散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2016年07月25日 (月) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

ひょろっと伸びた タケニグサ
R0021138タケニグサ_240

R0021137タケニグサ花_400

R0021140タケニグサ名札_400

めも:2016/07/02 CX2 で撮影

タケニグサ(竹似草、学名Macleaya cordata)はケシ科の多年草。

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

こちらも見てね。
附属自然教育園へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」


附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ

 Myタグ 花の色.白 場所_附属自然教育園 
2016年07月24日 (日) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

オオバギボウシ の 花が咲いています。

無造作な感じですねぇ ~ 。(*^_^*)♪

R0021172オオバギボウシ_400

R0021172オオバギボウシCUT_400

R0021173オオバギボウシ_400

R0021173オオバギボウシの花_400

R0021171オオバギボウシの風景_400

めも:2016/07/02 CX2 で撮影

オオバギボウシ (大葉擬宝珠、学名:Hosta sieboldiana)はリュウゼツラン亜科ギボウシ属の多年草。
別名:トウギボウシ、ハヤザキオオバギボウシ、ウノハナギボウシ、ウツリギボウシ、アツバギボウシ。

オオバギボウシの若葉はウルイと呼ばれ、山菜として賞味されます。
スーパーで買って食べたことがあります。 (*^_^*)♪
2013年5月15日 うるいの料理 ~ Myブログ「川と緑のある景色」

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

こちらも見てね。
附属自然教育園へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」


附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ

 Myタグ 場所_附属自然教育園 花の色.紫 
2016年07月23日 (土) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

附属自然教育園 水生植物園で ハンゲショウを見つけました。

ハンゲショウ

R0021101ハンゲショウ花と名札_400

花期に葉が白くなるんです。
R0021130ハンゲショウ花と白い葉_400

花を、ズームで見てみましょう!
R0021118ハンゲショウの花_500

R0021102ハンゲショウの花_400

ビューポイント 「小川と湿地」は、一面の ハンゲショウです。
R0021126ビューポイント小川と湿地_400

めも:2016/07/02 CX2 で撮影

ハンゲショウ (半夏生、半化粧、学名 Saururus chinensis)  ドクダミ科 別名をカタシログサ(片白草)

毎年7月2日は、暦の雑節の 「半夏生(はんげしょう)」です。
ハンゲショウ(カタシログサ)の葉が、名前の通り半分白くなって化粧しているようになる頃。

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ

 Myタグ 場所_附属自然教育園 
2016年07月22日 (金) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

附属自然教育園を歩いていると、変な形をしたもの めっけ!

オニスゲ の実? 花穂? 果胞? 果嚢? 小穂?

R0021115オニスゲ_400

R0021116オニスゲ_400

R0021115オニスゲの実_500

R0021114オニスゲ名札_400

めも:2016/07/02 CX2 で撮影

オニスゲ おにすげ(鬼萓) カヤツリグサ科 分類:草 学名:Carex dickinsii.

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

こちらも見てね。
附属自然教育園へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」


附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ

 Myタグ 場所_附属自然教育園 はじめて!.実 
2016年07月21日 (木) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

今時 割とよく見かける ヤブミョウガ の花

R0021202ヤブミョウガ_400

R0021204ヤブミョウガの花_400

めも:2016/07/02 CX2 で撮影

ヤブミョウガ (薮茗荷、学名 Pollia japonica) ツユクサ科 ヤブミョウガ属

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ

 Myタグ 場所_附属自然教育園 花の色.白 花の色.紫 
2016年07月21日 (木) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

附属自然教育園に、囲いが作られている場所があります。

サガミラン と名札があるのですが・・・うっかり通り過ぎそう。
R0021187サガミラン囲い名札_400

よく見ると、花らしきもの。 o(*'o'*)o

R0021191サガミラン_240

何がどうなっているのか~。 これからもっと開く? それとも終わりかけ?

R0021190サガミランの花_400

めも:2016/07/02 CX2 で撮影

サガミラン (相模蘭 学名:Cymbidium nipponicum forma sagamiense ) ラン科シュンラン属
同属のマヤランの白花で、常緑林内に生える腐生植物。

サガミラン、ネットで検索すると もっと綺麗な花でした。
 ・ 四季の山野草 (サガミラン)
 ・ サガミラン

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ

 Myタグ 場所_附属自然教育園 はじめて!.花 花の色.白 
2016年07月20日 (水) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

トモエソウの花が終わって、実がなっています。

R0021106トモエソウの実_400

R0021106トモエソウ_400

R0021105トモエソウ名札_400

めも:2016/07/02 CX2 で撮影

花は、2014年06月17日に、同じ 附属自然教育園 で見ています。
 ⇒ Myブログ:トモエソウの巴形の黄色の花

トモエソウ(巴草、学名:Hypericum ascyron)は、オトギリソウ科オトギリソウ属 の多年草。

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ

 Myタグ 場所_附属自然教育園 
2016年07月20日 (水) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

附属自然教育園 の森を歩いていると 池があります。

アサザ が咲いています。
R0021175アサザの黄色い花_400

ぐっと身を乗り出して~~。
R0021176アサザの黄色い花_500

R0021174アサザ名札_400

池の周りにも、いろんな花が咲いています。
R0021177アサザの咲く池_400

めも:2016/07/02 CX2 で撮影


アサザ (浅沙、阿佐佐、Nymphoides peltata (S.G.Gmel.) Kuntze) ミツガシワ科アサザ属の多年草。
絶滅が心配される希少種です。
別名 花蓴菜(はなじゅんさい))

参考 
・ アサザとその生態

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ

 Myタグ 場所_附属自然教育園 花の色.黄色 
2016年07月19日 (火) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

附属自然教育園
ヤマハッカ
R0021149ヤマハッカ_400

R0021148ヤマハッカ_400

R0021150ヤマハッカの花_400

R0021151ヤマハッカ_400

R0021146ヤマハッカ名札_400

めも:2016/07/02 CX2 で撮影

ヤマハッカ (山薄荷)  Rabdosia inflexa.  シソ科 ヤマハッカ属.

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

附属自然教育園に咲く花たち、半月前(一昨年)と比べて見ましょう。
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
これまでも、何回か行っている、お気に入りの植物園です。
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ

 Myタグ 場所_附属自然教育園 
2016年07月18日 (月) | 編集 |
→ 20160702_附属自然教育園 シリーズ

附属自然教育園の水生植物園に入ってすぐ。
面白いもの見つけました。

シオデ の花です。 (花とは思わなかったので、ちらっと見ただけ・・・)

R0021048シオデ_400

後でわかったのは、シオデは雌雄異株。これは雄花。
もしかしたら、近くに 雌株もあったかもしれないね。

R0021048シオデの雄花(雌雄異株)_500

R0021047シオデの葉と花_400

R0021047シオデ名札_400

めも:2016/07/02 CX2 で撮影

シオデ (牛尾菜) 学名は、Smilax riparia シオデ科 シオデ属 (サルトリイバラ科 サルトリイバラ属) ツル性の多年草
シオデ(別名ひでこ)は 「山菜の女王」や「幻の山菜」とも呼ばれ、食味は絶品ですがなかなか見つけにくい山菜です。

→ 附属自然教育園 見ごろ情報 2016.6.30

半月前と比べて見ましょう
→ 2014年6月15日の附属自然教育園シリーズ
 
・ 2013年9月22日の附属自然教育園シリーズ
・ 2012年12月5日の附属自然教育園シリーズ
・ 2010年10月14日の附属自然教育園シリーズ

 Myタグ 場所_附属自然教育園 はじめて!.花 雌雄異株