FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2021年01月21日 (木) | 編集 |
20210108_散歩 川沿いの遊歩道 シリーズ

実がなった高い木があります。
サルスベリ です。

IMG_6416_0108サルスベリの実_400

実は割れています。
IMG_6415_0108サルスベリの実_400

種が入っているのかどうかは、よくわからない。
IMG_6417_0108サルスベリの実Zoom_400

IMG_6414_0108サルスベリの実の風景_400

めも:2021/01/08 PowerShot SX730 HS で撮影

サルスベリ(百日紅、猿滑、紫薇、Lagerstroemia indica)は、ミソハギ科の落葉中高木。
梅雨明けから初秋までの長い期間に渡って花を楽しむことができるため、「百日紅」との別名もある。



 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 実.茶色 
2021年01月20日 (水) | 編集 |
20210108_散歩 川沿いの遊歩道 シリーズ

散歩をしていると、いろんな木々の冬芽(花芽)を見かけます。
これは何かしら? 去年までに見た花を思い出し、なんとか調べました。

サンシュユ のようです。

IMG_6440_0108サンシュユの木_400

花芽
IMG_6441_0108サンシュユの花芽_400

葉と花芽
IMG_6441_0108サンシュユの葉と花芽_400

花芽と一緒に写っているのは、
つやつやとして真っ赤だった実の最後の姿。
IMG_6444_0108サンシュユの花芽と枯れた実_400

めも:2021/01/08 PowerShot SX730 HS で撮影

サンシュユ (山茱萸、学名:Cornus officinalis Sieb. et Zucc.) ミズキ科 ミズキ属の落葉小高木。
別名 ハルコガネバナ(春黄金花)、アキサンゴ、ヤマグミ

これまでのサンシュユの花や実の写真です。 ⇒ Myブログ:サンシュユ

参考
・  庭木図鑑 植木ペディア > サンシュユ/さんしゅゆ/山茱萸
 

 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 冬芽 花芽 
2021年01月19日 (火) | 編集 |
20210108_散歩 川沿いの遊歩道 シリーズ


ハナズオウ が数本あります。

すっかり落葉したハナズオウ。 わずかに実が残っています。
IMG_6399_0108ハナズオウの落葉した木_400

ハナズオウの実
IMG_6400_0108ハナズオウの実_400

別お場所には、葉がついた木もあります。
IMG_6362_0108ハナズオウの葉_400

冬芽です。 これまで注意してみたことがなかった・・・。
IMG_6403_0108ハナズオウ冬芽_400

花が咲くときの情景が目に浮かびます。
IMG_6403_0108ハナズオウ冬芽Zoom_400

めも:2021/01/08 PowerShot SX730 HS で撮影

ハナズオウ (花蘇芳、Cercis chinensis)
 ジャケツイバラ科 (またはマメ科ジャケツイバラ亜科) ハナズオウ属
 


 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 色づいた葉 冬芽 花芽 新芽 
2021年01月18日 (月) | 編集 |
20210108_散歩 川沿いの遊歩道 シリーズ

遊歩道には、モッコク がたくさん植えられています。

モッコクに蕾がついていますよ。 咲くのは、5~7月頃。
IMG_6380_0108モッコクの蕾_400

IMG_6430_0108モッコクの蕾_400


でも、 早々と咲いている花を見つけました。
IMG_6424_0108モッコクの花_400

IMG_6425_0108モッコクの花を見上げる_400


実も残っています。
IMG_6384_0108モッコクの実_400

IMG_6423_0108モッコクの木_400

モッコクは、「庭木の王」
IMG_6379_0108モッコクの木_300

めも:2021/01/08 PowerShot SX730 HS で撮影


モッコク (木斛、学名:Ternstroemia gymnanthera) 常緑高木。
モッコク科モッコク属 または ツバキ科・モッコク属 (サカキ科/モッコク科)

江戸五木の一つ。モチノキやマツと並び「庭木の王」と称される。
花期 5~7月

参考
・ モッコク(木斛)の花言葉と育て方!剪定の時期と方法は?
・ モッコク(木斛) ~ 松江の花図鑑



 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.川沿いの遊歩道 
2021年01月17日 (日) | 編集 |
20210108_散歩 川沿いの遊歩道 シリーズ


遊歩道に植えられたドウダンツツジ、真四角に剪定されているところが多いのですが、
ここは、なんだか自由な雰囲気。

別の植物かと思ったぐらいですが、葉っぱを見れば、ドウダンツツジでしょう。

真っ赤な ドウダンツツジ

IMG_6421_0108ドウダンツツジの紅葉CUT_400

IMG_6421_0108ドウダンツツジの紅葉_400

IMG_6418_0108ドウダンツツジの紅葉_400

IMG_6420_0108ドウダンツツジの紅葉_400

めも:2021/01/08 PowerShot SX730 HS で撮影


ドウダンツツジ(灯台躑躅、満天星、学名Enkianthus perulatus)は、ツツジ科ドウダンツツジ属の植物。
 

 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 色づいた葉 
2021年01月16日 (土) | 編集 |
20210108_散歩 川沿いの遊歩道 シリーズ

遊歩道を歩くと、びっくりするくらい鮮やかなピンクの実がなっています。

何箇所にも別れて並んで植えられた マユミ

その中でもこの木の実が一番キレイ。
IMG_6356_0108マユミの実の風景_400

実の中の種は、ほとんど取れてしまっています。
IMG_6357_0108マユミの実きれいなピンク_400

これは、紅葉した葉がついています。
IMG_6406_0108マユミの紅葉と実_400

種が残っているのを見つけました。下から見上げてパ・チ・リ

IMG_6413_0108マユミの実に種_400

めも:2021/01/08 PowerShot SX730 HS で撮影


前回ここで見たマユミの実は、8月に既に赤くなっていた!
 ⇒ Myブログ:8/14 マユミの実がもう赤い!

マユミ (檀、真弓、檀弓) ニシキギ科ニシキギ属の木。
別名 ヤマニシキギとも呼ばれる。
 
◆ マユミの種子にある脂肪油には毒成分があり、吐き気、下痢、筋肉の麻痺などがおこる。
 

 Myタグ 実.桃色 場所_散歩.川沿いの遊歩道 
2021年01月15日 (金) | 編集 |
20210108_散歩 川沿いの遊歩道 シリーズ

遊歩道には、ロウバイ がたくさん植えられています。
早春に咲く花の代表、そろそろ花時じゃないかと、見に行きました。

蕾がたくさんついていますよ。
IMG_6390_0108ロウバイの蕾_400

IMG_6367_0108ロウバイの蕾と黄葉_400

花が咲いています! 中心が赤いロウバイの花。
IMG_6344_0108ロウバイの花_400

香りがするそうですが、マスクじゃ・・・。o(*'o'*)o

IMG_6342_0108ロウバイの花Zoom_400

こっちは、中心も同じ黄色のソシンロウバイの花。
IMG_6395_0108ソシンロウバイの花_400

IMG_6439_0108ソシンロウバイの花_400

なんだか 樹形に風格がありますね。
IMG_6340_0108ロウバイの木に蕾、葉はない_400

全部落葉した木もあれば、葉がついた木もあるんですね。

緑と黄色の葉がついています。
IMG_6389_0108ロウバイの木と葉_400

名札があれば、安心。
IMG_6388_0108ロウバイの葉と名札_400

黄葉も鮮やか。
IMG_6364_0108ロウバイの黄葉_400

おや、変なものが o(*'o'*)o  これは、ロウバイの実です。
IMG_6392_0108ロウバイの実_400

こっちは、レース模様になっています。
IMG_6398_0108ロウバイの実と蕾_400

めも:2021/01/08 PowerShot SX730 HS で撮影

ロウバイ (蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅〔からうめ〕)  Chimonanthus praecox
 ロウバイ科ロウバイ属に属する中国原産の落葉樹
 ロウ細工のような黄色い花を咲かせ、芳しい香りが印象的。

参考
・ ロウバイ(蝋梅)とソシンロウバイ(素心蝋梅)🌼の違いは?
 

 Myタグ 花の色.黄色 場所_散歩.川沿いの遊歩道 
2021年01月14日 (木) | 編集 |
20201225_散歩 シリーズ

近所の団地の花壇は、カラフル。 ⇒ Myブログ:近所の団地

存在感のある鉢植え。 
紅葉したセイヨウイワナンテンと ガーデンシクラメン

IMG_6219_1225団地の花壇セイヨウイワナンテン_400

ガーデンシクラメン
IMG_6221_1225団地のガーデンシクラメン_400


マーガレットの花
IMG_6216_1225団地のマーガレットの花Zoom_400

IMG_6216_1225団地のマーガレットの花3つ_400

IMG_6217_1225団地のマーガレット_400

ウインターコスモスの花
IMG_6226_1225団地のウインターコスモスの花_400

ナデシコの花
IMG_6222_1225団地のナデシコの花_400

IMG_6222_1225団地のナデシコ_400


ナスタチウムの花
IMG_6197_1225団地のナスタチウムの花_400

IMG_6197_1225団地のナスタチウム_400

ずらりと並んだ鉢。
IMG_6234_1225団地の花壇の風景_40

めも:2020/12/25 PowerShot SX730 HS で撮影

 

 Myタグ 場所_散歩.近所の団地 
2021年01月13日 (水) | 編集 |
20201225_散歩 シリーズ

団地の花壇には、色んな花が咲いています。
IMG_6234_1225団地の花壇の風景_40

これは、ネメシア

IMG_6214_1225ネメシアの花_400

花をズームで見てみましょう!
IMG_6214_1225ネメシアの花Zoom_400

葉もチェック!
IMG_6213_1225ネメシアの葉_400


こっちは、キンギョソウ

IMG_6234_1225団地の花壇キンギョソウ_400

真っ赤な花のキンギョソウ
IMG_6223_1225団地のキンギョソウ赤_400

IMG_6223_1225団地のキンギョソウ赤CUT_400

黄色の花のキンギョソウ
IMG_6220_1225団地のキンギョソウ黄_400

めも:2020/12/25 PowerShot SX730 HS で撮影

 

 Myタグ
2021年01月12日 (火) | 編集 |
20201225_散歩 シリーズ

近所の団地の花壇の隅で、珍しい花を見つけました
周りの雑草を除けて、パ・チ・リ。 カランコエの仲間のようです。

Googleレンズで調べると カランコエ フェドチェンコイの花 のようです。

IMG_6232_1225団地のカランコエ フェドチェンコイの花_300

よく見ると、赤いのがぶら下がっています。 これが花で、その外側が萼(ガク)です。

これから順に咲いていくんでしょうね。楽しみ!

IMG_6233_1225団地のカランコエ フェドチェンコイの花_400

葉っぱは、これです。
IMG_6231_1225団地のカランコエ フェドチェンコイの葉_400

めも:2020/12/25 PowerShot SX730 HS で撮影

 
ブリオフィルム・フェドチェンコイ ベンケイソウ科 セイロンベンケイ属 または、カランコエ属
学名は Bryophyllum fedtschenkoi (Kalanchoe laxiflora) カランコエ・ラクシフローラ

別名:コチョウノマイ  胡蝶の舞、胡蝶の舞錦
マダガスカル原産で、観賞用に栽培される多肉の多年草。 花期は1-4月。
 
参考 
・ 「野山の草花・木々の花」植物検索図鑑 ブリオフィルム・フェドチェンコイ
・ NIO の散歩道 365 植物図鑑風写真集
 

 Myタグ 花の色.桃色 花の色.赤 
2021年01月11日 (月) | 編集 |
20210104_散歩 シリーズ

今年はじめての 植物散歩。

これは何? 白い花。
Google レンズで調べると、ビバーナム・ティヌス だそうです。

IMG_6317_0104ビバーナム・ティヌスに時期外れの花?_400

トキハガマズミ、常緑ガマズミ と言われるように、冬も 葉が緑のまま茂っています。

花の季節は春なので、これは間違って咲いたのでしょうか。
1つだけですけど、しっかりきれいに咲いています。
IMG_6318_0104ビバーナム・ティヌスに時期外れの花と葉_400

花をズームで見てみましょう!
IMG_6319_0104ビバーナム・ティヌスに時期外れの花Zoom_500

道路に面した生け垣。 いろんな木が植えられています。

IMG_6322_0104ビバーナム・ティヌスと周りの木々_400

めも:2021/01/04 PowerShot SX730 HS で撮影


参考
・ ビバーナムの育て方
・ 常緑ガマズミ【ビバーナム・ティヌス】:白い集合花と、光沢のあるコバルトブルーが魅力の、丈夫な庭木
 
日本等に自生するガマズミの仲間。日本に自生するガマズミは落葉するが、ビバーナム・ティヌスは常緑低木。
3月から4月頃、白い集合花が咲く。


 Myタグ 花の色.白 はじめて!.花 これは何??_花 
2021年01月10日 (日) | 編集 |
20210104_散歩 シリーズ

今年はじめての 植物散歩。
見上げる青空にポッ~と浮かぶ奇妙なもの。 (*^_^*)♪
フヨウ の実です。

IMG_6312_0104フヨウの実_400

ズームで見てみましょう! 細かい種が入っています。 綿毛も魅力的。
IMG_6311_0104フヨウの実Zoom_500

道路に面したお庭のフヨウ。 緑の葉が残っています。

IMG_6315_0104フヨウの葉と実の風景_400

めも:2021/01/04 PowerShot SX730 HS で撮影

 
フヨウ (芙蓉、Hibiscus mutabilis) は アオイ科フヨウ属の落葉低木。


 Myタグ
2021年01月09日 (土) | 編集 |
20210104_散歩 シリーズ

今年はじめての 植物散歩。 近所をのんびり歩きます。

アロエ の花 が咲いていますよ。

IMG_6307_0104アロエの花_400

キダチアロエです。 花を見上げてみましょう。
IMG_6308_0104アロエの花を見上げる_400

インパクトのある 美しい花です。
IMG_6309_0104アロエの花_500

一つ一つの花もきれいです。
IMG_6310_0104アロエの花Zoom_500

めも:2021/01/04 PowerShot SX730 HS で撮影


アロエは、アロエはツルボラン亜科アロエ属の多肉植物の総称。
薬用になる植物としてよく知られるキダチアロエや、食用とされるアロエ・ベラに代表される多肉植物です。

キダチアロエ 学名:Aloe arborescens
 古くから栽培されている丈夫な種類。暖地で地植えされている株は大きく群生し、真冬に一斉に花を咲かせる。


 Myタグ 花の色.橙色 
2021年01月07日 (木) | 編集 |
今日1/7は、春の七草で七草がゆを作りましょう。 

R0029717七草セットcut_400.jpg

レシピも見てね ⇒ Myあれこれブログ:七草がゆを作る



毎年の 七草粥の様子です。 ⇒ 七草 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

春の七草は、せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ

せり (芹)  せり科 は、 食材で売ってますね。
なずな ( 別名 ぺんぺんぐさ) あぶらな科
ごぎょう は、「別名 ははこぐさ (母子草) きく科」
はこべら は、「別名 はこべ  なでしこ科」
ほとけのざ は、よく見かける 赤紫の花 ではなく 「別名 たびらこ きく科」 です。

すずなは、かぶ(蕪)、 すずしろは、だいこん(大根)。 これは、普通の食材。
 上の写真の、春の七草パック では、小さいのもが入っていました。

身近な野原 (Myフィールド)では 全部の「春の七草」 を見ることはない・・・。

このブログで、紹介したことのある 春の七草は、

なずな   別名 ぺんぺんぐさ  あぶらな科

2007/3/23 R公園にて Ca GXで撮影


ごぎょう  別名 ははこぐさ (母子草) きく科 

めも:2011/05/15 SP570UZ で撮影


はこべら  別名 はこべ  なでしこ科

めも:2010/03/16 CX2 で撮影


参考: 植物園へようこそ!
 Myタグ
2021年01月06日 (水) | 編集 |

近所の団地の ナンテン(南天)。  赤い実がたくさんなっています。 

このナンテンの実には、昨年12月には 袋がかけられていました。
たぶん、野鳥に食べられないようにでしょう。
おかげで、実は殆ど残っているようですね。

DSC_1280_0105団地のナンテン、袋が外れている_400

DSC_1279_0105団地のナンテン、袋が外れている_400

DSC_1281_0105団地のナンテン、袋が外れている_400

めも:2021/01/05 SW001SH で撮影

2020/12/5 ⇒ 南天の実に袋掛けしてある。びっくり ~ Myブログ「Niwa niha Hana」



 
 
 Myタグ 実.赤 
2021年01月05日 (火) | 編集 |
1年を通して、いろんな花に出会います。
今月はどんな花の出会えるか、楽しみ!

オオイヌノフグリ  キカラスウリ

毎月1日の「花便り」とあわせて、その月にこれまでに会った花をのせています。

2015/02/08 内容をリニューアルしたので、ここには1年分を まとめました!

 1月には、どんな花に会えるかしら? 

 このブログの1月にのせた花と実 → 1月の花:2007~まとめ 

毎年の1月の記事を見てみましょう!
 → 2021年1月2020年1月2019年1月
 → 2018年1月2017年1月2016年1月2015年1月
 → 2014年1月2013年1月2012年1月2011年1月
 → 2010年1月2009年1月2008年1月2007年1月

 2月には、どんな花に会えるかしら?

 このブログの2月にのせた花と実 → 2月の花:2007~まとめ 

毎年の2月の記事を、振り返ってみましょう!
 → 2021年2月2020年2月2019年2月
 → 2018年2月2017年2月2016年2月2015年2月
 → 2014年2月2013年2月2012年2月2011年2月
 → 2010年2月2009年2月2008年2月2007年2月

 3月には、どんな花に会えるかしら?

 このブログの3月にのせた花と実 → 3月の花:2006~まとめ 

毎年の3月の記事を、振り返ってみましょう!
 → 2021年3月2020年3月2019年3月
 → 2018年3月2017年3月2016年3月2015年3月
 → 2014年3月2013年3月2012年3月2011年3月
 → 2010年3月2009年3月2008年3月2007年3月

 4月には、どんな花に会えるかしら?

 このブログの4月にのせた花と実 → 4月の花:2006~まとめ 

毎年の4月の記事を見てみましょう!
 → 2021年4月2020年4月2019年4月
 → 2018年4月2017年4月2016年4月2015年4月
 → 2014年4月2013年4月2012年4月2011年4月
 → 2010年4月2009年4月2008年4月2007年4月

 5月には、どんな花に会えるかしら?

 このブログの5月にのせた花と実 → 5月の花:2006~まとめ 

毎年の5月の記事を見てみましょう!
 → 2021年5月2020年5月2019年5月
 → 2018年5月2017年5月2016年5月2015年5月
 → 2014年5月2013年5月2012年5月2011年5月
 → 2010年5月2009年5月2008年5月2007年5月

 6月には、どんな花に会えるかしら?

 このブログの6月にのせた花と実 → 6月の花:2006~まとめ 

毎年の6月の記事を見てみましょう!
 → 2021年6月2020年6月2019年6月
 → 2018年6月2017年6月2016年6月2015年6月
 → 2014年6月2013年6月2012年6月2011年6月
 → 2010年6月2009年6月2008年6月2007年6月

 7月には、どんな花に会えるかしら?

 このブログの7月にのせた花と実 → 7月の花:2006~まとめ 

毎年の7月の記事を見てみましょう!
 → 2021年7月2020年7月2019年7月
 → 2018年7月2017年7月2016年7月2015年7月
 → 2014年7月2013年7月2012年7月2011年7月
 → 2010年7月2009年7月2008年7月2007年7月

 8月には、どんな花に会えるかしら?

 このブログの8月にのせた花と実 → 8月の花:2006~まとめ 

毎年の8月の記事を見てみましょう!
 → 2021年8月2020年8月2019年8月
 → 2018年8月2017年8月2016年8月2015年8月
 → 2014年8月2013年8月2012年8月2011年8月
 → 2010年8月2009年8月2008年8月2007年8月

 9月には、どんな花に会えるかしら?

 このブログの9月にのせた花と実 → 9月の花:2006~まとめ 

毎年の9月の記事を見てみましょう!
 → 2021年9月2020年9月2019年9月
 → 2018年9月2017年9月2016年9月2015年9月
 → 2014年9月2013年9月2012年9月2011年9月
 → 2010年9月2009年9月2008年9月2007年9月

 10月には、どんな花に会えるかしら?

 このブログの10月にのせた花と実 → 10月の花:2006~まとめ

毎年の10月の記事を見てみましょう!
 → 2021年10月2020年10月2019年10月
 → 2018年10月2017年10月2016年10月2015年10月
 → 2014年10月2013年10月2012年10月2011年10月
 → 2010年10月2009年10月2008年10月2007年10月
2006年10月16日は、このブログの誕生日です。  
これからも、よろしくお願いしま~す。  (*^_^*)♪

 11月には、どんな花に会えるかしら?

 このブログの11月にのせた花と実 → 11月の花:2006~まとめ

毎年の11月の記事を見てみましょう!
 → 2021年11月2020年11月2019年11月
 → 2018年11月2017年11月2016年11月2015年11月
 → 2014年11月2013年11月2012年11月2011年11月
 → 2010年11月2009年11月2008年11月2007年11月

 12月には、どんな花に会えるかしら?

 このブログの12月にのせた花と実 → 12月の花:2006~まとめ
毎年の12月の記事を見てみましょう!

 → 2021年12月2020年12月2019年12月
 → 2018年12月2017年12月2016年12月2015年12月
 → 2014年12月2013年12月2012年12月2011年12月
 → 2010年12月2009年12月2008年12月2007年12月



庭には花:ベルルのお薦めコーナー
ガーデニング → 種・苗フラワーグリーン・観葉植物
土・肥料・ガーデニング用品
ガーデニングの本



 Myタグ
2021年01月04日 (月) | 編集 |
ステキな本を読みました。  
『大人のフィールド図鑑 原寸で楽しむ 身近な木の実・タネ 図鑑&採集ガイド』 

目次から作ったリストと このブログのコラボ。

アオキ ムラサキシキブ

街中で見られる木の実 と 自然の中で見られる木の実
 実の色がわかるといいね。
クリックすると このブログ内を検索します。


街中の木の実


アオキ
アオギリ
アカシデ 薄茶
アカメガシワ  黒紫
イイギリ
イチョウ 薄茶
イヌマキ
イロハカエデ
ウツギ  
卜チノキ
卜ベラ
エゴノキ
エノキ
エンジュ
カヤ
キリ
クコ
クスノキ 黒紫
クチナシ
クヌギ  
クロマツ
ケヤキ
コブシ
サルスベリ
サンゴジュ
シャリンバイ 黒紫
シュロ 白い粉
センダン
センリョウ




タブノキ 黒紫
トウグミ
ナンキンハゼ
ナンテン
ニワウルシ
ネズミモチ
ハゼノキ
ハナミズキ
ヒイラギナンテン
ヒサカキ 黒紫
ピラカンサ
フジ
ボダイジュ
マンリョウ
ムクノキ 黒紫
ムクロジ 黒紫
ムラサキシキブ  
モチノキ
モミジバスズカケノキ
モミジバフウ
ヤツデ  黒紫
ヤブツバキ
ヤマボウシ
ヤマモモ
ユリノキ


自然の木の実


イヌビワ 黒紫
オニグルミ
ガマズミ
キササゲ
クサギ
クサボケ 薄黃
ケンポナシ
ゴンズイ と黒
サネカズラ
サルナシ
ツクバネ
ツクバネウツギ
ツノハシバミ
ツルウメモドキ
ナナカマド
ニシキギ
ノイバラ
ハナイカダ
ハンノキ
マユミ
ミツバアケビ  
ミツバウツギ
モミジイチゴ
ヤドリギ
ヤマグワ 黒紫


『大人のフィールド図鑑 原寸で楽しむ 身近な木の実・タネ 図鑑&採集ガイド』  ~ Myブログ:あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート
 

 Myタグ
2021年01月03日 (日) | 編集 |
 1月には、どんな花に会えるかしら? 

夜香木 2011年1月 ・ 枇杷 2011年1月
  

素心蝋梅 2010年1月 ・ 蝋梅 2010年1月 
  


毎年の1月の記事を見てみましょう!
 2021年1月、 2020年1月、 2019年1月、 2018年1月、 2017年1月、 
 2016年1月、 2015年1月2014年1月2013年1月2012年1月
 2011年1月2010年1月2009年1月2008年1月2007年1月


2007年~2014年~に このブログの1月にのせた花 と 実 

    
 ・ しなまんさく
 ・ 白梅・紅梅 
 ・ クサ木瓜
 ・ 蝋梅
 ・ 素心蝋梅 (そしんろうばい)
 ・ 水仙
 ・ 蒲公英 (たんぽぽ)
 ・ 枇杷
 ・ 椿
 ・ 山茶花
 ・ 夜香木
 ・ 天鵞絨毛蕊花 (びろーどもうずいか) 
 ・ 枇杷
 ・ 楓 (ふう)
 ・ 金柑
 ・ 檸檬
 ・ まゆみ
 ・ まさき
 ・ たちばなもどき  
 ・ 八手 (やつで) 


 Myタグ
2021年01月02日 (土) | 編集 |
☆ 丑年(ウシ)にちなむ植物を探してみましょう! 

すぐに思いつくのは、ウシハコベ です。 

ハコベをみても、それ以上細かい区別はつきませんが、とりあえず・・・ 
 ⇒ Myブログ:2010/3/16 ハコベ
ハコベ

ミゾソバ (別名 ウシノヒタイ)  ⇒ Myブログ:ミゾソバ
こんな名前があるなんて、モウ♪ ちっとも知らなかった。 o(*'o'*)o

2013年10月30日 ミゾソバ

マツブサ(英名 ウシブドウ)
マツブサそのものじゃないけれど、マツブサ科なら 見たことがあります。  ⇒ Myブログ: マツブサ

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ウシノケグサ (牛の毛草) の仲間 (学名:Festuca) (イネ科ウシノケグサ属) <== よく見ているかもしれない。
* 一般的には青緑色か青灰色の葉を鑑賞するために栽培される。
 多くは芝生や牧草として用いられる。ロックガーデンや花壇、鉢植え用にも利用される。

参考 ウシノケグサ属 - Wikipedia

ポット苗が売られていました。 「フェスツカ グラウカ」  別名:ウシノケグサ 、銀針草 、シルバーグラス フェスク
欧米では定番として古くから使われている人気の高い植物です。
花壇の彩りとしてちょっと植えてみたり、寄せ植えをしても良い雰囲気になります。
シャープな姿はお庭に自然な雰囲気を出します。
初夏に穂状の花を咲かせます。

花壇やベランダの寄せ植えにどうぞ! → フェスク Amazon ウシノケグサ

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

その他 
ウシタキソウ 、 ウシクサ 、 ウシノシッペイ
カマツカ (別名 ウシコロシ) 、 クロソヨゴ(別名ウシカバ) 、 
シャク (英名 Cow Parsley) 、 コケモモ(英名 Cowberry)
 などがあります。 
牛は身近な家畜だったので 名前にちなんだ植物があるのでしょう。

参考
・ INC 干支の名が付く植物 - FC2
2.ウシ(牛)の付く花《10組12種》
 牛のように大きいという意味で使われている。
● 草本《7組9種》
○ ウシタキソウ/牛滝草(アカバナ科)
○ ウシハコベ/牛繁縷(ナデシコ科)ハコベに比べ全体に大きいことを牛に例えたもの。
○ ウシノヒタイ/牛の額(タデ科)葉の形が牛の顔を思わせることによる。 ミゾソバの別名。
○ ウシクグ/牛莎草(カヤツリグサ科)
○ ウシクサ/牛草(イネ科)
○ ウシノシッペイ/牛の竹篦(イネ科)牛追いの鞭に似ているため。
○ ヒロハウシノケグサ/広葉牛の毛草(イネ科)牧草や緑化用に輸入。
他にオニウシノケグサ/鬼牛の毛草、オオウシノケグサ/大牛の毛草。

● 木本《3組3種》
○ ウシブドウ/牛葡萄=マツブサ(マツブサ科)
○ ウシゴロシ/牛殺し=カマツカ(バラ科)ウシの鼻輪に使ったことから
○ ウシカバ/牛樺?=クロソヨゴ(モチノキ科)

・ 干支(ウシ)にちなんだ植物 ~ 倉敷市立自然史博物館
 

 Myタグ
2021年01月01日 (金) | 編集 |
あけましておめでとうございます。

2021 丑年  今年もどうぞよろしく! 

2021丑年年賀状

 安心して暮らせる日々が、早く戻ってきますように~~ 

ときには、のんびりブログに お付き合いください!

メインブログもどうぞ! 
⇒ 謹賀新年 2021 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

 1月には、どんな花に会えるかしら? 

 このブログの1月にのせた花と実 → 1月の花:2006~まとめ 

毎年の1月の記事を見てみましょう!
 → 2021年1月2020年1月2019年1月
 → 2018年1月2017年1月2016年1月2015年1月
 → 2014年1月2013年1月2012年1月2011年1月
 → 2010年1月2009年1月2008年1月2007年1月


2021年 1月の花暦 ツワブキ (石蕗)

ツワブキ(石蕗) キク科ツワブキ属

♪ -- ♪ -- ♪ -- ♪

1月です! 今月のテーマ ~ 年賀状と住所録の整理

1/1 あとりえ「パ・そ・ぼ」HP 更新 → あとりえ「パ・そ・ぼ」コーナー 

⇒ Myブログたちの 最近の記事 一覧です

Myブログたちの12月のまとめです。 みてね!
⇒ パそぼとベルルのあれこれフリーク:12月
⇒ 散歩道の野草と風:12月
⇒ Niwa niha Hana(庭には花):12月
⇒ ベルルのお絵かき・ふりーく:12月

こちらもどうぞ!
 ベルルの欲しいなブログ ~ 欲しいもの、買ってよかったもの。
☆ キュートな野鳥たち ~ 身近な野鳥観察日記や楽しいゲーム、とりのトリビアなど
☆ あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート ~ 今読んでる本、読んだ本の感想とメモです。


庭には花:ベルルのお薦めコーナー
ガーデニング → 種・苗フラワーグリーン・観葉植物
土・肥料・ガーデニング用品
ガーデニングの本



 Myタグ