FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2019年08月05日 (月) | 編集 |

東京国立博物館 (トーハク) の三国志展へ行きました。

表慶館から 平成館へ入った所で横を見ると、大きな花 
たしか 以前にも見たことがあります。
R0045345平成館の入口のアメリカフヨウ紅白の大きな花_400

アメリカフヨウ だと思います。
R0045345平成館の入口のアメリカフヨウ紅白の大きな花cut_400

ハイビスカスに似た花、大きい!
R0045346アメリカフヨウのピンクの花がたくさん咲く_400


葉っぱに特徴がないのが特徴かも o(*'o'*)o
R0045347アメリカフヨウのピンクの花と葉_500

ピンクの大きな花、
R0045348アメリカフヨウのピンクの花と葉_500

シベをズームで見てみましょう!
R0045348アメリカフヨウのピンクの花のシベZoom_400

奥の方に 白い花、
R0045349アメリカフヨウの白い花_400

中心は真っ赤
R0045349アメリカフヨウの白い花CUT_500

シベをズームで見てみましょう!
R0045349アメリカフヨウの白い花のシベZoom_400

さぁ 平成館に入りますよ!
R0045351平成館_400

めも:2019/08/01 CX2 で撮影



 Myタグ 花の色.白 花の色.桃色 場所_上野公園 メモ.紛らわしい 
2019年08月04日 (日) | 編集 |

東京国立博物館 (トーハク) の三国志展へ行きました。

東京国立博物館の門を入ると 広々とした庭。左手に表慶館、右手に本館
R0045338トーハクのユリノキ_400

そして シンボルツリーのユリノキ
R0045339トーハクのユリノキ_400

表慶館。 日差しが暑く日傘や帽子の人
木々を見上げることもなさそうです・・・。
R0045340表慶館_400

ピンクと白の サルスベリの木。
R0045341サルスベリの紅白の木_400

サルスベリの木 ピンクの花
R0045341サルスベリの紅の木cut_400

ピンクの花、パ・チ・リ
R0045342サルスベリの花ピンク_400

隣のサルスベリの木 白い花
R0045341サルスベリの白の木_400

白い花 パ・チ・リ。
R0045343サルスベリの花白_400

R0045344サルスベリの花白_400

さぁ、これから 平成館へ


めも:2019/08/01 CX2 で撮影



 Myタグ 花の色.白 花の色.桃色 場所_上野公園 
2019年07月30日 (火) | 編集 |
近所の公園に エンジュ (槐)の木が数本。
真っ白の花を咲かせています。 毎年楽しみ!

エンジュの花満開
R0045306エンジュの花満開_400

花の蕾
R0045309エンジュの花蕾_400

花が開いています
R0045304エンジュの花_400

高いところに咲く小さな花、ズームで見てみましょう!
R0045304エンジュの花CUT_400

花と蕾
R0045303エンジュの花CUT_400

この木は花が咲くのが少し早かったようで 散った花が実に変化しはじめ
R0045300エンジュの花と花後_400

葉も観察
R0045310エンジュの葉_400

地面には、たくさんのエンジュの花が散っています。

1つだけ パ・チ・リ
R0045297エンジュの花が散っている_400

緑の木々に囲まれた 白い花の枝
R0045301エンジュの花満開_400

R0045302エンジュの木_300


めも:2019/07/29 CX2 で撮影


こちらも見てね ⇒ エンジュの花の季節 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

実の写真も見てね
エンジュの実 2011年10月 ⇒ Myブログ:エンジュの実が落ちていたので

エンジュの実

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

公園のエンジュとハリエンジュ 比べてみよう
 ⇒ エンジュ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 ⇒ ハリエンジュ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

紛らわしい!
・ エンジュ  (槐) マメ科  エンジュ属
・ ニセアカシア  ハリエンジュ (針槐) マメ科 ハリエンジュ属
・ アカシア  マメ科 アカシア属の総称
・ ネムノキ    ネムノキ科 (広い意味でマメ科) ネムノキ属
 

 Myタグ 花の色.白 
2019年07月29日 (月) | 編集 |
日比谷公園で 待ちに待った リュウゼツランの花が咲いていると、
Twitterでお知らせがありました。

★ Twitter →  「都立日比谷公園 園長の採れたて情報

リュウゼツランの花は、30~50年に一回だけ咲くんだそうです!
一生に一度ですからね、見逃したくない! (=^▽^=)

7/17に蕾だった リュウゼツラン (アオノリュウゼツラン) 
どんな花が咲いているのか 期待でワクワク

日比谷公園を入ると、スマホ片手に大勢がウロウロ~、何のイベント?
と、そんなことはどうでもいい。 ペリカン噴水へ一目散。 o(*'o'*)o

DSC_7985_0729リュウゼツランの花の風景_400
めも:2019/07/29 SW001SH で撮影


ここにもカメラを構える人がいますが、みなさん珍しい花を見て 嬉しそう。
R0045283日比谷公園のアオノリュウゼツランの風景_400

日比谷公園らしい高層ビルとのツーショット。今は 7m近い高さです。
R0045287日比谷公園のアオノリュウゼツランの風景_400

てっぺんはまだつぼみ
R0045289日比谷公園のアオノリュウゼツランの花と蕾_400

下から順に咲くのだそう。
R0045289日比谷公園のアオノリュウゼツランの花と蕾CUT_400

見る角度を変えて見上げます。
R0045295日比谷公園のアオノリュウゼツランの花_400

開いた花からシベが飛び出しています。
R0045290日比谷公園のアオノリュウゼツランの花_400

ズームで見てみましょう!
R0045290日比谷公園のアオノリュウゼツランの花Zoom_500

アオノリュウゼツランの花に虫が飛ぶ
R0045286日比谷公園のアオノリュウゼツランの花に虫が飛ぶ_400

その下は、花が終わったようで茶色っぽくなっています。
R0045296日比谷公園のアオノリュウゼツランの花後_400

リュウゼツランの根元
R0045293日比谷公園のアオノリュウゼツランの根元CUT_400

ペリカン噴水と、リュウゼツランの根元
R0045293日比谷公園のアオノリュウゼツランの根元とペリカン噴水_400

日比谷公園のアオノリュウゼツランの説明
R0045294日比谷公園のアオノリュウゼツランの説明_500

めも:2019/07/29 CX2 で撮影


7/17の様子
 ⇒ Myブログ:7/17 リュウゼツランの蕾とペリカン噴水:日比谷公園
 
「リュウゼツラン」は、クサスギカズラ科 (または アスパラガス科、キジカクシ科)
アオノリュウゼツラン → Wikipedia
 

 Myタグ 場所_日比谷公園 珍しい植物 
2019年07月11日 (木) | 編集 |
7/9 近所の庭で 梅の木の剪定をする というので撮影に行きました。

花も実もない 梅の木よりこっちに 見とれます。 o(*'o'*)o

見上げるような キダチチョウセンアサガオ

迫力すら感じます。

R0045064キダチチョウセンアサガオ_400

エンジェルトランペット の 名の通りです
R0045064キダチチョウセンアサガオcut_400

少し近づいて、下の方から見上げましょう
R0045065キダチチョウセンアサガオ_400

光に透けるような葉っぱもきれい!
R0045065キダチチョウセンアサガオcut_400

めも:2019/07/09 CX2 で撮影


7/11 近所を散歩 またキダチチョウセンアサガオが咲いています。

これは、花のない季節に なんの葉かしら? って首を傾げたもの。
派手な花が咲き、ついに キダチチョウセンアサガオとわかりました。。

DSC_7744郵便局のキダチチョウセンアサガオ_400

DSC_7740郵便局のキダチチョウセンアサガオ_400

めも:2019/07/11 SW001SH で撮影


キダチチョウセンアサガオ ナス科 キダチチョウセンアサガオ属 (Brugmansia) 低木または高木である。
学名のカタカナ表記で、ブルグマンシア属と呼ぶこともある。
また、園芸名で エンジェルストランペット、エンジェルトランペット (Angel's Trumpet) と呼ばれることが多い。
春から秋にかけて、下向きに垂れ下がった花をつける。
 
こちらも見てね
 ⇒ キダチチョウセンアサガオ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 

 Myタグ 花の色.黄色 
2019年06月29日 (土) | 編集 |
20190621_散歩 シリーズ

6/18 いつもお世話になっている 「平家蟹さん」の『花盗人の花日記』で
 ナナミノキ の花を 見ました。(2019. 06. 18)

ピンクの花が ちょっとかわいい!

そういえばどこかに ナナミノキ が・・・、 なかなか思い出せない。

6/21 散歩の途中のマンションに、名札がかかっていました。 
前にもここでみて どんな花が咲くのか 楽しみにしていたんです。
今回も 咲いていませんでした・・・。

一応 備忘録として 写真を載せておきます。

R0044797ナナミノキに花はない_400

R0044803ナナミノキの葉モチノキ科_400

R0044798ナナミノキ_400

ナナミノキの名札
R0044796ナナミノキ名札_400

めも:2019/06/21 CX2 で撮影

 
ナナミノキ 七実の木  Ilex chinensis.   モチノキ科 モチノキ属,
別名/ナナメノキ(斜めの木),カシノハモチ.
常緑高木 雌雄別株  花期:6月
 Myタグ
2019年06月29日 (土) | 編集 |
20190621_散歩 シリーズ

見上げるところに 白い花!
ナツツバキ (シャラ) の 花 です。

初夏の日差しに輝いています!

R0044832シャラ(ナツツバキ)の花Zoom_400

R0044833シャラ(ナツツバキ)の花_400

樹皮は 赤みがかって ツルツルしてます。
R0044819シャラ(ナツツバキ)の花と木の幹_400

高い木の 上の方に咲いていました。 \(^o^)/

R0044831シャラ(ナツツバキ)の木_300

めも:2019/06/21 CX2 で撮影

ナツツバキ (夏椿) ツバキ科 ナツツバキ属の落葉高木。 
別名は シャラノキ (娑羅樹) 
椿の花と同じくらいの大きさの白い花。
 

 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.リョウブ通り 
2019年06月28日 (金) | 編集 |
20190611_樹木散歩 シリーズ

最近注目している モッコク 花が咲くのが待ち遠しい!

2019年6月21日

注目しているモッコクがあるのは、バス通りの交差点と 遊歩道です。
(6/11に見たのは、別の場所です。 注意すれば モッコク よく見かけます)

遊歩道の蕾が 先に開きました。
DSC_7363_0621小名木川遊歩道 モッコクが咲いた_400

DSC_7363_0621小名木川遊歩道モッコクの花CUT_400

めも:2019/06/21 SW001SH で撮影


2019年6月11日 (S公園)

モッコクって 葉の形がきれいです。 
R0044560モッコクの蕾と葉_400

地味に 蕾がついていますよ。
R0044551モッコクの蕾_400

R0044552モッコクの蕾_400

ズームで見ても どうということ無いネ。 (=^▽^=)

R0044554モッコクの蕾_400

「庭木の王」  ですって!
R0044550モッコクの木_400

R0044559モッコクの木の風景_400

めも:2019/06/11 CX2 で撮影

モッコク (木斛、学名:Ternstroemia gymnanthera)は、モッコク科の常緑高木。

2011年07月10日 花  2018年10月18日 実
花 実

江戸五木の一つ。 モチノキやマツと並び 「庭木の王」 と称される。
 
参考 
・ モッコク(木斛) - 庭木図鑑 植木ペディア
・ 庭木の王様!三大庭木&江戸五木! 木斛(モッコク)の胴吹き枝
 

 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.川沿いの遊歩道 場所_散歩.S公園 
2019年06月27日 (木) | 編集 |
20190621_散歩 シリーズ

「リョウブ通り」 を歩いていると、実がなった木があります。

たしかこの辺に 「ヤマナシ」 の木があったから その実でしょう。

R0044841ヤマナシの実_400

小さくもなく といって 大きくもない 微妙なサイズ・・・ 

R0044841ヤマナシの実Zoom_400

R0044839ヤマナシの実CUT_400

もう一本の木に名札があり、頭上高く 同じ実がなっていました。

R0044842ヤマナシの木と名札_400

来年は、花もみたいな!
R0044838ヤマナシの木_400

めも:2019/06/21 CX2 で撮影

ヤマナシ (山梨)  バラ科 ナシ属 梨の原種。
あいにく 果実はかたく、まずいそうです。 !!(>д<)ノ
 

 Myタグ はじめて!.実 場所_散歩.リョウブ通り 実.茶色 
2019年06月27日 (木) | 編集 |
20190621_散歩 シリーズ

エノキ の木って 知ってるようで 知らない・・・。
名札があるときは、安心しきって イマイチ集中せず ぼ~ ッと見ているのかもね。

エノキの下で見上げる。 なんかいい雰囲気
R0044807エノキの葉と実を見あげる_400

今回は、葉と実を 観察
R0044808エノキの葉と実_400

R0044809エノキの葉と実_400

上記の2枚と 葉の感じが違うような・・・。

R0044806エノキの葉_400

めも:2019/06/21 CX2 で撮影

 
エノキ (榎) アサ科 エノキ属 (以前はニレ科に含まれていた). 学名 Celtis sinensis.
高木. ケヤキ・ムクノキに似ている


 Myタグ 場所_散歩.リョウブ通り 
FC2 Management