fc2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2013年01月24日 (木) | 編集 |
これまで、何度も通っているロータリー。

そこに並んで数本植えられている木に、赤い実がなっています。
これまで一度も気づかなかった・・・。
たいてい、忙しく駅へ向かって歩いていますから。

今日も、急いではいたんですけどね、
この赤い実を見たら、とりあえず携帯でパ・チ・リ

クロガネモチ でしょう。

SBSH0262ロータリーのモチノキ?_400

SBSH0264ロータリーのモチノキ?_400

SBSH0263ロータリーのモチノキ?_500

そのうち野鳥たちに食べられてしまうでしょう!

SBSH0263ロータリーのモチノキ?Zoom_500

めも:2013/01/12 940SH AS で撮影


クロガネモチ (黒鉄黐) モチノキ科モチノキ属の常緑高木。 学名 Ilex rotunda
 暖地の山野に生え,高さ約20mになります。 葉は革質で表面は光沢があり,裏面は淡緑色です。
 5~6月,直径4mmの淡紫白色の花を開きます。 果実は,直径5~8mmの球状で赤く熟します。
 クロガネモチは 雌雄異株で、実がなるのは雌木のみ。 ただし雄木を植えなくても実はなる。

参考
・ クロガネモチ、モチノキとの違い
・ 類似種の見分け方 他:ソヨゴ-クロガネモチ-モチノキ-ヒメモチ

花がついている枝は、黒っぽくなっています。クロガネモチの「クロ」は、このように、枝や葉柄が濃い紫に黒ずんでいることに由来するとのことです。

関連記事

 Myタグ 場所_散歩.ロータリー 実.赤 メモ.紛らわしい 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック