fc2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2021年08月21日 (土) | 編集 |
20210818_散歩 シリーズ


8/18 のOJK公園 ヒョウタンの向かい側、
ブラシノキ の花が咲いています。

IMG_1096_0818OJK公園ブラシノキの花CUT_400

IMG_1096_0818OJK公園ブラシノキの花_400

IMG_1094_0818OJK公園ブラシノキの花_400

めも:2021/08/18 PowerShot SX730 HS で撮影

この木は、11月にも咲いてました。
⇒ Myブログ:2020年11月1日

ブラシノキ (学名:Callistemon speciosus) フトモモ科ブラシノキ属の常緑小高木。
別名、カリステモン (本来は属名のラテン名である)、ハナマキ(花槙)、キンポウジュ(金宝樹)。
花期は5~6月、初夏と秋の二期咲き、四季咲き(季節を限らず、何回でも花が咲く) があります。
 
参考
・ ブラシノキ Callistemon speciosus (フトモモ科 ブラシノキ属)  ~ 岡山理科大学 自然フィールドワークセンター
・ 庭木図鑑 植木ペディア > ブラシノキ
 

 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 花の色.赤 
2021年08月20日 (金) | 編集 |
20210818_散歩 シリーズ

8/18  ヒョウタンにつられてやってきた OJK公園

おなじみの水槽(池)に  ハス(蓮) の実 と ふっくらとした 蕾

IMG_1076_0818OJK公園ハスの実と蕾_400

ハスの葉と実
IMG_1075_0818OJK公園ハスの実と蕾CUT_400

スイレンの葉や水草。 鯉が泳いでいます。
IMG_1075_0818OJK公園ハスの実と蕾_400

ウォーターバコパの花
IMG_1079_0818OJK公園ウォーターバコパの花_400

めも:2021/08/18 PowerShot SX730 HS で撮影


前回、ここで蓮の花を見たのは、
 ⇒ Myブログ:2021/06/21 蓮の花と水草

午後の蓮の花と蕾
 

 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 
2021年08月19日 (木) | 編集 |
20210818_散歩 シリーズ

OJK公園の階段の下に、
「ヒョウタンの実がなった」とのお知らせ

IMG_1098_0818ヒョウタンの案内_300

行ってみよう!

IMG_1082_0818OJK公園ヒョウタンの風景_400

ヒョウタン(瓢箪) の棚の内側に、大きな実が一つ

IMG_1085_0818OJK公園ヒョウタンの実_400

棚の上の方に咲いている花。

IMG_1091_0818OJK公園ヒョウタンの花と小さな実_400

花のそばに 小さな実がなっています。 大きくなってね!

IMG_1090_0818OJK公園ヒョウタンの小さな実2つ_400

ヒョウタンの花は、真っ白。

IMG_1091_0818OJK公園ヒョウタンの花Zoom_400

IMG_1087_0818OJK公園ヒョウタンの花_400

めも:2021/08/18 PowerShot SX730 HS で撮影


ちょうど、育てた方がいて、見学の人たちに説明をしています。

 花数が少ないうえに、なかなか受粉しない、高いところの人工受粉にも一苦労。
 小さな実がなっても なぜか育たない。
やっとこの1つがなったのだと 嬉しそう。
今ついている 小さな実が育つといいですね!
ひょうたんの花は雄花も雌花も夕方から夜にかけて開き、翌朝にはしぼんでしまいます。
同じ夜に雄花と雌花が咲き揃わないと受粉できない。ひょうたんの実にはならないのです。

ひょうたんの育て方(栽培方法) ~花(雄花と雌花)と、人工受粉で実をつける方法
 ひょうたんの実は、「孫づる」にしか実がならないので、摘芯をして実をつけよう!


ヒョウタン(瓢箪、瓢簞、学名:Lagenaria siceraria var. gourda)は、ウリ科 ユウガオ属
ウリ科のつる性の1年草で、干瓢(かんぴょう)にするユウガオの変種

こちらも見てね。 懐かしい!
 ⇒ 2015/10/3 「世界のヒョウタン展」を見る ~ Myブログ「パそぼのあれこれフリーク:Part2」

世界のヒョウタン展

これまでに見たヒョウタンのこと。
 ⇒ ヒョウタン(瓢箪) ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 ⇒ ヒョウタン ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

面白い話を見つけました。
・ ヒョウタンと古代の海洋移住 | 海洋政策研究所 - 笹川平和財団
・ No.11 人類の原器 ヒョウタン1万年の世界 湯浅 ... - 東京農業大学
 

 Myタグ 場所_散歩.OJK公園 花の色.白 実.緑 
2021年08月18日 (水) | 編集 |
20210818_散歩 シリーズ


ナツツバキ も ヒメシャラ も 
近年 花をよく目にするようになりました。

花はどちらも 6~7月。

通りかかった住宅に、向かい合って 両方植えられていました。

今は花の後が実になっています。

ナツツバキの実
IMG_1068_0818ナツツバキの実_400

IMG_1067_0818ナツツバキの実_400

ナツツバキの葉
IMG_1070_0818ナツツバキの葉_400

ナツツバキの木と葉
IMG_1064_0818ナツツバキの木と葉_400

ナツツバキの幹2本、皮が向けたような樹皮
IMG_1071_0818ナツツバキの幹2本_300

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ヒメシャラの実
IMG_1074_0818ヒメシャラの実Zoom_400

ヒメシャラの実と葉
IMG_1074_0818ヒメシャラの実_400

ヒメシャラの木
IMG_1072_0818ヒメシャラの木_400

めも:2021/08/18 PowerShot SX730 HS で撮影


ナツツバキ (夏椿) Stewartia pseudocamellia ツバキ科 ナツツバキ属。 落葉広葉。小高木
別名は シャラノキ (娑羅樹) 

ヒメシャラ (姫沙羅) Stewartia monadelpha ツバキ科/ナツツバキ属。 落葉広葉。小高木
 
おまけ
ナツツバキの花 と ヒメシャラの花
2021/06/02 2011/06/21
 

 Myタグ
FC2 Management