FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2019年09月12日 (木) | 編集 |

緑道公園の イヌマキ

去年の秋 (10月半ば)に実を見たので 
もしかしたら花が咲いていないかと 近づくと・・。
なんともう ちゃんとした実がなっていました。 o(*'o'*)o

(花は 5~6月、雌雄異株で 雄花と雌花が咲く)

DSC_8526_0911犬槙公園、イヌマキに実_400

面白い形の実です。
DSC_8527_0911犬槙公園、イヌマキに実_400

赤いのが花床、 黒緑っぽいのが種子ですって。
串団子みたいで色もきれい。 絶対 食べたくなりますよね。
調べてみると 昔は子どもたちがおやつに食べていたとか。
赤い部分は美味しいけど、黒い部分は有毒。 !!(>д<)ノ なので要注意!

基部の膨らみは花床と言われ、熟すると次第に赤くなり、少々松脂臭いものの甘く、食べられる偽果である。
種子は緑色になって白い粉を吹く。こちらは毒成分を含有し、食べられない。
全体としては緑と赤色の団子を串刺しにしたような姿となる。Wikipedia

DSC_8529_0911犬槙公園、イヌマキに実_400

DSC_8530_0911犬槙公園、イヌマキの名札_400

DSC_8525_0911犬槙公園、イヌマキに実_400

めも:2019/09/11 SW001SH で撮影


去年初めて見つけた実の様子 ⇒ Myブログ:10/9 イヌマキの実って変なの~
 
名札に書かれているのは、
イヌマキ 犬槇 Podocarpus macrophyllus マキ科
裸子植物で雌雄異株の常緑高木。
種子がつく赤い肉質部は食べられます。

イヌマキ 学名 Podocarpus macrophyllus f. spontaneus 
   マキ科 マキ属  または、 マキ科 イヌマキ属   雌雄異株
花が開花する時期は、5月~6月。
  
・ イヌマキの雌花 | 樹の散歩道 <== こだわりの内容です。
・ イヌマキ(犬槇) 松江の花図鑑
・ イヌマキ Wikipedia 

参考 植木ペディア ホーム > 毒のある木


 Myタグ 場所_散歩.S公園 実.赤 実.緑 有毒 食用  
2016年04月26日 (火) | 編集 |
→ 2016/04/14~04/25_長崎旅行 シリーズ

2016/4/17 通りすがりのお庭に 咲いていた花です。

シキミ の白い花、初めて見ます。ステキね。

だけど、実は有毒なんですって! 

R0019070白い花何C_500

R0019071白い花何Cの風景_500

めも:2016/04/17 CX2 で撮影

シキミ (樒、櫁、梻 Illicium anisatum)はシキミ属の常緑高木である。
果実は有毒。

シキミの別名はハナノキ、 花の木の名札は見かけることがあります。
 
参考
・ トウシキミ(八角)とシキミ(有毒)


 Myタグ 花の色.白 場所_九州.長崎 有毒 
2015年09月17日 (木) | 編集 |
→ 20150916_散歩 シリーズ

ワルナスビ 

ちらっと見ると、花は可愛いんですけど・・・。

R0014792ワルナスビの花白と葉の棘_400

どうです、この棘(トゲ)
R0014755ワルナスビの花薄紫と茎の棘_500

茎だけでなく、葉の表にも裏側にも! 痛そう~。

R0014790ワルナスビの葉と茎の棘_400

あたり一面に 生い茂りますから。 そんなところで転んだら大変。!!(>д<)ノ

R0014753ワルナスビの花薄紫_400

このあと、かわいい赤い実がなりますけど、全草がソラニンを含み有毒!

めも:2015/09/16 CX2 で撮影

ワルナスビ (悪茄子、学名:Solanum carolinense) ナス科の多年草。

こちらも見てね!
秋の川べりを散歩 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」 

 Myタグ 花の色.白 花の色.紫 場所_散歩.A川原 有毒 
2013年03月18日 (月) | 編集 |
 → 2013/3/14 小石川後楽園 シリーズ

アセビ が咲き始めています。

アセビ(馬酔木 Pieris japonica subsp. japonica)
ツツジ科アセビ属の低木 

白に薄い緑、爽やかです。
RIMG0039アセビ_500



こちらは、かなり咲いています。

RIMG0056アセビの風景_500

よく見ると、複数短めの房が固まって咲いているなかに、
 房が1本だけ長くたれたものがあります。
これって? 短いのはこれから伸びるの? 

RIMG0058アセビの花長短_500

短め、すずなり。
RIMG0057アセビの花_500

めも:2013/03/14 RICOH PX で撮影

これまでに撮った写真を見てみましょう。
 ⇒ アセビ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 ⇒ アセビ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 → 小石川後楽園 (公園へ行こう)
 Myタグ 有毒 花の色.白 
2013年03月14日 (木) | 編集 |
 → 2013/3/14 小石川後楽園 シリーズ

小石川後楽園に行きました。

入ったすぐに、早春の寄せ植えがあります。
フキノトウ、フキタンポポ、フクジュソウ  「フフフの寄せ植え」 o(*'o'*)o
3月半ばじゃ~、花は終わりかけですが・・・。

RIMG0031フフフ寄せ植えの風景_400

フキノトウ
フキ(蕗、苳、款冬、菜蕗、学名:Petasites japonicus)
キク科フキ属の多年草。

RIMG0032フキノトウ花後_400


フキタンポポ
フキノトウの後ろでひっそりと咲いています。
これって 初めて知りました。!

フキタンポポ (蕗蒲公英、学名:Tussilago farfara)
キク科フキタンポポ属の多年草。

RIMG0036フキタンポポ_400

フクジュソウ
葉が繁って花が終わりかけ、いつものイメージとは 程遠い・・・。
フクジュソウ(福寿草、学名:Adonis ramosa)
キンポウゲ科の多年草。別名、ガンジツソウ(元日草)。毒草である。

RIMG0034フクジュソウの花終わり_400


歴史ある小石川後楽園
RIMG0025小石川後楽園_400

めも:2013/03/14 RICOH PX で撮影

 → 小石川後楽園 (公園へ行こう)

 Myタグ 有毒 花の色.黄色 .花 
2012年12月14日 (金) | 編集 |

国立科学博物館 附属自然教育園 へ行きました。

ヒヨドリジョウゴの赤い実です。 
ぷっくりして美味しそうですが、全草、特に果実は有毒なので気をつけて!

ヒヨドリジョウゴ (鵯上戸、Solanum lyratum) ナス科ナス属の多年生植物。

PC050049ひよどりじょうごの赤い実_400

PC050048ひよどりじょうご葉と実_400

PC050047ひよどりじょうご名札_400

めも:2012/12/05 SP570UZ で撮影


 Myタグ 実.赤 場所_附属自然教育園 有毒 
2012年09月08日 (土) | 編集 |
 センダン(栴檀) の実がなっています。

センダン(栴檀)  は、ムクロジ目 センダン科 別名 アミノキ、オウチ(楝)など

ここは風が強く、いつも枝が揺れています。
今日は、うまく写せました!

栴檀の実は、有毒です! これから熟しますが 食べないように!

RIMG0049センダンの実Zoom_500.jpg

RIMG0048センダンの実_500.jpg

RIMG0046センダンの実_500.jpg

葉っぱの様子、青々としています。
RIMG0051センダンの葉_500.jpg

RIMG0052センダンの実_500.jpg

めも:2012/09/05 RICOH PX で撮影

 センダン(栴檀)  Melia azedarach は、ムクロジ目・センダン科の植物の一種。
 西日本を含むアジア各地の熱帯・亜熱帯域に自生する落葉高木である。
 日本での別名としてアミノキ、オウチなどがある。
 「栴檀は双葉より芳し」 (せんだんはふたばよりかんばし) の諺でよく知られるが、これはセンダンではなく ビャクダン(白檀) を指す。
 出典: フリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』 

参考 
・ 樹木図鑑(センダン)
・ センダン(栴檀)   庭木図鑑 植木ペディア


 Myタグ  有毒 
2012年07月19日 (木) | 編集 |
 センダン(栴檀) の実が風に揺れています。
葉っぱと同じ色なので、気をつけていないと見逃しちゃう。

栴檀の実は、有毒です! これから熟しますが 食べないように! 
野鳥が食べているからといって、安心ではない!
 ヒトの子供の場合,6 - 8個の実の摂取で 死に至るとの報告あり!

センダン(栴檀)  は、ムクロジ目 センダン科
別名 アミノキ、オウチ(楝)など

RIMG0007センダンの風景_400.jpg

RIMG0006センダンの実_400.jpg

RIMG0004センダンの実_500.jpg

RIMG0005センダンの実_500.jpg

めも:2012/07/11 CX2 で撮影

2012/05/20 センダンの花


 センダン(栴檀)  Melia azedarach は、ムクロジ目・センダン科の植物の一種。
 西日本を含むアジア各地の熱帯・亜熱帯域に自生する落葉高木である。
 日本での別名としてアミノキ、オウチなどがある。
 「栴檀は双葉より芳し」 (せんだんはふたばよりかんばし) の諺でよく知られるが、これはセンダンではなく ビャクダン(白檀) を指す。
 出典: フリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』 

参考 
・ 樹木図鑑(センダン)
・ センダン(栴檀)   庭木図鑑 植木ペディア
・ センダン|旬の薬草|薬草園の世界|バーチャルラボラトリ


 Myタグ  有毒 
2012年06月30日 (土) | 編集 |

この前花が咲いていた マユミ の実は、まだ青いです。
初めてここに来た時には、赤い実が 終わりかけで、
その時 はじめて マユミをみたので 感激でした。

RIMG0016マユミの実Zoom_500.jpg

形が 面白いね。

RIMG0009マユミの実_400.jpg

RIMG0008マユミの実_300.jpg

RIMG0010マユミの実_400.jpg

マユミ 80株もあるということなので、これから楽しみ!

RIMG0043マユミの実_400.jpg

めも:2012/06/29 RICOH PX で撮影

◆ 種子にある脂肪油には毒成分があり、吐き気、下痢、筋肉の麻痺などがおこる。

 → 「有毒な植物図鑑」で検索した結果
 Myタグ 実.緑 有毒 場所_散歩.川沿いの遊歩道 
2012年05月30日 (水) | 編集 |
2012/05/23 日比谷公園

日比谷公園の バラ園の奥に ぽつんと 一本の木。



小さな花が たくさん。 カルミア 満開です。

RIMG0020日比谷公園のカルミアの木_300.jpg

RIMG0021カルミア満開_400.jpg

ちょっと 個性的な色合い!
RIMG0022カルミア満開_500.jpg


こちらの カルミア は 柔らかい色合いが ふわ~ としています。

RIMG0024カルミア満開_300.jpg

RIMG0026カルミア満開_500.jpg

RIMG0026カルミア満開Zoom_500.jpg

めも:2012/05/23 CX2 で撮影


注意 : ツツジ科の全草、根、花、花粉、蜜 は  毒性が強い。
アザレア(セイヨウツツジ、オランダツツジ)、カルミア(アメリカシャクナゲ、ハナガサシャクナゲ)、レンゲツツジ、キレンゲツツジ、ホツツジ、クロフネツツジ、ヤマツツジなど。
 Myタグ 花の色.桃色 場所_日比谷公園 有毒