庭植も可能です。

関連記事

 Myタグ 実.赤 
コメント
この記事へのコメント
平家蟹さんへ
平家蟹さん こんにちは。コメントありがとうございます。

ウキツリボクは、近所の庭でよく見かけます。
赤い丸いのの下に黄色いのがぶら下がっているのが印象的!
赤い丸いのが一個だけでは全く思いつきませんでしたが、
どっかで見たことはあるので すごくもどかしかったです。
これでスッキリ新年を迎えられそうです。

来年もよろしくお願いします。(*^_^*)♪
2013/12/30(月) 13:30:16 | URL | ベルル #TY.N/4k.[ 編集]
チロリアンランプ(和名ウキツリボク)でしょうね。
赤いのは多分萼片、下に突き出るように花弁や蕊が出てきます。
植えるのは容易なようで割とよく見かけます、容易ということは丈夫なんだろうな。
原っぱで取ってきたということは野生化していたんでしょうね。
2013/12/30(月) 09:52:55 | URL | 平家蟹 #VD0bvtlU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック