散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2012年12月06日 (木) | 編集 |


国立科学博物館 附属自然教育園 へ行きました。

PC050003自然教育園入口_400

紅葉の園内を 植物と野鳥ウォッチングです。

PC050007スタート紅葉_400

サネカズラ の赤い実を見つけました。

サネカズラ マツブサ科サネカズラ属のツル性の常緑木本

PC050009さねかずらの実_500

PC050011さねかずらの実_500


更に進むと、ベンチのある広場。

PC050051ベンチのある風景_400

ここにも サネカズラの実がなっています。
PC050053さねかずらの赤い実の風景_500

PC050055さねかずらの赤い実_500

PC050056さねかずらの赤い実COOL_500

めも:2012/12/05 SP570UZ で撮影



自然教育園 HPより 2012.11.28

サネカズラはマツブサ科サネカズラ属のツル性の常緑木本です。
 「実葛(サネカズラ)」という名は美しい実をつけることからつけられたもので、まさに今がその見頃です。
  花は園内で7月中旬から9月にかけて見られました。
  2010年8月18日の見頃情報で花の様子を紹介しました。 園内各所で見られます。
 
関連記事

 Myタグ 実.赤 場所_附属自然教育園 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック