散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2017年10月15日 (日) | 編集 |
 → 20171005_散歩 シリーズ


ハマヒサカキ に びっしり実がついています。

カラフル
R0031294ハマヒサカキのカラフルな実CUT_400

R0031294ハマヒサカキのカラフルな実_400

緑の実が 少し 黄色みを帯びている
R0031296ハマヒサカキ_400

R0031296ハマヒサカキの緑の実_400

普通に歩いたら、実には 気づかないでしょうね。

R0031295ハマヒサカキの風景_400

めも:2017/10/05 CX2 で撮影

ハマヒサカキ (浜姫榊)
別名:Emarginata Eurya(エマルギナタ・エウリア)
ハマヒサカキは、ツバキ目ツバキ科ヒサカキ属
 

 Myタグ
2017年10月14日 (土) | 編集 |
 → 20171005_散歩 シリーズ

散歩コースの途中に シャリンバイ が ずらりと勢揃いしたところがあります。

R0031289シャリンバイの実の風景_400

実がなっています。 ブドウみたいですね。

R0031292シャリンバイの実_400

R0031292シャリンバイの実Zoom_400

こちらは、まだ淡い色
R0031287シャリンバイの実_400

R0031288シャリンバイの実_400

R0031291シャリンバイの実_400

めも:2017/10/05 CX2 で撮影

シャリンバイ (車輪梅) バラ科 シャリンバイ属
 
 Myタグ
2017年07月23日 (日) | 編集 |
→ 20170716_散歩 シリーズ

この公園には、サンゴジュ が数カ所 植えられています。

花は終わって、実になり始め。
R0029307サンゴジュの実と赤い茎_400


サンゴジュの実、少し色づきましたよ。
 
R0029306サンゴジュの実色づき始め_400

R0029306サンゴジュの実_400

R0029304サンゴジュの実_400

R0029305サンゴジュの実_400

R0029303サンゴジュの風景_400

めも:2017/07/16 CX2 で撮影

サンゴジュ 珊瑚樹 スイカズラ科
 

 Myタグ 場所_散歩.S公園 
2017年07月04日 (火) | 編集 |
→ 20170702_上野 シリーズ

上野公園へいっても 上野東照宮へ行くことはめったにありません。
ちょっと立ち寄ることに! 
鳥居の近くに 大きな木 カジノキ です。

見上げると・・・、実がなっていますよ。
R0028905カジノキの実_400

R0028904カジノキの実_400

R0028908上野東照宮のカジノキ_300

R0028903カジノキの名札_400

めも:2017/07/02 CX2 で撮影

カジノキ(梶の木、学名:Broussonetia papyrifera)は、クワ科コウゾ属の落葉高木。単にカジ(梶)またはコウ(構)とも呼ばれる。
非常に様々な形の葉をつける。
複雑に切れ込んだものから、切れ込みの全く見られないものまで様々あり、一見すると同じ木とはとても思えない。

2012年に行ったときは、「上野東照宮」は改修工事中 
2012/1/2 「元旦に上野公園へ」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

建物正面は 書割でした。 (*^_^*)♪ 懐かしい。
 

 

 Myタグ 場所_上野公園 はじめて!.実 
2017年05月21日 (日) | 編集 |
20170521_散歩 シリーズ

 4月に見つけたナツグミの花、
 ⇒ Myブログ:4/24 ナツグミの花

赤い実がなっています!
DSC_0284-1ナツグミの実Zoom_400

DSC_0284ナツグミの実_500

めも:2017/05/21 SW001SH で撮影


 Myタグ
2017年04月24日 (月) | 編集 |
→ 20170424_散歩 シリーズ

木から ぶら下がっているは何でしょう。
わかりました。 みんなの花図鑑で教えてもらいました。

オニグルミ 垂れている緑の房は、雄花です。

ここには 2013年と2008年に 雌花の写真をのせています。

マンションにも クルミの木があって ちゃんと雄花の写真も撮っていました。 (^o^ゞ;
それなのに、 すっかり忘れていたというか、連想できなかった・・・。
クルミ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

P4240118ぶら下がる実は、オニグルミ_500

P4240116ぶら下がる実は、オニグルミ_400

P4240115ぶら下がる実は、オニグルミ_500

P4240124ぶら下がる実は、オニグルミ_400

P4240114ぶら下がる実は、オニグルミ_400

P4240112ぶら下がる実は、オニグルミ_400

めも:2017/04/24 SP570UZ で撮影

オニグルミ(鬼胡桃、学名:Juglans mandshurica var. sachalinensis) クルミ科クルミ属
5~6月葉が開くと同時に花を付ける。 
 雌花は新しい枝の先端に直立し、雄花は前年の枝から垂れ下がる。
 赤く見えるのが雌花の柱頭である。
 
参考 
・ 葉と枝による樹木検索図鑑-類似種の見分け方 他:オニグルミ-サワグルミ -ノグルミ
 

 Myタグ 場所_散歩.A川原 メモ.わかりました はじめて!.実 
2017年04月17日 (月) | 編集 |
 → 20170416_長崎 シリーズ


4/16 駐車場わきの小道を散歩。 横は狭い藪です。

面白い実を見つけました。 無花果に似てますね。
調べると イヌビワ です。

R0026762藪で実がなるイヌビワ_400

R0026763藪で実がなるイヌビワ_400

R0026764藪で実がなるイヌビワCUT_400

R0026764藪で実がなるイヌビワ_400

なんだか、藪の主役みたい。
R0026761藪で実がなるイヌビワ_400

こっちのほうには、もっと小さい実がついています。

これも イヌビワですって

R0026770これもイヌビワ?実に5本線_400

R0026768これもイヌビワ?_500

葉っぱが立派ですね。
R0026767これもイヌビワ_500

めも:2017/04/16 CX2 で撮影

イヌビワ (犬枇杷、学名: Ficus erecta)は、クワ科イチジク属の落葉小高木。
別名 イタビ、姫枇杷。
雌雄別株で、それぞれ 両方とも実は出来るんですって。 雌花嚢、雄花嚢。
 
参考 イヌビワ(犬枇杷) 松江の花図鑑
 

 Myタグ はじめて!.実 場所_九州.長崎 
2017年03月04日 (土) | 編集 |
→ 20170303_庭園美術館 シリーズ

庭園美術館へ行く途中の緑道公園、「白金台どんぐり児童遊園」
子供たちが遊んでいます。

見上げると、ナツミカンの実がたくさん!
R0025641白金台どんぐり児童遊園夏みかん_400

R0025642白金台どんぐり児童遊園夏みかん_400

おいしそう
R0025642白金台どんぐり児童遊園夏みかんCUT_400

めも:2017/03/03 CX2 で撮影

 

 Myタグ
2016年12月26日 (月) | 編集 |
→ 20161218_散歩 シリーズ


ナツミカンの木のそばに 燃えるように真っ赤な ピラカンサ

R0024291ピラカンサの赤い実の風景_400

これって 食べでがありそうですね。

R0024280ピラカンサの赤い実_400


対照的なのが、幹だけになった サルスベリ
つるっとしたお肌がきれい。 (*^_^*)♪

R0024269サルスベリの木肌_400

R0024269サルスベリの木の風景_400

めも:2016/12/18 CX2 で撮影




 Myタグ 実.赤 
2016年12月24日 (土) | 編集 |
→ 20161218_散歩 シリーズ

 果実の森
R0024295果実の森の看板_400

今なっているのは キンカン
R0024304キンカンの実_400

R0024304キンカンの実Zoom_400

R0024302キンカンの木_400

R0024303キンカンの名札_400


ナツミカン
R0024295ナツミカンの実_400

R0024295ナツミカンの実CUT_400

温州ミカンもありました。 (写真はないの・・・)

めも:2016/12/18 CX2 で撮影



 Myタグ