散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2017年05月24日 (水) | 編集 |
 → 20170416_長崎 シリーズ

駐車場わきの小道を散歩。 横は道より低くなっていて幅の狭い藪です。

R0026773藪の風景_400

DSC_0136藪の様子、入口方向に見る_500


いろんな木々が生えていて ついカメラを向けてしまいました。

R0026754左巻きフジと右巻きヤマフジ混在した藪の風景_500

この時期 目立ったのは ヤマフジの花 ⇒ Myブログ
ですが・・・、周囲の木々にも、注目!

R0026744ヤマフジの咲く藪の風景_500

というわけで、なんだかわからない木々の写真を撮りました。
季節が巡り花や実がつけば 何かわかるでしょうが、それを見ることがあるかどうか・・・。
その時のための、メモみたいなものですが、もし何かわかればうれしいです。

A わりと大きな木です。 葉が道ほうまで伸びています。
R0026739何の木の葉-A_500

R0026738何の木の葉-A_500


B 新芽 これだけじゃ~ わかりませんよねぇ。 o(*'o'*)o
R0026753木の新芽何-BCUT_500

R0026753木の新芽何-B_500


C つる植物です。 (赤いのは あかめがしわです。 ⇒ Myブログ
R0026759蔓性植物の葉何-C_500

R0026758蔓性植物の葉何-C_500


D 葉っぱに特徴があるような 無いような・・・。
R0026742緑の木何-D_500

R0026743緑の木何-D_500


E 元気のいい木です。 新芽の色は今のうちだけでしょうね。
R0026765何の木-E_500

R0026766藪の何の木-E_500

R0026766何の木-E_500


F ハマナスかもしれません。 だとしたら初夏にきれいな花が咲くはず。
R0026771緑の葉の灌木ハマナスかも-F-Cut_500

R0026771緑の葉の灌木ハマナスかも-F_500

めも:2017/04/16 CX2 で撮影

この日の写真です、 まとめてどうぞ! → 20170416_長崎 シリーズ

 Myタグ 場所_九州.長崎 これは何??.葉  
2017年05月07日 (日) | 編集 |
 → 20170414_眼鏡岩 シリーズ

西連寺の奥  眼鏡岩公園 へ

眼鏡岩を登ると 崖に白い花がいっぱい。

クサイチゴ です。
R0026654クサイチゴの白い花_500

R0026520クサイチゴの白い花_500

R0026515クサイチゴの白い花_500

めも:2017/04/14 CX2 で撮影

クサイチゴ (草苺、学名: Rubus hirsutus)は、バラ科キイチゴ属の落葉小低木である。
別名、ワセイチゴ(早稲苺)
 

 Myタグ 花の色.白 場所_九州.長崎 
2017年04月28日 (金) | 編集 |
 → 20170414_眼鏡岩 シリーズ

西連寺 の階段の脇に 小さな花。
ハナイバナ
DSC_0099西連寺の階段の白い花ハナイバナZoom_500

DSC_0099西連寺の階段の白い花ハナイバナ_500
めも:2017/04/14 SW001SH で撮影


R0026456西連寺階段下_400
めも:2017/04/14 CX2 で撮影


ハナイバナ (葉内花)  Bothriospermum tenellum  ムラサキ科 ハナイバナ属

参考 キュウリグサとハナイバナ 野の花散歩
 

 Myタグ 場所_九州.長崎 花の色.白 はじめて!.花 
2017年04月28日 (金) | 編集 |
 → 20170414_眼鏡岩 シリーズ


4/14 眼鏡岩を見に行こうと ローカル線で お出かけ。
迷いながらたどり着いたのは、西連寺。

ここを登るんです。

R0026456西連寺階段下_400

登っているうちに 脇のほうに 白い花が 咲いているのを 見つけました。
しばし 止まって パ・チ・リ。 風に揺れるし 花は小さいので 写すの大変。

スマホから みんなの花図鑑で UPして 教えてもらいました。

ヒメウズ

R0026658ヒメウズの花_500

R0026659西連寺の階段の白い小さな花_500

R0026661ヒメウズの花と蕾Zoom_400

R0026463ヒメウズの花Zoom_400

めも:2017/04/14 CX2 で撮影

ヒメウズ(姫烏頭、学名:Semiaquilegia adoxoides (DC.) Makino)はキンポウゲ科に属する多年草。オダマキ属に含めることがある。
畑や人家周辺から山間部まで広く見られる。

 Myタグ 場所_九州.長崎 花の色.白 はじめて!.花 
2017年04月28日 (金) | 編集 |
 → 20170416_長崎 シリーズ

 4/16 駐車場わきの小道を散歩。 横は狭い藪です。

アカメガシワ 
大きなひらひらした葉に、中央の赤い葉が目立ちます。

IMG_20170416_195942アカメガシワの葉_400

IMG_20170416_195824アカメガシワの葉_400
めも:2017/04/16 SW001SH で撮影


R0026740アカメガシワの葉_500

R0026741アカメガシワの木_500

R0026758アカメガシワの風景_500

めも:2017/04/16 CX2 で撮影

アカメガシワ (赤芽槲、赤芽柏、Mallotus japonicus) トウダイグサ科アカメガシワ属の落葉高木。
若葉も木の芽も食べられるそうですし、樹皮には薬効成分もあるらしい。


 Myタグ 場所_九州.長崎 
2017年04月27日 (木) | 編集 |
 → 20170416_長崎 シリーズ


4/16 駐車場わきの小道を散歩。 横は狭い藪です。

面白い実を見つけました。 無花果に似てますね。
調べると イヌビワ です。

R0026762藪で実がなるイヌビワ_400

R0026763藪で実がなるイヌビワ_400

R0026764藪で実がなるイヌビワCUT_400

R0026764藪で実がなるイヌビワ_400

なんだか、藪の主役みたい。
R0026761藪で実がなるイヌビワ_400

こっちのほうには、もっと小さい実がついています。

これも イヌビワですって

R0026770これもイヌビワ?実に5本線_400

R0026768これもイヌビワ?_500

葉っぱが立派ですね。
R0026767これもイヌビワ_500

めも:2017/04/16 CX2 で撮影

イヌビワ (犬枇杷、学名: Ficus erecta)は、クワ科イチジク属の落葉小高木。
別名 イタビ、姫枇杷。
雌雄別株で、それぞれ 両方とも実は出来るんですって。 雌花嚢、雄花嚢。
 
参考 イヌビワ(犬枇杷) 松江の花図鑑
 

 Myタグ はじめて!.実 場所_九州.長崎 
2017年04月26日 (水) | 編集 |
 → 20170416_長崎 シリーズ

4/12 駐車場わきの小道を散歩。 横は狭い藪で、木々が芽吹いています。

ひときわ目立つ大きくて 変な 蕾がありました。  (この時は、写真は撮らなかった。)

4/16 カメラを持って行ってみると 蕾が咲いています。
何の花かわからず、後日 みんなの花図鑑 で教えてもらいました。

 フジ(ノダフジ) か ヤマフジ

蔓のまく方向が決め手ですが、藪はごちゃごちゃしているうえに 
そこがポイントと知らなかったので、なかなか決め手になる写真がありません。
さらに調べると 右巻きと左巻きの表現も入り乱れています。・・・ !!(>д<)ノ

要は、何の植物かわかればいいわけで、
蔓が右上がりに巻いていれば、ヤマフジ (*^_^*)♪

ヤマフジ

蕾と右巻き(右上がり)の蔓。 これが 藤(フジ) だとは! 
R0026749ヤマフジの花の蕾と右巻きの蔓_400

4日後、きれいに咲きました。
R0026747ヤマフジの花_500

R0026746ヤマフジの花_500

ズームで見てみましょう!
R0026780ヤマフジの花Zoom_500

蔓のまく方向を確認 ((クリックで拡大します)
R0026745フジの花蔓のまく方向_500

フジ棚で見るのとは、趣が違いますね。
R0026751ヤマフジの花の風景_400

反対側に回って 撮影。
R0026777ヤマフジの花と右巻きの蔓_500

めも:2017/04/16 CX2 で撮影


こちらもみてね。 ⇒ 藤(フジ) ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
  
参考
・ フジ・ヤマフジ・ナツフジの区別点 岡山理科大学 生物地球学部 生物地球学科
・ ヤマフジのつるは左巻き?
・ フジ(ノダフジ)とヤマフジの右巻き左巻き  チューメイくんの田舎ぐらし
・ わしは右巻きなのか左巻きなのか 一体どっちなんじゃい!(苛つく山藤氏)

 Myタグ 花の色.桃色 藤(フジ) 場所_九州.長崎 
2017年04月14日 (金) | 編集 |
 → 20170414_眼鏡岩 シリーズ


4/14  西連寺 と 眼鏡岩公園 に行きました。

参道の 道端に、ハハコグサ が咲いています。
R0026631ハハコグサ_400

R0026632ハハコグサ_400

R0026633ハハコグサ_400


隣に 変なのが~。 ウラジロチチコグサ
R0026637ウラジロチチコグサ-A_500

R0026636ウラジロチチコグサ-A_400

R0026640ウラジロチチコグサ-A_500

西連寺 参道
R0026478西連寺参道_400

めも:2017/04/14 CX2 で撮影


参考 ウラジロチチコグサ(裏白父子草) 松江の花図鑑
 

 Myタグ 場所_九州.長崎 花の色.黄色 
2016年04月29日 (金) | 編集 |
→ 2016/04/14~04/25_長崎旅行 シリーズ

2016/4/17 道端のヤブに咲いていた花です。

白い小さい花が集まった様子は、ガマズミに似ていますが、葉っぱが違います。
ハクサンボク じゃないかと 教えてもらいました。 → みんなの花図鑑

調べてみると、ハクサンボク の葉は常緑で、照りがあり厚みがあるとのこと。
南の方の木というのも ピッタリ (*^_^*)♪

R0019063白い花ハクサンボク?照りのある葉_500

R0019063白い花ハクサンボク?花と照りのある葉_500

R0019064白い花ハクサンボク?_500

R0019065白い花ハクサンボク?Zoom_500

R0019061白い花ハクサンボクの風景_500

めも:2016/04/17 CX2 で撮影

・ ハクサンボク (白山木) Viburnum japonicum スイカズラ科 ガマズミ属 常緑樹
  葉の表面には艶があり、浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
 日本固有種。愛知県近辺の太平洋岸、伊豆諸島、山口県、九州、沖縄などに分布。

・ ガマズミ Viburnum dilatatum スイカズラ科 ガマズミ属 落葉樹
 葉の両面に毛が生えている。
 北海道の南部から九州、朝鮮半島 

参考  ガマズミ(莢迷)とハクサンボク(白山木) ルビーの輝き  2010年 12月 03日
 

 Myタグ 花の色.白 場所_九州.長崎 はじめて!.花 メモ.紛らわしい 
2016年04月28日 (木) | 編集 |
→ 2016/04/14~04/25_長崎旅行 シリーズ

2016/4/17 道端の木に咲いていた花です。
オオデマリ の白い花。 

小手毬の大きなのというより、紫陽花に似ています。

R0019068白い花オオデマリ花と葉_500

ズームで見てみましょう!
R0019068白い花オオデマリ花と葉Zoom_500

R0019069白い花オオデマリ花と葉_500

R0019067白い花オオデマリ_500

かなり大きな木ですよ。
R0019066白い花オオデマリ風景_500

めも:2016/04/17 CX2 で撮影

オオデマリ はスイカズラ科  学名:Viburnum plicatum var. plicatum  別名テマリバナ。
日本原産のヤブデマリの園芸品種である。
花期は5月頃で、アジサイのような白い装飾花を多数咲かせる。
原種は花序の周辺にだけ装飾花をつけるものだが、品種改良によって花序の花すべてが装飾花となったものである。
ウィキペディアより
 
 Myタグ 花の色.白 場所_九州.長崎