FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2020年05月12日 (火) | 編集 |
20200507_A川原 シリーズ

草っぱらで咲き始めたのは、アレチハナガサ

夕暮れの風景
IMG_1573_0507_アレチハナガサの夕暮れの風景_400

ひょろっと伸びた茎の先に 花火のような花
IMG_1570_0507_アレチハナガサ_300

これからずっと、小さな紫色の花が咲き続けます。
IMG_1571_0507_アレチハナガサの花_400

ズームで見てみましょう!
IMG_1575アレチハナガサの花Zoom_400

まぁ いろんな草が ごちゃごちゃと生えています。 (*^_^*)♪
IMG_1568_0507_アレチハナガサの風景_400

のどかな風景です。
IMG_1572_0507_アレチハナガサの風景_400

めも:2020/05/07 PowerShot SX730 HS で撮影

アレチハナガサ (荒地花笠、学名: Verbena brasiliensis) クマツヅラ科クマツヅラ属
草丈1-2mほどの多年草の一種。河川敷や道端に生育する。
南アメリカ原産の帰化植物。

その仲間(似た花) に ダキバアレチハナガサ、ヤナギハナガサ、クマツヅラ、ハマクマツヅラ(ヒメクマツヅラ)がある。 
 

 Myタグ 花の色.紫 場所_散歩.A川原 
2020年04月26日 (日) | 編集 |
20200423_散歩 シリーズ

4/23 ヒトツバタゴの咲く公園に行きました。

足元には、ツルニチニチソウ がたくさん花をつけています。

DSC_0345_0423_S公園北_ツルニチニチソウの花と蕾_400

DSC_0345_0423_S公園北_ヒトツバタゴの下のツルニチニチソウの花_400

めも:2020/04/23 SW001SH で撮影


Myガーデンにも ツルニチニチソウはあるけれど、一つ咲いただけでも感動するぐらい花は少ない。
 ⇒ 3/11 Myガーデン:ベランダの花など ~ Myブログ「Niwa niha Hana」


花壇のツルニチニチソウは、たくさん咲いています。
 ⇒ ツルニチニチソウ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」


 Myタグ 花の色.紫 場所_散歩.S公園 
2020年04月19日 (日) | 編集 |

アケビの花の作頃です。
毎年、河原へアケビの花を探しに行ってましたが、
今年は、じっと我慢・・・。

なんと、お買い物に行く途中の近所の垣根に
 アケビの葉を見つけました。
IMG_1258_0419アケビの花の垣根_400

近づくと 花が咲いています。
IMG_1266_0419アケビの花の垣根_400

雌花
IMG_1260_0419アケビの雌花_400

雌花 と 雄花
IMG_1259_0419アケビの雌雄の花_500

雄花
IMG_1263_0419アケビの雄花_400

IMG_1265_0419アケビの雄花と葉_400

雄花を、ズームで見てみましょう!
IMG_1265_0419アケビの雄花Zoom_500

葉は 5枚
IMG_1264_0419アケビの葉は5枚_400

めも:2020/04/19 PowerShot SX730 HS で撮影


ちょうどそこの家の人がお庭の手入れ中で、撮影を快くOKしてくださいました。
そばの むべは、実がなるけれど、あけびの実はならないそうです。
今年の秋には、探してみたいです。
 

 Myタグ 花の色.紫 
2020年04月14日 (火) | 編集 |
4/12 近所の苔むす公園に、スミレ が咲いているというので、見に行きました。

何スミレかわからなかったので、スミレでWeb検索。
・ 花が小さく 濃い紫
・ 葉が細長く、付け根がハートの付け根みたいになっていること

ヒメスミレ(姫菫) だと思います。
葉の裏は、見ていません。 もう一度見てきますね。


小さなスミレが、点々と咲いています。 歩くとき、足元注意!
IMG_1089_0412苔むす公園のヒメスミレ_400

わかりますか?  左右の端に1つづつ。 (^o^ゞ;
IMG_1089_0412苔むす公園のヒメスミレCUT_400

蕾を見つけました!
IMG_1088_0412苔むす公園のヒメスミレの蕾_400

ヒメスミレ 葉の形が独特ですね。
IMG_1086_0412苔むす公園のヒメスミレ_500
めも:2020/04/12 PowerShot SX730 HS で撮影


濃い紫の花びらに、赤みがかった白の距(キョ)
R0017864_0412苔むす公園のヒメスミレ_500
めも:2020/04/12 RICOH PX で撮影



ヒメスミレ(姫菫) スミレ科スミレ属 学名は、Viola inconspicua subsp. nagasakiensis または、Viola confusa
多年草
本州~九州の人家近くによく生え、花も濃紫色でスミレに似ているが、全体にやや小さく、葉の形が違うので区別できる。
葉は花期には長さ2~4cmのほこ形で、左右に張りだした部分の鋸歯が目立つ。
葉柄には翼はない。夏の葉は長三角形で、名前と不つりあいなほど大きくなる。
葉が根元から出る無茎類。 葉の裏は紫色を帯びているものが多い。
花はスミレよりやや小さい。 距は緑白色に赤紫色の斑点がある。 花期は4月。

参考
・ ヒメスミレ秋吉台の花々:平家蟹
・ ヒメスミレ 北茨城周辺の生き物
・ ヒメスミレ松江の花図鑑

スミレの比較方法や観察の要点
★ 北海道に自生するスミレの簡易比較
◆ スミレの花びらは上弁2枚、舌弁1枚、側弁2枚の計5枚ある。 側弁に毛があるか無いかが同定の手がかりになる。
◆ スミレには茎のあるタイプと茎が無い(無いように見える)タイプがある。 これも同定の手がかりとなる。
◆ スミレの葉は小さな葉が多いが、花が終わって夏になると非常に大きくなるスミレが多い。
◆ 花時期が終わっても自家受粉の閉鎖花を次々と立ち上げ、種子をばら撒く。 これは秋まで続くスミレの特技である。

スミレの一覧表・スミレの分類・比較
・ スミレの分類:松江の花図鑑
・ スミレ科スミレ属(萩生の森)
・ スミレ科の植物図鑑
・ 赤や紫のスミレに似た花-あの頂を越えて

・ 塩尻に春の植物を見る 信州大 「植生と生態」の島野研究室


 Myタグ 花の色.紫 はじめて!.花 メモ.紛らわしい メモ.わかりました 
2020年04月14日 (火) | 編集 |
4/12 裏庭で 珍しい スミレ を見つけました。
大ぶりの花に、丸いハート型の葉。
Web検索しても、なかなかわからなかったけれど、
「側弁が有毛」 というキーワードを知って、「アメリカスミレサイシン」にたどり着きました。

その後、このブログを見返したらなんと 同じ花がありました。
 ⇒ Myブログ:裏庭のスミレは、アメリカスミレサイシン 2013年04月14日 (日)


アメリカスミレサイシン

IMG_1212_0412エリア6アメリカスミレサイシン_400

花をズームで見てみましょう!  側弁に白い毛がたくさん o(*'o'*)o
IMG_1212_0412エリア6アメリカスミレサイシンの花Zoom_400

丸っこいハート型の葉にも注目!
IMG_1212_0412エリア6アメリカスミレサイシンの葉Zoom_400

めも:2020/04/12 PowerShot SX730 HS で撮影

アメリカスミレサイシン (亜米利加菫細辛)  Viola sororia Willd. スミレ科 スミレ属
別名:ドイツスミレ 北米原産の外来種
地上茎:なし
葉:ハート型
花:紫、白地に紫模様
花弁の見かけが違う以下の2種類が同一種とされている
・プリケアナ(priceana):花弁が白色で基部が紫色
・パピリオナケア(papilionacea):紫色の花

参考
・ アメリカスミレサイシンスミレ科スミレ属 ~ 秋吉台の花々:平家蟹
・ アメリカスミレサイシン ~ 奥多摩植物目
・ アメリカスミレサイシン(’プリケアナ’) ~ mirusiru.jp
・ スミレ:その1・・・「ア~カ行」 ~ 野の花 ぷらすの 山歩き - アメブロ

スミレの比較方法や観察の要点
★ 北海道に自生するスミレの簡易比較
◆ スミレの花びらは上弁2枚、舌弁1枚、側弁2枚の計5枚ある。 側弁に毛があるか無いかが同定の手がかりになる。
◆ スミレには茎のあるタイプと茎が無い(無いように見える)タイプがある。 これも同定の手がかりとなる。
◆ スミレの葉は小さな葉が多いが、花が終わって夏になると非常に大きくなるスミレが多い。
◆ 花時期が終わっても自家受粉の閉鎖花を次々と立ち上げ、種子をばら撒く。 これは秋まで続くスミレの特技である。

スミレの一覧表・スミレの分類・比較
・ スミレの分類:松江の花図鑑
・ スミレ科スミレ属(萩生の森)
・ スミレ科の植物図鑑
・ 赤や紫のスミレに似た花-あの頂を越えて

・ 塩尻に春の植物を見る 信州大 「植生と生態」の島野研究室

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

スミレサイシン の 細辛 って ?
 葉は心臓形で、ウスバサイシンに似るのでこの名がある。

細辛 って?  → 生薬辞典
漢方の生薬です。
ウマノスズクサ科(Aristlochiaceae)のウスバサイシン Asiasarum sieboldii F. Maekawa
又はケイリンサイシン Asiasarum heterotropoides F. Maekawavar. mandshuricum F. Maekawaの根及び根茎


 Myタグ 花の色.紫 メモ.紛らわしい メモ.わかりました 
2020年03月09日 (月) | 編集 |
→ 20200307_散歩 シリーズ

公園の入口のシンボルツリー
モクレン の木の蕾が開き始めました。

DSC_1870_0307S公園シンボルツリーのモクレンが咲き初め_400

濃い紫の花です。
DSC_1870-1_0307S公園シンボルツリーのモクレンが咲き初めCUT_400

DSC_1871_0307S公園シンボルツリーのモクレンが咲き初め_400

上の方の花を スマートフォンカメラで 思い切りズーム。

DSC_1873_0307S公園シンボルツリーのモクレンが咲き初め_400

DSC_1873_0307S公園シンボルツリーのモクレンが咲き初めZoom_400

めも:2020/03/07 SW001SH で撮影

 
去年の花の様子
 ⇒ Myブログ:2019/3/24 モクレンの赤紫の花
 

 Myタグ 花の色.紫 場所_散歩.S公園 
2020年03月08日 (日) | 編集 |
→ 20200307_散歩 シリーズ

アセビは あちこちにあるけれど、どれも未だ咲いていない。
と思ったら、散歩の帰り道、満開に近い アセビ を見つけました。

DSC_1879_0307アセビがさいています_400

きれいな色ですね。
DSC_1880_0307アセビがさいています_400

DSC_1882_0307アセビがさいています_400

花びらのグラデーションが おしゃれです。
DSC_1882_0307アセビがさいていますCUT_400

ズームで見てみましょう!
DSC_1882_0307アセビの花Zoom_400

めも:2020/03/07 SW001SH で撮影

アセビ (馬酔木 Pieris japonica subsp. japonica)
ツツジ科アセビ属の低木 
 

 Myタグ 花の色.紫 
2019年10月18日 (金) | 編集 |
→ 20191016_散歩 シリーズ

遊歩道には、ズラリと ヤブラン

ちょうど花が満開です。

DSC_9003ヤブランの花_400

ズームで見てみましょう!
DSC_9001ヤブランの花Zoom_400

斑入りの葉
DSC_9003ヤブランの花たくさん_400

一面の花です。 秋って感じですね。

DSC_9000ヤブランの花_400

めも:2019/10/16 SW001SH で撮影

ヤブラン (藪蘭、学名:Liriope muscari) キジカクシ科ヤブラン属に属する多年草。
別名 リリオペ、サマームスカリ。


 Myタグ 花の色.紫 場所_散歩.川沿いの遊歩道 
2019年10月07日 (月) | 編集 |
20191005_木場公園 シリーズ

木場公園の「都市緑化植物園」に行きました。

ここはハーブ園。 
アメジストセージ が青空に映えますね。
R0047112アメジストセージの風景_400

R0047108アメジストセージの花_400

花をズームで見てみましょう!
R0047111アメジストセージの花Zoom_500

クマンバチ(クマバチ)が、飛んできました。 ~~。
R0047109アメジストセージとクマバチ_400

R0047115アメジストセージの花とクマバチ_400

R0047114アメジストセージの花_400

R0047106アメジストセージの花_400

ハーブ園には、いろんなハーブがあります。
R0047117ハーブ園_400

メキシカンブッシュセージ  別名:アメジストセージ
R0047107アメジストセージの名札_400

めも:2019/10/05 CX2 で撮影


サルビア・レウカンサ 学名:Salvia leucantha シソ科
別名:メキシカンブッシュセージ、アメジストセージ、ベルベットセージ

こちらも見てね。
⇒ アメジストセージ ~ Myブログ Niwa niha Hana (庭には花)
 

 Myタグ 花の色.紫 場所_木場公園 
2019年10月07日 (月) | 編集 |
20191005_木場公園 シリーズ

木場公園の「都市緑化植物園」
花のお手入れをするボランティアが数人、作業に没頭しています。
「すみませ~ん、この花 なんですか?」
「 ツルバキアです」 

細い葉は斑入りの柔らかい色合い。 淡い紫色の花がステキ。
R0047104ツルバキア_400

R0047104ツルバキアの花_500

色とりどりの花がさく花壇。
R0047103木場公園の「都市緑化植物園」の花たち_400



めも:2019/10/05 CX2 で撮影

 
ツルバキア ユリ科 OR ネギ科 ツルバキア属 学名:Tulbaghia
その他の名前:ソサエティ・ガーリック、ツルバギア

ツルバキア・ビオラセア (Tulbaghia violacea)
ツルバキア・シルバーレース (Tulbaghia violacea ‘Silver Lace’) ビオラセア種の斑入り品種です。


 Myタグ 場所_木場公園 花の色.紫