fc2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2021年08月31日 (火) | 編集 |
暑いですね。 2020~2021年はお出かけも控えています。

20180829_千葉 シリーズ  のまとめです。

各タイトルをクリックして、元記事をご覧ください!



2018年8月29日

千葉県立現代産業科学館 へ行きました。

隣は、「ニッケコルトンプラザ」。 噴水とモニュメントにハイビスカスの花が、出迎えてくれます。


・ タデアイの花壇


・  噴水とハイビスカス


・ ブドウやヒメリンゴ
  

・ 花壇の花は、ユーコミス(パイナップルリリー)


・ ヨウシュヤマゴボウ


・ ワタの花と葉 調べると面白い


20180829_千葉 シリーズ


 Myタグ 場所_千葉 
2021年08月31日 (火) | 編集 |
2021年8月21日の野草散歩シリーズ のまとめです

各タイトルをクリックして、元記事をご覧ください!

 ・ アオツヅラフジの花と実

 アオツヅラフジの小さな花と葉

 ・ アレチハナガサ、シナガワハギの咲く風景

 アレチハナガサの風景

 ・ オオアレチノギク ヒメムカシヨモギ???

 オオアレチノギクorヒメムカシヨモギの花_500

 ・ 黄色い花はキクイモ?キクイモモドキでしょうか?

 キクイモorキクイモモドキの花

 ・ ヒメジョオン、ヒルザキツキミソウ、ワルナスビ、ヤブガラシ

 ヒメジョオン

 ・ ヘクソカズラの花と葉

 ヘクソカズラの花

 ・ メドハギ、ミヤコグサ、ヒロハノレンリソウ

 メドハギ

 ・ モミジアオイの赤い花

 モミジアオイの花と葉

 ・ 蝶:ベニシジミ、ウラギンシジミ、アゲハチョウ、イチモンジセセリ

 ベニシジミ
めも:2021/08/21 PowerShot SX730 HS で撮影


こちらからも 各記事を順にご覧いただけます。 → Myブログ:2021年8月21日の野草散歩シリーズ

 Myタグ 場所_散歩.A川原 
2021年08月30日 (月) | 編集 |
20210821_野草散歩 シリーズ


散歩道では、蝶がひらひら、トンボがスイスイ~~。

トンボは、全然止まってくれませんが、蝶は花に止まります。


きれいな色の蝶は、「ベニシジミ」

IMG_1132_0821蝶ベニシジミとヒメジョオンの花たち_400

ヒメジョオンの花に止まっています。
IMG_1132_0821蝶ベニシジミ羽の裏側きれい_400

IMG_1128_0821蝶ベニシジミとヒメジョオン_400

IMG_1129_0821蝶ベニシジミとヒメジョオン_400

IMG_1126_0821蝶ベニシジミ_400


歩いていると 真っ白な蝶が目につきました。

IMG_1256_0821蝶ウラギンシジミのメス_400

表が茶色で裏が白い蝶は、何かしら?
「ウラギンシジミ」 メスです。

IMG_1254_0821蝶ウラギンシジミのメス_400

IMG_1259_0821蝶ウラギンシジミのメス_400



シンプルな色と黒 「アゲハチョウ」 
IMG_1182_0821蝶アゲハチョウ_400

IMG_1188_0821蝶アゲハチョウ_400

IMG_1187_0821蝶アゲハチョウ_400


白い斑点が並ぶセセリチョウは 「イチモンジセセリ
IMG_1145_0821蝶イチモンジセセリ_400

IMG_1144_0821蝶イチモンジセセリ_400

IMG_1146_0821蝶イチモンジセセリ_400

めも:2021/08/21 PowerShot SX730 HS で撮影

参考
・  昆虫エクスプローラ > 昆虫図鑑 > ウラギンシジミ
・  昆虫エクスプローラ > 昆虫図鑑 > イチモンジセセリ
・ 庭でよく見られるチョウ 

 Myタグ 場所_散歩.A川原 虫.蝶 
2021年08月30日 (月) | 編集 |
20210821_野草散歩 シリーズ

おなじみの 野草たち。
この暑さの中でも 元気に咲いています。

ヒメジョオン
IMG_1135_0821ヒメジョオンの花_400

花と葉
IMG_1120_0821ヒメジョオンの花と葉_400


ヒルザキツキミソウ
IMG_1137_0821ヒルザキツキミソウの花_400


ワルナスビ
IMG_1200_0821ワルナスビの花_400


ヤブガラシ の花と葉
IMG_1226_0821ヤブカラシの花と葉_400

めも:2021/08/21 PowerShot SX730 HS で撮影


◆ ヒメジョオン (姫女苑) 学名は、Erigeron annuus キク科ムカシヨモギ属

◆ ヒルザキツキミソウ (昼咲月見草、学名:Oenothera speciosa) アカバナ科マツヨイグサ属の多年生植物
別名 ヒルザキモモイロツキミソウ (昼咲桃色月見草)、オエノセラ・スペキオサ (Oenothera speciosa).

◆ ワルナスビ (悪茄子、学名:Solanum carolinense) ナス科の多年草。

◆ ヤブカラシ (藪枯らし、Cayratia japonica)は、ブドウ科ヤブカラシ属のつる植物
 

 Myタグ 花の色.紫 場所_散歩.A川原 花の色.桃色 花の色.橙色 
2021年08月29日 (日) | 編集 |

マユミ の実は、どうなってるかしら?

殆どは緑色だけど、ここだけ赤くなっています。

DSC_1867_0827川沿いの遊歩道、マユミの実色づく_400

マユミの実と葉
DSC_1867_0827川沿いの遊歩道、マユミの実と葉_400

ズラッと植えられた マユミ。
DSC_1868_0827川沿いの遊歩道、マユミの実の風景_400

めも:2021/08/27 SW001SH で撮影


マユミ (檀、真弓、檀弓) ニシキギ科ニシキギ属の木。
別名 ヤマニシキギとも呼ばれる。
 
◆ マユミの種子にある脂肪油には毒成分があり、吐き気、下痢、筋肉の麻痺などがおこる。
 



 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 実.赤 
2021年08月29日 (日) | 編集 |
20210821_野草散歩 シリーズ

おなじみの 野草たち。

アレチハナガサ

IMG_1179_0821アレチハナガサの花_400

IMG_1180_0821アレチハナガサの風景CUT_400

道端にズラリ並んでいます。
IMG_1180_0821アレチハナガサの風景_400


シナガワハギ

ここは、一面のシナガワハギ
IMG_1230_0821シナガワハギの風景_400

IMG_1234_0821シナガワハギの花の風景_400

IMG_1234_0821シナガワハギの花_400

花と葉
IMG_1231_0821シナガワハギの花_400

めも:2021/08/21 PowerShot SX730 HS で撮影


◆ アレチハナガサ (荒地花笠、学名: Verbena brasiliensis) クマツヅラ科クマツヅラ属
草丈1-2mほどの多年草の一種。河川敷や道端に生育する。
南アメリカ原産の帰化植物。

◆ シナガワハギ (品川萩) マメ科シナガワハギ属 
学名 Melilotus officinalis subsp. suaveolens

参考 マメ科 - シナガワハギ - 素人植物図鑑
 


 Myタグ 花の色.黄色 花の色.紫 場所_散歩.A川原 
2021年08月28日 (土) | 編集 |

イヌマキ の実は、どうなってるかしら?

緑道公園を通ったので、足を止めると、緑の未熟な実がついています。

DSC_1862_0827S公園北のイヌマキの実、未熟_400

よく見ると 早くも色づいた2段重ねの実があります。
DSC_1863_0827S公園北のイヌマキの実_400

細長い葉。 
DSC_1865_0827S公園北のイヌマキの実と葉_400

歩道に沿って イヌマキが並んで植えられています。
近づいてよ~~く見ると・・・実が!
DSC_1864_0827S公園北のイヌマキ_400

めも:2021/08/27 SW001SH で撮影

 
以下は2019年に調べたことです。
 ⇒ Myブログ:9/11 イヌマキの実を見つけたよ

名札に書かれているのは、
イヌマキ 犬槇 Podocarpus macrophyllus マキ科
裸子植物で雌雄異株の常緑高木。
種子がつく赤い肉質部は食べられます。

イヌマキ 学名 Podocarpus macrophyllus f. spontaneus 
   マキ科 マキ属  または、 マキ科 イヌマキ属   雌雄異株
花が開花する時期は、5月~6月。
  
・ イヌマキの雌花 | 樹の散歩道 <== こだわりの内容です。
・ イヌマキ(犬槇) 松江の花図鑑
・ イヌマキ Wikipedia 

参考 植木ペディア ホーム > 毒のある木


 Myタグ 場所_散歩.S公園 実.赤 実.緑 有毒 食用  
2021年08月28日 (土) | 編集 |
20210821_野草散歩 シリーズ


河原の藪の中に咲く黄色の花が、ぱっと目に飛び込んできました。

何でしょう?

 「Google レンズ」で調べると キクイモ  らしい。
さらに、「キクイモ」を調べると、
花が似ている 「キクイモモドキ」 というのもあります。
どちらかは、わかりません・・・。

黄色い花 と 葉
IMG_1228_0821キクイモorキクイモモドキの花_400

IMG_1229_0821キクイモorキクイモモドキの花_400

IMG_1227_0821キクイモorキクイモモドキの花と葉_400

こんなところに咲いていました。
IMG_1227_0821キクイモorキクイモモドキの風景_400

めも:2021/08/21 PowerShot SX730 HS で撮影

キクイモ (菊芋) 学名:Helianthus tuberosus キク科ヒマワリ属の多年草。
別名 アメリカイモ、ブタイモ、サンチョーク、エルサレムアーティチョーク、
 卵形または頼成楕円形の葉、細かな鋸歯があり 基部は葉柄に流れて翼となる。

キクイモモドキ (菊芋擬)  学名:Heliopsis helianthoides キク科キクイモモドキ属(ヘリオプシス属)
別名 ヒメヒマワリ(ヒメ向日葵)

参考
・ キクイモ ~ 花盗人の花日記
・ キクイモ(菊芋) ~ 松江の花図鑑
・ キクイモ(菊芋) (キク科ヒマワリ属) ~ 野田市ホームページ

・ キクイモモドキ 菊芋擬 ~ 植物の名前を探しやすい デジタル植物写真集
・ キク科~キクイモモドキ(姫ひまわり)とキクイモ
 

 Myタグ 花の色.黄色 場所_散歩.A川原 はじめて!.花 メモ.紛らわしい これは何??_花 
2021年08月27日 (金) | 編集 |
20210821_野草散歩 シリーズ

よく目にしているのに、知らん顔。 (*^_^*)♪
これまでここにのせたことがないのが、
オオアレチノギク や ヒメムカシヨモギなど

小さな花が集まったこれは 何???

IMG_1163_0821オオアレチノギクorヒメムカシヨモギの花_500

IMG_1163_0821オオアレチノギクorヒメムカシヨモギの花Zoom_400

IMG_1163_0821オオアレチノギクorヒメムカシヨモギの花_400


IMG_1162_0821オオアレチノギクorヒメムカシヨモギの葉_400

葉の様子。(茎が横倒れになっていた)
IMG_1162_0821オオアレチノギクorヒメムカシヨモギの葉Zoom_400

めも:2021/08/21 PowerShot SX730 HS で撮影


◆ オオアレチノギク (大荒地野菊、学名: Conyza sumatrensis)は、キク科イズハハコ属の植物
頭花は徳利形で基の方が少し膨らみ、径3~4mmで大きい。花期は7~10月。

◆ ヒメムカシヨモギ
頭花に小さいが目立つ白色舌状花がある。頭花は俵状で径2~3mmで小さい。花期は8~10月。

参考
・ オオアレチノギク Conysa sumatrensis (キク科 イズハハコ属) ~ 岡山理科大学 生物地球学部 生物地球学科

・ 芝地の雑草の見分け方と防除 (6) -オオアレチノギクとヒメムカシヨモギ-
 

 Myタグ 花の色.白 メモ.紛らわしい 場所_散歩.A川原 これは何??_花 
2021年08月27日 (金) | 編集 |
20210821_野草散歩 シリーズ


よく見かける ヘクソカズラ
花と葉をスッキリと写すことができました。
 
細長い葉です。 
IMG_1222_0821ヘクソカズラの花と葉_400

花と蕾、可愛らしい白と濃いピンクの花
IMG_1224_0821ヘクソカズラの花_400

花をズームで見てみましょう!

IMG_1161_0821ヘクソカズラの花Zoom_400

横向き、かなり奥行き(深さ)のある花です。
IMG_1192_0821ヘクソカズラの花横向き_400

めも:2021/08/21 PowerShot SX730 HS で撮影


ヘクソカズラには、細長い葉もあれば、丸っこい葉もあるので、花が咲いていないときは、何かな?と思うことがあります。
2014年09月9日 ⇒ Myブログ:ヘクソカズラの花
 

ヘクソカズラ (屁糞葛、学名: Paederia scandens) アカネ科ヘクソカズラ属の蔓性多年草
別名ヤイトバナ、サオトメバナ。
 
ヘクソカズラの花を初めてみたときの感動と 名前を知ったときの驚きを思い出します。
2006年8月14日 ⇒ なんの花?その4 ~ ヘクソカズラ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 
参考
・ ヘクソカズラ(屁糞葛) ~ 松江の花図鑑
 

 Myタグ 花の色.桃色 場所_散歩.A川原 
2021年08月26日 (木) | 編集 |
夕方、人通りを避けて公園の脇道へ

地面が オレンジ色に染まっています。

ヤマボウシ(山法師)の実です。

DSC_1854_0825ロータリーの落ちたヤマボウシの実の風景_400

道の中ほどのは、踏みつけられてますが、端の方は大丈夫。
DSC_1853_0825 ロータリーの落ちたヤマボウシの実_400

見上げると たくさんなっています。
DSC_1860_0825 ロータリーのヤマボウシの実CUT_400

花が咲いていた時を思い出しますね。
DSC_1860_0825ロータリーの落ちたヤマボウシの実_400

めも:2021/08/25 SW001SH で撮影


拾ってきた ヤマボウシの実。
R0023254_0825ヤマボウシの実拾う_400

めも:2021/08/25 RICOH PX で撮影

 
ヤマボウシ(山法師、山帽子、学名 Benthamidia japonica)はミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。
高さ5~10メートル。幹は灰褐色。
葉は対生し、楕円(だえん)形または卵円形で長さ4~12センチ、全縁でやや波打つ。

花がそのまま実になるのがよくわかります。
 ⇒ Myブログ:2021年5月4日 ヤマボウシの花


 ⇒ Myブログ:2016年6月9日 ヤマボウシ:上野公園の巨木

 

 Myタグ 場所_散歩.ロータリー 実.赤 実.黄色 落ちた実や花・葉 
2021年08月25日 (水) | 編集 |
20210821_野草散歩 シリーズ


アオツヅラフジ の花ってどんなのかしら?

見に行きました。 咲いています。
地味な小さな白い花。

IMG_1267_0821アオツヅラフジの小さな花と葉_400

ズームで見てみましょう!
IMG_1273_0821アオツヅラフジの小さな花_400

IMG_1264_0821アオツヅラフジの小さな花_400

もう実がついています。
IMG_1282_0821アオツヅラフジの小さな実_400

IMG_1279_0821アオツヅラフジの小さな実と葉とツル_400

アオツヅラフジの絡まるフェンス
IMG_1277_0821アオツヅラフジの絡まるフェンス_400

めも:2021/08/21 PowerShot SX730 HS で撮影


アオツヅラフジ(青葛藤、Cocculus orbiculatusまたはC. trilobus)はツヅラフジ科のつる性落葉木本。
有毒の植物
別名、カミエビ。


 Myタグ 花の色.白 実.緑 
2021年08月24日 (火) | 編集 |
20210821_野草散歩 シリーズ


早すぎたのか、おそすぎたのか・・・、
メドハギ 、花は咲いていません。

やっと見つけた花。
IMG_1154_0821メドハギの花_400

葉っぱも見てね。
IMG_1152_0821メドハギの花と葉_400

これじゃぁ~、花が咲いているなんて、わからない。 (*^_^*)♪
IMG_1148_0821メドハギ_400


6月にも咲いていた ミヤコグサ
現在は咲いているところは限られているけれど、
去年より目立つようになってきています。
このあたりの原っぱでは、勢力を広げているのかもね

IMG_1172_0821ミヤコグサの花_400

IMG_1169_0821ミヤコグサの花と葉_400

IMG_1175_0821ミヤコグサの花_400


ヒロハノレンリソウも、まだ少し花がありました。
IMG_1166_0821ヒロハノレンリソウの花_400

めも:2021/08/21 PowerShot SX730 HS で撮影


メドハギ (筮萩) マメ科 分類:草 学名:Lespedeza cuneata ハギの仲間。
一見木の枝のような茎を真直ぐに伸ばすので、木の仲間に見えるが、一年で枯れてしまう草の仲間。
花期は8~10月。

参考 
・ メドハギ 四季の山野草 
・ メドハギ(筮萩) ~ 松江の花図鑑

ミヤコグサ (マメ科) Lotus corniculatus var. japonicus
道ばたや芝地などに生える多年草。
茎は地面を這い,葉とともにほとんど毛はありません。
4~10月葉の脇に花柄を出し,黄色い蝶形の花をつけます。
 

ヒロハノレリソウ(広葉の連理草) マメ科レンリソウ属, 学名, Lathyrus latifolius.
別名. 宿根スイートピー つる性多年草。
花期 6~8月 草丈 60~300 cm (つる性) 
参考 ヒロハノレンリソウ - mirusiru.jp


 Myタグ 花の色.白 花の色.桃色 花の色.黄色 場所_散歩.A川原 
2021年08月22日 (日) | 編集 |
20210821_野草散歩 シリーズ


今日の散歩の最後、帰り着く前に通りに面した玄関先に、
パッと目を引く大きな赤い花。
今日はずっと野草観察で小さな花ばかり見ていたので、
なんだか ガリバーの世界に迷い込んだようです。 o(*'o'*)o

ずいぶん久しぶりに見る モミジアオイ

すっと伸びたてっぺんに大きな花
IMG_1284_0821近所のモミジアオイの花と葉_400

IMG_1283_0821近所のモミジアオイの花と葉_400

花びらがほっそりしています。
IMG_1285_0821近所のモミジアオイの花_400

葉っぱは、もみじ型。
IMG_1283_0821近所のモミジアオイの葉_400


めも:2021/08/21 PowerShot SX730 HS で撮影


モミジアオイ (紅葉葵、学名:Hibiscus coccineus) アオイ科フヨウ属

これまでに見た モミジアオイ
2014年9月23日 ⇒ Myブログ:モミジアオイの赤い花
2006年8月9日 ⇒ 夏の潅木 ?その3:モミジアオイ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 Myタグ 花の色.赤 
2021年08月21日 (土) | 編集 |
20210818_散歩 シリーズ


8/18 のOJK公園 ヒョウタンの向かい側、
ブラシノキ の花が咲いています。

IMG_1096_0818OJK公園ブラシノキの花CUT_400

IMG_1096_0818OJK公園ブラシノキの花_400

IMG_1094_0818OJK公園ブラシノキの花_400

めも:2021/08/18 PowerShot SX730 HS で撮影

この木は、11月にも咲いてました。
⇒ Myブログ:2020年11月1日

ブラシノキ (学名:Callistemon speciosus) フトモモ科ブラシノキ属の常緑小高木。
別名、カリステモン (本来は属名のラテン名である)、ハナマキ(花槙)、キンポウジュ(金宝樹)。
花期は5~6月、初夏と秋の二期咲き、四季咲き(季節を限らず、何回でも花が咲く) があります。
 
参考
・ ブラシノキ Callistemon speciosus (フトモモ科 ブラシノキ属) ~ 岡山理科大学 生物地球学部 生物地球学科
・ 庭木図鑑 植木ペディア > ブラシノキ
 

 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 花の色.赤 
2021年08月20日 (金) | 編集 |
20210818_散歩 シリーズ

8/18  ヒョウタンにつられてやってきた OJK公園

おなじみの水槽(池)に  ハス(蓮) の実 と ふっくらとした 蕾

IMG_1076_0818OJK公園ハスの実と蕾_400

ハスの葉と実
IMG_1075_0818OJK公園ハスの実と蕾CUT_400

スイレンの葉や水草。 鯉が泳いでいます。
IMG_1075_0818OJK公園ハスの実と蕾_400

ウォーターバコパの花
IMG_1079_0818OJK公園ウォーターバコパの花_400

めも:2021/08/18 PowerShot SX730 HS で撮影


前回、ここで蓮の花を見たのは、
 ⇒ Myブログ:2021/06/21 蓮の花と水草

午後の蓮の花と蕾
 

 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 
2021年08月19日 (木) | 編集 |
20210818_散歩 シリーズ

OJK公園の階段の下に、
「ヒョウタンの実がなった」とのお知らせ

IMG_1098_0818ヒョウタンの案内_300

行ってみよう!

IMG_1082_0818OJK公園ヒョウタンの風景_400

ヒョウタンの棚の内側に、大きな実が一つ

IMG_1085_0818OJK公園ヒョウタンの実_400

棚の上の方に咲いている花。

IMG_1091_0818OJK公園ヒョウタンの花と小さな実_400

花のそばに 小さな実がなっています。 大きくなってね!

IMG_1090_0818OJK公園ヒョウタンの小さな実2つ_400

ヒョウタンの花は、真っ白。

IMG_1091_0818OJK公園ヒョウタンの花Zoom_400

IMG_1087_0818OJK公園ヒョウタンの花_400

めも:2021/08/18 PowerShot SX730 HS で撮影


ちょうど、育てた方がいて、見学の人たちに説明をしています。

 花数が少ないうえに、なかなか受粉しない、高いところの人工受粉にも一苦労。
 小さな実がなっても なぜか育たない。
やっとこの1つがなったのだと 嬉しそう。
今ついている 小さな実が育つといいですね!
ひょうたんの花は雄花も雌花も夕方から夜にかけて開き、翌朝にはしぼんでしまいます。
同じ夜に雄花と雌花が咲き揃わないと受粉できない。ひょうたんの実にはならないのです。

ひょうたんの育て方(栽培方法) ~花(雄花と雌花)と、人工受粉で実をつける方法
 ひょうたんの実は、「孫づる」にしか実がならないので、摘芯をして実をつけよう!


ヒョウタン(瓢箪、瓢簞、学名:Lagenaria siceraria var. gourda)は、ウリ科 ユウガオ属
ウリ科のつる性の1年草で、干瓢(かんぴょう)にするユウガオの変種

こちらも見てね。 懐かしい!
 ⇒ 2015/10/3 「世界のヒョウタン展」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

世界のヒョウタン展

これまでに見たヒョウタンのこと。
 ⇒ ヒョウタン(瓢箪) ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 ⇒ ヒョウタン ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

面白い話を見つけました。
・ ヒョウタンと古代の海洋移住 | 海洋政策研究所 - 笹川平和財団
・ No.11 人類の原器 ヒョウタン1万年の世界 湯浅 ... - 東京農業大学
 

 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 花の色.白 実.緑 
2021年08月18日 (水) | 編集 |
20210818_散歩 シリーズ


ナツツバキ も ヒメシャラ も 
近年 花をよく目にするようになりました。

花はどちらも 6~7月。

通りかかった住宅に、向かい合って 両方植えられていました。

今は花の後が実になっています。

ナツツバキの実
IMG_1068_0818ナツツバキの実_400

IMG_1067_0818ナツツバキの実_400

ナツツバキの葉
IMG_1070_0818ナツツバキの葉_400

ナツツバキの木と葉
IMG_1064_0818ナツツバキの木と葉_400

ナツツバキの幹2本、皮が向けたような樹皮
IMG_1071_0818ナツツバキの幹2本_300

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ヒメシャラの実
IMG_1074_0818ヒメシャラの実Zoom_400

ヒメシャラの実と葉
IMG_1074_0818ヒメシャラの実_400

ヒメシャラの木
IMG_1072_0818ヒメシャラの木_400

めも:2021/08/18 PowerShot SX730 HS で撮影


ナツツバキ (夏椿) Stewartia pseudocamellia ツバキ科 ナツツバキ属。 落葉広葉。小高木
別名は シャラノキ (娑羅樹) 

ヒメシャラ (姫沙羅) Stewartia monadelpha ツバキ科/ナツツバキ属。 落葉広葉。小高木
 
おまけ
ナツツバキの花 と ヒメシャラの花
2021/06/02 2011/06/21
 

 Myタグ
2021年08月13日 (金) | 編集 |
暑いですね。 2020~2021年は、お出かけも控えています。

懐かしい 「2014年8月13日夕方の日比谷公園」 の記事のまとめを ここに引っ張り出してきました。
真夏のお決まりのコース (映画 → 日比谷公園)です。

各タイトルをクリックして、元記事をご覧ください!



2014年8月13日
2014年8月8日(金)公開の映画 「 トランスフォーマー/ロストエイジ」
  おなじみのトランスフォーマーたちはアップデートされ、メインキャストも一新。

TOHO日比谷の映画館で楽しんだあとは、夕方の日比谷公園へ夏の花に会いに行きます!
 

 Myタグ 場所_日比谷公園 
2021年08月12日 (木) | 編集 |
20210807_散歩 シリーズ


雨上がり、真っ白の 百合(ユリ)が清々しい。

シンテッポウユリ

DSC_1833_0807団地のシンテッウポユリ_400

DSC_1832_0807団地のシンテッウポユリ_300

めも:2021/08/07 SW001SH で撮影


シンテッポウユリ ユリ科 Lilium ユリ属
学名 Lilium x formolongi Hort. Lilium formosanum x Lilium longiflorum
タカサゴユリとテッポウユリの交配により日本で1951年に作られた園芸種。
別名ホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)

2020年08月07日 ⇒ Myブログ:8/7 白い百合 タカサゴユリとシンテッポウユリじゃないかしら?

参考
・ シンテッポウユリ 新鉄砲百合 ~ 三河の植物観察



 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.H団地 
2021年08月11日 (水) | 編集 |
20210807_散歩 シリーズ


華麗なピンクの花。 見とれてしまいました。

アフリカハマユウ でしょうか?
なんか、イメージが違う気がします ???
花の時期から、もしかしたら 園芸種のアマクリナム かもしれません。

DSC_1840_0807団地のアフリカハマユウまたはアマクリナム_400

花壇のフチに数本咲いています。 存在感ありますね。

DSC_1842_0807団地のアフリカハマユウまたはアマクリナム_400

ナツズイセンを見つけたかったんですが・・・、
これにはしっかり葉があります。(*^_^*)♪

DSC_1841_0807団地のアフリカハマユウまたはアマクリナム_400

アフリカハマユウは、花が終わったときが好きじゃないので、
咲き初めの きれいな花と蕾のを探して撮りました。 (*^_^*)♪

DSC_1839_0807団地のアフリカハマユウまたはアマクリナムの葉_300

めも:2021/08/07 SW001SH で撮影


アフリカハマユウ(インドハマユウ)
2013年08月07日 ⇒ Myブログ:アフリカハマユウ?のピンクの花

0807 団地のアフリカハマユウまたはアマクリナム (どちらも葉が出ている)
ちなみに ナツズイセンは花の時期は葉がない。

参考
・ アマクリナム 365花撰
 アマクリナムは、ヒガンバナ科ホンアマリリス属のベラドンナリリーと ハマオモト属のクリナムとの属間雑種です。
 花期は、7~8月
 

 Myタグ 場所_散歩.H団地 メモ.紛らわしい 花の色.桃色 
2021年08月10日 (火) | 編集 |
2008/8/10 真夏の葛西臨海公園 シリーズ のまとめです。

2008年! 大昔ですね。 (*^_^*)♪  各タイトルをクリックして、元記事をご覧ください!



2008年8月10日 少し涼しかったので 葛西臨海公園 鳥類園 へGO!



とっても珍しい 野鳥 (絶滅危惧種) クロツラヘラサギを 見ることができ 最高でした。
 ⇒ クロツラヘラサギが3羽 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」


2008/8/10 真夏の葛西臨海公園で シリーズ

・ ザクロの実 : 真夏の葛西臨海公園


・ サンゴジュの赤い実 : 真夏の葛西臨海公園


・ センダンの実 : 真夏の葛西臨海公園


・ ツバキの実 : 真夏の葛西臨海公園


・ トクサとキリの実 : 真夏の葛西臨海公園
トクサ (砥草、木賊)


キリ(桐)  野鳥の観察窓のそばの木は、おなじみになりました。


・ ナンキンハゼ : 真夏の葛西臨海公園


・ ハナズオウの実? : 真夏の葛西臨海公園
2008年 この頃は、ハナズオウの実を知らなかったんだぁ。 知らないことばっかり!



 ハマゴウの薄紫の花:真夏の葛西臨海公園
 ハマゴウ (浜栲) クマツヅラ科 ハマゴウ属

ハマゴウを見たのは、この時1回限り。その後は見たことがない。 貴重な写真。(*^_^*)♪


 ハマボウ : 真夏の葛西臨海公園
 ハマボウ (浜朴) (黄槿:黄色のムクゲ) アオイ科 フヨウ(ハイビスカス)属

ハマボウを見たのはこの時1回限り。その後は見たことがない。 これも貴重な写真。(*^_^*)♪


・ マテバシイの実 : 真夏の葛西臨海公園
どんぐり!


・ 野鳥園の虫さん
セミ


2008/8/10 真夏の葛西臨海公園で シリーズ のまとめです。
各タイトルをクリックして、元記事をご覧ください!
 

 Myタグ 場所_葛西臨海公園 野鳥 
2021年08月09日 (月) | 編集 |
Tokyo 2020 オリンピック・パラリンピック

2021年7月23日(金)~8月8日(日)  東京2020 オリンピック競技大会

2021年8月24日(火)~9月5日(日) 東京2020 パラリンピック競技大会

TVを見ながら、イラスト描きました。
 ⇒ Tokyo2020 ~ Myブログ「ベルルのお絵かき・ふりーく」

2021/8/8 オリンピック閉会式
あっという間でしたね。
イラストを描きたくても、TVを見るだけで時間がいっぱい。
感動の選手やシーン、余韻を味わいながら、まだ描くつもりです。(*^_^*)♪
(イラストをクリックすると元記事に飛びます)


Tokyo2020 オリンピック閉会式

閉会式



2021/7/23 オリンピック開会式
次々と行われる競技での、日本選手の活躍にTVに釘付けのこの頃です。


 Tokyo2020 オリンピック開会式

Tokyo2020 開会式

体操村上銅メダル 新体操フェアリージャパン

BMXフリースタイル スケートボード 女子ストリート金・銅メダル

こちらも見てね。
 ⇒ Tokyo2020 ~ Myブログ「ベルルのお絵かき・ふりーく」

メダル獲得のたびに選手の笑顔や涙に感動!

メダルと一緒に渡されるブーケも夏らしく元気あふれるもの。
「ビクトリーブーケ」 ヒマワリと~~~。 ???

調べてみると、こだわりの花が使われているんですね。
東日本大震災での国内、世界中からの応援の感謝を込めて、東北3県を中心に生産された花を使い、東京オリンピック・パラリンピックのメダリストへ ビクトリーブーケを贈ることで勝利の喜びに花を添え、メダリストを祝福します。
また、 併せて、日本の高品質な花きを世界中に発信してまいります。
五輪のブーケには、福島県産トルコギキョウ、宮城県産ヒマワリ、岩手県産リンドウ、福島県産ナルコラン、東京都産ハランを、
パラリンピックのブーケには、福島県産トルコギキョウ、宮城県産バラ、岩手県産リンドウ、東京都産ハランを使用。・・・


夏の主役 「ヒマワリ
すくっと伸びた先に咲く大きな花


一方、今花壇で大人気なのは、小さめのヒマワリ!
 ⇒ ヒマワリ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

2020/07/21 GC花壇

(トルコギキョウ、リンドウは おなじみなのに 写真がありませんでした。)

参考
・ 東京で咲いた表彰式彩る「ビクトリーブーケ」被災した東北3県の花を使用
・ 東京2020副賞(オリンピックビクトリーブーケ) - Olympics
 

 Myタグ イラスト 
2021年08月08日 (日) | 編集 |
20210807_散歩 シリーズ

東京オリンピックの会場を華やかにしているブーケ
よく見ると 小さめのひまわりの花が笑顔を振りまいています。
 ⇒ Myブログ:Tokyo2020 ヒマワリとイラスト

図書館の帰り道、
なんか、ヒマワリ のようで 違うような花が咲いています。
思わず パ・チ・リ
DSC_1848_0807団地のフェンス内のヒマワリ「サンゴールド」初めて_400

花の裏側が、ヒマワリそっくり。葉が大きい~。

DSC_1851_0807団地のフェンス内のヒマワリ「サンゴールド」初めて_400

帰って調べたら、八重の ヒマワリ 「サンゴールド」のようです。

ふわっとして優しげな花。 遠くて触れなかったのが残念。
DSC_1850_0807団地のフェンス内のヒマワリ「サンゴールド」の花_400
めも:2021/08/07 SW001SH で撮影


とは言っても、ヒマワリは これでなくっちゃ。

20200718_散歩

そう思って歩いていると、また違ったヒマワリが 花壇にありました。
そういえば、「ゴッホのヒマワリの絵」にも、さまざまな花があったような・・・。

DSC_1836_0807団地の花壇のヒマワリ_400

DSC_1838_0807団地の花壇のヒマワリ_400

めも:2021/08/07 SW001SH で撮影


最初に見た花は初めてだったので何かわからず、帰宅して Goolge検索しました。
『ひまわり 中心なし』 で検索すると・・・、そっくりの写真が見つかりました。
・ ヒマワリ100万本「あけの ひまわりフェスティバル」の壮大な景色は必見!
・ 夏の庭 by ネコママ - ヒマワリの栽培記録、育て方「そだレポ」 | みんなの趣味の園芸

それで 「サンゴールド」というヒマワリのことを知りました。

こうしてみると、ヒマワリにも たくさん種類があるんですね。

・ ヒマワリの種類とおすすめの組み合わせをチェック!
・ ひまわりの種類・品種一覧!別名や花びらの枚数は?

ヒマワリ-Wikipedia
ヒマワリ(向日葵、学名:Helianthus annuus)はキク科 ヒマワリ属の一年草の植物である。
花は黄色で、種は食用となる。
日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)、ヒグルマソウ(日車草)、ヒマワリソウ(日回り草)、サンフラワー(英:Sunflower)、ソレイユ(仏:Soleil:太陽)とも呼ばれる。
種実を食用や油糧とするため、あるいは花を花卉として観賞するために広く栽培される。
また、ヒマワリは夏の季語でもある。ロシアとペルーの国花になっている。

 Myタグ はじめて!.花 場所_散歩.H団地 花の色.黄色 メモ.わかりました 
2021年08月07日 (土) | 編集 |
20210807_散歩 シリーズ


夏らしい花 キョウチクトウ(夾竹桃)

通りかかると 思わず パ・チ・リ

DSC_1844_0807団地のキョウチクトウの花_400

DSC_1845_0807団地のキョウチクトウ_400

DSC_1846_0807団地のキョウチクトウ_400

DSC_1843_0807団地のキョウチクトウ_400

めも:2021/08/07 SW001SH で撮影

 
キョウチクトウ (夾竹桃、学名: Nerium oleander var. indicum)は、キョウチクトウ科キョウチクトウ属
常緑低木 もしくは 常緑小高木。


 Myタグ 場所_散歩.H団地 花の色.桃色 
2021年08月06日 (金) | 編集 |
2021/08/06
「森を食べる植物 - 腐生植物の知られざる世界」 という本を読みました。

めったに会えない(見つけられない)腐生植物の話、面白いです。
『森を食べる植物 - 腐生植物の知られざる世界』 :塚谷 裕一 (著) ~ Myブログ:あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート

葉緑素がないので、透き通るような白いボディ。 森の妖精のよう。
でも~~~、腐生植物 と聞くと、なんだか不気味。 

これまでに見た「腐生植物」の記事を ここに まとめました。

2016年7月2日 サガミラン : 附属自然教育園 名札がついていて運良く咲いていました。
2014年6月27日 ギンリョウソウ : 白神山地 二ッ森 ガイドのマタギさんに教えてもらいました。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

附属自然教育園に、囲いが作られている場所があります。

サガミラン と名札があるのですが・・・うっかり通り過ぎそう。
R0021187サガミラン囲い名札_400

よく見ると、花らしきもの。 o(*'o'*)o

R0021191サガミラン_240

何がどうなっているのか~。 これからもっと開く? それとも終わりかけ?

R0021190サガミランの花_400

「武蔵野植物園」の景色

「武蔵野植物園」

めも:2016/07/02 CX2 で撮影

サガミラン (相模蘭 学名:Cymbidium nipponicum forma sagamiense ) ラン科シュンラン属
同属のマヤランの白花で、常緑林内に生える腐生植物。

サガミラン、ネットで検索すると もっと綺麗な花でした。
 ・ 四季の山野草 (サガミラン)
 ・ サガミラン

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30
→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2010.7.13
 マヤランとサガミランはラン科シュンラン属の常緑林内に生える腐生植物です。腐生植物とは葉を持たず自ら光合成することはなく、菌類と共生し栄養を摂る植物です。
マヤランは武蔵野植物園の入口右側のベンチの近く、サガミランは武蔵野植物園水飲み場より休憩所に入り右手ソメイヨシノ大木付近で見られます。


附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ



→ 201406_白神山地の植物 シリーズ

2014年6月27日 「白神山地 二ッ森」へ 
二ッ森へ登る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

二ッ森へ登る (*^_^*)♪



足元に白い  ギンリョウソウ 

RIMG0022ギンリョウソウの風景FC2右回転_300

ちょっと不気味ですね。
RIMG0043ギンリョウソウFC2右回転_400

枯れ葉からこんにちは~
RIMG0021ギンリョウソウFC2右回転_300

めも:2014/06/27 CX2 で撮影

ギンリョウソウ(銀竜草、学名:Monotropastrum humile )はシャクジョウソウ科の多年草。
腐生植物としてはもっとも有名なものの一つ。別名ユウレイタケ。

  ギンリョウソウ 白神山地ミニ植物図鑑

見た植物の リストです。  ⇒ Myブログ:白神山地旅行の植物
旅行記シリーズは、こちらから ⇒ 白神山地旅行 くろくまの滝 ~ 千畳敷海岸

参考
・  白神山地ミニ植物図鑑索引 ~ 東北森林管理局  藤里森林生態系保全センター 林野庁
  開花季節別索引 梅雨 ・  
・ 「世界遺産白神山地」-白神山地のご案内-動植物-植物
・ 白神山地の植物 - 白神NetWalker ~白神情報ターミナル~
 
 
 Myタグ 本・図書館  
2021年08月04日 (水) | 編集 |
暑いですね。 2020~2021年は、お出かけも控えています。

懐かしい 「20160804_日比谷公園 シリーズ」 記事のまとめを ここに引っ張り出してきました。

各タイトルをクリックして、元記事をご覧ください!



2016年8月4日
うちにいても暑いから、ポイントが溜まったことだし 映画に行こう。
「ファインディング・ドリー」 面白かった!
その後 日比谷公園へ。
 
20160804_日比谷公園 シリーズ

8/4 夕方に 日比谷公園へ行ったときの 写真記事をまとめました。 (名前順)


 1 アガパンサスの花後
 
 
 2 アシタバの花
 
 
 3 アメリカデイゴの花の風景
 
 
 4 アメリカノウゼンカズラの花 
 
 
 5 カンナの花と葉
 
 
 6 ギボウシの花
 
 
 7 サルスベリの花
 
 
 8 サンゴジュの実
 
 
 9  デュランタの花
 
 
 10 ノシランの花
 
 
 

 11 ひまわりの小道
 

 12 ピラミッドアジサイ
 
 
 13 ペリカンの噴水とスイレンの蕾 
 

 14 ボタンクサギの花
 
 
 15 ムクゲの花
 
 
 16 ヤブミョウガの花と実
 
 
 17 ヤブランの花は蕾
 

 18 ヤマボウシの実 ゴロゴロ
 
 
 19 ルドベキアの花
 
 
 20 鶴の噴水と フジの実
 
 
 21  椰子の実
 
 

心字池

 

20160804_日比谷公園 シリーズ

 

 Myタグ 場所_日比谷公園 
2021年08月02日 (月) | 編集 |
★ 今年は外出は控え、コレまでの写真を見て 楽しみましょう!

2020年8月
・ 20200808_A川原散歩 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

(2019年8月 無し)

2018年8月
★ 20180829_千葉 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
★ 20160804_日比谷公園 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
★ 20140813_日比谷公園 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
★ 2008/8/10 真夏の葛西臨海公園 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

ハイキングの写真は ⇒ 白神山地 ・ 高尾山 ・ 御岳 ・ 青梅 ・ 武蔵五日市

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

 8月には、どんな花に会えるかしら?

毎年の8月の記事を見てみましょう!
2021年8月2020年8月2019年8月
2018年8月2017年8月2016年8月2015年8月
2014年8月2013年8月2012年8月2011年8月
2010年8月2009年8月2008年8月2007年8月

2016年~ 新たに このブログの8月にのせた花と実
  今後にご期待を (*^_^*)♪

 
 ・ アシタバ
  
 ・ アメリカデイゴ 
 ・ カリブラコア
 ・ カンナ
 ・ ギボウシ
 ・ サンクエール
 ・ スイレン
  
 ・ タデアイ
  2018年8月29日
  

 ・ ハイビスカス
 ・ ピラミッドアジサイ 
  
 ・ フヨウ 
 ・ ユーコミス
  (パイナップルリリー)
  2018年8月29日
 ・ ワタ(綿)
  2018年8月29日
  
 
 ・ ヤシ
  
   


2011年~2015年 新たに このブログの8月にのせた花と実

 
 ・ アカンサス
 ・ アサガオ
 ・ アフリカハマユウ
 ・ アルストロメリア
 ・ イヌタデ

 ・ カッコウアザミ(アゲラタム) 
   
 ・ キョウチクトウ
 ・ キンシバイ
 ・ コエビソウ

 ・ サルビア
 ・ シモツケ
 ・ ジュウニヒトエ
 ・ ダイズ
 ・ タチアオイ
 ・ タマスダレ
 ・ デュランタ
 ・ トケイソウ・ピッコロッソ
 ・ ナツミカン 

 ・ ニセコバンソウ
  
 ・ ノウゼンカズラ
 ・ ノカンゾウ
 ・ ノシラン

 ・ パープルファウンテングラス? 
   
 ・ ハギ
 ・ ヒマワリ
 ・ ヒャクニチソウ
 ・ ペラペラヨメナ
 ・ ボタンクサギ

 ・ マリーゴールド
 ・ マンデビラ
 ・ ムクゲ
 

 ・ ヤナギバルイラソウ
 ・ ヤブガラシ (標準和名は「ヤブカラシ」)
 ・ ヤブラン
 ・  ヤマノイモ
   

 ・ ランタナ
 ・ ルドベキア グロリオサ・デージー 
   
 ・ ルリマツリ
 ・ アガパンサス

 花と実
 ・ ゴーヤ
 ・ ヒョウタン
 ・ フウセンカズラ 
 ・ ヤブミョウガ


2007年~2010年に このブログの8月にのせた花と実

 2007年~2010年に
 このブログの8月にのせた花

 ・ あべりあ
 ・ あめりかのうぜんかずら
 ・ いぬほおずき
 ・ いんぱちぇす
 ・ えごのき
 ・ えんじゅ
 ・ おしろいばな
 ・ がざにあ
 ・ きばなこすもす
 ・ 
 ・ くましで
 ・ さるすべり
 ・ たけに草
 ・ てんにんぎく
 ・ なんきんはぜ
 ・ 合歓木の花
 ・ はまごう
 ・ はまぼう <== 葛西臨海公園で 
 ・ へくそかずら
 ・ りょうぶ
 ・ わるなすび
 ・ 白百合
 2007年~2010年に
 このブログの8月にのせた実

 ・ あかめがしわ の実 
   2009年に夢中になった。 (*^_^*)♪

 ・ 花梨の実
 ・ 楠の実
 ・ こぶしの実
 ・ 柘榴の実
 ・ 珊瑚樹の赤い実
 ・ せんだんの実
 ・ 椿の実
 ・ とくさ と 桐の実 <== 葛西臨海公園で 
 ・ はなずおうの実
 ・ ひめりんごの実
 ・ ぴらかんさの青い実
 ・ 藤の実
 ・ まてばしいの実
 ・ 紫式部の実
 ・ やまぼうしの実



 Myタグ
2021年08月01日 (日) | 編集 |
 8月には、どんな花に会えるかしら?

 このブログの8月にのせた花と実 → 8月の花:2006~まとめ 

毎年の8月の記事を見てみましょう!
2021年8月2020年8月2019年8月
2018年8月2017年8月2016年8月2015年8月
2014年8月2013年8月2012年8月2011年8月
2010年8月2009年8月2008年8月2007年8月


暑中お見舞い申し上げます。

2021年 8月の花暦 ヒマワリ (向日葵)

ヒマワリ(向日葵) キク科ヒマワリ属

★ 今年は外出は控え、コレまでの写真を見て 楽しみましょう!

ハイキングでの植物の写真はこちら
⇒ 白神山地 ・ 高尾山 ・ 御岳 ・ 青梅 ・ 武蔵五日市 ~ 散歩道の野草と風

8月です! 今月のテーマ ~ オリジナルTシャツを作ろう

8/1 あとりえ「パ・そ・ぼ」HP 更新 → あとりえ「パ・そ・ぼ」コーナー

⇒ Myブログたちの 最近の記事 一覧です

♪ -- ♪ -- ♪ -- ♪

Myブログたちの7月のまとめです。 みてね!
⇒ パそぼとベルルのあれこれフリーク:7月
⇒ Niwa niha Hana(庭には花):7月
⇒ 散歩道の野草と風:7月
⇒ ベルルのお絵かき・ふりーく:7月

こちらもどうぞ!
 ベルルの欲しいなブログ ~ 欲しいもの、買ってよかったもの。
☆ キュートな野鳥たち ~ 身近な野鳥観察日記や楽しいゲーム、とりのトリビアなど
☆ あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート ~ 今読んでる本、読んだ本の感想とメモです。


庭には花:ベルルのお薦めコーナー
ガーデニング → 種・苗フラワーグリーン・観葉植物
土・肥料・ガーデニング用品
ガーデニングの本


 
 Myタグ