FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2018年08月11日 (土) | 編集 |
近所で見つけた ニチニチソウの花

R0037364ニチニチソウの花Zoom_400

R0037364ニチニチソウの寄せ植え_400

ニチニチソウ、イソトマの寄せ植え鉢
R0037363ニチニチソウの寄せ植え_400

めも:2018/08/09 CX2 で撮影


こちらも見てね。 ⇒ ニチニチソウ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

Myガーデンの ニチニチソウの花  2018年6月18日


ニチニチソウ 学名:Catharanthus roseus キョウチクトウ科 ニチニチソウ属
和名:ニチニチソウ(日々草)  その他の名前:ビンカ
 

 Myタグ
2018年08月10日 (金) | 編集 |

近所を歩いて 見つけました。 サンクエールの花。

3色揃って 色のニュアンスが ステキ。

R0037369サンクエール3色_400

R0037367サンクエール3色_400

花びらが 半分だけ! o(*'o'*)o
R0037368サンクエール3色Zoom_400

ズームで見てみましょう!
R0037368サンクエール3色Zoom_400-2
めも:2018/08/09 CX2 で撮影



今 Myガーデンで咲いている サンクエールの花。 ⇒ サンクエール ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

2018年6月22日の花



サンク・エール (クサトベラ科クサトベラ属)  スカエボラの仲間。
非常にまとまりがよく、花密度が高く、涼しげで夏場の暑さにも強い
クサトベラ科のサントリーフラワーの植物の苗です。
 

 Myタグ
2018年08月09日 (木) | 編集 |
最近 ガーデニングで人気の カリブラコアの花

近所で 咲いています。 白い筋の入った黄色の花

R0037372カリブラコア黄色_400

R0037370カリブラコア黄色_400

一輪だけ 変わった色の花。
R0037371カリブラコアの花Zoom_400
めも:2018/08/09 CX2 で撮影



Myガーデンでも 以前 植えたことがあります。 
⇒ カリブラコア ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

2015年7月11日 寄せ植え鉢-L


カリブラコア 学名:Calibrachoa  ナス科  カリブラコア属
原産地:南アメリカの温帯など、一年草、多年草
カラーバリエーションが豊富で、長期間咲き続けるカリブラコア。

カリブラコアはペチュニアによく似た小輪花を、長期間咲かせる草花です。
カリブラコア属は、1990年にペチュニア属から分割されてできた新しい属で、25種からなります。
園芸植物としての歴史は浅いものの、短期間のうちに急激に品種改良が進んでいます。
 

 Myタグ カリブラコアの花 
2018年08月06日 (月) | 編集 |
→ 20180719_上野公園 シリーズ

上野の東京国立博物館 縄文展へ 行きました。

上野公園、西郷さん(せごどん)の像を過ぎ、
清水観音堂の下へ来ました。

R0037132上野タチアオイの風景_400

すっと立つ花、タチアオイ
R0037133上野タチアオイの風景_300

丸い花火のような花
R0037134上野タチアオイの花_400

ズームで見てみましょう!
R0037134上野タチアオイの花Zoom_400

めも:2018/07/19 CX2 で撮影

 
タチアオイ(立葵、学名:Althaea rosea、シノニム:Alcea rosea)は、アオイ科の多年草。
 

 Myタグ 場所_上野公園 
2018年07月17日 (火) | 編集 |
→ 20180710_散歩 シリーズ

ルドベキア が満開

ルドベキア といっても、種類が多いです。 これは何かしら?

オオハンゴンソウ だと思っていましたが、
ルドベキア・ヒルタ かもしれません。

R0036985ルドベキア オオハンゴンソウ_400

じっくり見ると・・・。 花の中央が少し茶色っぽい
R0036986ルドベキア オオハンゴンソウの花_400

花の中央の盛り上がった焦げ茶色の部分、ちょっと気になりますね。 (*^_^*)♪
R0036986ルドベキア オオハンゴンソウZoom_400

通り道の玄関先に並んだ植木鉢。
R0036984ルドベキア オオハンゴンソウの風景_300

めも:2018/07/10 CX2 で撮影

ルドベキアには、種類が多いですね。 

・ ルドベキア・ヒルタ  アラゲハンゴンソウ
  別名:マツカサギク (松毬菊・松笠菊)  原 産 北アメリカ

・ オオハンゴンソウ (大反魂草、学名:Rudbeckia laciniata ルドベキア・ラシニアタ) キク科オオハンゴンソウ属の多年草。
  通称 ルドベキア、ハナガサギク、ヤエザキハンゴンソウ 
みんなの趣味の園芸 ~ 育て方がわかる植物図鑑 ~ ルドベキア
ルドベキアは、北米に30種ほどが分布している一・二年草、または多年草です。
多く栽培されるルドベキア・ヒルタ(Rudbeckia hirta)は、秋まきし、強く凍らせないように防寒して冬越しさせると、初夏から夏にかけて黄や、赤茶、黄色に赤茶の模様の入った花を咲かせる一・二年草です。春まきにしても夏に開花しますが、まくのが遅くなると、開花は翌年になります。日当たりと水はけのよい場所を好み、病害虫にも強い丈夫な植物です。
なお、多年草のルドベキア・ラシニアタ(R. laciniata)はオオハンゴンソウと呼ばれ、特定外来生物に指定されて駆除の対象になっています。

 

 Myタグ 花の色.黄色 
2018年07月16日 (月) | 編集 |
→ 20180710_散歩 シリーズ

近所の花壇に咲いている涼し気な花。

ルリマツリ (プルンバーゴ

R0036956プルンバーゴの花Zoom_400

R0036956プルンバーゴ_400

R0036954プルンバーゴ_400

めも:2018/07/10 CX2 で撮影

ルリマツリ (プルンバーゴ) イソマツ科ルリマツリ属 半つる性の低木。
 
こちらも見てね ⇒ プルンバーゴ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 Myタグ
2018年07月12日 (木) | 編集 |
→ 20180710_散歩 シリーズ

通り道の 玄関先な並べられた植木鉢
コエビソウ です。

R0036987コエビソウ_400

R0036988コエビソウ_400

先についているのが、花です。
R0036988コエビソウの花_400

めも:2018/07/10 CX2 で撮影

コエビソウ(小海老草、学名:Justicia brandegeeana) メキシコ原産のキツネノマゴ科の植物。
別名はベロペロネ
苞(ほう)」とよばれる赤褐色の葉が鱗状に重なり合い湾曲し、エビの胴体のような格好になります。
エビの胴体ような部分は「花序」とよばれ、実際の花はその間から顔をのぞかせるように咲きます。

コエビソウは、近所でも咲いていました。
 ⇒ コエビソウ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」 
 

 Myタグ
2018年07月11日 (水) | 編集 |
→ 20180710_散歩 シリーズ

ノウゼンカズラの花が風に揺れています。

DSC_3192_近所の団地のノウゼンカズラ_400


DSC_3193近所の団地のノウゼンカズラ_400

めも:2018/07/10 SW001SH で撮影

写す角度で ずいぶん印象が違いますね。

 

 Myタグ 花の色.橙色 
2018年06月22日 (金) | 編集 |
新木場で 大勢で講座の会場へ歩く途中、
真っ黄色の花をみつけました。

調べてみると ウチワサボテン のようです。

いつもお世話になっている平家蟹さんの「花盗人の花日記」に
偶然 今日 「ウチワサボテン」 がアップされていてわかりました!
2018. 06. 23  秋吉台の花 ウチワサボテン

黄色い花が たくさん咲いています
DSC_2979_新木場交差点の黄色いうちわサボテンの花_400

DSC_2979-1新木場交差点の黄色いうちわサボテンの花_400

信号が変わる前に かろうじて パ・チ・リ。
あぁ~、こんな写真しか撮れなかった。
DSC_2980新木場交差点の黄色いうちわサボテンの花_400

めも:2018/06/21 SW001SH で撮影

サボテン科ウチワサボテン属 
ウチワサボテン亜科(うちわさぼてんあか、Opuntioideae)は、サボテン科の亜科のひとつである。
南北アメリカおよび近隣島峡に5連15属ほどが分布する。
和名の「ウチワサボテン」は、本亜科の代表的な属であるオプンティア属が平たい茎節を持つことから、それをうちわに見立てたことによる。
 
この後行ったのは、こちらの講座の 工場見学 です。
 ⇒ 砂町のイッピン: 横井醸造工業 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 

 Myタグ 花の色.黄色 はじめて!.花 
2018年06月19日 (火) | 編集 |
 ハマユウ と名札のある所に 白とピンクの花が咲いています。

このブログで何回か紹介しているように、この花は、アフリカハマユウ だと思います。
 ⇒ Myブログ:アフリカハマユウの花 2011年06月30日

DSC_2908仙台掘川公園のハマユウの花白_400

DSC_2910仙台掘川公園のハマユウの花_500

DSC_2906仙台掘川公園のハマユウの花_500

めも:2018/06/19 SW001SH で撮影

アフリカハマユウ(インドハマユウ)  Crinum bulbispermum 
 ヒガンバナ科 ハマオモト属 ~  ユリのようなラッパ状の花。

ハマユウ (浜木綿、学名: Crinum asiaticum) 
 ヒガンバナ科 ハマオモト属  (クロンキスト体系ではユリ科) ~彼岸花のような細長い花。 


 Myタグ