fc2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2021年09月30日 (木) | 編集 |

20210908_樹木散歩 シリーズ のまとめです

各タイトルをクリックして、詳細記事を ごらんください。

川沿いの遊歩道

◆ サルスベリのピンクや紫の花がかわいい

サルスベリ

◆ サンシュユの実

サンシュユの実

◆ ハナズオウの実が茶色に!

ハナズオウの実

◆ 季節外れのフジ(藤)の花がきれい

季節外れのフジ

◆ マユミの実が薄桃色

マユミの実

◆ モッコクの実が赤くなり始め

モッコクの実

◆ ヤブランの花

ヤブランの花


猿江恩賜公園

時計台
時計台

◆ スズカケノキとイチョウの実

シンボルツリー スズカケノキ (プラタナス)
スズカケノキ

イチョウの実
イチョウの実

めも:2021/09/08 PowerShot SX730 HS で撮影

 
以上 20210908_樹木散歩 シリーズ のまとめです
 

 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 場所_猿江恩賜公園 
2021年09月30日 (木) | 編集 |
→ 20170915_散歩 シリーズ

2017年9月15日 H団地 散歩で 出会った花の まとめです。

 ・ カクトラノオ は ハナトラノオ
 ・ キバナコスモス
 ・ セージ
 ・ ヒガンバナ 赤 白
 ・ フサフジウツギ
 ・ フヨウの花と種
 ・ ランタナ


 

めも:2017/09/15 SW001SH で撮影

 

 Myタグ 花の色.白場所_散歩.H団地 
2021年09月29日 (水) | 編集 |
20210923_樹木散歩 シリーズ


公園にたくさん植えられている トサミズキ

実は今どうなっているでしょう。

緑色の実
IMG_2008_0923トサミズキの実_400

茶色の実
IMG_2010_0923トサミズキの実茶色Zoom_400

IMG_2007_0923トサミズキの実と葉_400

緑の葉も、まだきれいです。
IMG_2006_0923トサミズキの葉_400

めも:2021/09/23 PowerShot SX730 HS で撮影


今年の花の頃  ⇒ Myブログ:3/7 トサミズキの高木の花
20210307花

トサミズキ (土佐水木) マンサク科トサミズキ属 【学名】 Corylopsis spicata

花の後にできる果実は、熟すと自然に二つに裂け、中から楕円形の黒い種子が顔を出す。

参考
・ 庭木図鑑 植木ペディア > トサミズキ
 

 Myタグ 場所_散歩.S公園 花の色.緑 実.茶色 
2021年09月28日 (火) | 編集 |
20210923_樹木散歩 シリーズ

川沿いの遊歩道を歩きます。

ハナカイドウ

春の花の頃は その美しさに見とれちゃうけれど、
花が終わると、全く存在に気づかなくなります・・・。

ラッキー!ここには、名札がありますよ。

IMG_2043_0923ハナカイドウの名札_400

実がなっていないかチェック!!

ありました。小さく地味な実ですけど。
IMG_2045_0923ハナカイドウの実_400

もう少し大きくなるのかな? 赤くなるのかな? 
IMG_2140_0923ハナカイドウの実Zoom_400

花が咲いていないと、見栄えがしない・・・。
IMG_2043_0923ハナカイドウの木_400

めも:2021/09/23 PowerShot SX730 HS で撮影


同じところで、今年初めに 「ハナカイドウの実」を撮影していました。
 ⇒ Myブログ:1/16 冬のハナカイドウ
2021年1月16日

花の頃 ⇒ Myブログ:4/1 ハナカイドウの花がめっちゃきれい!
2019年4月1日

ハナカイドウ (花海棠、学名:Malus halliana) バラ科 リンゴ属の耐寒性落葉高木。
別名は、カイドウ(海棠)、スイシカイドウ(垂絲海棠)、ナンキンカイドウ(南京海棠)

~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

次に出会ったのは、 ヒメリンゴ の実
(川沿いの遊歩道の先の初めての場所)

ハナカイドウと同じ バラ科 リンゴ属です。 
こっちのほうが大きい。 (といっても リンゴよりは かなり小さい)

IMG_2095_0923ヒメリンゴの実Zoom_400

IMG_2094_0923ヒメリンゴの実_400

IMG_2093_0923ヒメリンゴの実と葉_400

見上げる上の方になっています。
IMG_2090_0923ヒメリンゴの木_400


ヒメリンゴ (姫林檎). Plumleaf crabapple. バラ科 リンゴ属
別名:イヌリンゴ (犬林檎)
秋に赤い小さなリンゴ似の実を成らせます。

今年の花の頃、別のヒメリンゴ ⇒ Myブログ:4/2 公園のヒメリンゴの花


そうそう、この木に会いに行かなくっちゃー! 

ヒメリンゴは、猿江恩賜公園で見たほか、四手辛夷の公園や SCどおり、CA住宅通り などにあります。
赤い実がなっているといいね。

今日の散歩は友人宅へ栗を届けに行くついででした。
こちらも見てね。
 ⇒ 栗をたくさんもらったよ。 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 

 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 実.緑 実.赤 
2021年09月27日 (月) | 編集 |
20210923_樹木散歩 シリーズ


春に ハナミズキ の花はよく見るけれど、

ハナミズキの実は、めったに見ることがないです。

今日は、友人宅へ行く途中
ハナミズキ並木のうち、2本に実がなっていました。

葉の上だから 写すのが大変。(*^_^*)♪

DSC_1909_0923ハナミズキの実Zoom_400

葉も色づき始めていますね。
DSC_1909_0923ハナミズキの実_400

陽射しが強い!
DSC_1907_0923ハナミズキの実の街路樹_400

めも:2021/09/23 SW001SH で撮影


今日の散歩は 友人宅へ栗を届けに行くついででした。
久しぶりの秋晴れで、手首に日焼けの跡がついて びっくりです。

こちらも見てね。 秋の味覚 (*^_^*)♪
 ⇒ 栗をたくさんもらったよ。 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

ハナミズキ (花水木、学名:Cornus florida)は、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。
別名、アメリカヤマボウシ
こちらも見てね。 ⇒ Myブログ:ハナミズキの四季です。


 Myタグ 実.赤 有毒 
2021年09月26日 (日) | 編集 |
20210923_樹木散歩 シリーズ


シナノキ の実を見つけに行きました。

2本のシナノキが並んでいて、
右の木は葉が茶色くなっています。

IMG_1996_0923シナノキの実_400

シナノキの実です。 なんの変哲もない丸い小さめの実。
IMG_1996_0923シナノキの実Zoom_400

IMG_1993_0923シナノキの実_400

IMG_1994_0923シナノキの実_400

葉が茶色のシナノキの風景
IMG_1991_0923シナノキの風景_400


左の木は、まだ葉が緑色に茂っています。

IMG_2000_0923シナノキの実と葉_400

実は茶色です。
IMG_1999_0923シナノキの実と葉_400

IMG_2002_0923シナノキの実と葉_400

シナノキの葉が緑の木
IMG_1997_0923シナノキの葉が緑の木_400

めも:2021/09/23 PowerShot SX730 HS で撮影


シナノキ 学名, Tilia japonica. シナノキ科シナノキ属 落葉高木 日本特産種
別名 科の木、級の木、榀の木

香りのよい花から蜂蜜が採れる。
シナノキの皮は、古くから野良着などの日用品に利用され、三大古代織(芭蕉布、葛布、しな布)の一つ。
秋田では、マダ、マンダと呼んだ。

今年の花の頃 ⇒ Myブログ:5/28 シナノキの花
20210528花

参考
・ 樹木シリーズ96 シナノキ
・ シナノキとは?花や実の特徴から育て方を解説!名前の由来はなに?


今日の散歩は、友人宅へ栗を届けに行くついででした。
こちらも見てね。
 ⇒ 栗をたくさんもらったよ。 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 

 Myタグ 場所_散歩.S公園 
2021年09月25日 (土) | 編集 |

20210923_樹木散歩 シリーズ
20210908_樹木散歩 シリーズ

9/23 いつもの川沿いの遊歩道を、もっと遠くまで行きました。

サルスベリ が咲いています。

ピンク色の花

IMG_2106_0923サルスベリの花ピンク_500

IMG_2105_0923サルスベリの風景_400

紫色の花

IMG_2108_0923サルスベリの花紫_400

IMG_2114_0923サルスベリの花紫と葉_400

めも:2021/09/23 PowerShot SX730 HS で撮影


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

9/8 川沿いの遊歩道

遊歩道に咲く サルスベリ

サルスベリの花 、ピンク色が可愛い!

IMG_1604_0908サルスベリの花Zoom_400

サルスベリは「百日紅」というだけあって、長い期間花を楽しめます。

IMG_1605_0908サルスベリの花_400

IMG_1602_0908サルスベリの花_400

左は藤棚、右にサルスベリなんですけど。 (*^_^*)♪
IMG_1597_0908川沿いの遊歩道SC手前の藤棚とサルスベリ_400

めも:2021/09/08 PowerShot SX730 HS で撮影


◆ サルスベリ(百日紅、猿滑、紫薇、Lagerstroemia indica)は、ミソハギ科の落葉中高木。
梅雨明けから初秋までの長い期間に渡って花を楽しむことができるため、「百日紅」との別名もある。
 

 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 花の色.桃色 花の色.紫 
2021年09月24日 (金) | 編集 |
20210923_樹木散歩 シリーズ

何度も通っている遊歩道。

サンシュユ の実が真っ赤になりました。

IMG_2132_0923サンシュユの真っ赤な実_500

美味しそう~!
IMG_2128_0923サンシュユの真っ赤な実Zoom_400

これは、未だ緑色から赤くなりかけ
IMG_2066_0923サンシュユの実_400

サンシュユ の木
IMG_2133_0923サンシュユの木_300

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ヤマボウシ(山法師) の実、赤への変化が美しい。

IMG_2117_0923ヤマボウシの実_400

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

モッコク も、実が赤くなるのを待っていました。

IMG_2041_0923モッコクの赤い実_400

IMG_2040_0923モッコク_400

IMG_2071_0923モッコク_400

めも:2021/09/23 PowerShot SX730 HS で撮影


今日の散歩は友人宅へ栗を届けに行くついででした。
こちらも見てね。
 ⇒ 栗をたくさんもらったよ。 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 

 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 実.赤 
2021年09月24日 (金) | 編集 |
20210923_樹木散歩 シリーズ


イヌマキ の実は、まだあるかしら?

ありました! 赤い実です。

IMG_2020_0923S公園のイヌマキの実と葉_400

赤と黒のツートン (赤いところは、食べられるらしい)
IMG_2019_0923S公園のイヌマキの実赤_400

これは、赤いところが濃い紫色になり、しなびたレーズンみたい。
IMG_2016_0923S公園のイヌマキの実_400

細い葉
IMG_2016_0923S公園のイヌマキの実と葉_400

イヌマキの並木、これだけあっても 実は上の写真の2箇所だけ

IMG_2015_0923S公園のイヌマキの風景_400

めも:2021/09/23 PowerShot SX730 HS で撮影



以下は2019年に調べたことです。
 ⇒ Myブログ:9/11 イヌマキの実を見つけたよ

名札に書かれているのは、
イヌマキ 犬槇 Podocarpus macrophyllus マキ科
裸子植物で雌雄異株の常緑高木。
種子がつく赤い肉質部は食べられます。

イヌマキ 学名 Podocarpus macrophyllus f. spontaneus 
   マキ科 マキ属  または、 マキ科 イヌマキ属   雌雄異株
花が開花する時期は、5月~6月。
  
・ イヌマキの雌花 | 樹の散歩道 <== こだわりの内容です。
・ イヌマキ(犬槇) 松江の花図鑑
・ イヌマキ Wikipedia 

参考 植木ペディア ホーム > 毒のある木


 Myタグ 場所_散歩.S公園 実.赤 実.緑 有毒 食用  
2021年09月23日 (木) | 編集 |
20210923_樹木散歩 シリーズ

いつもの遊歩道を少し先まで行ったら、
交差点に、シマトネリコ がありました。

実がなってる! 信号待ちの間に 急いでパ・チ・リ。

IMG_2120_0923シマトネリコの実と葉_400

シマトネリコの実
IMG_2120_0923シマトネリコの実Zoom_400

IMG_2119_0923シマトネリコの実_400

また見に行きますね。

めも:2021/09/23 PowerShot SX730 HS で撮影


シマトネリコ (Fraxinus griffithii) モクセイ科 トネリコ属
別名 タイワンシオジ
5~6月頃で大きな花序に小さい花を多数つける。

参考 
・ シマトネリコ
・ シマトネリコ(タイワンシオジ)
 

 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 実.緑 
2021年09月23日 (木) | 編集 |
秋の花といえば、「秋の七草」 そして お彼岸。
 
2021年9月23日 秋分の日、お彼岸の中日ですね。

ちなみに、2021年9月21日は、中秋の名月でした。(満月が撮れましたよ)
 ⇒ Myブログ:中秋の名月2021年9月21日、きれいな満月

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

秋の七草の これまでの写真を、並べてみました。 
 ☆ こちらも見てね。  ⇒ 秋の七草~ Myブログ「Niwa niha Hana」

■ ハギ・キキョウ / クズ・フジバカマ / オミナエシ / オバナ・ナデシコ / 秋の七草

ハギ(萩)  浜離宮恩賜庭園 2010/10/17



キキョウ 桔梗 ⇒ キキョウ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」



クズ(葛) 2009年8月25日



フジバカマ 藤袴 ⇒ フジバカマ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」



オミナエシ 女郎花  浜離宮恩賜庭園 2010/10/17
PA170093オミナエシ_300.jpg


オバナ 尾花 ススキ 散歩道 2014年10月9日



ナデシコ 撫子 ⇒ ナデシコ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」



こちらも見てね!
 ⇒ 秋の七草 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 ⇒ 秋の七草 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 
春の七草 は、
♪ セリ · ナズナ · ゴギョウ · ハコベラ · ホトケノザ・ スズナ · スズシロ 春の七草

 ⇒ 春の七草 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 ⇒ 春の七草 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

めも:Goo画像のhttps修正済

 

 Myタグ
2021年09月22日 (水) | 編集 |
20210907_樹木散歩 シリーズ


ナンキンハゼ ってなんだか好きな木です。

ここには、数本あって、今はこの木が一番たくさん実を付けています。

IMG_1513_0907KK公園のナンキンハゼの実_400

葉っぱの形が 個性的
IMG_1517_0907KK公園のナンキンハゼの実_400

木肌は こんなです。
IMG_1510_0907KK公園のナンキンハゼの木肌_400

青空が気持ちいい。
IMG_1509_0907KK公園のナンキンハゼの風景_400

めも:2021/09/07 PowerShot SX730 HS で撮影


ナンキンハゼ (南京黄櫨、学名:Triadica sebifera) 
 トウダイグサ科 ナンキンハゼ属 (以前はシラキ属)
 別名 : トウハゼ、カンテラギ 烏臼木
 花は雌雄同株であり、5~6月開花する。
 雄花は総状花序で、その葉腋に雌花をつける。

ナンキンハゼ (南京黄櫨、学名:Triadica sebifera) トウダイグサ科シラキ属 落葉高木
別名 : トウハゼ、カンテラギ 烏臼木(中)

参考 : 雌雄の花について 詳しく解説があるページです。
 ナンキンハゼ (トウダイグサ科) ~ 福原のページ(植物形態学・生物画像集など)


 Myタグ 場所_散歩.KK広場 実.緑 
2021年09月21日 (火) | 編集 |
20210907_樹木散歩 シリーズ


ガマズミ(莢蒾) の白い花と赤い実を見つけました。

IMG_1467_0907KK公園のガマズミの実と花_400

赤い実はつややか
IMG_1474_0907KK公園のガマズミの実Zoom_400

こっちには 未だ緑の小さな実がたくさん
IMG_1466_0907KK公園のガマズミの緑の実_400

木全体に 実がなっています。 
きっと 木全体が花で真っ白だったんでしょうね。

IMG_1469_0907KK公園のガマズミの実と花_400

ガマズミの木
IMG_1465_0907KK公園のガマズミの風景_400

めも:2021/09/07 PowerShot SX730 HS で撮影


こちらも見てね  ⇒ Myブログ:野鳥たちが食べに来る実のなる木

◆ ガマズミ(莢蒾、学名:Viburnum dilatatum) レンプクソウ科  (旧科名. スイカズラ科) ガマズミ属
 英語:linden arrowwood、Japanese bush cranberry 
落葉低木、雌雄同木、10~ 11月に結実、北海道(南部)以南

オナガ、ヒヨドリ、ツグミ、アオゲラ、コジュケイ、ヤマドリなどの野鳥が、実を食べます。
 
 
 Myタグ 花の色.白 実.赤 場所_散歩.KK広場 実.緑 
2021年09月20日 (月) | 編集 |
20210907_樹木散歩 シリーズ

夏に真っ白な花を咲かせた ナツツバキ

リョウブ通り の ナツツバキは、ひときわ目立つ赤い木肌。

IMG_1457_0907ナツツバキの風景_400

IMG_1459_0907ナツツバキ_400

IMG_1458_0907ナツツバキの木肌_400

実がなっています。
IMG_1460_0907ナツツバキの実と葉_400

IMG_1462_0907ナツツバキの実と葉_400

同じ木です。  ⇒ Myブログ:6/21 ナツツバキ (シャラ) の白い花


こっちは、KK広場 
ナツツバキだか、ヒメシャラだか 迷います。
以前 花が咲いているときに 確認したはずなのに、忘れました・・・。

来年また、花を見てきますね。 (*^_^*)♪

IMG_1475_0907KK公園のたぶんナツツバキの風景_400

IMG_1479_0907KK公園のたぶんナツツバキの実と葉_400

IMG_1477_0907KK公園のたぶんナツツバキの実_400

めも:2021/09/07 PowerShot SX730 HS で撮影


ナツツバキ (夏椿) Stewartia pseudocamellia ツバキ科 ナツツバキ属。 落葉広葉。小高木
別名は シャラノキ (娑羅樹) 

ヒメシャラ (姫沙羅) Stewartia monadelpha ツバキ科/ナツツバキ属。 落葉広葉。小高木
 
おまけ
ナツツバキの花 と ヒメシャラの花
2021/06/02 2011/06/21
 

 

 Myタグ 場所_散歩.リョウブ通り 場所_散歩.KK広場 メモ.紛らわしい 
2021年09月19日 (日) | 編集 |
20210907_樹木散歩 シリーズ


リョウブ通り には、リョウブ(令法) の木が数本あります。

夏の花の時期を過ぎ、今は花後(実)です。 やがて茶色くなります。

IMG_1447_0907リョウブの花後実CUT_400

IMG_1448_0907リョウブの花後実_400

ズームで見てみましょう!
IMG_1449_0907リョウブの花後実Zoom_400

去年の実が黒く残っています。
IMG_1455_0907リョウブの花後実CUT_400

リョウブの木肌と名札
IMG_1453_0907リョウブの木肌と名札_400

木全体の様子
IMG_1451_0907リョウブの木の風景_400


めも:2021/09/07 PowerShot SX730 HS で撮影


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

花の頃  ⇒ Myブログ:2011/7/15 リョウブの白い花
白い花

茶色の実 ⇒ Myブログ:2011/5/4 リョウブの実
茶色の実


◆ リョウブ (令法) Clethra barbinervis リョウブ科 リョウブ属 落葉の高木
【別名】ハタツモリ ハタツモリ。 リョウボ(良母)
若葉は山菜とされ、庭木としても植えられる。
樹皮は、サルスベリに似てツルツルして斑に剥げて美しい。
柔らかな若葉は食用になり、茹でて干すと長期保存ができるので、昔は重要な救荒食であった。
盛夏に白い花を穂状に咲かせる。

リョウブの実を人間が食べることはありませんが、冬眠前の野鳥たちにとってリョウブの実は貴重な食糧です。

参考
・ 樹木シリーズ67 リョウブ
・ リョウブとは?特徴や利用方法、サルスベリとの違い&見分け方を紹介!
 

 Myタグ 場所_散歩.リョウブ通り 野鳥 
2021年09月18日 (土) | 編集 |
20210907_樹木散歩 シリーズ



クマシデに花穂がたくさんぶら下がっています。

IMG_1443_0907クマシデの果穂と葉_400

IMG_1440_0907クマシデの花穂_400

IMG_1442_0907クマシデの花穂たくさん_400

クマシデの幹
IMG_1439_0907クマシデの幹_400

気持ちのいい昼下がり
IMG_1437_0907クマシデの風景_400

めも:2021/09/07 PowerShot SX730 HS で撮影


◆ クマシデ(熊四手・熊垂) 学名:Carpinus japonica カバノキ科クマシデ属の落葉広葉樹。
別名  カタシデ 
 

 Myタグ 場所_散歩.リョウブ通り 
2021年09月17日 (金) | 編集 |
20210908_樹木散歩 シリーズ


ハナズオウ の実がなっているのは よく見かけます。

そろそろ 茶色になってきたので、記念にパ・チ・リ。

IMG_1632_0908ハナズオウの実、葉、茎_400

ハナズオウは、根元から幹が分かれた「株立」、ハート型の葉が可愛い。
IMG_1633_0908ハナズオウの株立とハートの葉_400

IMG_1631_0908ハナズオウの実、葉、茎_400

めも:2021/09/08 PowerShot SX730 HS で撮影


春の花の頃 ⇒ Myブログ:2019/4/28 ハナズオウの花
2019/4/28 ハナズオウの花

◆ ハナズオウ (花蘇芳、Cercis chinensis)
 ジャケツイバラ科 (またはマメ科ジャケツイバラ亜科) ハナズオウ属
 

 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 実.茶色 
2021年09月16日 (木) | 編集 |
20210908_樹木散歩 シリーズ


川沿いの遊歩道の石垣に沿って並んで咲く ヤブラン

紫色の花は風情あります。
IMG_1662_0908ヤブランの花_400

花をズームで見てみましょう!
IMG_1664_0908ヤブランの花Zoom_400

並んで咲くヤブランの途中にクワの葉が!
IMG_1666_0908ヤブランの花とクワの葉_400

IMG_1660_0908ヤブランの花が並ぶ_400

めも:2021/09/08 PowerShot SX730 HS で撮影


同じところの 去年の様子 
⇒ Myブログ:8/28 秋の気配:ノシラン、ヤブラン、萩、エノコログサ

◆ ヤブラン (藪蘭、学名:Liriope muscari) キジカクシ科ヤブラン属に属する多年草。
別名 リリオペ、サマームスカリ。
 

 Myタグ 花の色.紫 場所_散歩.川沿いの遊歩道 
2021年09月15日 (水) | 編集 |
20210908_樹木散歩 シリーズ


川沿いの遊歩道には、たくさん マユミ が植えられています。

場所によってか、木によってかわからないけど 実の色が違います。
このあたりは薄いピンク色のぷっくりした実がぶら下がっています。

IMG_1654_0908マユミの実、葉_400

IMG_1654_0908マユミの実Zoom_400

マユミの幹。
材質が強い上によくしなる為、弓の材料になる。
IMG_1655_0908マユミの幹_400

こっちは、色がまだ緑っぽい。  マユミって雌雄異株だそうです。
IMG_1652_0908マユミの実_400

めも:2021/09/08 PowerShot SX730 HS で撮影


春の花の頃 ⇒ Myブログ:2021/5/11 マユミの花


実が割れて種がでた頃 (食べてはいけない!) ⇒ Myブログ:2012年12月18日 まゆみの実



◆ マユミ (檀、真弓、檀弓) ニシキギ科ニシキギ属の木。
別名 ヤマニシキギとも呼ばれる。
雌雄異株ですが、・・・
市販のマユミは雌木しか出回っていないが、雌木1本で果実がなる。  

◆ マユミの種子にある脂肪油には毒成分があり、吐き気、下痢、筋肉の麻痺などがおこる。

野鳥は実(種)を食べに来ます。
 ⇒ Myブログ:野鳥たちが食べに来る実のなる木

参考
・ 樹木シリーズ43 マユミ、コマユミ - あきた森づくり活動 ...
・ マユミ(真弓)の実 - めんこい野鳥
 
 
 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 実.桃色 雌雄異株 野鳥 
2021年09月14日 (火) | 編集 |
20210908_樹木散歩 シリーズ


川沿いの遊歩道の サンシュユ の木

実がなってるのを見つけました! ラッキー!!
IMG_1637_0908サンシュユの実緑色_400

別の木には、たくさんなっていました。
といっても 葉っぱと同じ色だから 気づきにくいね。
IMG_1657_0908サンシュユの実緑_400

葉っぱも覚えましょう!
IMG_1636_0908サンシュユの葉_400

ここでは、3~4本まとめて植えられているのが、何箇所もあります。
IMG_1656_0908サンシュユの木_400

めも:2021/09/08 PowerShot SX730 HS で撮影


去年の花の頃 ⇒ Myブログ:3/1 サンシュユの黄色い花
3/1 サンシュユの花

これまでのサンシュユの花や実の写真です。 ⇒ Myブログ:サンシュユ

◆ サンシュユ (山茱萸、学名:Cornus officinalis Sieb. et Zucc.) ミズキ科 ミズキ属の落葉小高木。
別名 ハルコガネバナ(春黄金花)、アキサンゴ、ヤマグミ
春先に葉が出る前に黄色い花を咲かせ、秋にグミに似た赤い実をつける。

実を見ると、食べられるのかが気になります。 (*^_^*)♪
 
・ サンシュユの実をおいしくいただく方法
・ サンシュユの木ってどんな木?生薬になりヨーグルトも作れちゃう?

調べるうちに、よく似た、「セイヨウサンシュユ Cornelian Cherries(コーネリアン・チェリー)」 があることがわかりました。
コーネリアン・チェリーは、主に東ヨーロッパ地域とイランにて食用に利用されるそうです。

◆ セイヨウサンシュユ と サンシュユ 違い はこちら
 → サンシュユ Cornus officinalis ~ 身近な樹木のガイドブック

参考
・  庭木図鑑 植木ペディア > サンシュユ/さんしゅゆ/山茱萸
 
 
 Myタグ 実.緑 場所_散歩.川沿いの遊歩道 
2021年09月14日 (火) | 編集 |
20210907_樹木散歩 シリーズ


コムラサキ に 実がたくさんなっています。

IMG_1397_0907ロータリーのコムラサキの実と先端だけに鋸歯のある葉_400

コムラサキの実と、先端だけに鋸歯のある葉
IMG_1397_0907ロータリーのコムラサキの実と先端だけに鋸歯のある葉Zoom_400

IMG_1397_0907ロータリーのコムラサキ_400

IMG_1395_0907ロータリーのコムラサキの風景_400

IMG_1396_0907ロータリーのムラサキシキブ_400

めも:2021/09/07 PowerShot SX730 HS で撮影


◆ コムラサキ (小紫) シソ科ムラサキシキブ属  学名は、Callicarpa dichotoma

参考
・ コムラサキ(小紫) - 庭木図鑑 植木ペディア
・ コムラサキ - 松江の花図鑑
・ ムラサキシキブ Wikipedia 

・ クマツヅラ科とシソ科の微妙な関係
 ”・・・ クマツヅラ科とされていた多くの植物がシソ科に移されています。園芸的に重要なものではCallicarpa(ムラサキシキブ)・・・”
 


 Myタグ 場所_散歩.ロータリー 実.紫 
2021年09月13日 (月) | 編集 |
20210908_樹木散歩 シリーズ


川沿いの遊歩道には、モッコク がたくさん植えられています。

実がなって、赤く色づき始めました。

と言っても すべてのモッコクに実がなるわけではないとのこと。
雄しべと雌しべの両方を持つ両性花をつける株に実が付き、
雄しべのみを持つ雄花を咲かせる株には、実はつかないんです。

IMG_1643_0908モッコクの実、葉_400

IMG_1627_0908モッコクの実赤Zoom_400

緑色の実
IMG_1647_0908モッコクの実緑_400

モッコクの美しい葉
IMG_1628_0908モッコクの美しい葉_400

川沿いのモッコクの木
IMG_1626_0908モッコクの風景_400

モッコク並木
IMG_1641_0908モッコク並木_400

めも:2021/09/08 PowerShot SX730 HS で撮影


同じ場所の、今年6月の花の様子 ⇒ Myブログ:6/21 モッコクの花
6/21 モッコクの花


◆ モッコク (木斛、学名:Ternstroemia gymnanthera)は、モッコク科 (旧ツバキ科) の常緑高木。
江戸五木の一つ。モチノキやマツと並び「庭木の王」と称される。
常緑小高木、雌雄同株、10~ 11月に結実、関東以西

雄しべと雌しべの両方を持つ両性花をつける株と、雄しべのみを持つ雄花を咲かせる株がある。

果実が熟すと厚い果皮が不規則に裂けて、橙赤色の種子が出る。
その種を食べに来る野鳥は、ビヨドリ、シジュウカラ、ジヨウビタキ、キビタキ、など
 ⇒ Myブログ:野鳥たちが食べに来る実のなる木

参考 
・ モッコク(木斛) - 庭木図鑑 植木ペディア
・ 庭木の王様!三大庭木&江戸五木! 木斛(モッコク)の胴吹き枝


 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道  実.緑 実.赤 野鳥 
2021年09月13日 (月) | 編集 |
20210907_樹木散歩 シリーズ


エゴノキ に 実がたくさんなっています。

IMG_1416_0907ロータリーのエゴノキの実_400

白っぽい薄緑の実は、あまり目立ちません。

IMG_1414_0907ロータリーのエゴノキの実_400

IMG_1415_0907ロータリーのエゴノキの実と名札_400

いろんな木が生えているところです。

IMG_1413_0907ロータリーのエゴノキの風景_400

めも:2021/09/07 PowerShot SX730 HS で撮影


今年の春の 花の様子。 
⇒ Myブログ:5/4 エゴノキの花が満開
5/4 エゴノキの花

◆ エゴノキ (Styrax japonica)  エゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木。
ヤマヂシャ
5月から6月にかけて小枝の先に短い総状花序を出し、釣り鐘状の白い花を下向きにつけ、秋には卵形の果実が熟します。

参考
・ 樹木図鑑(エゴノキ)
果実は卵球形の核果で灰白色。10月ころ熟すと、果皮は裂けて種子が落下する。
果皮にエゴサポニンを多く含むので石鹸の代わりにしたり、魚毒性があるので、すりつぶして毒流し漁に使った。
実際に試してみると、それほど毒性は強くないといわれる。
 

 Myタグ 場所_散歩.ロータリー 実.緑 
2021年09月12日 (日) | 編集 |
20210908_樹木散歩 シリーズ


久しぶりに 猿江恩賜公園 へ 散歩にいきました。

前回は5月 ⇒ Myブログ:2021年5月28日の散歩 シリーズ

時計塔と 遠くにスカイツリー。 空はあいにく小雨模様。
IMG_1615_0908猿江公園の時計塔_400

スズカケノキ (プラタナス) 並木
IMG_1618_0809スズカケノキの風景_400

実がなっています
IMG_1617_0809スズカケノキの実_400


イチョウ 並木は、緑の葉。 近づくと 実がなっています。
IMG_1620_0809イチョウの風景_400

イチョウの実がたわわになっています。
IMG_1623_0809イチョウの実たくさんなる_400

イチョウの実 (銀杏 ギンナン)
IMG_1623_0809イチョウの実Zoom_400

こんなにたくさんなってるのは、初めてみました。 o(*'o'*)o
IMG_1623_0809イチョウの実_400

実がなるのはもちろん 雌株だけです。
IMG_1620_0809イチョウの実_400

イチョウの樹皮(木肌)
IMG_1624_0809イチョウの樹皮_400

めも:2021/09/08 PowerShot SX730 HS で撮影


前回は5月 ⇒ Myブログ:2021年5月28日の散歩 シリーズ

スズカケノキ - Wikipedia
スズカケノキ (鈴掛の木、篠懸の木、学名: Platanus orientalis)は、​スズカケノキ科スズカケノキ属の落葉広葉樹。
樹高は約10〜30 mに達する。樹皮が、斑に剥げる特徴を持つ。
葉は大きく、カエデに似ていて、掌状に5~7裂し、裂片には鋸歯がある。葉柄の基部に小さい托葉がある。
花期は春で、花は淡黄緑色で、雌花、雄花を、別々の葉のつけ根の頭状花序につける。
果実は、晩秋、長い柄の先に痩果が多数集まった3.5cm[2]ほどの球形果を、1本の果軸に3~4個連なって下垂する。

 
参考
・ スズカケノキ ~ 四季の山野草
・ 庭木図鑑 植木ペディア > プラタナス
・ プラタナスとスズカケノキの関係

イチョウ (銀杏、公孫樹、鴨脚樹、学名:Ginkgo biloba)は、
 裸子植物門イチョウ綱イチョウ目イチョウ科イチョウ属に属する、裸子植物。
雄木と雌木があり、それぞれ雄花もしくは雌花のみを咲かせます。

Myガーデンにも イチョウの鉢植えがあります。
雌雄2本植えられているので、もしかしたら 実がなるかも。 (*^_^*)♪
 ⇒ イチョウ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

・ 猿江恩賜公園 (さるえおんしこうえん) ~ 【園内マップ】やストリートビューも!
 時計台と、いろんな木々が魅力です。 
・ 猿江恩賜公園 ~ 東京の公園
  

 Myタグ 場所_猿江恩賜公園 実.緑 
2021年09月12日 (日) | 編集 |
20210907_樹木散歩 シリーズ


先日から観察している ヤマボウシ(山法師)

赤い実が落ちています。
IMG_1398_0907ロータリーのヤマボウシの実落ちている_400

これは、スモモくらいありそうな! 大きい実です。
中身は野鳥に食べられちゃったのかな。
IMG_1409_0907ロータリーのヤマボウシの実落ちているヨ横前合成_400


なっている実も、緑色からオレンジ色へ変化しています。
IMG_1402_0907ロータリーのヤマボウシの実Zoom_400

これは、お行儀がいい。花が咲いているときを思い出します。
IMG_1412_0907ロータリーのヤマボウシの実_400

こっちは色も 場所も テンデンバラバラ~。
IMG_1400_0907ロータリーのヤマボウシの実_400

いろんな木が生えている公園

IMG_1404_0907ロータリーのヤマボウシの風景_400

めも:2021/09/07 PowerShot SX730 HS で撮影


同じところの8月の様子 ⇒ Myブログ:8/25 ヤマボウシの実が落ちてるよ

なんと、ヤマボウシの実は食べられるそうです。 
甘くて美味しいのでそのままでも、ジャムにしてもいいらしい。
赤くうれたのを拾ってこようかな (*^_^*)♪


参考
・ 9月に甘くてかわいい実をつける「ヤマボウシ」。その魅力をご存じですか?
・ 今年もヤマボウシの実を食べてみて分かった!食べなきゃいけないのはこのヤマボウシだ!!!2016−10−25
 
◆ ヤマボウシ(山法師、山帽子、学名 Benthamidia japonica)は、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。
高さ5~10メートル。幹は灰褐色。
葉は対生し、楕円(だえん)形または卵円形で長さ4~12センチ、全縁でやや波打つ。

 

 Myタグ 場所_散歩.ロータリー 実.赤 実.黄色 落ちた実や花・葉 野鳥 
2021年09月11日 (土) | 編集 |
20210907_樹木散歩 シリーズ


いつもの センダン(栴檀) の木、
実はなっているかしら?

葉と同じ色なので 区別がつきにくいけれど、
緑色の実がたくさんなっています。

IMG_1434_0907センダンの実_400

IMG_1433_0907センダンの実_400

秋空に緑がきれい!
IMG_1432_0907センダンの実_400

めも:2021/09/07 PowerShot SX730 HS で撮影


今年の花の様子
 ⇒ Myブログ:5/11 センダンの花 2ヶ所で満開
5/11 センダンの花

◆ センダン(栴檀)  Melia azedarach は、ムクロジ目・センダン科センダン属。
西日本を含むアジア各地の熱帯・亜熱帯域に自生する落葉高木である。
日本での別名として アミノキ、オウチなどがある。

参考
・ センダン(栴檀) - 松江の花図鑑
・  2021. 06. 02 秋吉台の花 センダン ~ 花盗人の花日記
 
 
 Myタグ 場所_散歩.N橋 実.緑 
2021年09月10日 (金) | 編集 |
20210908_樹木散歩 シリーズ

遊歩道を歩いていると・・・

藤棚の フジ(藤) の花がきれいに咲いています。

季節を間違って1つ2つ咲いた と言う状況ではありません。
o(*'o'*)o みんなで勘違い。  !!(>д<)ノ

IMG_1598_0908川沿いの遊歩道、季節外れのフジの花CUT_400

IMG_1599_0908季節外れのフジ(藤)の花_400

藤棚全体に咲いています。
IMG_1598_0908川沿いの遊歩道、季節外れのフジの花_400

向こうの藤棚も咲いていました。 
IMG_1597_0908川沿いの遊歩道SC手前の藤棚とサルスベリ_400

この遊歩道の他の藤棚では、咲いていませんでした。

めも:2021/09/08 PowerShot SX730 HS で撮影


◆ フジ(藤、学名: Wisteria floribunda)は、マメ科フジ属のつる性落葉木本。

参考
 【藤】稀に夏に開花するのはなぜ?~手入れ次第で夏にも花が楽しめる!?~
 
 

 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 メモ.紛らわしい 花の色.紫 
2021年09月10日 (金) | 編集 |
20210907_樹木散歩 シリーズ

ふと見ると 華やかな紫色の花。
フェンスを覆う様子は 琉球朝顔かと思ったのですが、
カメラを向けると、違う花のようです。

シコンノボタン (紫紺野牡丹) でしょうか。

こんなに大きな木に育ったのは、初めてみました。 

紫の花に 長いシベ
IMG_1595_0907ノボタンorシコンノボタンの花Zoom_400

IMG_1594_0907ノボタンorシコンノボタンの花_400

IMG_1592_0907ノボタンorシコンノボタンの花_400

IMG_1589_0907ノボタンorシコンノボタンの花_400

めも:2021/09/07 PowerShot SX730 HS で撮影


◆ シコンノボタン (紫紺野牡丹) ノボタン科 シコンノボタン属 学名:Tibouchina urvilleana

キーワード :野牡丹


 

 Myタグ 花の色.紫 場所_散歩.KN川原 
2021年09月09日 (木) | 編集 |
20210907_樹木散歩 シリーズ

モミジ(紅葉) といえば、秋の紅葉。
次に楽しみなのが、春の小さな花と花が実に変化する様子。
ところが、春~秋の間はあまり観察したことがありません。

今日は、 濃い緑の葉が茂るモミジを パ・チ・リ。

よく見ると 羽根のついた緑の実がなっています。

調べると、紅葉の頃には 茶色くなって、
その後 風にのってプロペラで飛んでいくのだそう~~。
花が咲いてから飛んでいくまで ずいぶん時間がかかりますね。

IMG_1539_0907モミジの実Zoom_400

IMG_1539_0907モミジの葉と実_400

今は モミジの木は、濃い緑に茂っています。
IMG_1536_0907モミジの木_400

IMG_1536_0907モミジの木の風景_400

めも:2021/09/07 PowerShot SX730 HS で撮影


こちらも見てね。 
 ⇒ Myブログ:2021/4/2 公園のモミジの花と実
2021/4/2

 ⇒ 2009年6月29日 Myブログ:イロハモミジの実
2009年6月29日

参考
・ もうすぐ紅葉の季節!モミジにも花が咲き、実が生るんです。
・ 秋 鮮赤色に色づく紅葉。春に花が咲くのをご存じですか?
 

 Myタグ 場所_散歩.KK広場 実.緑 
2021年09月09日 (木) | 編集 |
20210907_樹木散歩 シリーズ

公園広場の隅にある カリン の木
危うげに傾いていますが、大丈夫。 (*^_^*)♪
IMG_1542_0907KK広場のカリンの木_400

カリンの実がたくさんなっています。
木肌にも注目です。
IMG_1544_0907KK広場のカリンの実と木肌_400

大きい!
IMG_1547_0907KK広場のカリンの実と葉_400

めも:2021/09/07 PowerShot SX730 HS で撮影


◆ カリン (花梨、榠樝、学名: Pseudocydonia sinensis)は、バラ科 ボケ属
 

 Myタグ 場所_散歩.KK広場 実.緑