散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2012年12月20日 (木) | 編集 |

国立科学博物館 附属自然教育園 へ行きました。

キブシ が 少し黄葉しています。 
小さなのは、春に咲く花の芽 ですって。

PC050023きぶしの葉_400

だんだん膨らんで 垂れ下がってくるんでしょうね。

PC050024きぶしの実_500

PC050022きぶし名札_400

めも:2012/12/05 SP570UZ で撮影

キブシ(木五倍子) は、キブシ科キブシ属の落葉低木です。
冬に長い枝先に細い紐状の花芽を下垂させ、春の開花時期に備えます。
関連記事

 Myタグ 場所_附属自然教育園 花芽 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック