fc2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2024年01月07日 (日) | 編集 |
20240106_散歩 新春の川べり散歩 シリーズ


1/6 ツルウメモドキ の実があります。

IMG_2405_0106ツルウメモドキの枝と実_400

ズームで見てみましょう! つやつやの赤い実

IMG_2403_0106ツルウメモドキの実Zoom_400

シワシワになって~落ちるんですね

IMG_2419_0106ツルウメモドキの実_400

落ちた殻もいい雰囲気

IMG_2402_0106ツルウメモドキの実_400

ツルウメモドキの葉

IMG_2418_0106ツルウメモドキの葉_400

ツルウメモドキのヤブ

IMG_2414_0106ツルウメモドキの風景_400

葉が散って、枝にはたくさんの実

IMG_2400_0106ツルウメモドキの実のヤブ_400


ウツギ(ウノハナ 卯の花) の実もあります。

IMG_2415_0106ウツギの実CUT_400

IMG_2415_0106ウツギの実_400

めも:2024/01/06 PowerShot SX730 HS で撮影

◆ ツルウメモドキ (蔓梅擬、学名:Celastrus orbiculatus) ニシキギ科ツルウメモドキ属、落葉つる性木本。
秋には 熟した真っ赤な実と 黄色い仮種皮のコントラストが美しいそうです。

ツルウメモドキの実が好きな 身近な野鳥 ⇒ キュートな野鳥たち
 オナガ、キジバト、ヒヨドリ、メジロ、ツグミ、ジョウビタキ、
 ⇒ Myブログ:野鳥たちが食べに来る実のなる木

◆ ウツギ (空木、学名:Deutzia crenata)は アジサイ科ウツギ属の落葉低木で、ウノハナ(卯の花)とも呼ばれる。
 

 Myタグ 場所_散歩.A川原 実.赤 実.茶色 
2023年12月09日 (土) | 編集 |
20231209_散歩 シリーズ


12/9 緑道に並んで植えられてる トベラ

DSC_2431_1209トベラの赤い実:S公園_400

赤い実がついています。

DSC_2434_1209トベラの赤い実と葉_400

ツヤピカ

DSC_2433_1209トベラの赤い実Zoom_400

触るとベタベタ

DSC_2432_1209トベラの赤い実Zoom_400

DSC_2430_1209トベラの赤い実:S公園_400

ズラリ トベラ

DSC_2436_1209トベラ並木:S公園_400

めも:2023/12/09 Xperia10Ⅳ で撮影

トベラ (扉)  トベラ科 トベラ属  常緑低木 
学名, Pittosporum tobira.
別名, トビラノキ

 Myタグ 場所_散歩.S公園 実.赤 
2023年11月09日 (木) | 編集 |

2023/10/19
昨日通った川沿いの遊歩道の モッコクは、軒並み剪定で実がなくなっていてガックリ・・・。
 ⇒ Myブログ:10/18 サンシュユの実と 剪定されたモッコク、ハナカイドウ、ベニカナメモチ

今日通った花筏通り、なんと たくさんの実をつけた モッコク があります!

モッコクの実

DSC_1908_1019モッコクの実Zoom:花筏通り_400

DSC_1904_1019モッコクの実:花筏通り_400

DSC_1909_1019モッコクの実:花筏通り_400

たくさんなっています。

DSC_1902_1019モッコクの実:花筏通り_400

めも:2023/10/19 Xperia10Ⅳ で撮影


◆ モッコク (木斛、学名:Ternstroemia gymnanthera)は、モッコク科 (旧ツバキ科) の常緑高木。
江戸五木の一つ。モチノキやマツと並び「庭木の王」と称される。
常緑小高木、雌雄同株、10~ 11月に結実、関東以西


 Myタグ 場所_散歩.花筏通り 実.赤 
2023年11月07日 (火) | 編集 |
駅のロータリーの、クロガネモチ
赤い実がなっています。

DSC_2170_1102クロガネモチの実_400

DSC_2169_1102クロガネモチの実_400

DSC_2168_1102クロガネモチの実:駅のロータリー_400

めも:2023/11/02 Xperia10Ⅳ で撮影

クロガネモチ (黒鉄黐) モチノキ科モチノキ属の常緑高木。 学名 Ilex rotunda
 

 Myタグ 実.赤 場所_散歩.バス通り 
2023年11月06日 (月) | 編集 |
近所の、ソヨゴ の雌雄の株が並んでところ。

今は、赤い実の色が鮮やかになっています。

DSC_2160_1102ソヨゴの実、雌株_400

たくさんです。

DSC_2162_1102ソヨゴの実、雌株_400

実がなるのは、雌株。 向こうに 雄株が見えています。

DSC_2158_1102ソヨゴの雌株、向こうに雄株_400


雄株に近づくと、 あれっ 花が咲いています!

DSC_2167_1102隣のソヨゴの雄花、雄株_400

新しく伸びた枝に、黄緑色の葉と花。

DSC_2167_1102ソヨゴの雄花、雄株_400

雄株に咲くということは、雄花です。

DSC_2163_1102ソヨゴの雄株_400

めも:2023/11/02 Xperia10Ⅳ で撮影

ソヨゴ (戦、冬青、具柄冬青、学名:Ilex pedunculosa Miq.)は、モチノキ科モチノキ属の常緑小高木。
 別名 フクラシバ


 Myタグ 花の色.白 実.赤 
2023年10月23日 (月) | 編集 |

2023/10/18

サンシュユ の実が赤くなってるかと、探しに行ったら
木がすっかり剪定され 見る影もない・・・。

こんなに剪定されたことって、初めてじゃないかなぁ。

DSC_1867_1018 サンシュユの木かなり剪定 :川沿いの遊歩道_400

やっと見つけた赤い実。

DSC_1869_1018 サンシュユの実:川沿いの遊歩道_400

これも赤くなるかしら。

DSC_1846_1018 サンシュユの実:川沿いの遊歩道_400

ここの緑道には、けっこうたくさんサンシュユの木があります。
どの木も、すっかり低木になりました。

DSC_1844_1018 サンシュユの剪定された木:川沿いの遊歩道_400

たぶんまた伸びるでしょうけど。 (*^_^*)♪


モッコク もずいぶん低く剪定されました。
実は全くついていません。
DSC_1865_1018 モッコク剪定され、実はない:川沿いの遊歩道_400


ハナカイドウ  も低くなっちゃった。
元々少ない実は やっと1つ (写真は無し)

DSC_1861_1018 ハナカイドウ 剪定され実1つだけ:川沿いの遊歩道_400


ベニカナメモチ ちょっとね~。

DSC_1847_1018 シモツケの花と剪定されたベニカナメモチ :川沿いの遊歩道_400


めも:2023/10/18 Xperia10Ⅳ で撮影

◆ サンシュユ (山茱萸) ミズキ科 ミズキ属 学名:Cornus officinalis
 別名 ハルコガネバナ(春黄金花)
 中国原産で、春先に葉が出る前に黄色い花を咲かせ、秋にグミに似た赤い実をつける
 
◆ モッコク (木斛、学名:Ternstroemia gymnanthera)は、モッコク科 (旧ツバキ科) の常緑高木。
江戸五木の一つ。モチノキやマツと並び「庭木の王」と称される。
常緑小高木、雌雄同株、10~ 11月に結実、関東以西


◆ ハナカイドウ (花海棠、学名:Malus halliana) バラ科 リンゴ属の耐寒性落葉高木。
別名は、カイドウ(海棠)、スイシカイドウ(垂絲海棠)、ナンキンカイドウ(南京海棠)

◆ ベニカナメモチ 
 別名:ベニカナメ、ソバノキ、アカメモチ、アカメノキ、カナメノキ、カナガシ
花の後には実ができて、秋には赤く熟す。先端が黒ずむのが特徴。


 Myタグ 場所_散歩.川沿いの遊歩道 実.赤 
2023年10月06日 (金) | 編集 |

10/4  スポーツセンター付近を歩きました。
面白い鉢植え、見つけました。

DSC_1615_1004 ソラナム パンプキンの鉢植え_400

ソラナム パンプキン:ハロウィン

DSC_1614_1004 ソラナム パンプキンの鉢の名札_400

ソラナムパンプキンは、カボチャの実に見えるナス科植物

DSC_1617_1004 ソラナム パンプキンの実_400

DSC_1616_1004 ソラナム パンプキンの実_400


ハロウィンだよ~。

DSC_1617_1004 ソラナム パンプキンの実ハロウィン落書き_400

めも:2023/10/04 Xperia10Ⅳ で撮影

 ⇒ ◎ハロウィン:2023 ~ Myブログ「パそぼのあれこれフリーク:Part2」

ソラナムパンプキン  ナス科 ソラナム属
学名:Solanum aethiopicum ソラナム・エチオピクム
英名 :Pumpkin on a stick ・ Pumpkin tree
原産地:南アフリカ 

ちなみに、カボチャ(南瓜)は、ウリ科カボチャ属

参考
・ 【ソラナム】パンプキンツリーの育て方【食べられるのかも解説します】
 「ソラナムパンプキン(パンプキンツリー)の実は食べられますか?」
結論から言うと食べられません。
あくまで 観賞用ハナナス (ヒラナス) と呼ばれており、野菜のナスとは別物。


・ 観賞用ナス(ハナナス)とは - 植物図鑑 - みんなの趣味の園芸

◆ ハナナス 観賞用ナス ナス科 / ナス属(ソラナム属)
学名:Solanum
別名:ツノナス、フユサンゴ、ヒヨドリジョウゴ、ツルハナナスなど

Myブログで、探してみますね。

ツノナス (S.mammosum)  フォックスフェイス
見たことはあるけど・・・。

フユサンゴ (S.pseudcapsicum)  秋から冬、橙色の実が楽しめる
2009/10/18 小石川植物園
20091018

ヒヨドリジョウゴ (S.lyratum) 丸い橙色の実の
2012/12/05 自然教育園
2012/12/05

ツルハナナス (S.jasminoides) 白っぽいの星形の花が楽しめる
  ⇒ ツルハナナス ~ Myブログ「花とおしゃべり」
2009/09/24
2009/09/24
 

 Myタグ 実.赤 
2023年09月29日 (金) | 編集 |

交差点の 常緑ヤマボウシ

赤い実を見つけました。

DSC_1527_0927常緑ヤマボウシの実赤Zoom_400

DSC_1527_0927常緑ヤマボウシの実赤:交差点_400

ほとんどは緑色です。

DSC_1529_0927常緑ヤマボウシの実:交差点_400

DSC_1528_0927常緑ヤマボウシの実:交差点_400

めも:2023/09/27 Xperia10Ⅳ で撮影


常緑ヤマボウシ ミズキ科ミズキ属 
学名:Cornus hongkongensis (ホンコンエンシス)

ヤマボウシ(山法師) ミズキ科 ミズキ属 
学名:Cornus kousa (Syn. Benthamidia japonica)


 Myタグ 実.赤 実.緑 
2023年09月21日 (木) | 編集 |
20230920_散歩 シリーズ


いつもと違う道を通ると

コブシ の実

DSC_1509_0920コブシの実_400

ズームで見てみましょう!

DSC_1510_0920コブシの実Zoom_400

コブシの木

DSC_1508_0920コブシの木_300

いろんな種類の木が植えられた並木道

DSC_1512_0920コブシの実の並木風景_400

めも:2023/09/20 Xperia10Ⅳ で撮影

コブシ (辛夷、学名:Magnolia kobus)は モクレン科モクレン属の落葉広葉樹


 Myタグ 実.赤 
2023年08月13日 (日) | 編集 |
キーワード : 20230809_上野公園

8/9 上野の東京都美術館 「マティス展」 に行きました。
 ⇒  「マチス展」東京都美術館へ行く ~ Myブログ「パそぼのあれこれフリーク:Part2」


今日は、雨が降ったり止んだり。  

サンゴジュ の実が赤く目立ちます。

雨が止んでるうちにカメラを構えて パ・チ・リ

IMG_3731_0809上野公園サンゴジュの実の風景_400

近づくと・・・。 雨が降り出しました。

IMG_3733_0809上野公園サンゴジュの実_400

ちょっとズームで見てみましょう!

IMG_3732_0809上野公園サンゴジュの実CUT_400

めも:2023/08/09 PowerShot SX730 HS で撮影


この後は、東京都美術館へ GO!!
 

 Myタグ 場所_上野公園 花の色.桃色 実.赤 
2023年06月30日 (金) | 編集 |
キーワード : 20230628_散歩 団地の花壇


6/28 散歩コースに、真っ赤な実がなっています。 
今の時期 何かしら???
どうみても、マンリョウ の赤い実

DSC_1166_0628マンリョウの赤い実と蕾 団地_400

今頃まで、落ちたり しぼんだり 変色したりせず
 美しいままぶら下がっています。

野鳥に食べられず残っているってことは、
美味しくないんでしょうね。

DSC_1168_0628マンリョウの赤い実と蕾 団地_400

もう蕾が付いていますよ。

DSC_1166_0628マンリョウの実Zoom_400

めも:2023/06/28 Xperia10Ⅳ で撮影

マンリョウ (万両、学名: Ardisia crenata) は、サクラソウ科(またはヤブコウジ科) ヤブコウジ属の常緑小低木。
赤い実は5月下旬まで観賞でき、7月頃には白い花を咲かせます。

こちらも見てね。 マンションの中庭のマンリョウ
 ⇒ マンリョウ ~ Myブログ「花とおしゃべり」
 ⇒ マンリョウ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」


 Myタグ 場所_散歩.H団地 実.赤 
2023年06月18日 (日) | 編集 |
20230608_東御苑 シリーズ


6/8 皇居東御苑:二の丸雑木林

クマノミズキ の白い花が咲いてるそうです。

探すけど見つからず 雑木林をウロウロ。

ありました! 

IMG_2700_0608クマノミズキの花_400

花をズームで見てみましょう!

IMG_2700_0608クマノミズキの花Zoom_500

IMG_2648_0608クマノミズキの花Zoom_500

咲いてる木は、たくさんありました。

IMG_2775_0608クマノミズキの花白_400

少し離れると 木の上のほうが真っ白!

IMG_2784_0608クマノミズキの花白_400

二の丸雑木林

IMG_2785_0608クマノミズキの風景_400

クマノミズキの名札と木肌

IMG_2771_0608クマノミズキの名札_400


クマノミズキ(熊野水木、学名:Swida macrophylla)はミズキ科ミズキ属の落葉高木。
参考
・ 樹木図鑑(クマノミズキ)
・ クマノミズキ(熊野水木) - 庭木図鑑 植木ペディア


マップ片手に 歩きます!

IMG_2702_0608二の丸雑木林の植物MAPクマノミズキ他_400


雑木林を歩くと 赤く染まった木が目立ちます。

なんだろうと近づくと ゴンズイ

IMG_2680_0608ゴンズイの実の風景_400

IMG_2681_0608ゴンズイの木_400

IMG_2684_0608ゴンズイの実_400

ゴンズイの実、あれっ 赤くないんですね。

IMG_2685_0608ゴンズイの実と葉_400

ゴンズイの実を ズームで見てみましょう!

IMG_2685_0608ゴンズイの実Zoom_500


ゴンズイの葉

IMG_2683_0608ゴンズイの葉_400

ゴンズイの名札

IMG_2682_0608ゴンズイの名札_400

めも:2023/06/08 PowerShot SX730 HS で撮影

ゴンズイ 学名:Euscaphis japonica ミツバウツギ科ゴンズイ属

参考
・ ゴンズイ(権翠) - 庭木図鑑 植木ペディア

 → 東御苑 これまでの花だより(過去1年間)


 Myタグ 場所_東御苑 花の色.白 実.赤 
2023年06月13日 (火) | 編集 |
20230608_東御苑 シリーズ


6/8  皇居東御苑 本丸休憩所の裏へ

見頃の花 「ハアザミ」 ん? 
小さなアザミの花かと思いきや、日比谷公園で おなじみの アカンサスのこと。
ハアザミという名のことは 忘れてました。 (*^_^*)♪

ハアザミ 

スラリと伸びた花。

IMG_2586_0608ハアザミ(アカンサス)_400

花と葉

IMG_2586_0608ハアザミ(アカンサス)の葉_400

花はシックな色合い

IMG_2585_0608ハアザミ(アカンサス)の花_400

花をズームで見てみましょう!

IMG_2587_0608ハアザミ(アカンサス)の花Zoom_400

葉と名札

IMG_2584_0608ハアザミ(アカンサス)の葉と名札_400


アカンサス (Acanthus、ハアザミ、葉薊) キツネノマゴ科 ハアザミ属 (アカンサス属 Acanthus)

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

トウフジウツギ

IMG_2575_0608トウフジウツギの紫の花と葉_400

花が集まって房になっています。

IMG_2577_0608トウフジウツギの紫の花_400

IMG_2581_0608トウフジウツギの紫の花_400

花をズームで見てみましょう!

IMG_2581_0608トウフジウツギの紫の花Zoom_400

葉と名札

IMG_2571_0608トウフジウツギの葉と名札_400


トウフジウツギ (唐藤空木) フジウツギ科 フジウツギ属  
別名 リュウキュウフジウツギ
花筒外面に星状毛綿毛がなく腺点が密生。 
葉柄基部に托葉状付属体がない。
葉や果実がフサフジウツギの半分くらい。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

トウグミ の赤い実 初めてみます。

IMG_2569_0608トウグミの赤い実_400

IMG_2567_0608トウグミの赤い実_400

IMG_2566_0608トウグミの赤い実_400

めも:2023/06/08 PowerShot SX730 HS で撮影


トウグミ (唐茱萸)  学名:Elaeagnus multiflora var.hortensis  グミ科 グミ族
花 期: 4~6月 ; 果 期:6~7月

参考
・ 東御苑 これまでの花だより(過去1年間)
 

 Myタグ 場所_東御苑 花の色.紫 花の色.白 実.赤 はじめて!.実 
2023年05月25日 (木) | 編集 |


5/25 自然教育園 に行きました!

IMG_2051_0525自然教育園入口_400

今 見頃の花は?

IMG_2052_0525自然教育園見ごろ-上_400

IMG_2053_0525自然教育園見ごろ-下_400

自然教育園に入ったら、まず 路傍植物園を歩きます。

両側をキョロキョロしながら進んでも、
季節の花も実も ありません・・・。
このままじゃぁ~、寂しすぎる。

一度通り過ぎた、マンリョウの実まで引き返し。
パ・チ・リ

マンリョウ の赤い実 -路傍植物園

IMG_2054_0525マンリョウの赤い実-路傍植物園_400

隣には、白い実。 シロミノマンリョウ です。

IMG_2056_0525シロミノマンリョウの白い実-路傍植物園_400

めも:2023/05/25 PowerShot SX730 HS で撮影

マンリョウ (万両、学名: Ardisia crenata) は、サクラソウ科(またはヤブコウジ科) ヤブコウジ属の常緑小低木。
 
出入り口の「教育管理棟」では、「オオタカ子育てのリアルタイム映像」が流れています。
 →  「2023 自然教育園 オオタカの子育て」(4/27~7/9)  (PDF)  
 → 国立科学博物館 付属 自然教育園

今日は、朝から 「松岡美術館」、「庭園美術館」、「自然教育園」 と 充実した一日でした。
こちらも見てね
 ⇒ 5/25 「美しい人びと 松園からローランサンまで」松岡美術館へ ~ Myブログ「パそぼのあれこれフリーク:Part2」

 ⇒ 5/25 「建物公開2023 邸宅の記憶」:東京都庭園美術館へ ~ Myブログ「パそぼのあれこれフリーク:Part2」
 
    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

こちらも見てね。 マンションの中庭のマンリョウ
 ⇒ マンリョウ ~ Myブログ「花とおしゃべり」
 ⇒ マンリョウ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 

 Myタグ 場所_附属自然教育園 実.赤 実.白 
2023年05月23日 (火) | 編集 |
20230520_散歩 シリーズ


5/20 ヤブのようなところに生えている
ヒメコウゾ の様子を見に行きました。

IMG_1748_0520ヒメコウゾの葉_リョウブ通り_400

花が咲いています。

IMG_1751_0520ヒメコウゾの花_リョウブ通り_400

雌花です。

IMG_1752_0520ヒメコウゾの花Zoom_400

藪の中、よほど注意しないと 見逃しそう。

IMG_1750_0520ヒメコウゾの花_リョウブ通りのヤブ_400

ヒメコウゾ(姫楮、学名:Broussonetia kazinoki )
クワ科コウゾ属の落葉低木で、カジノキとよく似ています。
雌雄同株なので、雌花と雄花がつきます。
6~7月に橙赤色の実がつく。

参考
・ ヒメコウゾ~松江の花図鑑

 ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~

橋の袂のおなじみの場所の

クワ(桑) は、どんなでしょう。

実が赤く色づいていますよ。

IMG_1765_0520クワ(桑)の実H橋CUT_400

IMG_1765_0520クワ(桑)の実H橋_400

IMG_1764_0520クワ(桑)の実H橋_400

IMG_1763_0520クワ(桑)の実H橋_400

めも:2023/05/20 PowerShot SX730 HS で撮影

クワ(桑)は、クワ科クワ属の総称。
ヤマグワ. 学名, Morus australis.  クワ科クワ属  別名, クワ、シマグワ. 山桑,
落葉低木 花期4月頃 果期6月 
葉は互生、葉身の形は切れ込みのないもからあるものまで多様、葉の先端が尾状に尖るものが多く見られる。

参考
 ・ ヤマグワ(山桑) ~ 松江の花図鑑

マンションの中庭にも、ヒメコウゾとクワがあります。
 ⇒ ヒメコウゾ ~ Myブログ「花とおしゃべり」
 

 Myタグ 実.赤 場所_散歩.H橋 場所_散歩.リョウブ通り