散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2013年06月28日 (金) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ


P6090025菖蒲田Facebook_850-315

6月の東御苑の花と実、「まとめ」です。

たくさんの写真を撮ったので、ブログ投稿に時間がかかってしまいました。
やっとできあがりです。 (*^_^*)♪ 

 七夕の短冊の 「お願いを募集中」です! ぜひ、こちらを見てコメントしてください!
 ⇒ 七夕 短冊の言葉 募集:2013 ~ Myブログ「ベルルのお絵かき・ふりーく」

~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

◆ 木の花
カシワバアジサイ 白い花 
キンシバイ 黄色い花 
コアジサイ 緑の花   
サンゴジュ 白い花 
シロバナヤエウツギ 白い花   
タイサンボク 白い花 
トウフジウツギ 赤紫の花 
ノリウツギ 白い花  
ヒメシャラ 白い花 
ムラサキシキブ 紫の花 
モクゲンジ 黄色い花 
リョウブ 白い花 

菖蒲田 
アサザとコウホネ

◆ 草の花
オカトラノオ 白い花 
ホタルブクロ 白い花 
ミズキンバイ 水辺の黄色い花  
ミヤコグサ 黄色い花 
ユキノシタ 白い花 

◆ 雑草の花
オドリコソウ 薄桃色の花 
カタバミ 桃色の花
キキョウソウ 紫の花 
ドクダミ 白い花   
◆ 実
ゴンズイ 緑の実 
ソシンロウバイ 変な形の実 
ツリバナ 揺れる緑の実 
ニワウメ 赤い実 
ニワトコ 赤い実 
ハクウンボク 緑の実 
ハナイカダ ポチッとした実 
ヒョウタンボク 赤い実 
ヤマモモ 緑の実が、色づき始め 
果樹古品種園のワリンゴ
 緑の実が、色づき始め 

大手門発券所脇の木
 何の木? 虫こぶらしい

ノリウツギ  


モクゲンジ


ミズキンバイ


ソシンロウバイ


ニワトコ 


ヒョウタンボク



 Myタグ 場所_東御苑 
2013年06月27日 (木) | 編集 |
なんじゃ通り

すっごく大きな アジサイ が咲いています。
これで1つ。 普通の3~4個分、驚き~ o(*'o'*)o

RIMG0037なんじゃ通りの大きなアジサイの花_500

葉っぱも大きいので、この写真では 実感できない・・・。

RIMG0035なんじゃ通りの大きなアジサイの花_500

ムクゲ が咲き始めました。
RIMG0039なんじゃ通りのムクゲの花_500

RIMG0040なんじゃ通りのムクゲの花の風景_500

ツツジ も今頃まで咲いているんですね。
RIMG0042なんじゃ通りのツツジの花_500


この前見たのとは、ちがう ネムノキ が きれいに咲いています。

RIMG0046なんじゃ通りのネムノキの花_500

RIMG0045なんじゃ通りのネムノキの花の風景_500

めも:2013/06/27 RICOH PX で撮影


 ⇒ Myブログ:ネムノキの花が落ちている
 Myタグ 場所_散歩.なんじゃ通り 
2013年06月26日 (水) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

道端に雑草のように咲いている紫の花は、キキョウソウ でしょうか?

苑内の見頃の花には、桔梗も載っていましたが、見かけません・・・。

キキョウソウ (桔梗草) キキョウ科 キキョウソウ属
別名 ダンダンギキョウ、段々桔梗

P6090304キキョウソウの風景_500

P6090303キキョウソウ_300

P6090253キキョウソウ_500

P6090071キキョウソウ_400

P6090347キキョウソウ_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより

 Myタグ 花の色.紫 場所_東御苑 
2013年06月25日 (火) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

カシワバアジサイの木が、一本。

P6090272カシワバアジサイ_500

P6090273カシワバアジサイの花_500

P6090277カシワバアジサイの花_500

ズームで見てみましょう!
P6090276カシワバアジサイの花_500




コアジサイの緑の花は、終わりかけのようです。

P6090224コアジサイ花後?_50

P6090225コアジサイの花後Zoom_500

P6090225コアジサイの花_500

P6090223コアジサイ_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより
○コアジサイ(ユキノシタ科)Hydrangea hirta
山地や丘陵の林下に生え,下部からよく分枝して高さ1~1.5mになります。若葉は紫褐色を帯び,上向きの毛がまばらにあります。6月頃,枝先に小形の散房花序をだし,直径約4㎜の淡青緑色の花を多数つけます。



 Myタグ 花の色.緑 場所_東御苑 花の色.白 
2013年06月25日 (火) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

オカトラノオ の白い花 

P6090089オカトラノオ_500

元の方から、順に咲くんですね。

P6090077オカトラノオ_500

ズームで見てみましょう!

P6090081オカトラノオ花Zoom_500

このカーブが 魅力的。
P6090076オカトラノオ_400

P6090088オカトラノオ_300

P6090079オカトラノオ_500

P6090087オカトラノオの風景_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより
○オカトラノオ(サクラソウ科)Lysimachia clethroides
野や山,丘陵などの日当たりのよい草地に多い多年草。茎は60~100cmになり,花穂の軸とともに白い毛があります。6~7月,一方にかたよって白色の花を多数つけます。花穂がトラの尾のようだということで,この名があります。


 Myタグ 花の色.白 場所_東御苑 はじめて!.花 
2013年06月24日 (月) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

園内の足元に黄色い花が咲いていました。
ミヤコグサ の黄色い花です。 うっかり踏み潰されそう~。

P6090120ミヤコグサCOOL_500

P6090118ミヤコグサZoom_500

実がなっています。 マメ科の実ですね。 (^^ゞ
P6090116ミヤコグサの花と実_500
 
P6090116ミヤコグサ_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより
○ミヤコグサ(マメ科)Lotus corniculatus var. japonicus
道ばたや芝地などに生える多年草。茎は地面を這い,葉とともにほとんど毛はありません。4~10月葉の脇に花柄を出し,黄色い蝶形の花をつけます。


 Myタグ 花の色.黄色 場所_東御苑 実.緑 
2013年06月23日 (日) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

東御苑の端の方に広々としてよく手入れされた果樹古品種園があります。

その中から 加賀藩在来の和りんご(ワリンゴ)を紹介します。

P6090193ワリンゴ名札_400

P6090194ワリンゴ_400

少し色づき始めた実は、小さめでたくさんなっています。

P6090195ワリンゴの実_500

P6090196ワリンゴの実_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → 皇居東御苑花だより

 Myタグ 実.緑 場所_東御苑 
2013年06月23日 (日) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

白鳥壕のそばの展望台へ登っていきましょう。
広場の周りが、白くけぶっています。
 
サンゴジュ の白い花が満開。

P6090181展望台のサンゴジュ_400

P6090182サンゴジュの花_500

P6090182サンゴジュの花cut_500

P6090183サンゴジュの花_500

P6090183サンゴジュの花Zoom_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより

 Myタグ 花の色.白 場所_東御苑 
2013年06月22日 (土) | 編集 |
夕方5時過ぎ。急いで お出かけ、いつもの道。
足元に、なにか落ちている。ネムノキ の花です。
ここにネムノキがあること、すっかり忘れていました~。

SBSH0240バス通りのネムノキ散る_500

SBSH0241錦木通りのネムノキ散る_500

見上げると・・・、肉眼では 殆ど見えなかったけれど、
ケータイ写真を補正するとたくさん咲いているのがわかります。

SBSH0242錦木通りのネムノキ咲くcut_500

SBSH0242バス通りのネムノキ咲く風景_300


めも:2013/06/22 940SH AS で撮影


 Myタグ 花の色.桃色 場所_散歩.バス通り 落ちた実や花・葉 
2013年06月22日 (土) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

ツリバナ の実は いつも風に揺れている。

P6090226ツリバナ_500

それに、なぜかカメラを向けると 蚊に刺される~。

P6090227ツリバナの実_500

緑の実

P6090106ツリバナの実_500

P6090231ツリバナの実_500

P6090230ツリバナの実_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → 皇居東御苑花だより
○ツリバナ(ニシキギ科)Euonymus oxyphyllus
山地に生え,高さ4mになりますがまれに6mくらいになるものもあります。5~6月,葉腋から6~15㎝の柄をだし,直径6~7㎜で淡緑色またはやや淡紫色を帯びた花が開きます。蒴果は球形で熟して5裂すると,朱赤色の仮種皮に包まれた種子が現れます。

 Myタグ 実.緑 場所_東御苑 
2013年06月21日 (金) | 編集 |
梅雨の夕方、遊歩道を通ると、いろんな花が開いています。
雨が降っているし、のんびりもしていられないんだけど~。
やっぱり、写真を撮らずに入られない。 o(*'o'*)o

コクチナシの花
SBSH0241コクチナシの花_500

SBSH0239コクチナシの花_500


ギボウシの花
SBSH0243ギボウシの花_500

SBSH0245ギボウシの花_400


マユミの実
SBSH0258マユミの実_500

SBSH0257マユミの実_500

SBSH0256マユミの実_500

ビヨウヤナギの花
SBSH0255ビヨウヤナギの花_400

SBSH0253ビヨウヤナギの花_500


キンシバイの花
SBSH0266キンシバイの花_500

SBSH0267キンシバイの花_400


モッコクの蕾
SBSH0263モッコクの蕾_500

SBSH0262モッコクの蕾_500

SBSH0260モッコクの蕾_300

めも:2013/06/21 940SH AS で撮影


 Myタグ メモ.雨の日に撮影 花の色.白 花の色.紫 花の色.黄色  場所_散歩.川沿いの遊歩道 
2013年06月21日 (金) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

菖蒲田の反対側にちょっとした流れがあって、
そこに黄色い花が咲いています。

何の花でしょう? わかりました。 ミズキンバイ

平家蟹さんが教えてくださいました。 ありがとうございます。

ミズキンバイ みずきんばい(水金梅) アカバナ科 チョウジタデ属

P6090097水辺の黄色い花何?Zoom_500

P6090098水辺の黄色い花何?_500

P6090095水辺の黄色い花何?cut_500

P6090095水辺の黄色い花何?_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → 皇居東御苑花だより
○ミズキンバイ(アカバナ科)Ludwigia stipulacea
池や沼の水中に生える多年草。和名は水金梅で水中に生え,花がキンバイソウに似ていることによります。根茎は長く泥中をはいます。花期は7~9月。花は黄色で約2.5cm,花弁萼片とも4~5個で長い柄があります。

“ミズキンバイ”と よく似た 外来種の“オオバナミズキンバイ”は 困りものらしいです。
 → 見分け方。 “ミズキンバイ” 茎も葉も無毛で花は小さめ。

 Myタグ 花の色.黄色 場所_東御苑 メモ.わかりました 
2013年06月21日 (金) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

閉園の時間になりました。 
大手門発券所を通過しようとして ふと見るとすぐ脇の木に色づき始めた実がなっています。
イチジクぐらいの大きさ、でも葉っぱが違うし・。 何の実でしょうか? 

ギョギョッと 虫こぶ らしいです。
平家蟹さんが教えてくださいました。 ありがとうございます。

P6090354出口の木の実_500

P6090353出口の木の実_500

P6090356出口の木の実_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → 皇居東御苑花だより

 Myタグ 実.赤 場所_東御苑  メモ.わかりました 虫.虫こぶ 
2013年06月20日 (木) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

苑内には、タイサンボクがたくさん植えられています。
どれも 大きな木です。 大ぶりの白い花。

花びらに落ちたシベが溜まっています。
P6090170タイサンボクの花_500

ズームでシベを見ると・・・。
P6090169タイサンボクの花Zoom_500

P6090152タイサンボクの花_500

P6090150タイサンボクの花_500

近づいてそっと嗅ぐと、甘い香りがするんですよ。

P6090134タイサンボクの花_500

P6090147タイサンボクの風景_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより
○タイサンボク(モクレン科)Magnolia grandiflora
北米中南部原産で,1873年に渡来しました。高さ10~20m,葉は長さ12~15cmの長楕円形の革質で特徴があります。5~6月,直径12~15cmの芳香のある白い花が咲きます。花弁は6個,まれに9~12個あります。


 Myタグ 花の色.白 場所_東御苑 
2013年06月20日 (木) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

ニワトコ の赤い実を見つけました。
 
P6090209ニワトコの赤い実Zoom_500

P6090209ニワトコの赤い実_500

P6090208ニワトコの赤い実_500

P6090210ニワトコの赤い実_500

P6090207ニワトコの赤い実_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

ニワトコ(接骨木、庭常、学名:Sambucus racemosa subsp. sieboldiana) スイカズラ科ニワトコ属

 → 皇居東御苑花だより
○ニワトコ(スイカズラ科)Sambucus sieboldiana
別名セッコッボク。各地の山野に普通に生え,庭などによく植えられます。下部からよく分枝して。高さ3~6mになります。 

 Myタグ 実.赤 場所_東御苑 
2013年06月19日 (水) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

ニワウメ の赤い実です。

P6090311ニワウメの赤い実Zoom_500

P6090312ニワウメの赤い実_500

P6090309ニワウメの風景_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → 皇居東御苑花だより
○ニワウメ(バラ科)Prunus japonica
種小名に日本の名が付いていますが,原産地は中国です。古い時代に渡来したといわれています。高さ1~2mになる落葉低木で株立ち状になります。花は直径約1.3cm,淡紅色でまれに白色の花も咲かせます。

身近なところのニワウメ ⇒ ニワウメ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 Myタグ 実.赤 場所_東御苑 
2013年06月19日 (水) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

ホタルブクロ が一面に咲いています。

P6090232ホタルブクロの風景_500

P6090234ホタルブクロ_300

P6090233ホタルブクロ_500

淡いピンクがかった白い花。

P6090233ホタルブクロZoom_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより
○ホタルブクロ(キキョウ科)Campanula punctata
各地の山野に普通に見られる多年草。6~7月,紅色または白色の花をつけます。チョウチンバナ,トッカンバナなど多くの呼び名で親しまれていますが,ホタルブクロの名もちょうちんの昔の呼び名「火垂る袋(ホタルブクロ)」によるといわれます。一般にはこの花のなかにホタルを入れて遊んだことから名づけられたとの説があります。

花壇の写真もどうぞ! ⇒ ホタルブクロ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 Myタグ 花の色.白 場所_東御苑 
2013年06月18日 (火) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

ヤマモモの実が 色づき始めています。

ヤマモモは、身近にあってそれほど珍しくないですね。

P6090352ヤマモモの実_500

P6090350ヤマモモ_500

P6090350ヤマモモの風景_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → 皇居東御苑花だより
○ヤマモモ(ヤマモモ科)Myrica rubra
暖地の山地に生え,高さ25mになります。葉は互生し,4月頃開花します。雌雄異株。果実は直径1~2cmの卵形で突起が多く,夏に赤く熟し,甘酸っぱい味です。 

 Myタグ 実.緑 場所_東御苑 
2013年06月18日 (火) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

草むらに1本だけ見つけたのは、オドリコソウでしょうか?

P6090217オドリコソウ_240

薄桃色の花です。

P6090220オドリコソウの花_500

P6090219オドリコソウの花Zoom_500

東御苑の富士見櫓です。
 
P6090211富士見櫓_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより

 Myタグ 花の色.桃色 場所_東御苑 
2013年06月17日 (月) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

ヒョウタンボクの赤い実

果実が2つくっついて瓢箪の果実に似ているので、この名前がついたそうですが、
そんなこと全然知らなかったので、写真にちゃんと写っていない・・・。 (^^ゞ

P6090270ヒョウタンボクの赤い実_500

P6090271ヒョウタンボクの赤い実_500

P6090268ヒョウタンボクの赤い実_500

P6090267ヒョウタンボクの風景_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

キンギンボク(金銀木、学名:Lonicera morrowii) スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木
       別名、ヒョウタンボク(瓢箪木)。
オオヒョウタンボク(大瓢箪木、学名: Lonicera tschonoskii Maxim.) スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木
 → 皇居東御苑花だより
○ヒョウタンボク(スイカズラ科)Lonicera morrowii
山地に自生し,観賞用としてもよく植えられています。高さ1~1.5mになりよく枝分かれします。4~6月,枝の上部の葉腋に2個ずつ花を開きます。液果は直径8mmの球形で,2個が合着してヒョウタン形になり,6~7月に紅色に熟します。実は猛毒です。花が白色から黄色にかわり,同時にみられることから,金銀木とも呼ばれています。

 Myタグ 実.赤 場所_東御苑 メモ.紛らわしい 
2013年06月17日 (月) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

ユキノシタの白い花 

近づいてみると 面白い形をしています。

P6090094ユキノシタ_500

P6090092ユキノシタ_500

P6090091ユキノシタcut_500

P6090091ユキノシタ_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより
○ユキノシタ(ユキノシタ科)Saxifraga stolonifera
湿ったところや岩の上などに生える多年草で,よく栽培もされます。花茎は高さ20~50cmで,多数の花をややまばらにつけます。花弁は5個あり,上の3個は小さく卵形,淡紅色で濃い斑点があります。薬草として利用されるほか,食用にもなります。


 Myタグ 花の色.白 場所_東御苑 
2013年06月16日 (日) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

ハナイカダ

P6090260ハナイカダの風景_500

実がなっているはずです~。

P6090262ハナイカダの実_500

ありました、葉っぱの上にポチッとした実
P6090261ハナイカダの実_500

P6090261ハナイカダの実Zoom_500

P6090265ハナイカダの実Zoom_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → 皇居東御苑花だより
○ハナイカダ(ミズキ科)Helwingia japonica
山地に生え,高さ1~2mになります。葉は互生し,ふちに芒状の鋸歯があります。5~6月,葉の表面の主脈の中央に淡緑色で4弁の花をつけます。

 Myタグ 実.緑 場所_東御苑 
2013年06月16日 (日) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

いたるところにあふれるように咲いている白い花、ドクダミ
 
P6090204ドクダミの花_500

ズームで見てみましょう!
P6090205ドクダミの花Zoom_500

P6090203ドクダミの花_500

P6090202ドクダミ_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより

 Myタグ 花の色.白 場所_東御苑 
2013年06月15日 (土) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

最近は、よく見かける キンシバイ の黄色い花 

東御苑をぐるっと歩いて 書陵部までやってきました。
P6090121書陵部の風景_400

道の脇には、キンシバイの花が、黄色い花びらを散らせています。

P6090122キンシバイ_500

P6090123キンシバイ_500

P6090125キンシバイの花_500

P6090126キンシバイZoom_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより
○キンシバイ(オトギリソウ科)Hypericum patulum
古くから植えられ,野生化しているものもあります。よく枝分かれして高さ約1mくらいになります。6~7月枝先に黄色の花が開きます。


 Myタグ 花の色.黄色 場所_東御苑 
2013年06月15日 (土) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

ヒメシャラって小さな夏椿みたいな花です。

P6090142ヒメシャラの花_500

葉っぱはすごい虫食いだらけ・・・。 きれいなところを選んで撮りました。

P6090141ヒメシャラの花_500

P6090144ヒメシャラの花_500

白い花が終わりかけて、茶色っぽくなっていました。

P6090143ヒメシャラの風景_400

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより
○ヒメシャラ(ツバキ科)Stewartia monadelpha
山地に生え高さ15~20mになります。樹皮は淡赤褐色で薄くはがれます。6~8月,葉腋に直径約2cmの花が開きます。


 Myタグ 花の色.白 場所_東御苑 
2013年06月14日 (金) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

二の丸の池に行ってみましょう!

アサザやコウホネ、ヒメコウホネが咲いています。
P6090043二の丸池のアサザ_500

アサザの黄色い花
P6090032二の丸池_500

アサザの花、ズームで見てみましょう! 
P6090046アサザZoom_500


コウホネとヒメコウホネ。 
名札に従って撮影しましたが、混ざっているかもしれません。

ヒメコウホネ
P6090040ヒメコウホネ_500

P6090040ヒメコウホネcut_500

P6090037二の丸池ヒメコウホネ_500

コウホネ。
P6090047コウホネ_500

P6090049コウホネ_500

P6090048コウホネ_500

手前がアサザ、向こうがコウホネ
P6090031アサザとコウホネ_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

アサザ (浅沙、阿佐佐、Nymphoides peltata (S.G.Gmel.) Kuntze) ミツガシワ科アサザ属の多年草。
コウホネ (河骨 Nuphar japonicum) スイレン科コウホネ属の植物の一種。

 → 皇居東御苑花だより
○アサザ(リンドウ科)Nymphoides peltata
北海道を除いた各地の池や沼に生える多年生の水草。根茎は水底の泥の中を横にはいます。葉は卵形または円形で長い柄があり,水面に浮かびます。葉の脇から数本の花茎を出し,黄色の花が開きます。

○ヒメコウホネ(スイレン科)Nuphar subintegerrimum Makino
コウホネの小型種で,浅い池や沼などに生える多年生の水草です。5~9月に,長く直立した円柱形の花柄の先に黄色の花が1個上向きに開きます。コウホネの名は,川に生え,根茎が白骨のように見えることから,河骨(コウホネ)となった。

 Myタグ 花の色.黄色 
2013年06月14日 (金) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

雑木林の横を過ぎると、ぱぁ~っと景色が開けます。

菖蒲田です。
さまざまな品種のハナショウブが、色鮮やか!
大勢の人が 花を楽しんでいます。

P6090025菖蒲田_500

色とりどりのハナショウブ
P6090026菖蒲田cut_500

その奥の二の丸の池に行ってみましょう!

P6090036菖蒲田と二の丸池_500

アサザやコウホネ、ヒメコウホネが咲いています。
P6090043二の丸池のアサザ_500

 ⇒ Myブログ:アサザとコウホネ

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

トンボが飛び交い、カイツブリが鳴いています。

ラッキー、止まりました。
P6090064赤とんぼ_500

右端にやっと捉えた コシアキトンボ。
P6090063トンボ2種_500

たくさんのトンボが、スイ~、スイ~~。 カメラが追いつきません。
P6090059二の丸池赤とんぼの風景_400

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 ⇒ 東御苑のウラナミアカシジミとコシアキトンボ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 → 皇居東御苑花だより

 Myタグ 花の色.紫 花の色.白 花の色.黄色 場所_東御苑 虫.トンボ 
2013年06月13日 (木) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

東御苑の二の丸雑木林の入口。
P6090009二の丸庭園の風景_500

二の丸庭園 レトロな 飾電燈 
P6090010二の丸庭園飾電燈_500

ソシンロウバイ  変な形の実がたくさんなっています。

P6090013ソシンロウバイ_500

P6090014ソシンロウバイの実_500

P6090015ソシンロウバイの実Zoom_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

2010年1月に 葛西臨海公園で花を見ました。⇒ Myブログ:ソシンロウバイ



ソシンロウバイ (素心蝋梅) ロウバイ科
 花全体が黄色で中央部の色の変化がない
 → 皇居東御苑花だより
○ソシンロウバイ(ロウバイ科)Chimonanthus praecox 'Concolor'
中国原産。ロウバイよりも花がやや大きく,内側の花被片も黄色になっています。庭木や鉢植え,花材としてよく使われます。


 Myタグ 実.茶色 場所_東御苑 
2013年06月13日 (木) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

シロバナヤエウツギ が咲いているというので探しました。
木のてっぺんの方に白い花。

P6090322シロバナヤエウツギのてっぺんに花_500

P6090323シロバナヤエウツギ花_500

P6090324シロバナヤエウツギ_500

花は終わりかけです。
P6090326シロバナヤエウツギ_500

P6090322シロバナヤエウツギ_400

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

 → H25年6月7日 皇居東御苑花だより
○シロバナヤエウツギ(ユキノシタ科)Deutzia crenata
山野に普通に生えますが,生垣や庭木としてもよく植えられています。下部からよく分枝して高さ1.5~2mになります。5月下旬~7月にかけて,直径1~1.5cmの白い花が密に垂れ下がって咲きます。幹が中空なので,空木(ウツギ)の名があります。変種に花が八重になったものを言います。


 Myタグ 花の色.白 場所_東御苑 
2013年06月12日 (水) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

ゴンズイの木の隣に、白っぽい緑の実がたくさんなった木があります。

ハクウンボク です。
 
P6090291ハクウンボクとゴンズイの風景_500

P6090292ハクウンボクの緑の実_500

たくさん なっていますね。

P6090292ハクウンボクの緑の実cut_500

P6090294ハクウンボクの緑の実_500

P6090293ハクウンボクの緑の実Zoom_500

P6090293ハクウンボクの緑の実_500

下から見上げると・・・。
P6090295ハクウンボクの緑の実_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

2010年05月15日 新宿御苑で、白い花を見たことがあります。
 ⇒ 5月の新宿御苑-4:ホオノキ、ハクウンボクなど ~ Myブログ「Niwa niha Hana」



ハクウンボク (白雲木)  (Styrax obassia)  エゴノキ科エゴノキ属の小高木。
 別名 オオバヂシャ、オオバジシャ。
 → 皇居東御苑花だより
○ハクウンボク(エゴノキ科)Styrax obassia
山地に生え,高さ6~15mになります。樹皮は灰褐色で,5~6月に枝先に長さ10~20cmの総状花序をだして,白い花が下向きに咲きます。果実は直径1.4~1.7cmの球形で9月に熟します。


 Myタグ 実.緑 場所_東御苑