散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2013年06月08日 (土) | 編集 |
20130605_日比谷公園

公園の道端に咲いている青い花。ちょっと印象的。
トリテレイア・ブリッジェシー (ブローディア)

RIMG0069ブローディア_500

RIMG0070ブローディア_400

RIMG0065ブローディア_300


すぐそばに咲いているミニバラ。

RIMG0072ミニバラ_500

RIMG0073ミニバラ_500

RIMG0071道端のミニバラ_400

RIMG0071道端_500

めも:2013/06/05 RICOH PX で撮影

トリテレイア・ブリッジェシー (ユリ科トリテレイア属).
 学名 Triteleia bridgesii. 別名 ヒメアガパンサス 英名 Bridges' triteleia Bridges' brodiaea など.
アメリカの西部、オレゴン州からカリフォルニア州に分布多年草。
2011/6/9に始めて日比谷公園で見つけ、「ブローディア」と教えてもらいました。
 ⇒ Myブログ:ブローディア←紫の花は何かしら

ブローディア
ブローディアは、かつてブローディアエア属 に属していた植物の総称。園芸植物として人気があり、初夏に紫-白系統の花を咲かせる。花言葉は「守護」、「淡い恋」、「受け入れる愛」など。
現在ではブローディアエア属は複数の属に再編され、ブローディアと呼ばれる植物の多くは 既にこの属にない。
しかし市場では分類の再編後も 一般にブローディアの名で流通している。
「ブローディア」の名は総称であるが、特にトリテレイア・ブリッジェシー を指して使われることも多い。 (ウィキペディアより)

育て方の参考 → ブローディア(トリテレイア・ブリッジェシー・ヒメアガパンサス)
関連記事

 Myタグ 花の色.青 場所_日比谷公園 メモ.紛らわしい 球根 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック