fc2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2024年02月24日 (土) | 編集 |
20240224_散歩シリーズ 小松川千本桜


2023/2/28 <== 2024/2/24 ==> 3月


2/24 小松川千本桜のカワヅザクラを見に行きました。
 ⇒ Myブログ:2/24 カワヅザクラが満開:小松川千本桜

カンヒザクラ

離れたところからでも、濃いめのピンクの花が見えます。 

IMG_3050_0224小松川のカンヒザクラの風景_400

蕾が開きかけています。

IMG_3045_0224小松川のカンヒザクラの蕾_400

青空に映えますね。

IMG_3054_0224小松川のカンヒザクラの蕾_400

花をズームで見てみましょう!

IMG_3044_0224小松川のカンヒザクラの蕾Zoom_400

さらに下から見上げると。

IMG_3058_0224小松川のカンヒザクラの蕾Zoom_400

まだまだ楽しめそうですね。

IMG_3061_0224小松川のカンヒザクラの蕾_400

IMG_3042_0224小松川のカンヒザクラの風景_400

めも:2024/02/24 PowerShot SX730 HS で撮影


◆ カンヒザクラ (寒緋桜)  学名:Prunus campanulata バラ科サクラ属の野生種のサクラ。
別名:ヒカンザクラ(緋寒桜)、タイワンザクラ(台湾桜)、ヒザクラ(緋桜)
花は小輪、一重咲きで濃紅紫色。開花期は3月中旬。
中国から台湾に自生している桜で台湾緋桜、緋寒桜とも呼ばれています。
花は釣鐘状の形となり 花色と併せ独特の雰囲気をもつ桜です。


 Myタグ 場所_小松川千本桜 花の色.桃色 桜(サクラ) 
2024年02月24日 (土) | 編集 |
20240224_散歩シリーズ 小松川千本桜


2023/2/28 <== 2024/2/24 ==> 3月

2/24 明日から天気が悪くなるというので、急いで カワヅザクラ を見に行きました。

カワヅザクラ 見頃です。 美しい!

IMG_3041_0224小松川のカワヅザクラと桜たちの風景_400

IMG_3040_0224小松川のカワヅザクラ_400

花に包まれ うっとり~。(*^_^*)♪

IMG_3068_0224小松川のカワヅザクラ_400

あふれるようなピンクの花

IMG_3070_0224小松川のカワヅザクラの花満開_400

蕾もたくさんあります。 当分楽しめそう

IMG_3026_0224小松川のカワヅザクラ_400

花をズームで見てみましょう!

IMG_3027_0224小松川のカワヅザクラの花CUT_400

光り輝いてます。

IMG_3074_0224小松川のカワヅザクラの花Zoom_400


向こうには、おなじみの桜模様の屋根が見えます。

IMG_3034_0224小松川のカワヅザクラと桜の屋根の風景_400

桜模様の屋根側から 撮ってみましょう!

IMG_3065_0224小松川のカワヅザクラと桜の屋根_400

少女像といっしょに!
IMG_3063_0224小松川のカワヅザクラと少女像_400


反対側の3本も満開!
IMG_3022_0224小松川のカワヅザクラの風景_400

青空に映えますね

IMG_3023_0224小松川のカワヅザクラと青空_400

めも:2024/02/24 PowerShot SX730 HS で撮影


 カワヅザクラのまとめはこちら ⇒ Myブログ:カワヅザクラを見よう! 2月中旬から3月前半ぐらい

カワヅザクラ (河津桜、学名:Cerasus × Kanzakura ‘Kawazu-zakura’) は、バラ科サクラ属のサクラ。
日本固有種のオオシマザクラ (Cerasus speciosa (Koidz.) H.Ohba, 1992) とカンヒザクラ (Cerasus campanulata (Maxim.) Masam. & S.Suzuki)の自然交雑から生まれた日本原産の栽培品種のサクラ。


 Myタグ 場所_小松川千本桜 花の色.桃色 桜(サクラ)