FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2020年03月10日 (火) | 編集 |
→ 20200307_散歩 シリーズ

公園を歩くと ツバキの花。
名札を見ると ユキツバキ と書かれています。

一面真っ白な雪景色の中に、真っ赤なツバキ。
ステキでしょうね。

DSC_1869_0307S公園のユキツバキ_400

DSC_1866_0307S公園のユキツバキ_400

DSC_1867_0307S公園のユキツバキの花_400

DSC_1868_0307S公園のユキツバキZoom_500

DSC_1864_0307S公園のユキツバキ_300

ユキツバキ は、新潟県の木なんですって。
DSC_1864_0307S公園のユキツバキ名札_300

めも:2020/03/07 SW001SH で撮影

 
ユキツバキ(雪椿、学名:Camellia rusticana )は、ツバキ科ツバキ属の常緑低木。
別名、オクツバキ、サルイワツバキ、ハイツバキ。


 Myタグ 花の色.赤 場所_散歩.S公園 
2020年03月09日 (月) | 編集 |
→ 20200307_散歩 シリーズ

3/7 ユキヤナギ の花が咲き始めましたね。

ここはまだ少しだけ。
DSC_1860_0307S公園ユキヤナギの風景_300

近づくときれいですね。
DSC_1863_0307S公園ユキヤナギ_400

ズームで見てみましょう!
DSC_1863_0307S公園ユキヤナギの花Zoom_500

こっちは、満開
DSC_1875_0307S公園ユキヤナギ満開_400

DSC_1878_0307S公園ユキヤナギ満開_400

めも:2020/03/07 SW001SH で撮影

 
ユキヤナギ (雪柳、学名:Spiraea thunbergii)は、バラ科シモツケ属の落葉低木。
別名にコゴメバナ、コゴメヤナギなど。
 

 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.S公園 
2020年03月09日 (月) | 編集 |
→ 20200307_散歩 シリーズ

公園の入口のシンボルツリー
モクレン の木の蕾が開き始めました。

DSC_1870_0307S公園シンボルツリーのモクレンが咲き初め_400

濃い紫の花です。
DSC_1870-1_0307S公園シンボルツリーのモクレンが咲き初めCUT_400

DSC_1871_0307S公園シンボルツリーのモクレンが咲き初め_400

上の方の花を スマートフォンカメラで 思い切りズーム。

DSC_1873_0307S公園シンボルツリーのモクレンが咲き初め_400

DSC_1873_0307S公園シンボルツリーのモクレンが咲き初めZoom_400

めも:2020/03/07 SW001SH で撮影

 
去年の花の様子
 ⇒ Myブログ:2019/3/24 モクレンの赤紫の花
 

 Myタグ 花の色.紫 場所_散歩.S公園 
2020年03月08日 (日) | 編集 |
→ 20200307_散歩 シリーズ

図書館への道。

ぬけるように白い花は、コブシ

ここには 3本のコブシの木。 だいぶ開き始めています。

DSC_1831_0307ソヨゴ通りのコブシの花_400

低いところで開いている花
DSC_1834_0307ソヨゴ通りのコブシの花_400

花の付け根にも注目
DSC_1837_0307ソヨゴ通りのコブシの花Zoom_500

木の上の花のほうが開いています。
DSC_1840_0307ソヨゴ通りのコブシの花_400

もう少し 白さが写ればよかったのに・・・。

DSC_1830_0307ソヨゴ通りのコブシの花_300

めも:2020/03/07 SW001SH で撮影

 
最近 違う場所で見たコブシの蕾  ⇒ Myブログ:2/25 コブシの蕾がいっぱい
 
コブシ (辛夷、学名:Magnolia kobus)は モクレン科モクレン属の落葉広葉樹
 

 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.S公園 
2020年03月07日 (土) | 編集 |
→ 20200307_散歩 シリーズ


3/7 公園を歩いていると、隅の方に はっとするような黄色の花がしだれ咲いています。

ウンナンオウバイ です。

DSC_1852__0307S公園ウンナンオウバイ_400

DSC_1855_0307S公園ウンナンオウバイ_400

DSC_1855_0307S公園ウンナンオウバイの黄色い花Zoom_400

DSC_1852_0307S公園ウンナンオウバイの花Zoom_400

ウンナンオウバイの花と葉
DSC_1850_0307S公園ウンナンオウバイの花と葉_400

枝垂れた枝もいいね。
DSC_1850__0307S公園ウンナンオウバイ_400

めも:2020/03/07 SW001SH で撮影

 
オウバイモドキ (黄梅擬、学名: Jasminum mesnyi) モクセイ科ソケイ属の常緑低木。
別名 : ウンナンオウバイ (雲南黄梅)  ウンナンソケイ (雲南素馨)

似ている花に、同じ モクセイ科 ソケイ属の おうばい(黄梅)があります。
こちらは、「花期には葉は出ていない」ので、見分けられるとのこと。


 Myタグ 花の色.黄色 場所_散歩.S公園 
2020年02月10日 (月) | 編集 |
20200203_散歩 シリーズ

公園に赤い実がなっています。
クロガネモチ の実、真っ赤

たくさんなってる~
IMG_0433クロガネモチの実真っ赤と葉Zoom_500

IMG_0432クロガネモチの実真っ赤_400

IMG_0431クロガネモチの実真っ赤_400

遠くからでも目立ちますね。
IMG_0430クロガネモチの実の風景_400


↓ すぐそばに もう一本のクロガネモチ。
IMG_0437クロガネモチの実の風景_500


IMG_0435隣のクロガネモチの木は実は少ない_400

実は少しです。
IMG_0436隣のクロガネモチの木は実は少ない_500

めも:2020/02/03 PowerShot SX730 HS で撮影

 
クロガネモチ (黒鉄黐) モチノキ科モチノキ属の常緑高木。 学名 Ilex rotunda
 暖地の山野に生え,高さ約20mになります。 葉は革質で表面は光沢があり,裏面は淡緑色です。
 5~6月,直径4mmの淡紫白色の花を開きます。 果実は,直径5~8mmの球状で赤く熟します。

前回の同じところの様子 2019/11/23
 ⇒ Myブログ:11/18 クロガネモチの実
 

 Myタグ 場所_散歩.S公園 実.赤 
2020年02月06日 (木) | 編集 |
20200203_散歩 シリーズ


スイセン がずらりと並んでいます。

端の方に 花が咲いていますよ。
IMG_0428S公園の水仙の花_400

IMG_0427S公園の水仙の花_300

IMG_0429S公園の水仙の花_300

めも:2020/02/03 PowerShot SX730 HS で撮影

スイセン (水仙)  学名:Narcissus ヒガンバナ科 / スイセン属(ナルキッスス属) 

ニホンズイセン
Narcissus tazetta var. chinensis
古くから日本で親しまれてきた房咲きスイセン。地域によって12月から2月に開花。芳香があり、シンプルな美しさ。
 

 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.S公園 
2019年09月12日 (木) | 編集 |

緑道公園の イヌマキ

去年の秋 (10月半ば)に実を見たので 
もしかしたら花が咲いていないかと 近づくと・・。
なんともう ちゃんとした実がなっていました。 o(*'o'*)o

(花は 5~6月、雌雄異株で 雄花と雌花が咲く)

DSC_8526_0911犬槙公園、イヌマキに実_400

面白い形の実です。
DSC_8527_0911犬槙公園、イヌマキに実_400

赤いのが花床、 黒緑っぽいのが種子ですって。
串団子みたいで色もきれい。 絶対 食べたくなりますよね。
調べてみると 昔は子どもたちがおやつに食べていたとか。
赤い部分は美味しいけど、黒い部分は有毒。 !!(>д<)ノ なので要注意!

基部の膨らみは花床と言われ、熟すると次第に赤くなり、少々松脂臭いものの甘く、食べられる偽果である。
種子は緑色になって白い粉を吹く。こちらは毒成分を含有し、食べられない。
全体としては緑と赤色の団子を串刺しにしたような姿となる。Wikipedia

DSC_8529_0911犬槙公園、イヌマキに実_400

DSC_8530_0911犬槙公園、イヌマキの名札_400

DSC_8525_0911犬槙公園、イヌマキに実_400

めも:2019/09/11 SW001SH で撮影


去年初めて見つけた実の様子 ⇒ Myブログ:10/9 イヌマキの実って変なの~
 
名札に書かれているのは、
イヌマキ 犬槇 Podocarpus macrophyllus マキ科
裸子植物で雌雄異株の常緑高木。
種子がつく赤い肉質部は食べられます。

イヌマキ 学名 Podocarpus macrophyllus f. spontaneus 
   マキ科 マキ属  または、 マキ科 イヌマキ属   雌雄異株
花が開花する時期は、5月~6月。
  
・ イヌマキの雌花 | 樹の散歩道 <== こだわりの内容です。
・ イヌマキ(犬槇) 松江の花図鑑
・ イヌマキ Wikipedia 

参考 植木ペディア ホーム > 毒のある木


 Myタグ 場所_散歩.S公園 実.赤 実.緑 有毒 食用  
2019年06月28日 (金) | 編集 |
20190611_樹木散歩 シリーズ

最近注目している モッコク 花が咲くのが待ち遠しい!

2019年6月21日

注目しているモッコクがあるのは、バス通りの交差点と 遊歩道です。
(6/11に見たのは、別の場所です。 注意すれば モッコク よく見かけます)

遊歩道の蕾が 先に開きました。
DSC_7363_0621小名木川遊歩道 モッコクが咲いた_400

DSC_7363_0621小名木川遊歩道モッコクの花CUT_400

めも:2019/06/21 SW001SH で撮影


2019年6月11日 (S公園)

モッコクって 葉の形がきれいです。 
R0044560モッコクの蕾と葉_400

地味に 蕾がついていますよ。
R0044551モッコクの蕾_400

R0044552モッコクの蕾_400

ズームで見ても どうということ無いネ。 (=^▽^=)

R0044554モッコクの蕾_400

「庭木の王」  ですって!
R0044550モッコクの木_400

R0044559モッコクの木の風景_400

めも:2019/06/11 CX2 で撮影

モッコク (木斛、学名:Ternstroemia gymnanthera)は、モッコク科の常緑高木。

2011年07月10日 花  2018年10月18日 実
花 実

江戸五木の一つ。 モチノキやマツと並び 「庭木の王」 と称される。
 
参考 
・ モッコク(木斛) - 庭木図鑑 植木ペディア
・ 庭木の王様!三大庭木&江戸五木! 木斛(モッコク)の胴吹き枝
 

 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.川沿いの遊歩道 場所_散歩.S公園 
2019年03月25日 (月) | 編集 |
 → 20190324_散歩 シリーズ

散歩コースの シンボルツリー  モクレン

そろそろ花が咲いている頃でしょう!
行ってみると 赤紫の花が、満開です! 

R0042262仙台掘川公園のシンボルツリーのモクレンの花_500

赤紫と 白のコントラストが 美しいですね。

R0042261仙台掘川公園のシンボルツリーのモクレンの花_400

R0042259仙台掘川公園のシンボルツリーのモクレンの花_400

青空に映えます。
R0042260仙台掘川公園のシンボルツリーのモクレンの花_400

木全体に花が咲いています。
R0042257仙台掘川公園のシンボルツリーのモクレンの花_400

散歩コースのシンボルツリー モクレン
R0042256仙台掘川公園のシンボルツリーのモクレンの花_400

めも:2019/03/24 CX2 で撮影

去年の様子
 ⇒ Myブログ:3/26 モクレンの花、散り始め

モクレン (木蓮、木蘭) Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora
モクレン科モクレン属の落葉低木。 

 Myタグ 花の色.紫 場所_散歩.S公園