散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2016年10月11日 (火) | 編集 |
 → 20161004_散歩 シリーズ

気持ちのいい秋空を散歩。 

秋の七草 クズ(葛)  花は 終わったのかしら?

R0022559一面の葛と秋空の風景_400

葉はこんなに 茂り放題~~。

R0022562錦木通りクズの風景_400

よく見ると 実がなっています。
R0022560クズの実_400

R0022561クズの実_300

いろんな草木が ひしめき合っています。 (*^_^*)♪

R0022562錦木通りクズなど_400

めも:2016/10/04 CX2 で撮影

クズ  葛 (Pueraria lobata) は、マメ科クズ属のつる性の多年草。 裏見草(うらみぐさ)
 夏から秋にかけて花が咲きます。
 茎が非常に丈夫で、他の植物に絡み付いて数メートルにまで成長します。
 根は薬用としてや葛粉(くずこ)として使われます。 昔は、大和国の国栖(くず)が葛粉の産地としてよく知られていたそうです。
 蔓は強靭で、民具を作るときの材料とされます。 

葛に関する和歌はたくさんありそうなので、調べてみました。
◇ 葛(くず)を詠んだ歌
♪ 萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝顔の花 ~ 『万葉集』  (*山上憶良の秋の野の花を詠める歌)

・ たのしい万葉集: 葛(くず)を詠んだ歌 - AIRnet
 葛(くず)を詠んだ歌は、秋の七草の歌を含めて、万葉集には21首に登場します。その多くは、旺盛な繁殖力やつるがどこまでも伸びていく様を詠んでいます。

・ 葛の花(クズ) 和歌歳時記 ・ 葛紅葉 和歌歳時記

・ 葛(クズ) - 季節の花300  裏見草(うらみぐさ)
  葉が風にひるがえると裏の白さが目立つことから、平安時代には「裏見」を 「恨み」に掛けた和歌も 多く詠まれた。 

「葉の裏が白い」というのは 今回の写真ではよくわからなかったので、以前の写真を探します。
ありました! 右の方の葉が裏返って 白っぽく見えます! 
( 葉の裏を見たからといって 恨みがましいことはありませ~ん。)

2015年9月16日の写真 ⇒ Myブログ:クズ(葛)の花を探して 


 
 Myタグ 実.茶色 和歌 
2016年01月19日 (火) | 編集 |
→ 20160110_散歩 シリーズ

ヨシ原のハズレで 枯れた茎に絡みついているのは、ヘクソカズラ

黄金色の実
R0017293ヘクソカズラの実_400

R0017294ヘクソカズラの実Zoom_400

R0017292ヘクソカズラの実_400

めも:2016/01/10 CX2 で撮影


 Myタグ 実.茶色 場所_散歩.A川原 
2015年09月16日 (水) | 編集 |
→ 20150916_散歩 シリーズ

河川敷に植えられている ハンノキ

雄花の花序(蕾) 、やがて茶色になり垂れ下がるんですよ。

R0014727ハンノキの花と実_500

左の小さいのが雌花、右の長いのが雄花 だと思います。
R0014727ハンノキの雄花の花序(蕾)_500


R0014722ハンノキの実_500

花と実
R0014729ハンノキの花と実_500


R0014721ハンノキの花と実の風景_400

ハンノキ全体
R0014730ハンノキ全体_400

同じハンノキの季節による変化がわかります → ハンノキ

めも:2015/09/16 CX2 で撮影

ハンノキ (Alnus japonica) カバノキ科ハンノキ属   雌雄同株、雌雄異花。

参考 
・ ハンノキ  榛の木 だんじりのまち大阪府岸和田市の樹木図鑑
・ ハンノキとゼフィルス

こちらも見てね!
秋の川べりを散歩 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」 

 Myタグ 花の色.緑 場所_散歩.A川原 実.茶色 
2015年06月26日 (金) | 編集 |
→ 20150624_散歩 シリーズ

ハナズオウ に実がなっていたら、通り過ぎる訳にはいかない・・・。
パ・チ・リ

ハナズオウの緑の実
R0013547ハナズオウの実_400

こっちは、茶色の実
R0013546ハナズオウの実_400

R0013548ハナズオウの実_400

しっかり見ないと、見逃しますよ。
R0013545ハナズオウの木S公園_400

めも:2015/06/24 CX2 で撮影

ハナズオウ ジャケツイバラ科 (またはマメ科ジャケツイバラ亜科) ハナズオウ属
 
 Myタグ 場所_散歩.S公園 実.緑 実.茶色 
2015年04月26日 (日) | 編集 |
20150426_散歩 シリーズ

河川敷にある ハンノキ

実がなっています。  (去年なったもの)

R0012051ハンノキの実_400

もう少し早かったら、花が見れたのかも・・・。
R0012053ハンノキの実_400

今年なった 新しい実、小さい!
R0012053ハンノキの新しい実_400

風で揺れています。
R0012054ハンノキ_400


めも:2015/04/26 CX2 で撮影

ハンノキ (Alnus japonica) カバノキ科ハンノキ属   雌雄同株、雌雄異花。
 学名の japonica は日本産ってこと。 なんだか親近感が湧いてきます。
 水の近くで見られる樹で、幹がまっすぐに伸びて新葉のころは姿が美しいそうです。
 Myタグ 実.茶色 場所_散歩.A川原 
2014年11月25日 (火) | 編集 |
20141124_S公園 シリーズ

ハナズオウ の実

すっかり黒っぽくなっています。

SBSH0316ハナズオウの実_500

葉も 黄色から茶色へと変わっています。
SBSH0315ハナズオウの実_300

めも:2014/11/24 940SH AS で撮影


 Myタグ 場所_散歩.S公園 色づいた葉 実.茶色 
2013年06月13日 (木) | 編集 |
→ 20130609_東御苑 シリーズ

東御苑の二の丸雑木林の入口。
P6090009二の丸庭園の風景_500

二の丸庭園 レトロな 飾電燈 
P6090010二の丸庭園飾電燈_500

ソシンロウバイ  変な形の実がたくさんなっています。

P6090013ソシンロウバイ_500

P6090014ソシンロウバイの実_500

P6090015ソシンロウバイの実Zoom_500

めも:2013/06/09 SP570UZ で撮影

2010年1月に 葛西臨海公園で花を見ました。⇒ Myブログ:ソシンロウバイ



ソシンロウバイ (素心蝋梅) ロウバイ科
 花全体が黄色で中央部の色の変化がない
 → 皇居東御苑花だより
○ソシンロウバイ(ロウバイ科)Chimonanthus praecox 'Concolor'
中国原産。ロウバイよりも花がやや大きく,内側の花被片も黄色になっています。庭木や鉢植え,花材としてよく使われます。


 Myタグ 実.茶色 場所_東御苑 
2012年12月25日 (火) | 編集 |

国立科学博物館 附属自然教育園 へ行きました。

センニンソウ 

センニンソウ(仙人草、学名 Clematis terniflora)はキンポウゲ科センニンソウ属の多年草。

センニンソウの実から伸びた長い毛を撮りたくって!

PC050156せんにんそう綿毛Zoom_500

PC050157せんにんそう綿毛_500

PC050155せんにんそう綿毛_500

PC050159せんにんそう_300

PC050153せんにんそう名札_400

めも:2012/12/05 SP570UZ で撮影

参考 センニンソウ(仙人草) ~ 松江の花図鑑
 Myタグ 実.茶色 場所_附属自然教育園 綿毛 
2012年12月21日 (金) | 編集 |

国立科学博物館 附属自然教育園 へ行きました。

コクサギ(小臭木) Orixa japonica  ミカン科コクサギ属の落葉低木。

これは 実のようです。 これから 弾けるらしい!
そんなの面白い実がある! って知ってれば しっかり探したのに・・・。

PC050035こくさぎの実_500


コクサギの葉は、右、右、左、左と2つずつ交互に付く特殊な葉の付き方だそうです。
それも知らなかったので、葉っぱの写真も 漠然としたものしか無い・・・。
次回の楽しみですね!

淡い色の葉
PC050038こくさぎの葉_500

教育園の記念碑とコクサギ
PC050037こくさぎの木と記念碑_300

PC050033こくさぎ名札_400

めも:2012/12/05 SP570UZ で撮影

参考 コクサギ小石川植物園の樹木
 Myタグ 実.茶色 場所_附属自然教育園 はじめて!.実 
2012年12月16日 (日) | 編集 |

国立科学博物館 附属自然教育園 へ行きました。

ウバユリ の花後は それなりに面白い!

PC050025うばゆり花後_400

PC050026うばゆり花後_200



シモバシラ 一度は、花を見てみたいし、冬の霜柱も 必見ですが・・・・。
あいにく この花後の茎は、イマイチ !!(>д<)ノ

PC050019しもばしら花後_300

PC050018しもばしら名札_400

めも:2012/12/05 SP570UZ で撮影


 Myタグ 実.茶色 場所_附属自然教育園