FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2019年01月16日 (水) | 編集 |
1/12 NHKホールへ行きました。
 ⇒ 2019年1月N響定期は、仏伊で新春
~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

葉が落ちた並木を歩きます。
DSC_5548_20190112NHKホール前

入口の横に 赤い実が生っています。

センリョウ
DSC_5545NHKホール前のセンリョウの実_400

葉の上に顔を出した赤い実。
DSC_5546NHKホール前のセンリョウの実_400


マンリョウ
DSC_5544NHKホール前のマンリョウの実_400

ぶら下がった赤い実は、ともすると葉に隠れてしまいます。
DSC_5543NHKホール前のマンリョウの実_400

めも:2019/01/12 SW001SH で撮影


おめでたい気分で、コンサートを聴きましょう ♪
 ⇒ 2019年1月N響定期は、仏伊で新春 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

こちらも見てね ⇒ Myブログ:NHKホール脇の植物 2016年12月17日 (土)
 
さて、 一両(アリドオシ)  十両(ヤブコウジ)  百両(カラタチバナ)  千両(センリョウ)  万両(マンリョウ)
とひとくくりにされている センリョウとマンリョウ。
同じ仲間じゃぁないんですね。o(*'o'*)o

センリョウ (仙蓼 / 千両、Sarcandra glabra(Thunb.) Nakai) は センリョウ科センリョウ属の常緑小低木。
マンリョウ (万両、学名: Ardisia crenata) は、サクラソウ科(またはヤブコウジ科) ヤブコウジ属の常緑小低木。

こちらも見てね。
 ⇒ センリョウ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 ⇒ マンリョウ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 

 Myタグ 実.赤 
2018年12月30日 (日) | 編集 |
背丈ぐらいに刈り込まれた街路樹に白い花が咲いています。
アセビね! と 話ながら通り過ぎたのは数日前。

12/28に 同じ道を歩きながら、
DSC_5333イチゴノキの垣根の風景_400

葉だけじゃ何かわからないけど たしか アセビだったよね。
そう思ったら、大きな丸い実が生っています。 o(*'o'*)o

DSC_5331イチゴノキの葉と実_400

ズームで見てみましょう!・・・ちょっと コケモモに見ている。 

DSC_5330イチゴノキの実

そばに、例のアセビに似た花も! 
DSC_5335イチゴノキの花_400


DSC_5335イチゴノキの花CUT_500

花と実が 同時になっている。
DSC_5336イチゴノキの幹と花と実_400
めも:2018/12/28 SW001SH で撮影

アセビの実ってこんなだったけかなぁ? 違うよね。
コケモモの花 こんなだったっけ~?、違うよね。

じゃぁ 、2種類が混在しているってことかしら。
首をひねりながら、通り過ぎました。

帰宅してから、WEBで調べることに。
「ヤマモモ」と間違って「コケモモ」で画像検索したら、同じ実が載った情報が1つ。
でもコケモモの実は、つるっとした赤い実のようだから 違うね。
ちなみに「ヤマモモ」の実も全然違います。

調べていくうちに、「イチゴノキ」 をみつけました。 

花と実はまさに  「イチゴノキ」 ですね。

イチゴノキ (ストロベリーツリー) ツツジ科イチゴノキ属 (アルブツス属) (学名:Arbutus unedo) 常緑木本植物

植物栽培ナビ イチゴノキの育て方

《イチゴノキ(苺の木)》は花と実が同時に楽しめる・・・
“ヤマモモ”似の実は、赤色・橙色・黄色が散在・・・
壺形の白色 または、帯紅色の花は “スズラン”のような可愛らしさ。


参考
我が家のミニ・ロックガーデンでコケモモが開花
 

 Myタグ はじめて!.花 はじめて!.実 
2018年12月04日 (火) | 編集 |
2018/11/29 駅のそばの公園、なかなか紅葉にならなかったけど、
ついに 鮮やかな色に染まりました。
 
DSC_4860駅ロータリー公園の紅葉_400

DSC_4861駅ロータリー公園の紅葉_400

DSC_4862駅ロータリー公園の紅葉_400

めも:2018/11/29 SW001SH で撮影


 Myタグ 色づいた葉 
2018年11月12日 (月) | 編集 |
2018/11/10(土) NHKホールへ行く前に 代々木公園へ
相変わらずおおぜいの人が和んでいます。

おや 足元に赤い実。  何でしょう。
落ちても シャキッとしています。
見上げると高い木に 赤い実がなってるようですが よく見えません。

ちらべ手見ようと、落ちた実を持って帰りました。

翌日 バッグのポケットから出したときも まだシャキッとしています。
てっきりモチノキの実だと思ったけど、違いますね。

「代々木公園 赤い実」で検索すると・・・「イイギリ」が話題になっています。
木になっていた様子が記憶のイイギリと違う~。o(*'o'*)o
でも 実のつき方から やっぱり イイギリのようです。

R0040328イイギリの実_400

実を割ると 小さな種がぎっしり!
R0040334イイギリの実を割る_500
めも:2018/11/12 CX2 で撮影

もう一度 見に行きたい!

以前に見た イイギリ
2016年11月10日 白銀台で


2009年10月18日 小石川植物園で



参考 
代々木公園トップ お知らせ一覧
・ 2016年10月14日
イイギリ 実の色づきが進んでいます。~10/11のボランティア活動報告&イベント情報~
・ 2014年11月28日
イイギリに、たくさん赤い実がなっています。~11/25のボランティア活動報告&イベント情報~

・ イイギリ(飯桐) 庭木図鑑 植木ペディア 

♪ こちらもみてね ⇒ 10月N響定期はアリス・紗良・オットのピアノ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 

 Myタグ 実.赤 
2018年11月09日 (金) | 編集 |
20181104_稲荷神社 シリーズ
 
ヒメジョオン の花が咲いています。

R0040116ヒメジョオンの花_400

可愛いですね。
R0040117ヒメジョオンの花_400

ズームで見てみましょう!
R0040117ヒメジョオンの花Zoom_400

道端のフェンス際に生えています。
R0040115ヒメジョオンの花の風景_400

めも:2018/11/04 CX2 で撮影

ヒメジョオン (姫女苑) 学名は、Erigeron annuus キク科ムカシヨモギ属
 


 Myタグ 場所_散歩.稲荷神社 花の色.白 
2018年11月08日 (木) | 編集 |
20181104_稲荷神社 シリーズ

 神社にお似合いの? ヤツデ

R0040040ヤツデの風景_400
葉っぱは8枚とは限らないらしい↑・・・ 次回数えてみますね。

花が咲いています。
R0040041ヤツデの花_400

これは、おしべがツンツン
R0040043ヤツデの花_400

ズームで見てみましょう!
R0040043ヤツデの花Zoom_400

これは蕾。 o(*'o'*)o
R0040044ヤツデの花蕾_400

めも:2018/11/04 CX2 で撮影


調べるとこんなことが書かれています。 o(*'o'*)o
”1つの花には、雄性期と雌性期があり、初めは花弁と雄しべがある雄性期。
両方が落ちると、柱頭が伸びて雌性期になる。”

これまでの写真を探してみましょう!

2種類の花が咲いています。 2017年1月4日 日比谷公園で



ヤツデ (八つ手、学名: Fatsia japonica) は、ウコギ科ヤツデ属の常緑低木
別名 テングノウチワ、八角金盤(中) 
 葉身は掌状の円形で、7~9裂 

こちらも見てね ⇒ Myブログ:☆ ウコギについて調べる

参考
・ 樹木図鑑(ヤツデ)
・ ヤツデ - 松江の花図鑑
・ ヤツデの花を・・ 神戸の花と木(今の花と木の様子)
 

 Myタグ 場所_散歩.稲荷神社 
2018年11月06日 (火) | 編集 |
20181104_稲荷神社 シリーズ

ずいぶん前に見た花に似ているけど何だたっけ、
2009年9月 ⇒ Myブログ:ツルハナナスの白い花が生け垣に
そのとき見たのは、斑入りの葉でしたが、花のほうが印象的なので、思い出すことができました。

ツルハナナス

R0039989ツルハナナス紫の花_500

R0039990ツルハナナス白_400

R0039991ツルハナナス_400

道路沿いの庭に咲く花が目を惹きます。
R0039988ツルハナナス_400

めも:2018/11/04 CX2 で撮影

ツルハナナス (蔓花茄子) ナス科
園芸種で、山保呂志(やまほろし) という名で売られているとのこと。 
 

 Myタグ 場所_散歩.稲荷神社 
2018年10月24日 (水) | 編集 |
20181018_川沿いの遊歩道 シリーズ

 モッコク の木が並んでいます。
R0039597モッコクの木_400

モッコクの丸い実
R0039613モッコクの実_400

実が割れています。
R0039616モッコクの木と葉と実_400

きれいな色の葉
R0039581モッコクの葉と割れた実_400

割れた実
R0039584モッコクの割れた実_400

割れた実と種を ズームで見てみましょう!
R0039599モッコクの割れた実と種_400

緑の葉、赤銅色の葉
R0039586モッコクの葉は緑と赤銅色_400

モッコクの木
R0039580モッコクの若木_400

モッコクの名札
R0039587モッコク名札_400

めも:2018/10/18 CX2 で撮影

 
2012年6月29日  蕾


2011年07月10日 花


モッコク(木斛、学名:Ternstroemia gymnanthera)は、モッコク科の常緑高木。

江戸五木の一つ。モチノキやマツと並び「庭木の王」と称される。
 
参考 
・ モッコク(木斛) - 庭木図鑑 植木ペディア
・ 庭木の王様!三大庭木&江戸五木! 木斛(モッコク)の胴吹き枝
 

 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 実.赤 
2018年10月23日 (火) | 編集 |
20181018_川沿いの遊歩道 シリーズ

ここの遊歩道には、マユミ がたくさん植えられている・・・。
どこ? それは向い側、こちら側には 少しだけでした。 (^o^ゞ;

実がなっています。 ハスキーなピンク色。
R0039595マユミの実_500

R0039596マユミの実と葉_400

R0039593マユミの実_400

めも:2018/10/18 CX2 で撮影

 
2015年05月19日 マユミの花


マユミ (檀、真弓、檀弓) ニシキギ科ニシキギ属の木。
別名 ヤマニシキギとも呼ばれる。
 
◆ マユミの種子にある脂肪油には毒成分があり、吐き気、下痢、筋肉の麻痺などがおこる。
 

 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 
2018年10月22日 (月) | 編集 |
20181012_S公園散歩 シリーズ

サルスベリ の花と実

まだ咲いているサルスベリをみつけました。
R0039335サルスベリの花と実_400

実は 緑色です。
R0039336サルスベリの花と実_400

めも:2018/10/12 CX2 で撮影

サルスベリ (Lagerstroemia indica) ミソハギ科の落葉中高木。 
百日紅=ヒャクジツコウ 「猿滑」
 

 Myタグ 花の色.桃色 場所_散歩.S公園 実.緑