fc2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2024年03月11日 (月) | 編集 |
20240306_散歩 シリーズ

3/6 OJK公園の入り口の花壇

ギンヨウアカシア の花が、咲いています。

早くない? o(*'o'*)o

DSC_3387_0306_ミモザの花 OJK公園下_400

ふわふわ

DSC_3390_0306_ミモザの花_400

葉っぱも見てね

DSC_3389_0306_ミモザの花_400

こっちは、蕾もあります

DSC_3397_0306_ミモザの花と蕾_400

1つ1つは、花火のよう!

DSC_3395_0306_ミモザの花と蕾_400

離れたところからでも、黄色い花は目立ちます。

DSC_3386_0306ミモザの風景 OJK公園下_400

めも:2024/03/06 Xperia10Ⅳ で撮影


ギンヨウアカシア (銀葉あかしあ)  (学名 Acacia baileyana)  マメ科ネムノキ亜科の常緑高木。
別名ハナアカシア。 ミモザとも呼ばれる。
ミモザは、フサアカシア、ギンヨウアカシアなどのマメ科アカシア属花卉の俗称。


 Myタグ 花の色.黄色 場所_散歩.OJK公園 
2024年03月10日 (日) | 編集 |
20240306_散歩 シリーズ

3/6 OJK公園

数本ある ハナモモ の一本に花が咲き始めました。

DSC_3393_0306ハナモモの花Zoom_400

DSC_3394_0306ハナモモの花 OJK公園下_400

DSC_3391_0306ハナモモの花 OJK公園下_400

めも:2024/03/06 Xperia10Ⅳ で撮影

ハナモモ (花桃) 学名:Prunnus persica 中国原産でバラ科の耐寒性落葉低木

同じ場所のハナモモ
2020年03月31日 ⇒ Myブログ:3/31 ハナモモの花、2色
 

 Myタグ  場所_散歩.OJK公園 花の色.桃色 
2024年03月09日 (土) | 編集 |
20240306_散歩 シリーズ

3/6 OJK公園 の花壇も早春の花が咲いています。

少し尖った花の スイセン

「グランドモナーク」 らしいです。

DSC_3384_0306スイセンOJK公園下_400

DSC_3382_0306スイセンOJK公園下_400

DSC_3381_0306スイセンOJK公園下_400

めも:2024/03/06 Xperia10Ⅳ で撮影


去年の同じ場所の同じ花
2023年 ⇒ Myブログ:2/18 尖った花のスイセン グランドモナーク 
 
「グランドモナーク」は、ニホンズイセンに比べ花びらが細く尖っているのが特徴です。
花びらの色はクリーム色で、副花冠は薄めの黄色。
ヒガンバナ科 スイセン属
学名:Narcissus tazetta cv. Grandmonarque
別名:フサザキスイセン。

※ 房咲き水仙 (フサザキスイセン) とは名前のとおり
    「房咲き (一本の茎からたくさん花が咲く)」 のスイセン(水仙)です。
 

 Myタグ  場所_散歩.OJK公園 花の色.白 
2023年02月21日 (火) | 編集 |
20230218_散歩 シリーズ


OJK公園の入り口の花壇

スイセン の花が咲いています。

DSC_0022_0218スイセンの尖った花:OJK公園入口の花壇_400

ちょっと尖った花です。
「グランドモナーク」 らしいです。

DSC_0022_0218スイセンの尖った花CUT_400

右端には、ニホンズイセンも咲いていました。
DSC_0017_0218エリカ ファイヤーヒースとスイセン:OJK公園入口の花壇_400

めも:2023/02/15 Xperia10Ⅳ で撮影

参考
・ スイセン・グランドモナーク - 三河の植物観察

・ よく見かけるスイセン 日本水仙・黄房水仙・八重咲き日本水仙、他 ~ pino blog 優しい雨

「グランドモナーク」は、ニホンズイセンに比べ花びらが細く尖っているのが特徴です。
花びらの色はクリーム色で、副花冠は薄めの黄色。
ヒガンバナ科 スイセン属
学名:Narcissus tazetta cv. Grandmonarque
別名:フサザキスイセン。

※ 房咲き水仙 (フサザキスイセン) とは名前のとおり
    「房咲き (一本の茎からたくさん花が咲く)」 のスイセン(水仙)です。
 

 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 花の色.白 
2023年02月20日 (月) | 編集 |
20230218_散歩 シリーズ


OJK公園の入り口の花壇

ギンヨウアカシア に蕾がついています。

DSC_0036_0218ギンヨウアカシアの蕾:OJK公園入口の花壇_400

DSC_0034_0218ギンヨウアカシアの蕾:OJK公園入口の花壇_400

DSC_0034_0218ギンヨウアカシアの蕾Zoom_400

めも:2023/02/15 Xperia10Ⅳ で撮影

ギンヨウアカシア  (学名 Acacia baileyana)  マメ科ネムノキ亜科の常緑高木。 別名ハナアカシア。 ミモザ
 
参考
・ ギンヨウアカシア(ミモザアカシア)の花言葉と育て方|フサアカシアとの違いは? ~ ホルティ by GreenSnap
 

 Myタグ 花の色.黄色 場所_散歩.OJK公園 
2023年02月19日 (日) | 編集 |
20230218_散歩 シリーズ


OJK公園の入り口の花壇 
エリカ  の赤い花が目立ちます。 

エリカ ファイヤーヒース です。

DSC_0028_0218エリカ ファイヤーヒースの赤い花Zoom_400

DSC_0021_0218エリカ ファイヤーヒースの赤い花:OJK公園入口の花壇_400

DSC_0026_0218エリカ ファイヤーヒースの赤い花:OJK公園入口の花壇_400

めも:2023/02/15 Xperia10Ⅳ で撮影

ずっと以前に鉢を買ったことがありました。
懐かしい ⇒ ファイヤーヒース エリカの赤い花(2004年) ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

エリカ (ファイヤーヒース) ツツジ(ericaceae) 科 エリカ(erica) 属
学名:erica cerinthoides セリントイデス
別名:エリカ・セリントイデス/ファイヤーエリカ(fire erica)/レッドへアリーヒース(red hairy heath)
南アフリカ原産の常緑低木です。
開花時期は冬から春、花色は橙色や白色等。
 
参考
・ エリカ(ファイヤーヒース)の特徴や育て方、増やし方等の紹介 【エリカ・セリントイデス】 ~ エリカの育て方 / 2021年7月28日 by Beginners Garden
 
・ ファイヤーヒース(エリカ・セリンソイデス) プロトリーフの植物図鑑
 

 Myタグ 花の色.赤 場所_散歩.OJK公園 
2022年10月27日 (木) | 編集 |
20221026_散歩 シリーズ


10/26 公園にはよく来るのに 自由の広場の「大花壇」は 初めです。(たぶん)

コスモス
DSC_1731_1026コスモス大花壇OJK公園_400

DSC_1729_1026大花壇OJK公園_400

DSC_1730_1026大花壇OJK公園_400


くしゃくしゃっと生えているのは、たぶん ホソバウンラン
DSC_17351026ホソバウンランたぶん大花壇OJK公園_400

DSC_17341026ホソバウンランたぶん大花壇OJK公園_400

めも:2022/10/26 SW001SH で撮影


コスモス 学名:Cosmos bipinnatus キク科 コスモス属
和名:アキザクラ(秋桜)、オオハルシャギク(大春車菊)
英名:Cosmos
原産地:メキシコ

ホソバウンラン(細葉海蘭) リナリア・ブルガリス:Linaria vulgaris:
ゴマノハグサ科ウンラン属 または、オオバコ科ウンラン属


 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 
2022年10月26日 (水) | 編集 |
20221026_散歩 シリーズ


10/26 公園の階段登り口のお知らせ、
ずっと気になっていました。

今日は、頑張って階段を昇りましょう!

DSC_1722_1026OJK公園階段下の案内「コキア」_400


お出迎えは、ハロウィンのディスプレイ
 ⇒ おうちでハロウィン2022 ~ Myブログ「パそぼのあれこれフリーク:Part2」

DSC_1723_1026ハロウィンかぼちゃOJK公園_400


さて、公園にはよく来るのに 自由の広場の「大花壇」は どこかしら?

公園を一廻りして やっとたどり着きました。 

お~お~、色づく一面のホウキギ(コキア)

DSC_1736_1026コキア大花壇OJK公園_400

全部真っ赤より 緑が残っている方が ニュアンスがありますね。

DSC_1732_1026コキア大花壇OJK公園_400

めも:2022/10/26 SW001SH で撮影


ホウキギ(箒木) 学名: Bassia scoparia は、ヒユ科(旧アカザ科) ホウキギ属(Bassiaバッシア属)の一年草。
別名、ホウキグサ(箒草)。イソボウキ、イソホウキギ、サマーサイプレス、バーニングブッシュ
かつてはコキア属(Kochia)に分類されていたので、コキアと呼ばれていますが、今はバッシア属(Bassia)になっています。
育てるのも簡単で、カラーリーフとしてガーデニングで親しまれている。
昔、この枝をホウキに利用していたことから、「ほうき草」 「帚木」という和名で呼ばれるようになりました。



 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 
2022年08月24日 (水) | 編集 |
20220822_散歩 シリーズ


8/24  ムクゲ ( 四手辛夷の公園の側)

中心が赤い白の花
IMG_4917_0824ムクゲの白に赤の花_400

IMG_4918_0824ムクゲの白に赤の花_400


まっ白の花
IMG_4915_0824ムクゲの白い花_40

角度を変えてみると、一重でも八重でもない
IMG_4916_0824ムクゲの白い花_400

めも:2022/08/24 PowerShot SX730 HS で撮影


8/22 ムクゲ

白に赤の花 (OJK公園入口下)
DSC_1345_0822OJK公園入口のムクゲ白に赤_400


華やかなピンクの花 (なんじゃ通り)
DSC_1334_0822ナンジャどおりのムクゲ_400

DSC_1334_0822ナンジャどおりのムクゲの風景_400


薄いピンクの八重の花 (なんじゃ通り)

DSC_13310822ナンジャどおりのムクゲ薄ピンクCOOL_400

めも:2022/08/22 SW001SH で撮影



 Myタグ 花の色.白 花の色.桃色 場所_散歩.なんじゃ通り 場所_散歩.OJK公園 場所_散歩.四手辛夷の公園 
2022年08月15日 (月) | 編集 |


公園に 白いユリが咲いています。

そばに 「タカサゴユリ」と 名札がありました。

DSC_1285_0814タカサゴユリの花_400

種で増えるそうで、公園内のアチラコチラで 咲いています。

DSC_1285_0814タカサゴユリ_300

香りは マスクでわからなかった・・・。

公園の入口の階段に、はっとするような 白いユリ。

赤い縞がないので、「シンテッポウユリ」かもしれません。

DSC_1290_0814タカサゴユリの花_400

めも:2022/08/14 SW001SH で撮影


タカサゴユリ Lilium formosanu  8月頃の開花 筒の外側に赤い縞(しま)がある。

シンテッポウユリ(新鉄砲百合) Lilium longiflorum ユリ(百合)科 ユリ(百合)属
別名 ナツユリ(夏百合)   花期 8月~9月
  タカサゴユリ(高砂百合)とテッポウユリ(鉄砲百合)が交配されてできた種類(交雑種)です。
種で増えて繁殖力が強い

参考
・ タカサゴユリ(高砂百合) ~ 松江の花図鑑
・ タカサゴユリ ~ 花盗人の花日記
・ シンテッポウユリ(新鉄砲百合)
・ テッポウユリ ・ タカサゴユリ ・ シンテッポウユリ ~ 草の名

 Myタグ 花の色.白 花の色.桃色 場所_散歩.OJK公園 
2022年08月14日 (日) | 編集 |

ヒョウタン(瓢箪)

猛烈な暑さや台風のこの頃、皆さんお元気ですか?

8/14 夕方 久しぶりにお散歩しました。

公園の登り口に こんなお知らせが!

DSC_1292_0814ヒョウタンの実の案内_300


夕方遅いですが、見に行かなくっちゃ! と階段を登ります。

ヘチマの棚。 7月より花が増えています。
 ⇒ Myブログ:7/18 ヒョウタンの花と水槽の水草

真っ白の花
DSC_1270_0814ヒョウタンの花_400

夕闇に浮かびます。
DSC_1271_0814ヒョウタンの花Zoom_400

でもどこに 実がなってるの?
DSC_1268_0814ヒョウタンの棚_400

と裏へ回ったら 
DSC_1277_0814ヒョウタンの大きな実_400

大きな実がでんとぶら下がっていました。
DSC_1273_0814ヒョウタンの大きな実_400

ビックリ。
DSC_1273_0814ヒョウタンの大きな実_300

他にもないかと探したら、上の方に小さなのがありました。
DSC_1279_0814ヒョウタンの小さな実_400

写真をチェックしたら、もう一つ小さな実もありますよ。
DSC_1279_0814ヒョウタンの小さな実ともっと小さな実_400

めも:2022/08/14 SW001SH で撮影


7月の花の頃
 ⇒ Myブログ:7/18 ヒョウタンの花と水槽の水草

ヒョウタン(瓢箪、瓢簞、学名:Lagenaria siceraria var. gourda)は、ウリ科 ユウガオ属
ウリ科のつる性の1年草で、干瓢(かんぴょう)にするユウガオの変種

こちらも見てね。 懐かしい!
 ⇒ 2015/10/3 「世界のヒョウタン展」を見る ~ Myブログ「パそぼのあれこれフリーク:Part2」

世界のヒョウタン展

これまでに見たヒョウタンのこと。
 ⇒ ヒョウタン(瓢箪) ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 ⇒ ヒョウタン ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

面白い話を見つけました。
・ ヒョウタンと古代の海洋移住 | 海洋政策研究所 - 笹川平和財団
・ No.11 人類の原器 ヒョウタン1万年の世界 湯浅 ... - 東京農業大学
 

 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 
2022年07月23日 (土) | 編集 |

OJK公園の、入り口に 「タイタンビカスが咲いた」とのお知らせがあり、頑張って階段を登ってきました。

 ⇒ Myブログ:7/18 タイタンビカスの大きな花

ここでのお気に入りは、水槽です。

ハス(蓮) の花は咲いてなかったけれど、
緑の水草が きれいな形で茂っています。

DSC_1230_0718ハスの水槽_400

ウォーターバコパの花
DSC_1231_0718ウォーターバコパの花_400

ハスの実
DSC_1228_0718ハスの実_400

これから 未だ咲くそうです。
DSC_1227_0718ハスの水槽 OJK公園_400

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ヒョウタン(瓢箪) が 棚に巻き付いてします。

DSC_1222_0718ひょうたん OJK公園_400

花を探しましょう!
DSC_1223_0718ひょうたん蕾_400

これは 蕾?
DSC_1223_0718ひょうたん蕾Zoom_400

これは 花後?
DSC_1226_0718ひょうたん花後_400

今後が楽しみ! また行きますね (*^_^*)♪

めも:2022/07/18 SW001SH で撮影

ひょうたんは 雄花と雌花があって、
タイミングよく受粉できたときに あの ヒョウタンの実がなるんですって。

ヒョウタン (瓢箪、瓢簞、学名:Lagenaria siceraria var. gourda)は、ウリ科の植物。
 葫蘆 (ころ)とも呼ぶ。


 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 花の色.白 
2022年07月19日 (火) | 編集 |


OJK公園の入り口に
「タイタンビカスの花が咲きました」
と書いてあったので、見に行きました。

タイタンビカス 大きな花です。

DSC_1221_0718タイタンビカスの花_400

DSC_1219_0718タイタンビカスの花CUT_400

DSC_1219_0718タイタンビカスの花と葉_400

左下のは何かしら?
DSC_1219_0718タイタンビカスの横の花は何?_400

DSC_1218_0718タイタンビカスの花 OJK公園_400

めも:2022/07/18 SW001SH で撮影




 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 花の色.赤 
2022年03月19日 (土) | 編集 |
20220313_散歩 シリーズ


OJK公園 の登り口に 「沈丁花が咲きました!」 と案内があります。
行ってみましょう!
階段を登って辿り着くと イマイチしょぼい・・・。

ジンチョウゲ(沈丁花) の花。

DSC_0484_20220313OJK公園沈丁花の花_400

それでも・・・咲いてる花はきれいですよ。
DSC_0485_20220313OJK公園ジンチョウゲの花_400

香りもいいし~。(*^_^*)♪
DSC_0487_20220313OJK公園ジンチョウゲの花Zoom_400


そばには、真っ白の尖った雰囲気の スイセン の花。

DSC_0483_20220313OJK公園スイセンの白い花_400

DSC_0482_20220313OJK公園スイセンの白い花_400

めも:2022/03/13 SW001SH で撮影

 
今日の午前中は、ガーデニングクラブの作業日でした。
 ⇒ 20220313_花壇 シリーズ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 

 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 香り・匂い・臭い 
2022年03月18日 (金) | 編集 |
20220313_散歩 シリーズ

OJK公園 のエリカの花が咲いています。

去年(2021年)も見たけれど、 「エリカ」 という以上はわからない・・・。
 ⇒ Myブログ:6/21 何ピンクの花:エリカの仲間?

一応候補に上げたのは、
・ エリカ・ペルスピクア (リンネオイデス)
・ エリカ ‘アフリカンファンファーレ’
・ エリカ・クリスタルヒース


DSC_0490_20220313OJK公園エリカ何の花_400

DSC_0492_20220313OJK公園管理センター前_400

めも:2022/03/13 SW001SH で撮影


エリカは、ツツジ科エリカ属の低木です。 原産地はヨーロッパ、北アフリカ、南アフリカ。
日本ではピンク色の花を咲かせるジャノメエリカが最もポピュラーで、40~50種ほどが流通しています。
開花期は種類によって異なり、春咲き、夏〜秋咲き、冬咲きなどがあります。

エリカ・ペルスピクア (リンネオイデス)    Erica perspicua (=linnaeoides)
ツツジ科 南アフリカ原産の常緑低木。

参考 
・ エリカってどんな花? 育て方やお手入れの方法を知って楽しもう!
・ エリカ その1 ・ エリカ その2 ~ 園芸手帳

今日の午前中は、ガーデニングクラブの作業日でした。
 ⇒ 20220313_花壇 シリーズ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 
 
 Myタグ これは何??_花 花の色.桃色 場所_散歩.OJK公園