FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2008年08月14日 (木) | 編集 |
2008/8/10 真夏の葛西臨海公園で
8/14 記、 8/17 追記

涼しげな花を見つけました。 何でしょう? 

ハマゴウ (浜栲)です。

hitakijo さんに 教えていただきました。 ありがとうございます。

真上から見ると

P8100032何薄紫の花?_400.jpg

横から見ると

P8100033何薄紫の花?_400.jpg

全体の様子です
P8100030何薄紫の花?_400.jpg
すべて 2008/8/10 SP570UZで撮影

追記 ハマゴウ (浜栲)  クマツヅラ科 ハマゴウ属
ハマゴウ   出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハマゴウ (浜栲、Vitex rotundifolia L. fil.) は クマツヅラ科の常緑小低木で、砂浜などに生育する海浜植物 (琵琶湖にもある)。
別名 : ハマハイ、ハマボウ (アオイ科にも ハマボウがあるので混同しないよう注意)。

特徴 : 東アジア、東南アジア、オーストラリアまで広く分布する。 日本では、東北地方南部~四国・九州・沖縄の比較的暖かく、日当たりのよい場所に自生する。
 茎は地面を這い、高さ約10cm。 葉は楕円形で、裏面は白い毛で被われ、対生。 まれに3出複葉になるものもある。 花期は7~9月、芳香のある青紫色の花を円錐花序につける。
 果実は 蔓荊子 (マンケイシ) と呼ばれる生薬で鎮痛、鎮静、消炎作用がある。 蔓荊子散などの漢方薬に配合される。
 枝葉に芳香があり 古くは香として用いられたため 「浜香」 と呼ばれたといい、また 「浜這」 の意ともいう。

◆ 参考サイト  葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
タグ ~ 葛西臨海公園 紫の花 わかりました

 Myタグ 場所_葛西臨海公園 花の色.紫 メモ.わかりました .花