FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2018年08月31日 (金) | 編集 |
→ 20180829_千葉 シリーズ

ニッケコルトンプラザの花壇で、不思議なものをみつけました。

花壇の花 何でしょうか? ・・・ わかりました!
ユーコミス(パイナップルリリー) です。
attsu1さんに教えていただきました。ありがとうございます。

R0037951何?緑の花の草_400

花も葉も緑色
R0037953何?緑の花の草_400

びっしり咲いた花
R0037952何?緑の花の草_400

緑の花? 花後?
R0037952何?緑の花の草花_400

めも:2018/08/29 CX2 で撮影

もう一つのブログにも サザンカさん と nakimoさん からコメントをいただきました。
 ⇒ 8/29 緑の花はユーコミス(パイナップルリリー) ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 
パイナップルリリー (学名:Eucomis) ヒアシンス科ユーコミス属
ユーコミスは南アフリカ原産の球根草花です。
夏に太い花茎を伸ばし、その頂部に星形の小さな花を多数つけ、先端に葉を茂らせます。
その姿がパイナップルに似ることから、パイナップルリリーの別名があります。「みんなの趣味の園芸
 

 Myタグ 場所_千葉 メモ.わかりました はじめて!.花 花の色.緑 
2018年08月30日 (木) | 編集 |
→ 20180829_千葉 シリーズ

ニッケコルトンプラザの花壇で面白いものをみつけました。

ワタ(綿) の花と葉です。

最初見た時は、最近覚えた オクラの花だろうと思いましたが・・・。

R0037989ワタの花_400

あとで、葉を見ると・・・、違うような???

それで調べると、ワタ(綿) のようです。
似た花に、 オクラ・トロロアオイ などがあると知りました。

R0037986ワタの葉_500

白い花とオレンジ色の花があるのも不思議でしたが、これで納得!
”花はしぼむとオレンジ色になります。
短命な花で一日でしぼんでしまいますが、暑い時期は次々と咲かせます。”

R0037987ワタ萎んだ花はオレンジ色_400

R0037986ワタ_400

葉っぱが、決め手です。
”葉っぱは手のひらを広げたような形で、奇数(3~7)に裂けます。”

R0037990ワタの葉_500

おまけ。 ワタに 蜂 OR 虻(アブ) がやってきました。
R0037991ワタに蜂_400

めも:2018/08/29 CX2 で撮影

ワタ アオイ科ワタ属 Gossypiumの植物で綿花をとるために栽培される数十種の総称。
 
    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

 比べてみましょう! 花と葉に注目!

アオイ科 フヨウ属 Hibiscus (ハイビスカス属) 
フヨウ ・ ムクゲ ・ ハイビスカス ・ ハマボウ ・ モミジアオイ

フヨウ
 

ムクゲ
2018/07/10 
ハイビスカス
2018/08/29

ハマボウ  (浜朴) (黄槿:黄色のムクゲ) 日本原産のハイビスカス 
名前は、浜辺に生えるホオノキ(朴の木)の意味です。
2008/8/10

モミジアオイ (紅葉葵、学名:Hibiscus coccineus)
2014年09月24日

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

タチアオイ アオイ科 タチアオイ属 Althaea  
2017/7/2

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

オクラ アオイ科 トロロアオイ属
マンションの花壇の オクラです、オクラの葉と実

 ⇒ オクラ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ワタ アオイ科 ワタ属 Gossypium
すっかり忘れていましたが、去年の夏祭りの時、ワタの苗の即売がありました。
2017年08月20日

綿(ワタ)が、マンションの花壇に植えられていたのは覚えています。
葉がなかったので、今回の植物とは関連付けられなかった。
懐かしい写真です。
2006年12月16日
 ⇒ 綿(ワタ) ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

アオイ科  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
アオイ科 (Malvaceae) は双子葉植物の科で、ワタ、オクラ、ハイビスカス、ムクゲ、フヨウ、タチアオイなどを含み、約75属、1500種からなる。
美しい花をつけるものが多く、観賞用のほか、食用のオクラ、またワタやケナフなど繊維として利用されるものもある。
草本または木本。花は両性花で、5枚の花弁と雄蕊が基部で合生し、雄蕊どうし合着して筒状になる。
熱帯地方に多く、日本の本土に本来自生するものは数種 (三浦半島以南の海岸に生えるハマボウ Hibiscus hamabo のほか、南西諸島にさらに数種) で、そのほか帰化植物が数種ある。 


・ ムクゲとフヨウとオクラとワタと おもしろ!ふしぎ?実験隊
・ コットン ワタ
・ ハマボウとトロロアオイとオクラ
 

 Myタグ 場所_千葉 はじめて!.花 
2018年08月29日 (水) | 編集 |
→ 20180829_千葉 シリーズ

ニッケコルトンプラザの花壇の一角

タデアイの花壇です。 へぇ~ 珍しい。

R0038001タデアイの花壇、コルトンプラザ_400

タデアイの花、時期遅れのようですね。
R0038000タデアイの花_300

タデアイの花
R0037998タデアイの花_400

タデアイの花 ズームで見てみましょう!
R0037999タデアイの花Zoom_400

タデアイがびっしり植えられた花壇
R0037997タデアイの花壇_400

タデアイの看板
R0037996タデアイの看板_400

コルトンプラザの花花壇
R0038002コルトンプラザ花壇_400

コルトンプラザ広場
R0038004コルトンプラザ広場_400

めも:2018/08/29 CX2 で撮影

アイ(あゐ、藍、学名:Persicaria tinctoria)は、タデ科イヌタデ属の一年生植物。
別名は、タデアイ(蓼藍)、アイタデ(藍蓼)。
紀元前より世界各地で青色の染料として重用されていたが、化学合成したインディゴ染料が発明されて以降は合成インディゴが工業的にはよく用いられているため、染料用途で用いられることはあまりなくなった。 ウィキペディア

藍の花壇で藍を摘み、染液を作り、布を染めました。 
 → 夏のはじまりの青-藍の生葉染め 工房からの風・craft in action
・ タデ藍の見分け方 工房風色
 

 Myタグ
2018年08月29日 (水) | 編集 |
→ 20180829_千葉 シリーズ

千葉県立現代産業科学館 へ行きました。
隣は、ニッケコルトンプラザ

噴水とモニュメントにハイビスカスの花が、出迎えてくれます。

DSC_3703コルトンプラザ 噴水とハイビスカス_400

噴水が涼しげ
DSC_3704コルトンプラザ 噴水とハイビスカス_400

真っ赤なハイビスカスの花
DSC_3705コルトンプラザのハイビスカス赤_400

黄色のハイビスカスの花
DSC_3706コルトンプラザのハイビスカス黄色_400
めも:2018/08/29 CX2 で撮影


ニッケコルトンプラザ 全体マップ
全体マップ

 

 Myタグ 場所_千葉 
2018年08月26日 (日) | 編集 |
 → 20180822_日比谷公園 シリーズ

ヤブラン の花が 大きな木の下に!

DSC_3609木の下のヤブランの花_400

近寄って、
DSC_3612ヤブランの花_400

しゃがんで パ・チ・リ
DSC_3610ヤブランの花_400

めも:2018/08/22 SW001SH で撮影

ヤブラン (藪蘭、学名:Liriope muscari)は、キジカクシ科ヤブラン属に属する多年草。
別名 リリオペ、サマームスカリ。 
 

 Myタグ 花の色.紫 
2018年08月23日 (木) | 編集 |
 → 20180822_日比谷公園 シリーズ

日比谷公園の入口の花壇、
いつもステキ!

DSC_3586日比谷公園入口の花壇_400

アンゲロニアの花
DSC_3588アンゲロニアの花:日比谷公園

ペンタスの花
DSC_3587ペンタスの花_400

花壇の先は、心字池です。
DSC_3616心字池:日比谷公園_400

めも:2018/08/22 SW001SH で撮影

こちらも見てね
 ⇒ アンゲロニア ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 ⇒ ペンタス ~ Myブログ「Niwa niha Hana」


 Myタグ 場所_日比谷公園 
2018年08月11日 (土) | 編集 |
近所で見つけた ニチニチソウの花

R0037364ニチニチソウの花Zoom_400

R0037364ニチニチソウの寄せ植え_400

ニチニチソウ、イソトマの寄せ植え鉢
R0037363ニチニチソウの寄せ植え_400

めも:2018/08/09 CX2 で撮影


こちらも見てね。 ⇒ ニチニチソウ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

Myガーデンの ニチニチソウの花  2018年6月18日


ニチニチソウ 学名:Catharanthus roseus キョウチクトウ科 ニチニチソウ属
和名:ニチニチソウ(日々草)  その他の名前:ビンカ
 

 Myタグ
2018年08月10日 (金) | 編集 |

近所を歩いて 見つけました。 サンクエールの花。

3色揃って 色のニュアンスが ステキ。

R0037369サンクエール3色_400

R0037367サンクエール3色_400

花びらが 半分だけ! o(*'o'*)o
R0037368サンクエール3色Zoom_400

ズームで見てみましょう!
R0037368サンクエール3色Zoom_400-2
めも:2018/08/09 CX2 で撮影



今 Myガーデンで咲いている サンクエールの花。 ⇒ サンクエール ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

2018年6月22日の花



サンク・エール (クサトベラ科クサトベラ属)  スカエボラの仲間。
非常にまとまりがよく、花密度が高く、涼しげで夏場の暑さにも強い
クサトベラ科のサントリーフラワーの植物の苗です。
 

 Myタグ
2018年08月09日 (木) | 編集 |
最近 ガーデニングで人気の カリブラコアの花

近所で 咲いています。 白い筋の入った黄色の花

R0037372カリブラコア黄色_400

R0037370カリブラコア黄色_400

一輪だけ 変わった色の花。
R0037371カリブラコアの花Zoom_400
めも:2018/08/09 CX2 で撮影



Myガーデンでも 以前 植えたことがあります。 
⇒ カリブラコア ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

2015年7月11日 寄せ植え鉢-L


カリブラコア 学名:Calibrachoa  ナス科  カリブラコア属
原産地:南アメリカの温帯など、一年草、多年草
カラーバリエーションが豊富で、長期間咲き続けるカリブラコア。

カリブラコアはペチュニアによく似た小輪花を、長期間咲かせる草花です。
カリブラコア属は、1990年にペチュニア属から分割されてできた新しい属で、25種からなります。
園芸植物としての歴史は浅いものの、短期間のうちに急激に品種改良が進んでいます。
 

 Myタグ カリブラコアの花 
2018年07月21日 (土) | 編集 |
→ 20180719_上野公園 シリーズ

上野の東京国立博物館 縄文展へ 行きました。

上野公園、西郷さん(せごどん)の像を過ぎ、
清水観音堂の下へ来ました。

R0037132上野タチアオイの風景_400

すっと立つ花、タチアオイ
R0037133上野タチアオイの風景_300

丸い花火のような花
R0037134上野タチアオイの花_400

ズームで見てみましょう!
R0037134上野タチアオイの花Zoom_400

めも:2018/07/19 CX2 で撮影

 
タチアオイ(立葵、学名:Althaea rosea、シノニム:Alcea rosea)は、アオイ科の多年草。
 

 Myタグ 場所_上野公園