FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2019年08月14日 (水) | 編集 |
暑いですね。 今日は映画「ライオンキング」を見てきました。
帰り道 夕立のあとは、サウナのよう~~~。

爽やかな薄桃色の花が咲いた木が、遠くからも目立っています。

キョウチクトウ です。

DSC_8150キョウチクトウ薄桃色cut_400

DSC_8154キョウチクトウ薄桃色_400

きれいな色ですね。
DSC_8156キョウチクトウ薄桃色_500

ズームで見てみましょう!
DSC_8156キョウチクトウ薄桃色Zoom_400

下の方にも花が咲いています。
DSC_8151キョウチクトウ薄桃色_400

葉の付き方が特徴的で美しい。
DSC_8150キョウチクトウ薄桃色の風景_400

めも:2019/08/13 SW001SH で撮影

キョウチクトウ (夾竹桃、学名: Nerium oleander var. indicum)は、キョウチクトウ科キョウチクトウ属
常緑低木 もしくは 常緑小高木。

同じキョウチクトウの写真
 ⇒ Myブログ:キョウチクトウのピンクの花 2017年08月09日
 ⇒ Myブログ:キョウチクトウの淡桃色の花 2015年08月10日
 
 
 Myタグ 花の色.桃色 
2019年08月04日 (日) | 編集 |

東京国立博物館 (トーハク) の三国志展へ行きました。

東京国立博物館の門を入ると 広々とした庭。左手に表慶館、右手に本館
R0045338トーハクのユリノキ_400

そして シンボルツリーのユリノキ
R0045339トーハクのユリノキ_400

表慶館。 日差しが暑く日傘や帽子の人
木々を見上げることもなさそうです・・・。
R0045340表慶館_400

ピンクと白の サルスベリの木。
R0045341サルスベリの紅白の木_400

サルスベリの木 ピンクの花
R0045341サルスベリの紅の木cut_400

ピンクの花、パ・チ・リ
R0045342サルスベリの花ピンク_400

隣のサルスベリの木 白い花
R0045341サルスベリの白の木_400

白い花 パ・チ・リ。
R0045343サルスベリの花白_400

R0045344サルスベリの花白_400

さぁ、これから 平成館へ


めも:2019/08/01 CX2 で撮影



 Myタグ 花の色.白 花の色.桃色 場所_上野公園 
2019年07月30日 (火) | 編集 |
近所の公園に エンジュ (槐)の木が数本。
真っ白の花を咲かせています。 毎年楽しみ!

エンジュの花満開
R0045306エンジュの花満開_400

花の蕾
R0045309エンジュの花蕾_400

花が開いています
R0045304エンジュの花_400

高いところに咲く小さな花、ズームで見てみましょう!
R0045304エンジュの花CUT_400

花と蕾
R0045303エンジュの花CUT_400

この木は花が咲くのが少し早かったようで 散った花が実に変化しはじめ
R0045300エンジュの花と花後_400

葉も観察
R0045310エンジュの葉_400

地面には、たくさんのエンジュの花が散っています。

1つだけ パ・チ・リ
R0045297エンジュの花が散っている_400

緑の木々に囲まれた 白い花の枝
R0045301エンジュの花満開_400

R0045302エンジュの木_300


めも:2019/07/29 CX2 で撮影


こちらも見てね ⇒ エンジュの花の季節 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

実の写真も見てね
エンジュの実 2011年10月 ⇒ Myブログ:エンジュの実が落ちていたので

エンジュの実

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

公園のエンジュとハリエンジュ 比べてみよう
 ⇒ エンジュ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 ⇒ ハリエンジュ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

紛らわしい!
・ エンジュ  (槐) マメ科  エンジュ属
・ ニセアカシア  ハリエンジュ (針槐) マメ科 ハリエンジュ属
・ アカシア  マメ科 アカシア属の総称
・ ネムノキ    ネムノキ科 (広い意味でマメ科) ネムノキ属
 

 Myタグ 花の色.白 
2019年07月29日 (月) | 編集 |
日比谷公園で 待ちに待った リュウゼツランの花が咲いていると、
Twitterでお知らせがありました。

★ Twitter →  「都立日比谷公園 園長の採れたて情報

リュウゼツランの花は、30~50年に一回だけ咲くんだそうです!
一生に一度ですからね、見逃したくない! (=^▽^=)

7/17に蕾だった リュウゼツラン (アオノリュウゼツラン) 
どんな花が咲いているのか 期待でワクワク

日比谷公園を入ると、スマホ片手に大勢がウロウロ~、何のイベント?
と、そんなことはどうでもいい。 ペリカン噴水へ一目散。 o(*'o'*)o

DSC_7985_0729リュウゼツランの花の風景_400
めも:2019/07/29 SW001SH で撮影


ここにもカメラを構える人がいますが、みなさん珍しい花を見て 嬉しそう。
R0045283日比谷公園のアオノリュウゼツランの風景_400

日比谷公園らしい高層ビルとのツーショット。今は 7m近い高さです。
R0045287日比谷公園のアオノリュウゼツランの風景_400

てっぺんはまだつぼみ
R0045289日比谷公園のアオノリュウゼツランの花と蕾_400

下から順に咲くのだそう。
R0045289日比谷公園のアオノリュウゼツランの花と蕾CUT_400

見る角度を変えて見上げます。
R0045295日比谷公園のアオノリュウゼツランの花_400

開いた花からシベが飛び出しています。
R0045290日比谷公園のアオノリュウゼツランの花_400

ズームで見てみましょう!
R0045290日比谷公園のアオノリュウゼツランの花Zoom_500

アオノリュウゼツランの花に虫が飛ぶ
R0045286日比谷公園のアオノリュウゼツランの花に虫が飛ぶ_400

その下は、花が終わったようで茶色っぽくなっています。
R0045296日比谷公園のアオノリュウゼツランの花後_400

リュウゼツランの根元
R0045293日比谷公園のアオノリュウゼツランの根元CUT_400

ペリカン噴水と、リュウゼツランの根元
R0045293日比谷公園のアオノリュウゼツランの根元とペリカン噴水_400

日比谷公園のアオノリュウゼツランの説明
R0045294日比谷公園のアオノリュウゼツランの説明_500

めも:2019/07/29 CX2 で撮影


7/17の様子
 ⇒ Myブログ:7/17 リュウゼツランの蕾とペリカン噴水:日比谷公園
 
「リュウゼツラン」は、クサスギカズラ科 (または アスパラガス科、キジカクシ科)
アオノリュウゼツラン → Wikipedia
 

 Myタグ 場所_日比谷公園 珍しい植物 
2019年07月26日 (金) | 編集 |
20190718_散歩 シリーズ

公園の入口に びっくりするくらい大きな アジサイ が咲いています。

大きなガクアジサイ
DSC_7875公園登り口 大アジサイの花_500

DSC_7877公園登り口 大アジサイの花_400

両性花
DSC_7878公園登り口 大アジサイの花両性花_500

ズームで見てみましょう!
DSC_7878公園登り口 大アジサイの花両性花Zoom_400


西洋アジサイも 大きい!
DSC_7880公園登り口 大アジサイの花_400

めも:2019/07/18 SW001SH で撮影

 

 Myタグ
2019年07月19日 (金) | 編集 |


2019年7月29日 その後の 花はこちら
 ⇒ Myブログ:7/29 リュウゼツランが咲いています。ペリカン噴水:日比谷公園

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2019年7月17日
日比谷公園のペリカン噴水を見ると そばに奇妙なものが o(*'o'*)o
DSC_7806_0717_リュウゼツランの蕾:日比谷公園_300

花が咲いているのか? 蕾? 花後?
DSC_7807_0717_リュウゼツランの蕾:日比谷公園_400

下の方を見ると リュウゼツラン
DSC_7805ペリカン噴水とハーバリウムとリュウゼツラン_400

ペリカン噴水の風景は行くたびに写真を撮っています。
といっても 写すのは この範囲くらいかな。 (^o^ゞ;
DSC_7804ペリカン噴水の風景_400

リュウゼツランの説明が サービスセンターに貼ってあります。
DSC_7810ペリカン噴水のリュウゼツラン案内_400

めも:2019/07/17 SW001SH で撮影

思い切って、スタッフの方にお聞きしたところ、これは蕾だそうです。
「いつ頃咲んですか?」  「わかりません・・・。」
スタッフ(職員)の誰も 見たことがないので わからないとのこと。 涙;;
30~50年に一回なら、絶対見たい! ですよね。
そんなにしょっちゅう日比谷公園までは行けないし~ と探したら、 Twitter に最新情報があります。

どうやら そろそろ咲きそうですよ!
★ Twitter →  「都立日比谷公園 園長の採れたて情報」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

じつは、 そんな珍しいものとは知らず、「深川ギャザリア」で 偶然 花を見たことがあるんです。
2015年05月05日 深川ギャザリアで ⇒ Myブログ:アオノリュウゼツランの花

アオノリュウゼツランの花
 
アオノリュウゼツランは花が咲いたあと枯れるそうです。
「深川ギャザリア」には その後 数回行きましたが、どこにあったのかはわかりませんでした。
  ⇒ Myブログ:深川ギャザリア
 

 Myタグ 場所_日比谷公園 
2019年07月15日 (月) | 編集 |
20190711_散歩 シリーズ
7/11 近所散歩
今年注目の木、モッコクの木
蕾はだいぶ前から あちこちで見るんですけど、
なかなかきれいに花が開かない・・・。待ちくたびれ (^o^ゞ;

やっと交差点のモッコクの花が開きました。

モッコクの花
DSC_7705_交差点のモッコクの花_400

白い小さな花は 黄色いシベが溢れそう。
DSC_7705_0710バス通りの交差点のモッコクの花1輪_400

左は、蕾と 茶色くなった花後
DSC_7705_0710バス通りの交差点のモッコクの花と蕾と花後_400

こんな生け垣で花を探すのは 大変
DSC_7706_0710バス通りの交差点のモッコク_400

できれば、木全体が真っ白になるくらい咲いてほしい。 \(^o^)/

めも:2019/07/11 SW001SH で撮影


先に咲いた遊歩道の花 ⇒ Myブログ:6/11 モッコクの蕾、6/21花が咲いた

モッコク (木斛、学名:Ternstroemia gymnanthera)は、モッコク科の常緑高木。
江戸五木の一つ。 モチノキやマツと並び 「庭木の王」 と称される。

参考 
・ モッコク(木斛) - 庭木図鑑 植木ペディア
・ 庭木の王様!三大庭木&江戸五木! 木斛(モッコク)の胴吹き枝
 

 Myタグ 花の色.白 
2019年07月14日 (日) | 編集 |
20190711_散歩 シリーズ

散歩の途中で 華やかなオレンジ色が目に入りました。

ノウゼンカズラ の花です。
ノウゼンカズラは、小さめのピンクや赤の花もありますけど、
オレンジ色で大きく伸びやかに咲く この花が一番好き!

DSC_7712_0710ノウゼンカズラの花

足元の花壇には、たくさんの花が咲いています。
DSC_7708_団地のノウゼンカズラの花の風景_400

ショッキングピンクの 百合(ユリ)の花
DSC_7709_団地のユリの花 ショッキングピンク_400

ピンクの花弁にオレンジのシベの取り合わせは 派手過ぎ~ o(*'o'*)o
DSC_7710-1_団地のユリの花 ショッキングピンク_400

めも:2019/07/11 SW001SH で撮影


ノウゼンカズラ (凌霄花) ノウゼンカズラ科


 Myタグ 百合(ユリ) 
2019年07月11日 (木) | 編集 |
フサフジウツギ (ニシキフジウツギ) フジウツギ

以前は地植えで大きな木だったのが、鉢植えになっています。

DSC_7747フサフジウツギの鉢植え_400

DSC_7746フサフジウツギの花_400

横に伸びた花の房
DSC_7748フサフジウツギの花_500

垂れた花の房
DSC_7749フサフジウツギの花Zoom_400

小さな花が集まって 房になっています。

DSC_7749フサフジウツギの花CUTZoom_400

めも:2019/07/11 SW001SH で撮影


こちらも見てね ⇒ フジウツギ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 フジウツギ(藤空木)  学名は、Buddleja davidii ゴマノハグサ科フジウツギ属
 属名から ブッドレア(ブッドレヤ) と呼ばれることが多い。
 数種が園芸用に栽培されており、特によく栽培されるのが フサフジウツギ (ニシキフジウツギ)
 ブッドレアは長い円錐形の花穂が甘く香り、チョウが集まるため、英名では「バタフライブッシュ」と呼ばれています。
 藤色を基本に、白や紫などの花色があり、ほかに葉に斑が入るもの、小型のものなど、数多くの園芸品種があります。
 
・ フジウツギ属 Wikipedia
・ フサフジウツギ(房藤空木) 松江の花図鑑
・ ブッドレアとは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版
 

 Myタグ 花の色.紫 
2019年07月11日 (木) | 編集 |
7/9 近所の庭で 梅の木の剪定をする というので撮影に行きました。

花も実もない 梅の木よりこっちに 見とれます。 o(*'o'*)o

見上げるような キダチチョウセンアサガオ

迫力すら感じます。

R0045064キダチチョウセンアサガオ_400

エンジェルトランペット の 名の通りです
R0045064キダチチョウセンアサガオcut_400

少し近づいて、下の方から見上げましょう
R0045065キダチチョウセンアサガオ_400

光に透けるような葉っぱもきれい!
R0045065キダチチョウセンアサガオcut_400

めも:2019/07/09 CX2 で撮影


7/11 近所を散歩 またキダチチョウセンアサガオが咲いています。

これは、花のない季節に なんの葉かしら? って首を傾げたもの。
派手な花が咲き、ついに キダチチョウセンアサガオとわかりました。。

DSC_7744郵便局のキダチチョウセンアサガオ_400

DSC_7740郵便局のキダチチョウセンアサガオ_400

めも:2019/07/11 SW001SH で撮影


キダチチョウセンアサガオ ナス科 キダチチョウセンアサガオ属 (Brugmansia) 低木または高木である。
学名のカタカナ表記で、ブルグマンシア属と呼ぶこともある。
また、園芸名で エンジェルストランペット、エンジェルトランペット (Angel's Trumpet) と呼ばれることが多い。
春から秋にかけて、下向きに垂れ下がった花をつける。
 
こちらも見てね
 ⇒ キダチチョウセンアサガオ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 

 Myタグ 花の色.黄色