散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2017年11月17日 (金) | 編集 |

桜並木、春とは一味違った風情があります。



地面に散っているサクラの葉は、ひときわ鮮やか。


紅葉といっても 微妙な色合いですね

めも:2017/11/04 CX2 で撮影



(おえかきツール)



 Myタグ
2017年11月10日 (金) | 編集 |

藪に黄色い実。 ピラカンサの仲間。

タチバナモドキ

R0031808タチバナモドキの実CUT_400

R0031808タチバナモドキの実_400

R0031806タチバナモドキの実_400

R0031807タチバナモドキの実_400

こんな薮に生えています。 赤い実のほうが目立つでしょうが。
R0031805タチバナモドキの風景_400

めも:2017/11/03 CX2 で撮影

タチバナモドキ (橘擬き) 学名は、Pyracantha angustifolia バラ科タチバナモドキ属

参考 ・ タチバナモドキ (橘擬き) ~ 松江の花図鑑
 

 Myタグ
2017年11月09日 (木) | 編集 |
11/7 お昼ごろに いつもと違う緑道公園を散歩しました。

桜並木が紅葉して 輝いています。

DSC_0806仙台掘川公園北の桜並木_400

DSC_0808仙台掘川公園北の桜並木_500

桜(サクラ) の 葉が地面を彩ります。
DSC_0807サクラの落ち葉_400

紅葉したソメイヨシノと 緑のシダレヤナギ
DSC_0803仙台掘川公園北の桜並木_400

めも:2017/11/08 SW001SH で撮影


 Myタグ 落ちた実や花・葉 桜(サクラ) 色づいた葉 
2017年11月09日 (木) | 編集 |

藪の中に咲く花。 なんでしょう?
スイカズラの仲間でしょうか、ピンクの花。
ほっそりした葉も 特徴的です。

R0031804たぶんスイカズラのピンクの花、葉が細い_400

R0031803たぶんスイカズラのピンクの花、葉が細い_400

R0031802たぶんスイカズラのピンクの花、葉が細い_400

めも:2017/11/03 CX2 で撮影



 Myタグ 花の色.桃色 
2017年11月06日 (月) | 編集 |

文化の日の午後、 久しぶりのいいお天気。
秋の花や実をめあてに お散歩に行きました。 

グミが咲いています。 ナワシログミ

R0031820ナワシログミの花Zoom_500

R0031875ナワシログミの花_500

R0031819ナワシログミの花_400

R0031874ナワシログミの花_400

R0031873ナワシログミ_400

この辺には何本もグミの木はあるけれど、どれも藪のように ぐちゃぐちゃ。
全体が見えるのは、この木ぐらいかな。

R0031821ナワシログミ_400

めも:2017/11/03 CX2 で撮影

グミ(茱萸) とは、茶色い斑点のある薄黄地の筒状花を咲かせるヤマモガシ目グミ科グミ属の落葉低木です。

ナワシログミ (苗代茱萸、学名:Elaeagnus pungens) グミ科グミ属の常緑低木。
別名 タワラグミ、トキワグミ。 盆栽としてはカングミの名で呼ばれる
秋に花が咲いて、果実は翌年につきます。それが苗代をつくる時期であるためナワシログミと呼ばれています。
 


 Myタグ
2017年10月09日 (月) | 編集 |

隣の公園に キンモクセイ の花が咲いています。

DSC_0721神社公園のキンモクセイの花_400

DSC_0722神社公園のキンモクセイの花Zoom

DSC_0720神社公園のキンモクセイ_400

DSC_0717神社公園のキンモクセイ_400

めも:2017/10/09 SW001SH で撮影

キンモクセイ(金木犀、学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus)はモクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹で、ギンモクセイの変種。
中国南部が原産で江戸時代に渡来した。
中国では正しくは丹桂がこれに当たるが、一般には桂花の名で呼ばれることがある。
しかし桂花は木樨属におけるひとつの種名であり、金桂(ウスギモクセイ)、銀桂(ギンモクセイ)などを含む全ての亜種・変種・品種を総括するものである。
- Wikipedia より
 
 Myタグ 花の色.黄色 
2017年09月27日 (水) | 編集 |
→ 20170915_散歩 シリーズ

 近所の団地の フヨウの花。

DSC_0616フヨウの花_400

花が終わると 種ができています。
DSC_0613フヨウの花後、種_400

DSC_0609フヨウの花と花後、種_400

めも:2017/09/15 SW001SH で撮影

フヨウ (芙蓉、Hibiscus mutabilis) は アオイ科フヨウ属の落葉低木。 

 Myタグ 花の色.桃色 
2017年09月16日 (土) | 編集 |
→ 20170915_散歩 シリーズ

 近所の団地の フサフジウツギ。 (フジウツギ

DSC_0599団地の角のフサフジウツギ(ブッドレア)_400

DSC_0603団地の角のフサフジウツギZoom_400

花は少なくなって、花の落ちた房が、ドラゴンのように伸びています。
DSC_0601団地の角のフサフジウツギ花と花後_400

DSC_0605団地の角のフサフジウツギ(ブッドレア)_400

めも:2017/09/15 SW001SH で撮影

 フジウツギ(藤空木)  学名は、Buddleja davidii ゴマノハグサ科フジウツギ属
 属名から ブッドレア(ブッドレヤ) と呼ばれることが多い。
 数種が園芸用に栽培されており、特によく栽培されるのが フサフジウツギ (ニシキフジウツギ)
 ブッドレアは長い円錐形の花穂が甘く香り、チョウが集まるため、英名では「バタフライブッシュ」と呼ばれています。
 藤色を基本に、白や紫などの花色があり、ほかに葉に斑が入るもの、小型のものなど、数多くの園芸品種があります。
 
・ フジウツギ属 Wikipedia
・ フサフジウツギ(房藤空木) 松江の花図鑑
・ ブッドレアとは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版
 

 Myタグ 花の色.紫 
2017年09月06日 (水) | 編集 |
散歩をしていると 通りに面してムクゲとサルスベリが咲いています。

赤紫の ムクゲ の花。
DSC_0577ムクゲ紫_400

たくさん咲いていますね。
DSC_0576ムクゲ紫の風景_400

その隣は、サルスベリ の花。 真っ赤な花は珍しい!
DSC_0578サルスベリ赤の風景_400

めも:2017/09/05 SW001SH で撮影


 Myタグ 花の色.紫 
2017年09月05日 (火) | 編集 |
このところ 涼しい日が続きます。
今日は晴れたので お昼ごろに散歩へ。

フヨウ の花がきれいですね。

DSC_0571フヨウの花Zoom_500

DSC_0571フヨウのピンクの花_400

花が萎んだものと 蕾
DSC_0575フヨウの花後と蕾_400

大きな葉も 輝いています。
DSC_0575フヨウの花の風景_400

陽ざしがまぶしい!
DSC_0573フヨウの花の風景_400

めも:2017/09/05 SW001SH で撮影


 Myタグ 花の色.桃色