FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2020年09月13日 (日) | 編集 |
20200911_散歩 シリーズ

菖蒲園の草達の中では 比較的大きな奇妙なものを見つけました。

なにかの花が咲いたあとでしょうか? 一体何かしら?

わかりました! 平家蟹さんが教えてくださいました。 ありがとうございます。
ハナショウブ の実が一番似ているとのこと。

・・・菖蒲園だから、ショウブ(ハナショウブ)の実と種を 真っ先に調べるべきでした。(*^_^*)♪

2017年5月 同じ場所で花が咲いたときの記事です。 ⇒ Myブログ:5/21 菖蒲園を散歩

 ♪  --  ♪  --  ♪  --  ♪

先が割れて種が覗いています。

IMG_3919_0911何?花後、実_400

IMG_3918_0911何?花後、実_400

こういうのが、何本も有りました。
IMG_3911_0911何?花後_300

IMG_3910_0911何?花後_400

菖蒲園
IMG_3909_0911菖蒲園の何?花後の風景_400

めも:2020/09/11 PowerShot SX730 HS で撮影

 
ハナショウブ(花菖蒲、Iris ensata var. ensata)はアヤメ科アヤメ属の多年草である。
数多くの品種が育成され、現在2000以上あるといわれています。
一般的に菖蒲園でショウブ と言われているのは、「ハナショウブ」のこと。
アヤメ類の総称としてハナショウブをアヤメと呼ぶこともある。
 

 Myタグ はじめて!.実 場所_散歩.S公園 メモ.紛らわしい 
2020年09月10日 (木) | 編集 |
去年の今頃、コンサートや花壇巡りを楽しんでいました。

今は、写真を眺めるだけ。 (やっとここにのせました)



2019年9月21日 NHKホールへ行く前に、代々木公園の花壇に寄り道。

公園の一角の花壇は、カラフルです。
DSC_8655_20190921代々木公園の花壇アゲラタム、ペンタス他_300

クレオメ (酔蝶花)
DSC_8653_20190921代々木公園の花壇クレオメ(酔蝶花)_400

ペンタス の真っ赤な花
DSC_8652_20190921代々木公園の花壇ペンタス_400

ハナトラノオ または、カクトラノオ の 淡いピンクの花
DSC_8657_20190921代々木公園の花壇カクトラノオ_400

カクトラノオとヤブランの取り合わせは、オシャレ
DSC_8654_20190921代々木公園の花壇カクトラノオとヤブラン_300

アゲラタム の ほわほわっとした 薄紫の花。
DSC_8649_20190921代々木公園の花壇 アゲラタム_400

アブが飛んでいます。
DSC_8649_20190921代々木公園の花壇 アゲラタムとヒラタアブ_400

サルビア・グァラニティカ、 サルビア・ガラニチカ : メドーセージ
DSC_8651_20190921代々木公園の花壇 メドーセージ_500

DSC_8644代々木公園の花壇 バラ園の近く_400


この後は、NHKホールでコンサートを聴きます。 ♪
 ⇒ 2019/9/21 「2019年9月N響定期公園はパーヴォ・ヤルヴィのマーラーNo5」  オペラやコンサート ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 
カッコウアザミ(アゲラタム) キク科アゲラタム属
一年草として花壇用に栽培される。高さ約30センチメートル。葉は卵形。
夏から秋に枝先にアザミに似た紫色・白色などの小頭花を密につける。
開花期は7月~10月。 小さなアザミのような花が咲く。 花色は淡紫・青・白・ピンクなど
別名の郭公薊(かっこうあざみ)は、葉が郭公草(かっこうそう)に、花が薊(あざみ)に 似ているから。

ハナトラノオ (花虎の尾) シソ科 ハナトラノオ属 Physostegia virginiana 
別名:カクトラノオ(角虎の尾)、ヒソステギア(フィソステギア)

クレオメ (Cleome spinosa) フウチョウソウ科クレオメ属
西洋風蝶草 セイヨウフウチョウソウ/酔蝶花 スイチョウカ/英名:spider flower

ペンタス 学名:Pentas lanceolata アカネ科クササンタンカ属(ペンタス属)
アフリカ、イエメンに分布する多年草
 

 Myタグ 場所_代々木公園 
2020年07月28日 (火) | 編集 |
20200718_散歩 シリーズ


7/18 大きな ヒマワリ の花 が並んでいます。

その中で スキッと立った1本
DSC_0714_0718ヒマワリの大きな花_400

葉っぱも水平に広がってきれいです。
DSC_0715_0718ヒマワリの大きな花_400

こどものころからおなじみの花、ヒマワリ。 夏ですね。

DSC_0715_0718ヒマワリの大きな花CUT_400

めも:2020/07/18 SW001SH で撮影

 
ヒマワリ (向日葵、学名:Helianthus annuus) キク科・ヒマワリ属


 Myタグ 花の色.黄色 場所_散歩.S公園 
2020年07月27日 (月) | 編集 |
20200718_散歩 シリーズ


7/18 歩道の脇に植えられているキンシバイ。 花 の季節になりました!
 
たくさんの花から、選んだのは コレ。

DSC_0712_0718キンシバイの花_400

こっちもきれい。 雨のしずくです。

DSC_0709_0718キンシバイの花_400

たっぷりの濃い緑の葉と、濃い黄色の花
DSC_0711_0718キンシバイの花_400

歩くのが楽しい道です。
DSC_0710_0718キンシバイの花_400

めも:2020/07/18 SW001SH で撮影

 
キンシバイ (金糸梅)   Hypericum patulum オトギリソウ科 ヒペリクム(オトギリソウ)属

ヒペリカムの仲間には有名なキンシバイ(H patulum)やビョウヤナギ(H chinense)もあり、種類が多岐にわたります。


 Myタグ 花の色.黄色 場所_散歩.S公園 
2020年07月26日 (日) | 編集 |
20200718_散歩 シリーズ

7月はじめに ここのハマナスを見た時、もう花は終わりだと思ったのですが、

7/18 ハマナスの花と実がたくさん有りました。

きれいなピンクの花。
DSC_0704_0718ハマナスの花_400

シベを ズームで見てみましょう!
DSC_0705_0718ハマナスの花Zoom_400

実に シベの名残りがついています
DSC_0706_0718ハマナスの実_400


DSC_0703_0718ハマナスの花と実_400


めも:2020/07/18 SW001SH で撮影

 
この前の様子 ⇒ Myブログ:7/2 ハマナスの花と実
 
これまでの7月のハマナス、花もありましたよ!
2017年7月 花と実 ⇒ Myブログ:7/16 ハマナスの実、花も
2013年7月 花と実 ⇒ Myブログ:2013/07/21 ハマナスの花と実

ハマナス(浜茄子、浜梨、玫瑰、学名:Rosa rugosa) バラ科バラ属の落葉低木。
 
根は染料などに、花はお茶などに、果実は ローズヒップとして食用になる。
 ・ ハマナス - Wikipedia
 ・ ハマナス(浜茄子)特集!花や実の特徴や気になる花言葉まとめ!
 

 Myタグ 花の色.桃色 場所_散歩.S公園 実.赤 
2020年07月25日 (土) | 編集 |
20200718_散歩 シリーズ


7/18 古民家の庭、通り沿いのフェンスに 華やかなユリ。 オニユリの花です。

DSC_0694_0718旧大石家のオニユリの花_400

格子からとびだした花、シベが揺れています。
DSC_0697_0718オニユリの花_400

添え木をしてあげたい。 (*^_^*)♪
DSC_0702_0718オニユリの花_400

オニユリのムカゴ。 
DSC_0699_0718オニユリのムカゴ_400

オニユリは、ムカゴを植えて育てることができるんですって!
DSC_0699_0718オニユリのムカゴZoom_400

めも:2020/07/18 SW001SH で撮影

 
オニユリ(鬼百合) 学名は、Lilium lancifolium ユリ科ユリ属
オニユリは種ではなく葉の付け根にムカゴ(零余子)と呼ばれる黒い実をつけます。
ムカゴは、大きくなった芽のことで球根のような性質を持っています。そのため、ムカゴから育てることもできます。
また、球根は、「ユリ根」と呼ばれ、料理に使われることもあります。

キーワード : 百合(ユリ)

 

 Myタグ 場所_散歩.S公園 百合(ユリ) 
2020年06月27日 (土) | 編集 |
20200627_散歩 シリーズ


6/27 近所の団地の花壇に、ノウゼンカズラ が、華やかさをアップしています。

DSC_0611_0627団地のノウゼンカズラの花_400

DSC_0613_0627団地のノウゼンカズラの花_400

DSC_0612_0627団地のノウゼンカズラの花_400

DSC_0610_0627団地のノウゼンカズラの花と花壇_400

めも:2020/06/27 SW001SH で撮影

 
ノウゼンカズラ (凌霄花) ノウゼンカズラ科
 

 Myタグ 花の色.橙色 
2020年06月25日 (木) | 編集 |
近所の団地の花壇。
フェンスの中に鮮やかなピンクの花。

この前から気になっていた 宿根フロックス

フェンスの間から パ・チ・リ
DSC_0573_0625団地の宿根フロックスの花_400

DSC_0573_0625団地の宿根フロックスの花CUT_400

フェンスの上に手を伸ばして パ・チ・リ
DSC_0574_0625団地の宿根フロックスの花_400

めも:2020/06/25 SW001SH で撮影


宿根フロックス (フロックス・パニキュラータ)  ハナシノブ科フロックス属 (Phlox paniculata)
別名:オイランソウ(花魁草)、宿根フロックス。
初夏~秋に直立した長い茎先にふっくらした花をピラミッド形に咲かせる耐寒性多年草です。

マンションの花壇でも 時々咲いているけれど、イマイチだった。
 ⇒ オイランソウ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 

 Myタグ 花の色.桃色 
2020年06月25日 (木) | 編集 |
歩道の端には、いろんな花が植えられています。

存在感の有る花、ヤブカンゾウ です。

DSC_0575_0625ヤブカンゾウの花CUT_500

DSC_0575_0625ヤブカンゾウの花左Zoom_400

DSC_0575_0625ヤブカンゾウの花右Zoom_400

歩道から車道にはみ出して生えています。

DSC_0576_0625ヤブカンゾウの花の風景_400

DSC_0577_0625ヤブカンゾウの花_400

めも:2020/06/25 SW001SH で撮影

ヤブカンゾウは、ススキノキ科(旧ユリ科)ワスレグサ属の多年草
 

 Myタグ 花の色.橙色 
2020年06月23日 (火) | 編集 |
団地のフェンスからとびだして咲いている花。
可憐なようで 元気いっぱい。

DSC_0564_0616団地のシャボンソウの花八重Zoom_400

DSC_0562_0616団地のシャボンソウの花八重_400

DSC_0565_0616団地のシャボンソウの蕾_400

DSC_0561_0616団地のシャボンソウの花八重_400

めも:2020/06/16 SW001SH で撮影


去年もここで見ました。
 ⇒ Myブログ:8/13 シャボンソウ:白とピンクの八重の花

シャボンソウ(Saponaria officinalis) サポナリア(Saponaria、別名ソープワート)  ナデシコ科 サポナリア属 (シャボンソウ属)
南ヨーロッパおよび西南アジア原産の約20種の多年生ハーブ。
全草にサポニンという成分を含むためで、古くから天然石けんとして利用されてきました。
古くに日本に導入された野生種の一重咲き淡桃色のものが一般的。
参考 サポナリア育て方|みんなの趣味の園芸


 Myタグ 花の色.白