FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2020年09月26日 (土) | 編集 |
20200921_散歩 シリーズ

ヌスビトハギ が咲いているんじゃないかと、川べりに行きました。

見つけたのは、ほんの一箇所だけ。 ごちゃごちゃと生えています。

数年ぶりだったので、「アレチヌスビトハギ」のことはすっかり忘れていて、大雑把に写しただけ。
写真を整理しているときに 過去の記事を見て、「ヌスビトハギ」との違いを思い出しました。 
実がくびれていない(普通の豆のさやっぽい)のが、「アレチヌスビトハギ」です。
花や葉もそれぞれ特徴があります。


花と実
IMG_4474_0921アレチヌスビトハギの花と実_400

実が あまり深くくびれていないので、「アレチヌスビトハギ」
IMG_4473_0921アレチヌスビトハギの花と実_400

IMG_4472_0921アレチヌスビトハギの実_400

葉は3出複葉で、小葉はほっそり。 
IMG_4472_0921アレチヌスビトハギの花と葉_400

花はたくさん咲いていたので、もう少しズームで撮ってくればよかった・・・。
IMG_4471_0921アレチヌスビトハギの花と実_400

エノコログサと
IMG_4479_0921アレチヌスビトハギとエノコログサ_400

めも:2020/09/21 PowerShot SX730 HS で撮影

もっときれいな花を撮りたかったけれど、地面がぬかるんで足場が悪く 近づけなかった。
晴れの日が続いたら、また見に行きます!(*^_^*)♪

アレチヌスビトハギ Desmodium paniculatum マメ科 ヌスビトハギ属
ヌスビトハギ (盗人萩) Desmodium podocarpum subsp. oxyphyllum マメ科 ヌスビトハギ属
 
参考
・ 野草園アレチヌスビトハギ - 舎人公園野草園
・ ヌスビトハギに似た仲間 ~ 松江の花図鑑
・ ヌスビトハギ|アレチヌスビトハギ|フジカンゾウ - BIGLOBE

 Myタグ 場所_散歩.A川原 メモ.紛らわしい 実.緑 
2020年09月25日 (金) | 編集 |
20200921_散歩 シリーズ


公園の植え込みから顔をのぞかせている黄色い花。
知ってるような知らないような・・・。

ホソバウンラン の花だと思います。

IMG_4424_0921ホソバウンランの花CUT_400

IMG_4425_0921ホソバウンランの花と葉_400

IMG_4424_0921ホソバウンランの花_400

めも:2020/09/21 PowerShot SX730 HS で撮影

 
ホソバウンラン(細葉海蘭) リナリア・ブルガリス:Linaria vulgaris:
ゴマノハグサ科ウンラン属 または、オオバコ科ウンラン属

ユーラシア大陸原産で明治~大正時代に観賞用・薬用植物として持ち込まれた帰化植物です。
日本の気候にも合っていて比較的丈夫なため各地で道ばたなどに野生化しています。
在来種のウンランに比べ、葉が細いのでこの名が付けられた。


花壇やMyガーデンに植えていた「リナリア(ヒメキンギョソウ)」 に似てるので、初めて見た気がしなかったのかも。

ホソバウンランの写真を載せるのは初めてだけど、リナリア なら 数回載せています。
その中には、ホソバウンラン かもしれないのもあります。
 ⇒ Myブログ:リナリア

またキンギョソウの仲間として載せているのも、ホソバウンラン かもしれないです。
 ⇒ Myブログ:キンギョソウ


こちらもみてね。 ⇒ リナリア ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 

 Myタグ 花の色.黄色 はじめて!.花 場所_散歩.S公園 メモ.紛らわしい 
2020年09月25日 (金) | 編集 |
20200921_散歩 シリーズ


久しぶりで オオオナモミ を見つけました。

オオオナモミの実と葉
IMG_4476_0921オオオナモミの実と葉_400

IMG_4475_0921オオオナモミの実_400

もう少しズームで見てみましょう!
ひっつき虫(ひっつきむし)ですから 帰りはご注意。(^o^ゞ;
IMG_4475_0921オオオナモミの実Zoom_400

こんな光景も! ヒメジョオンの花とオオオナモミの実
IMG_4478_0921ヒメジョオンの花とオオオナモミの実_400

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

こっちはおなじみの ヘクソカズラ の実
IMG_4497_0921ヘクソカズラの実Zoom_400

IMG_4497_0921ヘクソカズラの実と葉_400

IMG_4495_0921ヘクソカズラの実と葉_400

めも:2020/09/21 PowerShot SX730 HS で撮影

 
オオオナモミ(大葈耳、学名:Xanthium occidentale)はキク科オナモミ属の一年草

ヘクソカズラ (屁糞葛、学名: Paederia scandens) アカネ科ヘクソカズラ属の蔓性多年草
別名ヤイトバナ、サオトメバナ。


 Myタグ 場所_散歩.A川原 実.緑 ひっつき虫 
2020年09月24日 (木) | 編集 |
20200921_散歩 シリーズ


川べりに秋の野草を探しに行きました。 
最初に見つけたのは、ツルマメの小さな花。
久しぶりだから 嬉しくって写真を撮っていたら、なんと河原の草地を占拠するようにはびこっていました。

小さな花は かわいい。
IMG_4456_0921ツルマメの花Zoom_400

IMG_4447_0921ツルマメの花Zoom_400

IMG_4436_0921ツルマメの花と葉_400

花と葉
IMG_4455_0921ツルマメの花と葉_400

すっかり ツルマメに覆い尽くされている。
IMG_4485_0921ツルマメがはびこる_400


おまけ。 葉っぱに小さなバッタを見つけました。
トノサマバッタの幼虫かもしれませんね。
IMG_4487_0921ツルマメにバッタ_400

めも:2020/09/21 PowerShot SX730 HS で撮影

 
ツルマメ(学名:Glycine soja)は、マメ科ダイズ属の一年草で、つる植物である。
別名、ノマメともよばれる。ダイズの原種とされる。
 

 Myタグ 場所_散歩.A川原 花の色.紫 
2020年09月24日 (木) | 編集 |
20200921_散歩 シリーズ


9/21 秋の七草 「葛」の花が咲いていないかと探しながら歩いていると、
一面に生えているのは、アレチウリ

薄緑色の花。 よく見るときれい。 足場が悪くてこれ以上は写せない。
IMG_4458_0921アレチウリの花_400

葉っぱはこんなです。 割と大きい。
IMG_4460_0921アレチウリの花と葉_400

見渡す限りアレチウリ、完全に地面を占拠しています。
IMG_4459_0921アレチウリが一面に広がる_400

その中に やっとひとつ クズの花を見つけました。
IMG_4463_0921アレチウリとクズの花_400

めも:2020/09/21 PowerShot SX730 HS で撮影

 
アレチウリ (荒れ地瓜、Sicyos angulatus)は ウリ科の大型のツル植物で1年生草本。
参考
・ アレチウリ(荒地瓜) 松江の花図鑑
・ 特定外来生物の解説 アレチウリ 


[READ MORE...]  Myタグ 場所_散歩.A川原 
2020年09月23日 (水) | 編集 |
20200921_散歩 シリーズ

川べりの空き地にどこにでも生えていそうだけれど、
今の所 ここら数カ所でしか見たことがない イタドリ の花

IMG_4507_0921イタドリ_400

IMG_4511_0921イタドリの花と葉_400

IMG_4509_0921イタドリの花_400

IMG_4510_0921イタドリの花_400

近づくことができない場所で、色んなものに混ざって 生えています。
IMG_4505_0921イタドリ_400

めも:2020/09/21 PowerShot SX730 HS で撮影

イタドリ (虎杖、痛取、Fallopia japonica) タデ科の多年生植物。 雌雄異株。
別名は、スカンポ、イタンポ、ドングイ、スッポン、ゴンパチ、エッタン
 
参考
・ イタドリ(虎杖) - 庭木図鑑 植木ペディア

 Myタグ 場所_散歩.A川原 花の色.白 
2020年09月22日 (火) | 編集 |
20200921_散歩 シリーズ


9/21 黄色の花?実?

川べりの道路脇に生えていた草、何でしょう?

平家蟹さんから、ブタクサの仲間じゃないかと コメントを頂きました。 ありがとうございます。
Googleレンズでも、「ブタクサ属」は候補の一つ。

以前に撮った「ブタクサ」の写真とは だいぶ様子が違います。
 ⇒ Myブログ:8/8 ブタクサ、初めて

追加の写真を撮ってくるつもりですが、またなにか情報があれば教えてください!


IMG_4446_0921何?花?実?_400

IMG_4446_0921何?花?実?Zoom_500

IMG_4441_0921何?花?実?_400

IMG_4440_0921何?花?実?_400

IMG_4439_0921何?花?実?_400


めも:2020/09/21 PowerShot SX730 HS で撮影

 

 Myタグ 場所_散歩.A川原 はじめて!.花 これは何??_花 
2020年09月17日 (木) | 編集 |
20200911_散歩 シリーズ

菖蒲園に生えている草たち。
白い花びらが半分だけのような形。
見覚えがあります。 ミゾカクシ

IMG_3901_0911ミゾカクシの花_400

ズームで見てみましょう!
IMG_3901_0911ミゾカクシの花Zoom_400

こんなところに、わりとたくさん萎えていました。
IMG_3899_0911菖蒲園の風景_400

IMG_3909_0911菖蒲園の何?花後の風景_400

河童(カッパ)くん。
IMG_3920河童(カッパ)の風景_400

めも:2020/09/11 PowerShot SX730 HS で撮影


ミゾカクシ (溝隠、Lobelia chinensis) キキョウ科ミゾカクシ属
和名は、溝を隠すほど茂ることから付けられた。
また、田の畦に筵を敷いたように生える様子からアゼムシロともいう。

参考
・ ミゾカクシ(溝隠) ~ 松江の花図鑑

 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.S公園 
2020年09月15日 (火) | 編集 |
20200911_散歩 シリーズ


田んぼの脇に生えた草は、 ジュズダマ

IMG_3891_0911ジュズダマの花と実_400

IMG_3890_0911ジュズダマの花と実_400

IMG_3891_0911ジュズダマの花と実CUT_400

うっかりすると見過ごしそう。
IMG_3888_0911ジュズダマの花と実の風景_400

めも:2020/09/11 PowerShot SX730 HS で撮影

ジュズダマ 学名は、Coix lacryma-jobi イネ科ジュズダマ属

参考
・ ジュズダマ(数珠玉) ~ 松江の花図鑑
 

 Myタグ 場所_散歩.S公園 
2020年09月14日 (月) | 編集 |
20200911_散歩 シリーズ


菖蒲園には、タカサブロウ の花。

花と実をセットで見て初めて タカサブロウとわかります。
IMG_3914_0911タカサブロウの実_400

キク科の小さな花です。
IMG_3914_0911タカサブロウの花Zoom_400

まだ緑の実
IMG_3913_0911タカサブロウの花 菖蒲園_400

こんなふうに生えています。
IMG_3904_0911タカサブロウの花 菖蒲園_400

地面が見えないほど。
IMG_3912_0911タカサブロウの花 菖蒲園_400

菖蒲園はいろんな野草が、覆い尽くしています。
IMG_3899_0911菖蒲園の風景_400

めも:2020/09/11 PowerShot SX730 HS で撮影

 
タカサブロウ (高三郎) 学名: Eclipta thermalis キク科 タカサブロウ属

参考
・ タカサブロウ - 松江の花図鑑
 

 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.S公園