散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2017年04月30日 (日) | 編集 |
→ 20170424_散歩 シリーズ

近所のお宅のフェンスからのぞいていた小さな花。

P4240342グミの花の風景_400

グミの仲間・・・ ナツグミの花です。

P4240344グミの花_400

P4240344グミの花Zoom_400

ズームで見ると そばかす。(*^_^*)♪

P4240345グミの花Zoom_400

めも:2017/04/24 SP570UZ で撮影

 

 Myタグ 花の色.白 
2017年04月29日 (土) | 編集 |
→ 20170424_散歩 シリーズ

4/24 
遠目には 全く 何の葉かわからなかったけれど、
写真をよく見ると もみじっぽい 形をしています。

 ハウチワカエデ です。

P4240250錦木通り_400

カエデにおなじみの赤い花。

P4240258白っぽい葉のハウチワカエデに赤い花_500

ズームで見てみましょう!
P4240257白っぽい葉のハウチワカエデに赤い花Zoom_500

P4240256白っぽい葉のハウチワカエデに赤い花_500

P4240255白っぽい葉のハウチワカエデに赤い花_500

P4240253白っぽい葉のハウチワカエデに赤い花_500

P4240251白っぽい葉のハウチワカエデ(メイゲツカエデ)_500

めも:2017/04/24 SP570UZ で撮影

ハウチワカエデ (羽団扇楓、学名:Acer japonicum) はムクロジ科カエデ属の落葉高木。
 同じ株に両性花と雄花が生ずる雄性同株。別名、メイゲツカエデ。
 古いクロンキスト体系ではカエデ科に含められている。


 Myタグ 花の色.赤 
2017年04月28日 (金) | 編集 |
 → 20170414_眼鏡岩 シリーズ

西連寺 の階段の脇に 小さな花。
ハナイバナ
DSC_0099西連寺の階段の白い花ハナイバナZoom_500

DSC_0099西連寺の階段の白い花ハナイバナ_500
めも:2017/04/14 SW001SH で撮影


R0026456西連寺階段下_400
めも:2017/04/14 CX2 で撮影


ハナイバナ (葉内花)  Bothriospermum tenellum  ムラサキ科 ハナイバナ属

参考 キュウリグサとハナイバナ 野の花散歩
 

 Myタグ 場所_九州.長崎 花の色.白 はじめて!.花 
2017年04月28日 (金) | 編集 |
 → 20170414_眼鏡岩 シリーズ


4/14 眼鏡岩を見に行こうと ローカル線で お出かけ。
迷いながらたどり着いたのは、西連寺。

ここを登るんです。

R0026456西連寺階段下_400

登っているうちに 脇のほうに 白い花が 咲いているのを 見つけました。
しばし 止まって パ・チ・リ。 風に揺れるし 花は小さいので 写すの大変。

スマホから みんなの花図鑑で UPして 教えてもらいました。

ヒメウズ

R0026658ヒメウズの花_500

R0026659西連寺の階段の白い小さな花_500

R0026661ヒメウズの花と蕾Zoom_400

R0026463ヒメウズの花Zoom_400

めも:2017/04/14 CX2 で撮影

ヒメウズ(姫烏頭、学名:Semiaquilegia adoxoides (DC.) Makino)はキンポウゲ科に属する多年草。オダマキ属に含めることがある。
畑や人家周辺から山間部まで広く見られる。

 Myタグ 場所_九州.長崎 花の色.白 はじめて!.花 
2017年04月28日 (金) | 編集 |
 → 20170416_長崎 シリーズ

 4/16 駐車場わきの小道を散歩。 横は狭い藪です。

アカメガシワ 
大きなひらひらした葉に、中央の赤い葉が目立ちます。

IMG_20170416_195942アカメガシワの葉_400

IMG_20170416_195824アカメガシワの葉_400
めも:2017/04/16 SW001SH で撮影


R0026740アカメガシワの葉_500

R0026741アカメガシワの木_500

R0026758アカメガシワの風景_500

めも:2017/04/16 CX2 で撮影

アカメガシワ (赤芽槲、赤芽柏、Mallotus japonicus) トウダイグサ科アカメガシワ属の落葉高木。
若葉も木の芽も食べられるそうですし、樹皮には薬効成分もあるらしい。


 Myタグ 場所_九州.長崎 
2017年04月27日 (木) | 編集 |
→ 20170424_散歩 シリーズ

4/24 アケビ の花が咲いているころ

雄花
P4240319アケビの花_500

雌花
P4240304アケビの雌雄の花_500

雄花
P4240313アケビの花_400

雄花 と 雌花
P4240310アケビの雌雄の花_500

雄花
P4240302アケビの花_400

雌花と 雄花
P4240308アケビの花_400

たくさん咲いています
P4240300アケビの花_400

アケビの花は 葉の陰に隠れています
P4240323アケビの花と葉_400

P4240320アケビの葉_400

アケビの咲くところ
P4240297アケビの風景_400

めも:2017/04/24 SP570UZ で撮影

アケビ(木通、通草)は アケビ科の蔓性落葉低木。
 

 Myタグ 花の色.紫 場所_散歩.A川原 花の色.白 
2017年04月27日 (木) | 編集 |
→ 20170424_散歩 シリーズ

4/24 上溝桜を見に行ったら、そばに、白い花が咲いています。

 マルバアオダモ です。

P4240243錦木通りマルバアオダモの白い花_500

P4240236錦木通りマルバアオダモの白い花_400

P4240241錦木通りマルバアオダモの白い花満開_500

P4240242錦木通りマルバアオダモの白い花_500

P4240240錦木通りマルバアオダモの白い花_400

P4240229錦木通りマルバアオダモの白い花の風景_400

めも:2017/04/24 SP570UZ で撮影

マルバアオダモ (丸葉青梻)  モクセイ科 トネリコ属
 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.錦木通り 
2017年04月27日 (木) | 編集 |
 → 20170416_長崎 シリーズ


4/16 駐車場わきの小道を散歩。 横は狭い藪です。

面白い実を見つけました。 無花果に似てますね。
調べると イヌビワ です。

R0026762藪で実がなるイヌビワ_400

R0026763藪で実がなるイヌビワ_400

R0026764藪で実がなるイヌビワCUT_400

R0026764藪で実がなるイヌビワ_400

なんだか、藪の主役みたい。
R0026761藪で実がなるイヌビワ_400

こっちのほうには、もっと小さい実がついています。

これも イヌビワですって

R0026770これもイヌビワ?実に5本線_400

R0026768これもイヌビワ?_500

葉っぱが立派ですね。
R0026767これもイヌビワ_500

めも:2017/04/16 CX2 で撮影

イヌビワ (犬枇杷、学名: Ficus erecta)は、クワ科イチジク属の落葉小高木。
別名 イタビ、姫枇杷。
雌雄別株で、それぞれ 両方とも実は出来るんですって。 雌花嚢、雄花嚢。
 
参考 イヌビワ(犬枇杷) 松江の花図鑑
 

 Myタグ はじめて!.実 場所_九州.長崎 
2017年04月27日 (木) | 編集 |
→ 20170424_散歩 シリーズ

4/24 ウワミズザクラ の花 が咲いているころ。
カメラ散歩に行きましょう。

まずは、公園の側面へ。 確か~ 3本ほどあったと思ったけど。
真っ白で背の高い木に咲く ウワミズザクラの花は 意外と見つからないんです。

有りました! 1本だけですが、立派な木です。 
P4240224ウワミズザクラの風景-A_400

目を凝らすと 満開。
P4240227ウワミズザクラの花-A_400

桜?? 面白い花ですね。
P4240219ウワミズザクラの花-A_500

P4240220ウワミズザクラの花-A_500


次のところへ ここには2本の ウワミズザクラ。 

P4240274ウワミズザクラの花-C名札_400

花は終わりかけのようです。
P4240273ウワミズザクラの花-Cの風景_400

やっと2つ見つけました。
P4240278ウワミズザクラの花-C_400

P4240283ウワミズザクラの花-C_500


3番目のところへ。 

P4240271ウワミズザクラの花-Bの風景_400

ラッキー 超満開ですよ。
P4240270ウワミズザクラの花-B_500

P4240267ウワミズザクラの花-B_500

ズームで見てみましょう! しべが長いですね。
P4240263ウワミズザクラの花-B Zoom_500

絵になるでしょう! (*^_^*)♪

P4240266ウワミズザクラの花-B_500

本当に いいタイミングで 見に来ることができ、うれしいです。 (*^_^*)♪

P4240268ウワミズザクラの花-B_500

めも:2017/04/24 SP570UZ で撮影

ウワミズザクラ (上溝桜、Padus grayana) は、バラ科ウワミズザクラ属の落葉高木。
和名は、古代の亀卜(亀甲占い)で溝を彫った板(波波迦)に使われた事に由来する。
よく似たイヌザクラとは、花序枝に葉がつく事などで区別できる。 
 

 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.錦木通り 桜(サクラ)  
2017年04月26日 (水) | 編集 |
 → 20170416_長崎 シリーズ

4/12 駐車場わきの小道を散歩。 横は狭い藪で、木々が芽吹いています。

ひときわ目立つ大きくて 変な 蕾がありました。  (この時は、写真は撮らなかった。)

4/16 カメラを持って行ってみると 蕾が咲いています。
何の花かわからず、後日 みんなの花図鑑 で教えてもらいました。

 フジ(ノダフジ) か ヤマフジ

蔓のまく方向が決め手ですが、藪はごちゃごちゃしているうえに 
そこがポイントと知らなかったので、なかなか決め手になる写真がありません。
さらに調べると 右巻きと左巻きの表現も入り乱れています。・・・ !!(>д<)ノ

要は、何の植物かわかればいいわけで、
蔓が右上がりに巻いていれば、ヤマフジ (*^_^*)♪

ヤマフジ

蕾と右巻き(右上がり)の蔓。 これが 藤(フジ) だとは! 
R0026749ヤマフジの花の蕾と右巻きの蔓_400

4日後、きれいに咲きました。
R0026747ヤマフジの花_500

R0026746ヤマフジの花_500

ズームで見てみましょう!
R0026780ヤマフジの花Zoom_500

蔓のまく方向を確認 ((クリックで拡大します)
R0026745フジの花蔓のまく方向_500

フジ棚で見るのとは、趣が違いますね。
R0026751ヤマフジの花の風景_400

反対側に回って 撮影。
R0026777ヤマフジの花と右巻きの蔓_500

めも:2017/04/16 CX2 で撮影


こちらもみてね。 ⇒ 藤(フジ) ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
  
参考
・ フジ・ヤマフジ・ナツフジの区別点 岡山理科大学 生物地球学部 生物地球学科
・ ヤマフジのつるは左巻き?
・ フジ(ノダフジ)とヤマフジの右巻き左巻き  チューメイくんの田舎ぐらし
・ わしは右巻きなのか左巻きなのか 一体どっちなんじゃい!(苛つく山藤氏)

 Myタグ 花の色.桃色 藤(フジ) 場所_九州.長崎 
2017年04月25日 (火) | 編集 |
→ 20170424_散歩 シリーズ

バス通りのヒメリンゴの花が、満開です。

P4240038ヒメリンゴの花満開_400
 
ぐっと近づいて
P4240034ヒメリンゴの花Zoom_400

ズームで見てみましょう!
P4240033ヒメリンゴの花Zoom_500

蕾は うっすらピンク色
P4240037ヒメリンゴの花_400

P4240035ヒメリンゴの花Zoom_500

こんなにたくさん咲いて どうする。 (*^_^*)♪
P4240039ヒメリンゴの花満開CUT_400

P4240039ヒメリンゴの花満開_400

バス停の向かい側、待ち時間には ちょっと見てね。

P4240029ヒメリンゴの花_400

めも:2017/04/24 SP570UZ で撮影

 

 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.バス通り 
2017年04月24日 (月) | 編集 |
4/18 九州 太宰府天満宮 と 九州国立博物館 へ行きました。

こちらも見てね。
  ⇒ 太宰府天満宮へ行きました。 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
  ⇒ 九州国立博物館へ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

緑の木々に囲まれた本殿
R0026808本殿の風景_400

楼門の前の木々
R0026818楼門前の木々_400

境内をを通って 九州国立博物館方面へ歩きましょう。
R0026814太宰府天満宮の九博案内_400


大宰府といえば、菅原道真。 「飛梅」ですね。
境内には 梅林があり、 献梅がたくさん植えられています。
R0026824梅林_400

「福高の暁」
R0026816献梅 福高の暁_400

実がなっています。
R0026817献梅 福高の暁の実_400

菖蒲園

R0026819花菖蒲池_400

R0026820花菖蒲池の風景_400

森には 桜が咲いています。
R0026823桜咲く木々の風景_400

緑の中を エスカレーターで登っていくんですよ。
R0026821九州国立博物館への風景_400

上までやってきました。 緑の森に囲まれた建物
R0026837九州国立博物館正面の森_400

飛梅のイメージでしょうか。
R0026856九博から太宰府天満宮へ_400

めも:2017/04/18 CX2 で撮影

 
こちらも見てね。
太宰府天満宮へ行きました。 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

九州国立博物館へ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 

 Myタグ
2017年04月22日 (土) | 編集 |
 → 20170416_長崎 シリーズ


4/16 駐車場わきの小道を散歩。 ノイバラ の蕾を見つけました。 

花期は5~6月ですから あとひと月くらいで満開でしょうね。

R0026776ノイバラ(ノバラ)の蕾_500

R0026775ノイバラ(ノバラ)_500

めも:2017/04/16 CX2 で撮影

ノイバラ (野茨、学名:Rosa multiflora)は、バラ科の落葉性のつる性低木。 日本のノバラの代表的な種。
ノバラ(野薔薇)ともいう。



 Myタグ
2017年04月14日 (金) | 編集 |
 → 20170414_眼鏡岩 シリーズ


4/14  西連寺 と 眼鏡岩公園 に行きました。

参道の 道端に、ハハコグサ が咲いています。
R0026631ハハコグサ_400

R0026632ハハコグサ_400

R0026633ハハコグサ_400


隣に 変なのが~。 ウラジロチチコグサ
R0026637ウラジロチチコグサ-A_500

R0026636ウラジロチチコグサ-A_400

R0026640ウラジロチチコグサ-A_500

西連寺 参道
R0026478西連寺参道_400

めも:2017/04/14 CX2 で撮影


参考 ウラジロチチコグサ(裏白父子草) 松江の花図鑑
 

 Myタグ 場所_九州.長崎 花の色.黄色 
2017年04月10日 (月) | 編集 |
 近所の団地の ミツバアケビ

もしかしたら 花が咲いているかも!
と 行ってみたら 何やら摘んでいる人がいます。
聞いてみるとアケビの新芽、茹でると おいしいんだそうですよ。

花もたくさん咲いています。  新しいスマートフォン (SW001SH) で撮影しました。

DSC_0008ミツバアケビの葉と花_400

DSC_0005三つ葉アケビの花_400

DSC_0006ミツバアケビの花_400

小さめの 縦じま模様に見えるのが 雄花。
DSC_0006-1ミツバアケビの花Zoom_500

房の元のほうにつくのが 雌花。
DSC_0003ミツバアケビの花雌雄_400

DSC_0003ミツバアケビの花雌雄Zoom_400

DSC_0004ミツバアケビの花Zoom_400
めも:2017/04/10 SW001SH で撮影


教えてもらって 新芽を少し摘んできました。
さっと湯がくと ほろ苦い春を味わえるそうです。

R0016213_0410アケビの新芽_400
めも:2017/04/10 RICOH PX で撮影




 Myタグ
2017年04月09日 (日) | 編集 |
桜とよく似合う ユキヤナギ の花

R0026354ユキヤナギの花_400

ズームで見てみましょう!
R0026355ユキヤナギの花Zoom_400

R0026358ユキヤナギの花の風景_400

桜 と 常盤万作 と 雪柳
R0026359ユキヤナギの風景_400

めも:2017/04/07 CX2 で撮影



 Myタグ 花の色.白 小松川千本桜 
2017年04月08日 (土) | 編集 |
小松川千本桜の中にある 濃いピンクの花

トキワマンサクの花

R0026352マンサクの花_400

R0026350マンサクの花Zoom_400

R0026349マンサクの花_400

R0026353マンサクの花の風景_400

R0026348マンサクの花の風景_400

R0026339マンサクの花の風景_400

ホントの主役は 桜なんですけどね。
R0026344マンサクと桜の風景_400

めも:2017/04/07 CX2 で撮影

トキワマンサク 常磐万作 学名 Loropetalum chinense  マンサク科 トキワマンサク属
ベニバナトキワマンサク 紅花常盤万作 学名  Loropetalum chinense var. rubra. 
 

 Myタグ 花の色.桃色 小松川千本桜 
2017年04月07日 (金) | 編集 |
 桜(サクラ) が見ごろというので、小松川千本桜へ。

いつもと逆のコース

さくら橋を渡って
R0026283桜大橋をわたる_400

広場へ
R0026285桜橋を渡った広場の桜_400

いろんな種類の桜が咲いています
R0026291いろんな桜の風景_400

小雨がぱらついてきました。

川べりに出ました。
R0026337桜満開_500

サクラの模様の屋根が見えます。
R0026296桜模様の屋根の風景_400

近づいて
R0026299桜模様の屋根と満開の桜の風景_500

シダレザクラが 右手に見えてきました。
R0026309ソメイヨシノと枝垂桜_400

R0026308ソメイヨシノと枝垂桜_400

R0026319ソメイヨシノと枝垂桜_400

R0026318枝垂桜_400

線路が見えますね。
R0026332線路と桜の風景_400


ヤマザクラ
R0026330ヤマザクラ_400

R0026325ヤマザクラ_400

ソメイヨシノ

R0026310満開の木の下_400

R0026298ソメイヨシノ_400

R0026346ソメイヨシノ_400

R0026371ソメイヨシノの風景_400


小松川千本桜 去年は 1000番のサクラを探しに行きました。
 ⇒ Myブログ:4/9 小松川千本桜の1000本目にタッチ!

今年は、スタートへ

No2のサクラ
R0026374No2のソメイヨシノ_400

No1のサクラ
R0026382No1のソメイヨシノ_400

R0026384No1のソメイヨシノ_400

R0026389スタート地点のサクラの風景_400


めも:2017/04/07 CX2 で撮影



 Myタグ 桜(サクラ) 小松川千本桜 
2017年04月06日 (木) | 編集 |
 → 20170402_近所散歩 シリーズ

ノゲシ の花

R0026138ノゲシの花_400

R0026139ノゲシの花_400

R0026151ノゲシの花_400

めも:2017/04/02 CX2 で撮影

 ノゲシ(野芥子、Sonchus oleraceus) キク科ノゲシ属の植物の一種。
 別名 ハルノノゲシ、ケシアザミ。


 Myタグ 花の色.黄色 
2017年04月06日 (木) | 編集 |
 → 20170402_近所散歩 シリーズ

カラスノエンドウ の花 もう咲いていますよ

R0026120カラスノエンドウの花_400

R0026120カラスノエンドウの花CUT_400

R0026121カラスノエンドウの花_400

めも:2017/04/02 CX2 で撮影

 

 Myタグ 花の色.桃色 
2017年04月05日 (水) | 編集 |
 → 20170402_近所散歩 シリーズ

ミミナグサ の花

オランダミミナグサだと思います。

R0026145ミミナグサの花_300

すっきりした 白い小さな花
R0026144ミミナグサの花_400

R0026146ミミナグサの花_400

めも:2017/04/02 CX2 で撮影

 

 Myタグ 花の色.白 
2017年04月05日 (水) | 編集 |
 → 20170402_近所散歩 シリーズ

ハルジオン の蕾と花はまだ少ないですね。

やっと見つけました。
R0026148ハルジョオンの蕾_400

蕾を じーっと見る
R0026148ハルジョオンの蕾Zoom_400

咲いている花 めっけ!
R0026149ハルジョオンの花_400

めも:2017/04/02 CX2 で撮影

 

 Myタグ 花の色.桃色 
2017年04月05日 (水) | 編集 |
 → 20170402_近所散歩 シリーズ

タンポポ の花

R0026127タンポポの花_400

胡瓜草と一緒に!
R0026136タンポポとキュウリグサの花たち_400


R0026128タンポポの花_400

綿毛
R0026155タンポポの綿毛_400

まさに 種が飛ぼうとしているところ
R0026155タンポポの綿毛Zoom_400


めも:2017/04/02 CX2 で撮影

 

 Myタグ 花の色.黄色 
2017年04月04日 (火) | 編集 |
 → 20170402_近所散歩 シリーズ

小さな キュウリグサ の花

R0026124キュウリグサの花_400

R0026123キュウリグサの花_400

R0026125キュウリグサの花_400

タンポポと比べると こんなに小さいんです。
R0026136タンポポとキュウリグサの花たち_400

めも:2017/04/02 CX2 で撮影

 


 Myタグ
2017年04月04日 (火) | 編集 |
 → 20170402_近所散歩 シリーズ

オオイヌノフグリ の花

春の花の代表選手

R0026135オオイヌノフグリの花_400

葉っぱや茎も見てみましょう
R0026134オオイヌノフグリの花_400

可愛いね。
R0026137オオイヌノフグリの花_400

めも:2017/04/02 CX2 で撮影

 


 Myタグ 花の色.青 
2017年04月04日 (火) | 編集 |
 → 20170402_近所散歩 シリーズ


めも:2017/04/02 CX2 で撮影

 

 Myタグ 花の色.桃色 
2017年04月03日 (月) | 編集 |
 → 20170402_近所散歩 シリーズ

久しぶりに通ったら、エリカ が 満開。 

エリカの花が咲く通り

R0026109エリカの風景_400

小さな花が びっしり
R0026110エリカの風景_400

R0026112エリカの花_400

ズームで見てみましょう!
R0026112エリカの花Zoom_400

こちらは、花と葉が混ざっています
R0026114エリカの花と葉_400

R0026116エリカの花と葉_400

青空に映えますね。
R0026117エリカ_400

めも:2017/04/02 CX2 で撮影

 

 Myタグ 花の色.桃色 
2017年04月03日 (月) | 編集 |
 → 20170402_近所散歩 シリーズ

4月になったので 植物観察です。 まずは、近所散歩に GO!

カナメモチ が 少しづつ色づき始めていますね。

カナメモチ というか ベニカナメモチ でしょうね。 はたまた セイヨウベニカナメモチ かも。
「カナメモチの葉柄には鋸歯の痕跡」 を見るなんて 思いつきもしなかった。 !!(>д<)ノ

さて、マンション内のカナメモチは、ほぼ緑ですが、
すぐ近所のは、かなり色づいています。

真っ赤には あと一歩かな。
R0026113向いのカナメモチの葉_500

この植え込みはかなり目を引きます。
R0026108向いのカナメモチの風景_400

未だ緑が多い部分も・・・。
R0026109向いのカナメモチの葉、赤と緑_400

めも:2017/04/02 CX2 で撮影

カナメモチ(要黐) (レッドロビン)  バラ科 カナメモチ属
 
カナメモチ - Wikipedia より
カナメモチ(要黐、学名:Photinia glabra)は、バラ科の常緑小高木

ベニカナメモチ(レッドロビン) Photinia×fraseri (P. glabra × P. serrulata→カナメモチとオオカナメモチの雑種):
新芽が非常に鮮やかな赤になる。 鑑賞価値が高く、生け垣などに利用される。
カナメモチとよく似ているが、カナメモチの葉柄には鋸歯の痕跡(茶色の点に見える)が残るが、レッドロビンには無いことで区別できる。

セイヨウベニカナメモチ (レッドロビン) バラ科カナメモチ属 
 カナメモチとオオカナメモチの交雑種。 
 近縁種:ベニカナメモチ、オオカナメモチ
ベニカナメモチ 
 別名:ベニカナメ、ソバノキ、アカメモチ、アカメノキ、カナメノキ、カナガシ
 

 Myタグ
2017年04月03日 (月) | 編集 |
 → 20170402_近所散歩 シリーズ

 道路わきの空き地に のびのびと咲いている スノーフレークの花

R0026158スノーフレークの花_400

R0026161スノーフレークの風景_400

R0026162スノーフレークの花_400

隣には ムスカリの花も!
R0026160スノーフレークとムスカリの風景_400

R0026156ムスカリの花_400

R0026156ムスカリの花CUT_400

めも:2017/04/02 CX2 で撮影

スノーフレーク (学名:Leucojum aestivum)とは、ヒガンバナ科 (新エングラー体系及びAPG植物分類体系)の植物の1つ。
クロンキスト体系ではユリ科。
 和名は オオマツユキソウ (大待雪草)、別名は スズランスイセン (鈴蘭水仙)。

スノーフレーク ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
ムスカリ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 

 Myタグ 花の色.白 花の色.紫