FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2018年08月31日 (金) | 編集 |
→ 20180829_千葉 シリーズ

ニッケコルトンプラザの花壇

一面緑の中に はっとするような 赤紫の茎がすくっと!

ヨウシュヤマゴボウ です。
R0037992ヨウシュヤマゴボウの風景_300

鮮やかです。
R0037992ヨウシュヤマゴボウ_400

実の色が 緑からワイン色に変わりつつあります。
左端は 花の蕾でしょうか。
R0037993ヨウシュヤマゴボウの実_500

R0037994ヨウシュヤマゴボウの実_400

めも:2018/08/29 CX2 で撮影

ヨウシュヤマゴボウ (洋種山牛蒡、学名: Phytolacca americana) は、ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草。
別名は、アメリカヤマゴボウ。
 果序が垂れ下がる。 果実をつぶすと紅紫色の汁がでる。

似た仲間
・ マルミノヤマゴボウ (丸実の山牛蒡) 学名は、Phytolacca japonica ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属
 分果とならず、果期にも果穂が下に垂れない。

・ ヤマゴボウ  →  FILE63  ヤマゴボウ 「カネゴン先生の植物教室」
ヤマゴボウ科の多年草。 
日本全土,東アジアの温帯に分布し,人家付近にはえる。根は肥大し,円柱形。茎は太く,直立し,高さ1m内外となり,大型で楕円形の葉を互生する。
6〜8月茎頂に長さ5〜12cmの総状花序が直立する。
花は白色で径約8mm,花弁はなく,萼片(がくへん)は5枚。
果実は扁球形の液果で黒紫色に熟し,果穂も直立する。果汁は紫色。
 →  ヤマゴボウ 栄養・生化学辞典の解説

ご注意: 上記3種とも 毒があるので 食べられません!

変なブログをみつけました。!!(>д<)ノ
・ 有毒なヨウシュヤマゴボウを上から下まで食べ尽くしてみる (真似しないでください案件)

「ヤマゴボウ漬け」として販売されているのは、
 キク科の「モリアザミ」の根の漬物で、本種とは全く別の植物です。
当然ながら 花は、アザミの花です!
モリアザミ  もりあざみ(森薊) キク科 分類:草 学名:Cirsium dipsacolepis
別名・別読み: ゴボウアザミ
 → 四季の山野草 (モリアザミ) 

・ 漬物の山ごぼうとヨウシュヤマゴボウ(東京都薬用植物園)
・ 自然毒のリスクプロファイル:高等植物:ヨウシュヤマゴボウ 厚生労働省
 

 Myタグ 場所_千葉 
2018年08月27日 (月) | 編集 |
 → 20180822_日比谷公園 シリーズ

園内では、ノシラン の白い花が、あちらこちらで咲いています。

DSC_3613ノシラン:日比谷公園_400

DSC_3613ノシランの花と葉_400

DSC_3614ノシラン:日比谷公園_400

めも:2018/08/22 SW001SH で撮影

ノシラン. 学 名. Ophiopogon jaburan Lodd. 科 名. クサスギカズラ Asparagaceae.  
 

 Myタグ 花の色.白 場所_日比谷公園 
2018年08月15日 (水) | 編集 |
8/15 国立近代美術館 へ行く途中・・・、
竹橋を渡りながら 何気に水面をみたら、びっくり。
水は見えず びっしり 水草が生えています。

これって何?
こんなに茂って いいことなの?

R0037572竹橋_400

ずっと向こうまで、緑の絨毯 o(*'o'*)o
R0037573竹橋と水草_400

橋の欄干から 覗いてみます。
R0037575竹橋の水草_400

いったい何でしょう? 

『皇居 竹橋 水草』 でGoogle画像検索したら、似た葉をみつけました。

ヒシ(菱)のようです。 ということは・・・菱形の葉。 (*^_^*)♪
R0037574竹橋の水草CUT_400

写真をよく見ると 左上の方に 白い点が写っています。
R0037574竹橋の水草_400

ズームで見てみましょう!
ヒシの花は白いそうですから どうやら花のようです!
R0037574竹橋の水草白いのは花?_400

花の見ごろは7月~10月 なので もう一度見に行きます! (*^_^*)♪

めも:2018/08/15 CX2 で撮影

ヒシ(菱 、学名:Trapa japonica)は、ミソハギ科 (クロンキスト体系ではヒシ科) ヒシ属の一年草の水草。
池沼に生え、葉が水面に浮く浮葉植物。種子は食用にされる。
夏から秋の7 - 10月にかけて、葉のわきから伸びた花柄が水面に顔を出して、花径約1cmの白い花が咲く。

そうそう 万葉集にも詠まれています、 昔から日本人になじみのある植物なんですね。
1年生の水草。水面にひし形の葉を浮かべ、白い小さな花を咲かせます。
ヒシの実は、甘味の少ない栗に似た味で、食用にされました。

『君がため 浮沼の池の 菱採ると わが染めし袖 濡れにけるかも』 柿本人麿歌集(巻7-1249)

大意:あなたのために池のヒシの実を採ろうとして、着物の袖を濡らしてしまいました。

・ 菱 (ひし) 写真集 2 (花、実) 「季節の花 300」
・ ヒシ Wikipedia
・ ヒシ 超水草図鑑

皇居のお濠や竹橋付近のことを調べました。
・ 皇居のお濠改善プロジェクト始動 生態系の再生目指して (文化 - 2018年5月29日)
・ 「お濠の名前をおぼえる」 ~ 無限ひとり遊び 2016年7月26日 (火)
・ 皇居外苑ニュース > 環境保全の取り組み

水草の種類
・ 今日もガサガサ日和 vol.17 〜水草の森

こちらも見てね。 今日行った美術館です。
 ⇒ 国立近代美術館へ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ 「金剛宗家の能面と能装束」三井記念美術館に行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 

 Myタグ 水草 はじめて!.花 花の色.白 和歌 
2018年07月15日 (日) | 編集 |
→ 20180710_散歩 シリーズ

団地の花壇や道端に咲く ランタナ
可愛いんだけど 近寄ると棘が !!(>д<)ノ 
それに すぐはびこるので ご用心

道路の隅の隙間から 出現
R0036981ランタナのオレンジ色の花_400

オレンジの花
R0036981ランタナのオレンジ色の花CUT_400

R0036982ランタナのオレンジ色の花_400

ピンクの花
R0036983ランタナのピンク色の花_400

ズームで見てみましょう!
R0036983ランタナのピンク色の花Zoom_400

めも:2018/07/10 CX2 で撮影

ランタナ(Lantana、学名:Lantana camara)はクマツヅラ科の常緑小低木。 

こちらも見てね
 ⇒ ランタナ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」 

 Myタグ
2018年07月13日 (金) | 編集 |
→ 20180710_散歩 シリーズ

道端のの花 ゼニアオイ

R0036969ゼニアオイの花Zoom_400

R0036969ゼニアオイの花_400

R0036967ゼニアオイ_400

めも:2018/07/10 CX2 で撮影

ゼニアオイ (銭葵) アオイ科

よく似た花に ウスベニアオイ があるそうです。
 → ウスベニアオイとゼニアオイの違い
 

 Myタグ 花の色.桃色 
2018年07月10日 (火) | 編集 |
→ 20180710_散歩 シリーズ

道端に咲く花
今年初めての オシロイバナ

R0036965オシロイバナZoom_400

R0036965オシロイバナ_400

R0036964オシロイバナ_400

めも:2018/07/10 CX2 で撮影

オシロイバナ(白粉花、学名:Mirabilis jalapa) オシロイバナ科

⇒ オシロイバナ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 
 
 Myタグ 花の色.桃色 
2018年06月23日 (土) | 編集 |
新木場で 大勢で講座の会場へ歩く途中、
ハマユウ の花をみつけました。

この前 アフリカハマユウを見た時に
ハマユウを見たいな! と思っていたので、ラッキー。

列から遅れそうになりつつも、写真を撮りましたよ。

彼岸花のような 細い花ビラ

DSC_2976ハマユウの花Zoom_500

ズームで見てみましょう!
DSC_2976-1ハマユウの花ZoomCUT_500

花の付き方、葉の様子も観察します。
DSC_2970ハマユウの花_500

白い花とピンクの花
DSC_2971ハマユウの花_400

歩道に沿って植えられています。
DSC_2974-1ハマユウの花壇_400

待ってくださ~い。 (*^_^*)♪
DSC_2974講座横井酢工場見学へ_400

めも:2018/06/21 SW001SH で撮影

この後行ったのはこちらの講座です。
 ⇒ 砂町のイッピン: 横井醸造工業 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

ハマユウ (浜木綿、学名: Crinum asiaticum) 
 ヒガンバナ科 ハマオモト属  (クロンキスト体系ではユリ科) ~彼岸花のような細長い花。 

アフリカハマユウ(インドハマユウ)  Crinum bulbispermum 
 ヒガンバナ科 ハマオモト属 ~  ユリのようなラッパ状の花。

 

 Myタグ 花の色.白 
2018年06月09日 (土) | 編集 |
夕方遅めに公園に行きました。

DSC_0174ネジバナの咲く苔むす公園_400

ネジバナ が咲いています。

DSC_0166ネジバナの咲く苔むす公園_400

DSC_0174ネジバナの花と全体_300

DSC_0171三角公園のネジバナZoom_400

めも:2018/06/09 Nikon D3200 で撮影


Myガーデンのネジバナも見てね。 ⇒ ネジバナ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

ネジバナ (捩花、学名:Spiranthes sinensis var. amoena)は、ラン科ネジバナ属の小型の多年草。
別名:モジズリ (綟摺)
 
『モジズリ』 といえば、有名な和歌がありますね。 (小倉百人一首)
「みちのくの しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし 我ならなくに」 河原左大臣 源融(とおる)
参考 
 6月:2.和歌「みちのくの 忍ぶもぢずり 誰ゆえに・・・」はネジバナ(別名モジズリ)ではない? ~ 多摩の緑爺の植物文化誌
 
もう1首、万葉集に古歌があると教えてもらいました。
万葉集の歌(詠み人しらず)に、「芝付の 御宇良﨑なる ねっこ草 逢い見ずあらば 吾恋いめやも」
現代語訳では、「逢うことがなかったならば、私はこのように恋に苦しむことは無かっただろうに」
ここの「ねっこ草」は、ネジリバナ または オキナグサ
参考
 たのしい万葉集: ねっこ草を詠んだ歌 - AIRnet

万葉集と植物、興味が出てきました!
・ 万葉集の草花
・ 万葉の植物
・ 薬草に親しむ-万葉集の植物
 
読んだ本の紹介です





恋する万葉植物
伊東 ひとみ
光村推古書院 ( 2010-05 )
ISBN: 9784838199778

 
原色 小倉百人一首 (シグマベスト)
鈴木 日出男, 山口 慎一, 依田 泰
文英堂 ( 2014-12-03 )
ISBN: 9784578245032

 

 Myタグ 花の色.桃色 和歌 
2018年06月03日 (日) | 編集 |
ガマの池に、ハンゲショウ が咲いています!
 ってお知らせが貼り出されています。

池の周りをぐるっと回ると、 すてきな光景が目に飛び込んできました。

DSC_2728_0603仙台掘川公園釜の池のハンゲショウの花_400

目に染みる白
DSC_2730_0603仙台掘川公園釜の池のハンゲショウの花_500

DSC_27320603仙台掘川公園釜の池のハンゲショウの花_400

めも:2018/06/03 SW001SH で撮影

ハンゲショウ (半夏生、半化粧、学名 Saururus chinensis)  ドクダミ科 
別名をカタシログサ(片白草) 
 

 Myタグ 花の色.白 
2017年08月22日 (火) | 編集 |
→ 20170820_散歩 シリーズ

夕方といっても まだ4時、
わざわざ暑いのに 野草観察に来たのだから、
なにか珍しいものをみつけたい! そう思って歩いていたら

ありました! ミヤコグサ の黄色い花。
 
すてきな黄色ですね。
R0030117ミヤコグサの花と葉_400

R0030116ミヤコグサの花Zoom_400

R0030118ミヤコグサの花Zoom_400

R0030114ミヤコグサ_400

ここだけに 地面を覆うように咲いているんですよ。
R0030113ミヤコグサの風景_400

めも:2017/08/20 CX2 で撮影

ミヤコグサ (マメ科) Lotus corniculatus var. japonicus

参考 ・ ミヤコグサとセイヨウミヤコグサ ~ 松江の花図鑑


 Myタグ 花の色.黄色