FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2021年04月10日 (土) | 編集 |
20210406_散歩 シリーズ


4/6 バス通りの団地のフェンスに モッコウバラ の黄色い花

クリーム色の小さめの花
IMG_7977_0406バス通りのモッコウバラの黄色い花_400

IMG_7978_0406バス通りのモッコウバラの黄色い花_500

たくさん咲いています。
IMG_7981_0406バス通りのモッコウバラの黄色い花_400

フェンスの内側(庭側)は、かなりの高さが有り、蔓がずいぶん伸びています。
モッコウバラには、ピッタリの場所のようです。
IMG_7979_0406バス通りのモッコウバラの黄色い花_400

フェンスの外、道路を歩く人も花を楽しめます。
IMG_7976_0406バス通りのモッコウバラの黄色い花_400

めも:2021/04/06 PowerShot SX730 HS で撮影


モッコウバラ (木香茨、木香薔薇) 中国原産のバラ
枝には棘がない。(*^_^*)♪
 
 

 Myタグ 花の色.黄色 場所_散歩.バス通り 
2021年04月09日 (金) | 編集 |
20210406_散歩 シリーズ


バス通りの花壇に 数本植えられている シモクレン
今年はシンボルツリーの木蓮を見そびれたので、ここで会えてラッキー

目線の位置に花が!
IMG_8007_0406バス通りのシモクレンの花Zoom_400

IMG_8006_0406バス通りのシモクレンの花_400

まだ華奢な木です。
IMG_8004_0406バス通りのシモクレンとツツジの風景_400


花壇の足元には、小粒でキラキラな ツツジ(躑躅) の花。

紅白の花がお互いに引き立てあっています。
IMG_8008_0406バス通りのツツジの花紅白_400

IMG_8009_0406バス通りのツツジの花紅白_400

真っ白の花は、気品があって美しい。
IMG_8010_0406バス通りのツツジの花_400

白い花をズームで見てみましょう! 
IMG_8010_0406バス通りのツツジの花Zoom_400

めも:2021/04/06 PowerShot SX730 HS で撮影


・ モクレン(木蓮、木蘭)は、モクレン科モクレン属の落葉低木。
  花が紫色であることから、シモクレン(紫木蓮)の別名もある。


 Myタグ 場所_散歩.バス通り 花の色.白 花の色.赤 花の色.紫 
2021年04月08日 (木) | 編集 |
20210406_散歩 シリーズ


4/6 バス通りに沿った生け垣の トキワマンサクが白い花を咲かせています。

白くてチュルチュルした花。

IMG_7989_0406バス通りのトキワマンサクの白い花Zoom_400


IMG_7988_0406バス通りのトキワマンサクの白い花_400

IMG_7989_0406バス通りのトキワマンサクの白い花_400

葉っぱも見てね。

IMG_7986_0406バス通りのトキワマンサクの白い花_400

フェンスからはみ出して咲いています。(*^_^*)♪

IMG_7987_0406バス通りのトキワマンサクの白い花の風景_400

見上げると ヤエザクラが満開です。
IMG_7982_0406バス通りの八重桜の花_400

めも:2021/04/06 PowerShot SX730 HS で撮影


トキワマンサク 常磐万作 学名 Loropetalum chinense  マンサク科 トキワマンサク属



 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.バス通り 
2021年04月07日 (水) | 編集 |
20210406_散歩 シリーズ


4/6 昨日の雨が上がって、図書館へGO!!
バス通りに ふっくらした ヤエザクラ が咲いています。

一足遅く咲く 八重の桜(サクラ) は、ふっくらみごとです。

IMG_7983_0406バス通りの八重桜の花_400

葉っぱの色合いも優しげ~。
IMG_7984_0406バス通りの八重桜の花きれい_500


IMG_7982_0406バス通りの八重桜の花_400

手前に咲く白い花は、トキワマンサクです。

めも:2021/04/06 PowerShot SX730 HS で撮影

 
ヤエザクラ - Wikipedia
八重桜(やえざくら)は八重咲きになるサクラの総称。
ヤマザクラやサトザクラより変化したもので ボタン桜とも呼ばれる。
 

 Myタグ 花の色.桃色 桜(サクラ) 場所_散歩.バス通り 
2021年03月06日 (土) | 編集 |
バス通りに面したマンションの花壇。

2020/12/21 <== 2021/3/4

通るたびに スキミアが咲いていないか眺めていました。

3/4 咲き始めましたよ!
DSC_1358_0304バス通りのマンションの花壇のスキミアの花_400

DSC_1360_0304バス通りのマンションの花壇のスキミアの花_400

盛り上がった花
DSC_1356_0304バス通りのマンションの花壇のスキミアの花_400

花をズームで見てみましょう!
DSC_1356_0304スキミアの花Zoom_400

ハボタンもずいぶん伸びました。
DSC_1354_0304バス通りのマンションの花壇_400

ビオラやノースポールもきれいです。
DSC_1362_0304バス通りのマンションの花壇_400

めも:2021/03/04 SW001SH で撮影


スキミアは、日本原産のミカン科ミヤキシキミ属の常緑低木


 Myタグ 場所_散歩.バス通り 
2020年12月23日 (水) | 編集 |


散歩道のバス通りに面した花壇がリニューアルしました。

赤い小さな蕾はなんだっけ。(*^_^*)♪  スキミアの名札がありました。

咲いたらまた雰囲気が変わるでしょうね。
DSC_1263_1221 散歩道のバス通りに面した花壇_400

真っ赤な葉は、たぶん セイヨウイワナンテン
DSC_1264_1221 散歩道のバス通りに面した花壇_400

ハボタン、ノースポール、パンジー
DSC_1265_1221 散歩道のバス通りに面した花壇_400

めも:2020/12/27 SW001SH で撮影


スキミアは、日本原産のミカン科ミヤキシキミ属の常緑低木です。
別名を ミヤマシキミ と言いますが、シキミ(Illicium anisatum)の仲間ではありません。

参考 スキミア|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

こちらも見てね。
 ⇒ スキミア ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 

 Myタグ 場所_散歩.バス通り 
2020年10月14日 (水) | 編集 |

数日前から歯が痛くて・・・。
10/13 歯科へ行った帰り、面白いものを見つけました。

学校のフェンスを這う蔓に咲く白い花。 小さな実がなっています。

ヒョウタンです。  ずいぶん長く伸びた蔓~~~。

DSC_0964_1013学校のフェンスのヒョウタン_500

DSC_0959_1013学校のフェンスのヒョウタンの花_400

花をズームで見てみましょう!
DSC_0959_1013学校のフェンスのヒョウタンの花Zoom_400

実が小さいので千成ひょうたんかもしれません。
DSC_0961_1013学校のフェンスのヒョウタンの花と実_400

めも:2020/10/13 SW001SH で撮影

 
ヒョウタン (瓢箪、瓢簞、学名:Lagenaria siceraria var. gourda)は、ウリ科の植物。
 葫蘆 (ころ)とも呼ぶ。
なお、植物のヒョウタンの実を加工して作られる容器も「ひょうたん」と呼ばれる。


 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.バス通り 実.緑 
2020年06月24日 (水) | 編集 |
ピンクの花がふわ~っと咲いています。

ネムノキ

DSC_0569__0621バス通りのネムノキの花CUT_400

DSC_0571__0621バス通りのネムノキの花CUT_400

DSC_0571_0621バス通りのネムノキの花_400

DSC_0569__0621バス通りのネムノキの花_400

ここのネムノキの花はいつもタイミングが悪くて、やっと始めてきれいに写せました。

DSC_0570__0621バス通りのネムノキの花の風景_400

めも:2020/06/21 SW001SH で撮影

ネムノキ (合歓木、Albizia julibrissin)は、マメ科ネムノキ亜科の落葉高木。
 

 Myタグ 花の色.桃色 場所_散歩.バス通り 
2020年06月12日 (金) | 編集 |
20200607_散歩 シリーズ

バス通り に 植えられている数本の タイサンボク
IMG_2175_0607バス通りのホソバタイサンボクの花_300

名札を見ると ホソバタイサンボク
IMG_2177_0607バス通りのホソバタイサンボクの名札_400

先日通ったときは上の方に咲いていて、撮影は無理でした。
目の高さにいくつか蕾があったので、開く頃に見に行こうと楽しみにしていたのですが。
今日見に行ったら、目の高さには 蕾も花も花後も有りません。 (行くのが遅かった)
枝があちこち折られていて、もしかすると・・・。

それでも きれいに咲いている花を写すことができました。 (*^_^*)♪

IMG_2176_0607バス通りのホソバタイサンボクの花_400

IMG_2178_0607バス通りのホソバタイサンボクの花_500

めも:2020/06/07 PowerShot SX730 HS で撮影


6/11 に 通りかかったら 花は上の方、葉に遮られて見えません。
DSC_0518_0611バス通りのホソバタイサンボク_400

ラッキー 目の高さに 小さな蕾。
DSC_0517_0611バス通りのホソバタイサンボクの蕾_400

こっちは もっと低いところ。
DSC_0516_0611バス通りのホソバタイサンボクの蕾_400

「ホソバタイサンボクの葉の裏には、赤褐色の毛が密生。」 なるほど

DSC_0520_0611バス通りのホソバタイサンボクの葉裏_400

めも:2020/06/11 SW001SH で撮影


タイサンボク (モクレン科) Magnolia grandiflora
北米中南部原産で,1873年に渡来しました。
高さ10~20m,葉は長さ12~15cmの長楕円形の革質で特徴があります。
5~6月,直径12~15cmの芳香のある白い花が咲きます。
花弁は6個,まれに9~12個あります。
 

 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.バス通り 
2020年01月27日 (月) | 編集 |

散歩道のバス通りに面した花壇は、いつもきれいにお手入れされています

交差点で、信号待ちの合間に パ・チ・リ
IMG_0358船番所交差点の花壇_400

赤紫と黄色の色使い、インパクトあります
IMG_0359船番所交差点の花壇_400

しゃがんで見上げると また違った風景になります。
IMG_0361船番所交差点の花壇を見上げる_400

そばに立って見下ろすと、こんなです。(*^_^*)♪
IMG_0356船番所交差点の花壇_400


◆ 橋の袂の花壇
IMG_0363橋の袂の花壇_400

ここのカラフルですね。
IMG_0362橋の袂の花壇_400

ちょっと奥にアロエの花が咲いています。
IMG_0364橋の袂の花壇アロエの花_400

パンジーの大きな花は、ビオラとは違った存在感があります
IMG_0365橋の袂の花壇パンジーの花_400

花の間には シーサーがいますよ。 o(*'o'*)o
IMG_0367橋の袂の花壇シーサー_400

◆ 通りに面して 横長に飾られた花壇。

ステキなデザインです。
IMG_0369横長の花壇_400

曲線がおしゃれ
IMG_0371横長の花壇_400

色とりどりのビオラ
IMG_0370横長の花壇ビオラ_400

めも:2020/01/27 PowerShot SX730 HS で撮影

 

 Myタグ 場所_散歩.バス通り