散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2011年06月25日 (土) | 編集 |
2011/6/21 なんじゃ通り

木が真っ白になるくらい咲いたヒトツバタゴ (ナンジャモンジャノキ)
さぞたくさんの実がなっているだろうと、思ったら・・・。
ヒトツバタゴの実はどこへ!

RIMG0372なんじゃ通りのヒトツバタバコには実が無い_400.jpg

RIMG0373なんじゃ通りのヒトツバタバコには実が無い_220.jpg

めも:2011/06/21 CX2 で撮影

調べてみると、ヒトツバタゴは、
 雄花をつける株と、両性花をつける株がある 「雄株・両性花異株」である。
 秋に、直径1cm程度の楕円形の果実をつけ、黒く熟す。
ということは、ここのは 雄株 だったんですね。

近くにある数本はどちらでしょう? チェックしてきますね
実は秋になるので、まだ時間に余裕はあります。
関連記事

 Myタグ 場所_散歩.なんじゃ通り 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック