FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2019年09月30日 (月) | 編集 |
20190922_A川原 シリーズ

川辺のツルウメモドキは、
春の整地のときにずいぶん切られてしまいました

別の所、ヤブになった場所に ツルウメモドキの赤い実を見つけました。

R0046794ツルウメモドキの実_400

ズームで見てみましょう!
R0046794ツルウメモドキの実Zoom_400

R0046792ツルウメモドキの実_400

実が沢山! 虫食いの葉っぱ。 
R0046793ツルウメモドキの実と虫食い葉_400

めも:2019/09/22 RICOH PX で撮影

 
ツルウメモドキ (蔓梅擬、学名:Celastrus orbiculatus) ニシキギ科 ツルウメモドキ属、落葉つる性木本。


 Myタグ 実.赤 場所_散歩.A川原 
2019年09月30日 (月) | 編集 |
20190922_A川原 シリーズ

9/22 気持ちのいい日曜の午後、秋の花を見つけに行きました。

初めて見る花です。

白い小さな花、花後は茶色。段々に咲いている様子が特徴的。
調べたら 「ヒメシロネ」のようです。

R0046799ヒメシロネの小さな花_400

R0046796ヒメシロネの小さな花Zoom_400

ほっそりした葉
R0046800ヒメシロネの小さな花_400

段々状に咲く花は、下の方から、茶色になっています。
R0046795ヒメシロネの小さな花_400

よく見て
R0046797ヒメシロネ_300

ズームで見てみましょう!
R0046797ヒメシロネ種_400

生えている様子です。
R0046798ヒメシロネの風景_400

めも:2019/09/22 RICOH PX で撮影

 
ヒメシロネ(姫白根、学名:Lycopus maackianus )は、シソ科シロネ属の多年草。


 Myタグ 場所_散歩.A川原 花の色.白 はじめて!.花 これは何??_花 
2019年09月30日 (月) | 編集 |
20190922_A川原 シリーズ


9/22 気持ちのいい日曜の午後、秋の花を見つけに行きました。

セリ の白い花 
R0046754セリの花_400

真上から見ると、セリ(芹)
R0046753セリの花_400

花が種になっています
R0046752セリの花_400

ズームで見てみましょう!
R0046752セリの花Zoom_500

めも:2019/09/22 RICOH PX で撮影

 
セリ(芹、学名:Oenanthe javanica) セリ科 セリ属
 

 Myタグ 場所_散歩.A川原 花の色.白 
2019年09月30日 (月) | 編集 |
20190922_A川原 シリーズ

9/22 気持ちのいい日曜の午後、秋の花を見つけに行きました。
白い花の蓼、オオイヌタデ

R0046829オオイヌタデの白い花_400

R0046830オオイヌタデの白い花_400

見慣れた赤い花とは、また違った雰囲気がいいですね。
R0046828オオイヌタデの白い花_400

めも:2019/09/22 RICOH PX で撮影

 
オオイヌタデ (大犬蓼) 学名は、Persicaria lapathifolia タデ科イヌタデ属


 Myタグ 場所_散歩.A川原 花の色.白 
2019年09月30日 (月) | 編集 |
20190922_A川原 シリーズ

9/22 気持ちのいい日曜の午後
道端に 何やら 面白い草が生えています。

オオニシキソウ
久しぶりに見たので 名前を忘れていました・・・。 (*^_^*)♪

葉は細長く対生
R0046741オオニシキソウ_400

花の先に実がなっていると思ったら、なんだか小難しい。
R0046739オオニシキソウの花と実_400

花序には雌花1個、雄花4個、腺体4個がある。 (ちょっと良く見えません・・・)
丸いのが果実
R0046739オオニシキソウの実Zoom_400

オオニシキソウは茎が立ちあがっています
R0046740オオニシキソウは茎が立っている_400

雑草ですね。
R0046738オオニシキソウの風景_400

めも:2019/09/22 RICOH PX で撮影

 
オオニシキソウ (大錦草、学名: Euphorbia nutans) トウダイグサ科 トウダイグサ属

参考
・ オオニシキソウ(大錦草) 松江の花図鑑
・ オオニシキソウ(大錦草・大二色草)
 葉 葉は対生し、長楕円形で白い長毛が散生
 根・茎 茎は淡紅色を帯び枝分かれして斜めに立つ
 花 葉腋に複数の杯状花序をつける
 果 実 蒴果は無毛で中に種子が3個入る
 

 Myタグ  メモ.紛らわしい 
2019年09月29日 (日) | 編集 |
20190922_A川原 シリーズ

9/22 気持ちのいい日曜の午後、秋の花を見つけに行きました。

メドハギ のある場所に最初にGO! ラッキー ちょうど咲いています。

白に赤紫の花
R0046758メドハギの花Zoom_400

小さい花
R0046757メドハギの花_400

たくさん咲いています。
R0046756メドハギの花_400

ほんと 雑草って感じですね。
R0046755メドハギの風景_400

めも:2019/09/22 RICOH PX で撮影

 
メドハギ (筮萩) マメ科 分類:草 学名:Lespedeza cuneata ハギの仲間。
一見木の枝のような茎を真直ぐに伸ばすので、木の仲間に見えるが、一年で枯れてしまう草の仲間。

参考 メドハギ 四季の山野草 

 Myタグ 場所_散歩.A川原 花の色.白 花の色.紫 
2019年09月29日 (日) | 編集 |
20190922_A川原 シリーズ

9/22 気持ちのいい日曜の午後、秋の花を見つけに行きました。

ヒロハノレンリソウ
のピンクの花

今年もここで花にあえました。 (*^_^*)♪
R0046769ヒロハノレンリソウの花_400

ズームで見てみましょう!
R0046774ヒロハノレンリソウの花Zoom_500

まとまって咲いています。
R0046772ヒロハノレンリソウの花_400

実が茶色になっています。
R0046779ヒロハノレンリソウの花と実_400

R0046778ヒロハノレンリソウの実_400

茎と葉
R0046777ヒロハノレンリソウの茎と葉_400


めも:2019/09/22 RICOH PX で撮影

 
ヒロハノレンリソウ 広葉連理草 学名 Lathyrus latifolius  マメ科レンリソウ属.
別名 宿根スイートピー、シュッコンレンリソウ(宿根連理草)
花期 6~8月 草丈 60~300 cm (つる性)
川の土手などに群生する多年草。
名の由来など 葉の幅の広いレンリソウのこと


 Myタグ 場所_散歩.A川原 花の色.桃色 
2019年09月28日 (土) | 編集 |
20190922_A川原 シリーズ

9/22 気持ちのいい日曜の午後、秋の花を見つけに行きました。

一面にクズがはびこっているところに、珍しい白い花。
あわてて写真を撮ります。
これは、確か・・・ アレチウリ

葉っぱに特徴があります。

R0046804アレチウリの花と葉_400

花は緑がかった白
R0046805アレチウリの花_500

更に進むと たくさん生えています。
R0046809アレチウリの花の風景_400

花と蕾
R0046811アレチウリの花_400

ズームで見てみましょう! 茎が毛深い o(*'o'*)o
R0046812アレチウリの花Zoom_400

アブがやってきました。
R0046813アレチウリの花とアブ_500

めも:2019/09/22 RICOH PX で撮影

 
アレチウリ (荒れ地瓜、Sicyos angulatus)は ウリ科の大型のツル植物で1年生草本。
参考
・ アレチウリ(荒地瓜) 松江の花図鑑
・ 特定外来生物の解説 アレチウリ 


 Myタグ 場所_散歩.A川原 花の色.白 
2019年09月22日 (日) | 編集 |
20190922_A川原 シリーズ

お彼岸ですね。 秋の花を見つけに行きましょう!
9/22 気持ちのいい日曜の午後、秋の花を見つけに行きました。

クズ(葛) の茂った原っぱ。 花を探しながら歩きます。

見つけました! 赤紫の花

R0046801クズの花_400

派手な花なのに、葉っぱの下に隠れるように咲いています。
R0046802クズの花_400

クズが茂っています。
R0046820クズの原っぱ_400

めも:2019/09/22 RICOH PX で撮影

 

 Myタグ 場所_散歩.A川原 花の色.紫 
2019年09月22日 (日) | 編集 |
20190922_A川原 シリーズ

9/22 気持ちのいい日曜の午後、秋の花を見つけに行きました。

去年までのブログを見て どんな花が咲いているか確かめます。
もしかして ツルボが咲いていたらいいな!

久しぶりに来る川べりの散歩コース。
土手の斜面に、 ツルボ の薄いピンクの花が咲いています。

歩いていると、結構たくさん咲いていて 嬉しいサプライズでした。

R0046746ツルボがたくさん咲いている_400

R0046747ツルボの花_400

淡いピンクの花が可愛らしい。
R0046744ツルボの花_300

ズームで見てみましょう!
R0046744ツルボの花Zoom_300

めも:2019/09/22 RICOH PX で撮影

 
前回見たときが、初めての出会いでした。 (*^_^*)♪
 ⇒ Myブログ:ピンクの花、ツルボ 2015年09月16日
 
ツルボ (蔓穂) Barnardia japonica  キジカクシ科の草本。
地下に球根があり、秋の初めにピンク色の花を密生した細長い穂を出す。

参考 
・ ツルボの語源 ~ 植物名の語源・由来に見る日本のこころと文化
・ ツルボ - 松江の花図鑑


 Myタグ 場所_散歩.A川原 花の色.桃色 
2019年09月21日 (土) | 編集 |
秋の七草の これまでの写真を、並べてみました。 
 ☆ こちらも見てね。  ⇒ 秋の七草~ Myブログ「Niwa niha Hana」

■ハギ・キキョウ / クズ・フジバカマ / オミナエシ / オバナ・ナデシコ / 秋の七草

ハギ(萩)  浜離宮恩賜庭園 2010/10/17



キキョウ 桔梗 ⇒ キキョウ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」



クズ(葛) 2009年8月25日



フジバカマ 藤袴 ⇒ フジバカマ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」



オミナエシ 女郎花  浜離宮恩賜庭園 2010/10/17
PA170093オミナエシ_300.jpg



オバナ 尾花 ススキ 散歩道 2010年11月8日



ナデシコ 撫子 ⇒ ナデシコ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」



こちらも見てね!
 ⇒ 秋の七草 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 ⇒ 秋の七草 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 
春の七草 は、
♪ セリ · ナズナ · ゴギョウ · ハコベラ · ホトケノザ・ スズナ · スズシロ 春の七草

 ⇒ 春の七草 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 ⇒ 春の七草 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

めも:Goo画像のhttps修正済

 

 Myタグ
2019年09月16日 (月) | 編集 |
2019/9/2

東銀座の東劇にいったとき、街路樹の剪定作業が行われていました。
ちょうど、ヤナギが剪定されるところ。
DSC_8394_0902東銀座の柳剪定中_400

ぞろりと長い枝葉
DSC_8395_0902東銀座の柳剪定中_400
めも:2019/09/02 SW001SH で撮影



2019/9/16

再度 東劇に行ったので、ヤナギの様子をパ・チ・リ
DSC_8594_0916_銀座の柳、剪定後_400

ずいぶんさっぱりしました。
DSC_8596_0916_銀座の柳、剪定後_400
めも:2019/09/16 SW001SH で撮影


 

 Myタグ
2019年09月15日 (日) | 編集 |
近所の公園に エンジュ (槐)の木が数本あります。
7~8月に花が咲いていましたが、いつの間にか 実がなっています。

エンジュは くびれた実が 特徴です。






実と葉


エンジュの木


めも:2019/09/15 CX2 で撮影


エンジュ (槐)  マメ科  エンジュ属 開花は7月~8月

こちらもみてね
 ⇒ エンジュ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 Myタグ メモ.紛らわしい 実.緑 
2019年09月14日 (土) | 編集 |
近所の公園に行くと、
赤い実がなった木があります。

ヒメリンゴ の実じゃないかと思います。

R0046505公園のヒメリンゴの実_400

R0046505公園のヒメリンゴの実Zoom_400

R0046507公園のヒメリンゴの実_400

R0046504公園のヒメリンゴの木_400


R0046509公園のヒメリンゴの木_400

めも:2019/09/13 CX2 で撮影

ここで 春に ヒメリンゴの花を見たかどうかは、覚えていません。
他には、辛夷 と 四手辛夷、連翹 などが 咲いていました。

ヒメリンゴ (姫林檎). Plumleaf crabapple. バラ科 リンゴ属
 

 Myタグ 実.赤 
2019年09月13日 (金) | 編集 |
台風15号は、大きな被害を残していきました。
被害にあわれた方には、お見舞い申し上げます。

関東地方は、9/8夜半から9/9早朝に通り抜けていきました。

我家のベランダは、植木鉢や緑のカーテン(ネット)を片付けていたので、大丈夫。
翌朝(9/9) 一安心しながら 飛んできた木の葉などを掃除・片付けました。

9/9の午後になって ガーデニングクラブの花壇の様子を見ましたが、
(すでに片付けた跡なのか) ひどい状況にはなっておらずホッとしています。

ところが、傍の公園の樹木には被害が出ていて、公園担当者の方が調査・復旧作業中。

じゃまにならないように 数枚 写真を撮りました。

根元から倒れた ユリノキ




主幹が折れた ハナミズキ
(9/10 夕方には 折れた枝は片付けられていました)


根元型倒れかかっている タイサンボク


枝がどうなっったのかしら? 角型藤棚


めも:2019/09/09 SW001SH で撮影


9/10、9/11 散歩コース(川べりや緑道公園)を歩きましたが、倒木などのひどい被害には気づきませんでした。

9/11 夕方 公園に行くと
折れたり倒れたりした樹木の片付け作業が進んでいます。

倒れたユリノキ


幹が短く切られています。
昔なら・・・いろんな用途に利用されたかも。(*^_^*)♪


ハナミヅキなどの折れた枝がまとめられています


めも:2019/09/11 SW001SH で撮影

この記事は、もう一つのブログと 同じ内容です。
 ⇒ 9/10~9/11、台風15号で樹木がやられた・・・。 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

参考
・ 令和元年台風第15号 - Wikipedia
・ You Tube ニュース ANNnewsCH
電柱倒れパネル炎上も・・・首都圏襲った台風15号の爪痕 (19/09/09)


 Myタグ
2019年09月12日 (木) | 編集 |

緑道公園の イヌマキ

去年の秋 (10月半ば)に実を見たので 
もしかしたら花が咲いていないかと 近づくと・・。
なんともう ちゃんとした実がなっていました。 o(*'o'*)o

(花は 5~6月、雌雄異株で 雄花と雌花が咲く)

DSC_8526_0911犬槙公園、イヌマキに実_400

面白い形の実です。
DSC_8527_0911犬槙公園、イヌマキに実_400

赤いのが花床、 黒緑っぽいのが種子ですって。
串団子みたいで色もきれい。 絶対 食べたくなりますよね。
調べてみると 昔は子どもたちがおやつに食べていたとか。
赤い部分は美味しいけど、黒い部分は有毒。 !!(>д<)ノ なので要注意!

基部の膨らみは花床と言われ、熟すると次第に赤くなり、少々松脂臭いものの甘く、食べられる偽果である。
種子は緑色になって白い粉を吹く。こちらは毒成分を含有し、食べられない。
全体としては緑と赤色の団子を串刺しにしたような姿となる。Wikipedia

DSC_8529_0911犬槙公園、イヌマキに実_400

DSC_8530_0911犬槙公園、イヌマキの名札_400

DSC_8525_0911犬槙公園、イヌマキに実_400

めも:2019/09/11 SW001SH で撮影


去年初めて見つけた実の様子 ⇒ Myブログ:10/9 イヌマキの実って変なの~
 
名札に書かれているのは、
イヌマキ 犬槇 Podocarpus macrophyllus マキ科
裸子植物で雌雄異株の常緑高木。
種子がつく赤い肉質部は食べられます。

イヌマキ 学名 Podocarpus macrophyllus f. spontaneus 
   マキ科 マキ属  または、 マキ科 イヌマキ属   雌雄異株
花が開花する時期は、5月~6月。
  
・ イヌマキの雌花 | 樹の散歩道 <== こだわりの内容です。
・ イヌマキ(犬槇) 松江の花図鑑
・ イヌマキ Wikipedia 

参考 植木ペディア ホーム > 毒のある木


 Myタグ 場所_散歩.S公園 実.赤 実.緑 有毒 食用  
2019年09月11日 (水) | 編集 |
9/11 遊歩道を歩いていたら、赤くなった実を見つけました。

モッコクの実 です。

DSC_8523_0911遊歩道のモッコクに赤い実_400

DSC_8520_0911遊歩道のモッコクに赤い実_400

DSC_8524_0911遊歩道のモッコクに赤い実_500

DSC_8519_0911遊歩道のモッコクに赤い実_400

めも:2019/09/11 SW001SH で撮影

モッコク (木斛、学名:Ternstroemia gymnanthera)は、モッコク科の常緑高木。
江戸五木の一つ。モチノキやマツと並び「庭木の王」と称される。
 
8月 緑色の実
 ⇒ Myブログ:8/21 モッコクの実は未だ緑色


6~7月 花
 ⇒ Myブログ:7/11 モッコクの花

 

 Myタグ 実.赤 場所_散歩.川沿いの遊歩道 
2019年09月10日 (火) | 編集 |

日比谷公園 心字池をグルっと回ると
数本の サルスベリ の木

RIMG0005サルスベリの花の風景_400

ピンクの花
RIMG0007サルスベリの花ピンク_400

RIMG0007サルスベリの花と実_500

白い花
RIMG0010サルスベリの花白_400

RIMG0010サルスベリの花白Zoom_400

めも:2019/09/04 CX2 で撮影

サルスベリ (Lagerstroemia indica) ミソハギ科の落葉中高木。 
百日紅=ヒャクジツコウ 「猿滑」
 

 Myタグ 花の色.桃色 花の色.白 
2019年09月10日 (火) | 編集 |

日比谷公園の ハナミズキ に実がなっています。

RIMG0048ハナミズキの実_400

赤い実と まだ緑の実
RIMG0050ハナミズキの実_400

ズームで見てみましょう!
RIMG0050ハナミズキの実Zoom_400

注意してみないと わからないかも。 (*^_^*)♪
RIMG0047ハナミズキの木_400

めも:2019/09/04 CX2 で撮影

ハナミズキ (花水木、学名:Cornus florida)は、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。
別名、アメリカヤマボウシ

こちらも見てね。
 ⇒ Myブログ:ハナミズキの四季です。
 

 Myタグ 実.赤 場所_日比谷公園 
2019年09月09日 (月) | 編集 |

日比谷公園で目につくこの木 ヒマラヤスギ

RIMG0011ヒマラヤスギ_400

ヒマラヤスギの松ぼっくり
RIMG0013ヒマラヤスギの松ぼっくり_400

横に並んでおしくらまんじゅう (*^_^*)♪  かわいい。 
RIMG0014ヒマラヤスギの松ぼっくり_400

めも:2019/09/04 CX2 で撮影

前回見たときと あまり代わり映えはしませんね。 
⇒ Myブログ:7/17 :日比谷公園
 

 Myタグ  場所_日比谷公園 
2019年09月09日 (月) | 編集 |

日比谷公園をぐるっと歩くと かわいいもの メッケ!

RIMG0041日比谷公園_400

その先には、コブシなどの木々があります。

コブシ を見ると、実がなっていますよ。

RIMG0042コブシの実_400

たくさんなっていますね。一つとして同じ形は無い。
RIMG0046コブシの実がたくさん_400

何度見ても 虫こぶじゃないか って ぎょっとしてしまいます。
RIMG0043コブシの実_400

左は、ハジけた実、 右は長い実がぶら下がっています。
RIMG0045コブシの実長い実とハジけた実_400

めも:2019/09/04 CX2 で撮影

コブシ (辛夷、学名:Magnolia kobus)は モクレン科モクレン属の落葉広葉樹 


 Myタグ 実.赤 場所_日比谷公園 
2019年09月08日 (日) | 編集 |

日比谷公園を巡って最後に目についた大きな木

白くなっているのは 花? 葉? 実? 
近づいて写真を撮ったけれどよくわからない。!!(>д<)ノ

しばらく なんの木かわからず 保留していましたが、
偶然見たブログに 似た写真が載っていました。
 → 今日は木ばかり ~ さざんかのゆるゆる散歩

たぶん 「シマトネリコ」 だと思います。 

RIMG0057日比谷公園シマトネリコの木_300

白いのは、葉ではなく 実。
RIMG0058日比谷公園シマトネリコの実_400

これから赤く色づくそうです。
RIMG0060日比谷公園シマトネリコの実_400

また見に行きますね。

めも:2019/09/04 CX2 で撮影


9/13
近所のお庭にシマトネリコの木があったの思い出して見に行きましたが、
若い木のせいか、実らしきものはありませんでした。 残念  (*^_^*)♪

シマトネリコ モクセイ科 シマトネリコ 属の植物。
別名 タイワンシオジ。
 

 Myタグ はじめて!.実 場所_日比谷公園 
2019年09月08日 (日) | 編集 |

日比谷公園の石垣に生える クサノオウ
花が咲いています。
RIMG0004クサノオウの花と葉_400

RIMG0004クサノオウの花Zoom_400

RIMG0003クサノオウの花_400

石垣に生える草たち
RIMG0002クサノオウの花_400

日比谷公園の 心字池
RIMG0001心字池_400

めも:2019/09/04 CX2 で撮影

クサノオウ ケシ科 クサノオウ属




 Myタグ 花の色.黄色 場所_日比谷公園 
2019年09月07日 (土) | 編集 |

イチョウ の木の側に行くと・・・。

RIMG0052イチョウ_300

葉の陰に まん丸い実が たくさんなっています。
RIMG0053イチョウの実_400

RIMG0054イチョウの実_400

めも:2019/09/04 CX2 で撮影


イチョウ (銀杏、公孫樹、鴨脚樹、学名:Ginkgo biloba)は、裸子植物門イチョウ綱イチョウ目イチョウ科イチョウ属に属する、裸子植物。
雄木と雌木があり、それぞれ雄花もしくは雌花のみを咲かせます。

Myガーデンにも イチョウの鉢植えがあります。
雌雄2本植えられているので、もしかしたら 実がなるかも。 (*^_^*)♪
 ⇒ イチョウ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 


 Myタグ 実.緑 場所_日比谷公園 
2019年09月07日 (土) | 編集 |

日比谷公園の広い花壇の縁に ノウゼンカズラ が咲いています。

RIMG0019ノウゼンカズラの風景_400

近づくと・・・
RIMG0020ノウゼンカズラの風景_400

ノウゼンカズラの花、重たげですね
RIMG0021ノウゼンカズラの花_500

こちたは ほっそりとした花、アメリカノウゼンカズラの花
RIMG0023アメリカノウゼンカズラの花_400

RIMG0024アメリカノウゼンカズラの風景_400

花壇の風景
RIMG0033花壇の風景_400

めも:2019/09/04 CX2 で撮影

ノウゼンカズラ (凌霄花) ノウゼンカズラ科
 

 Myタグ 場所_日比谷公園 花の色.橙色 
2019年09月06日 (金) | 編集 |

日比谷公園の外の歩道。
ユリノキの並木の下に ムクゲ が咲いています。

RIMG0061ムクゲの白い花_400

真っ白のムクゲの花 ってステキ!
RIMG0061ムクゲの白い花Zoom_400

めも:2019/09/04 CX2 で撮影

ムクゲ (木槿、学名: Hibiscus syriacus)は アオイ科フヨウ属の落葉樹。 別名ハチス、もくげ。
 

 Myタグ 花の色.白 場所_日比谷公園 
2019年09月06日 (金) | 編集 |

日比谷公園に入ったところ
「日比谷見附跡」 ノシラン が咲いています。
RIMG0068日比谷見附跡_400

RIMG0069ノシランの花_400

ここにも ノシラン。
RIMG0029ノシランの風景_400

白い花
RIMG0030ノシランの花_400

ズームで見てみましょう! 残念 ピンぼけ~。
RIMG0031ノシランの花Zoom_400

今は、公園内のいたる所で咲いていますね。 (右端)
RIMG0041日比谷公園ノシランの風景_400

RIMG0040ノシランの風景_400

めも:2019/09/04 CX2 で撮影

ノシラン (のしらん:熨斗蘭) キジカクシ科  (旧 ユリ科)  
Asparagaceae  ジャノヒゲ属  学名:Ophiopogon jaburan
ノシランの実は、熟すと濃い青色になる。
 

 Myタグ 花の色.白 場所_日比谷公園 
2019年09月06日 (金) | 編集 |

日比谷公園の花壇は、マリーゴールドとトレニア

RIMG0025花壇の風景_400

RIMG0026花壇のマリーゴールド_400

マリーゴールドは元気いっぱい!

RIMG0028マリーゴールド_400

ちょっとおすましな トレニア。
RIMG0027トレニア花と葉_400

RIMG0033花壇の風景_400

ペリカン噴水 の 花壇
RIMG0035リュウゼツランとペリカン噴水_400

心字池
RIMG0063心字池_400

めも:2019/09/04 CX2 で撮影




 Myタグ 場所_日比谷公園