FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2018年04月05日 (木) | 編集 |
昨日(4/4)見たTV新番組
又吉直樹のヘウレーカ! 「なぜ植物はスキマに生えるのか?」
登場したのは、日本の植物学者 塚谷 裕一 さん。
又吉直樹さんと二人で 街中の隙間を探索します。

お~お~、なじみ深い植物が続々登場ですよ。

というわけで、TVに登場した植物を 探してみましょう。
以下にのせましたが、どれも 公園や原っぱで咲いているものがほとんどで、
隙間の写真はなかなか無いです・・・。

ホトケノザ (仏の座の上に仏さまが並んでる)
2015/03/01~03/05_長崎旅行 シリーズ


ハコベ


ナズナ 「ペンペングサ」
花の茎を指で回すと実同士がぶつかってペンペンペンペンって音がする。
3/16 日比谷公園


オランダミミナグサ
2007/3/23


アレチノギク
20160909_散歩 シリーズ


タネツケバナ
これが咲きだしたらもう気温が緩んできたっていう証拠なので
農家の方が種もみの準備をする目安になる。
3/16 日比谷公園


20150313_散歩
カラスノエンドウ



スズメノエンドウ
20170424_散歩 シリーズ


タンポポ
2013年4月1日 日比谷公園シリーズ


カタバミ 黄色い花
「カタバミ」とは、カタバミ科カタバミ属の多年草
2009/06/16
 


オオバコ
道の真ん中に生えて踏みつけられても元気なんですって。

2007/4/1
オオバコの写真は無くて、たくさんとっているのが ヘラオオバコ
 

ヘラオオバコ(箆大葉子) は、ヘラのように細長い葉をもったオオバコの仲間、

ツメクサ は、見ているかもしれないけれど、気づいていません。(写真もなし)
葉っぱがすごく細くてちょっと爪を切ったときの爪の端っこのように見えるとか
あるいはたくさん集めて詰め物にしたとか。
ツメクサ(爪草、学名:Sagina japonica (Sw.) Ohwi)は、ナデシコ科ツメクサ属

クローバーで親しまれいるのシロツメクサ(白詰草、学名:Trifolium repens)は、別物ですね、
クスダマツメクサ(薬玉詰草、学名: Trifolium campestre)、コメツブツメクサ(米粒詰草、学名: Trifolium dubium)は
マメ科シャジクソウ属

クローバーと葉が似ているのがカタバミ
「カタバミ」とは、カタバミ科カタバミ属の多年草

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

そのほか、隙間に生えている植物の写真


参考 
スキマの植物その 1 ・ その2  | いのちの森 voice of forest- TOKYO FM 80.0MHz
スキマに生える植物のお話をしていただきました - NEC presents THE FLINTSTONE

又吉直樹のヘウレーカ! 「なぜ植物はスキマに生えるのか?」
身近にある「いわれてみればなぜ?」という小さな疑問を又吉直樹が解き明かし、奥に広がる深~い世界を味わう教養バラエティー。
第1回は「なぜ植物はスキマに生えるのか」
アスファルトやコンクリートのスキマに生える小さな草花たち。
なんでわざわざ窮屈そうなところに生えるのか? 
植物学者の塚谷裕一さんは、都会に生きる植物にとってスキマはパラダイスだという。
ほかの草が新規参入しづらいため、スキマの植物は日光を独占できる。
またアスファルトの下の土は湿っているので水分補給も容易。

◆オオバコ驚きのスキマ戦略
山田駿佑君が登場。
小学4年生の時の自由研究「オオバコはなぜ道のまん中に生えているのか?」を紹介。

◆なぜ神社仏閣のオオバコは小さいのか?
『本草図譜』 「神社仏閣型オオバコ」
由緒正しい歴史ある神社仏閣では、長年に渡って草むしりで抜かれてきたため
目立たないように小さくなり極小のオオバコへと進化した。

◆ 出演者二人のオオバコで一句で締めくくられた 

 Myタグ
2013年05月11日 (土) | 編集 |
→ 20130505_青梅 シリーズ

永山ハイキングコース 
ワラビ か ゼンマイみたいなのを、見つけました。

P5050148ワラビかゼンマイ_500

P5050147ワラビかゼンマイ_500

P5050145ワラビかゼンマイ_400

P5050143ワラビかゼンマイの風景_500

めも:2013/05/05 SP570UZ で撮影


「わらび」は、日当たりの良いところに生えています。
  色は緑色で、茎(実際は葉柄という葉の一部)の先端が3~5に分かれて、こぶし状になっています。

「ぜんまい」は、比較的湿ったところに生えています。
  色は茶色で、茎の先端がくるくると丸まって綿毛で覆われています。

「こごみ(草そてつ)」は「ぜんまい」と似た山菜ですが、先端が綿毛で覆われていません。
  アクもないので、湯がいてオヒタシにしたり胡桃等で合えて食べます。


こちらもみてね
 ⇒ 青梅でピクニック ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ イングリッシュガーデンのTeaRoom ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 Myタグ 場所_青梅 メモ.紛らわしい 
2013年05月11日 (土) | 編集 |
→ 20130505_青梅 シリーズ

永山ハイキングコース 
1本の蕾は 一人静 でしょうか。
二人静は蕾でも咲いても こんなかんじです。
でも、花が1本だから 迷ってしまいます。

やっぱり、フタリシズカ です (^^ゞ

平家蟹さんが教えてくださいました。ありがとうございます。
 → 花盗人の花日記 の ヒトリシズカ

P5050139ヒトリシズカの蕾?_500

開いたところを、見たいなぁ!
P5050139ヒトリシズカの蕾?Zoom_500

P5050138ヒトリシズカの蕾?_500

めも:2013/05/05 SP570UZ で撮影

フタリシズカ(二人静、学名:Chloranthus serratus)は、センリョウ科 チャラン属の多年草。
ヒトリシズカ(一人静、学名: Chloranthus japonicus )は、センリョウ科 チャラン属の多年草。

ヒトリシズカは、咲くとすごく華やかになって注目ですが、地味な蕾の写真はWebでもあまり見当たりません。

参考:
・ センリョウ科の植物 フタリシズカ と ヒトリシズカ
・ 横浜生まれの家族の部屋 
・ ヒトリシズカ」について ぽんぽこ 

こちらもみてね
 ⇒ 青梅でピクニック ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ イングリッシュガーデンのTeaRoom ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 Myタグ 花の色.白  場所_青梅 メモ.紛らわしい 
2013年05月10日 (金) | 編集 |
→ 20130505_青梅 シリーズ

永山ハイキングコース 
モミジのような羽をつけた実がたくさん付いている木を見つけました。
葉が、モミジとは違う。

写真もよく写っていなくて調べるのが大変だったけれど、
たぶん ハナノキ じゃないでしょうか。

果実(翼果)の様子
P5050124ハナノキの実?Zoom_500

葉の形
P5050126ハナノキの実?_500

P5050124ハナノキの実?_500

P5050123ハナノキの実?_500

木には明るい緑の葉が茂り、一面に果実(翼果)が付いています。
P5050121ハナノキの実?_500

めも:2013/05/05 SP570UZ で撮影

ハナノキ(花の木、学名 Acer pycnanthum)はカエデ科カエデ属の落葉高木。
カエデの仲間で、別名 ハナカエデ。
 カエデ科は、新しいAPG植物分類体系では ムクロジ科に含められている。

こちらもみてね
 ⇒ 青梅でピクニック ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ イングリッシュガーデンのTeaRoom ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 Myタグ これは何??_実 はじめて!.実 実.赤 場所_青梅 
2013年05月10日 (金) | 編集 |
→ 20130505_青梅 シリーズ

永山ハイキングコース 
ヤマツツジが咲いています。
P5050132ヤマツツジ花_500

P5050130ヤマツツジ_500

P5050120ヤマツツジの風景_500


こちらは、小さな神社の境内に咲く ツツジ。 華やか!
P5050170神社のツツジ_500

めも:2013/05/05 SP570UZ で撮影

こちらもみてね
 ⇒ 青梅でピクニック ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ イングリッシュガーデンのTeaRoom ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 Myタグ 花の色.桃色 場所_青梅 
2013年05月09日 (木) | 編集 |
→ 20130505_青梅 シリーズ

永山ハイキングコース を 友人たちと歩きます。
なにか見つけたようです! 


この奇妙な花は マムシグサ



注目 茎が マムシ模様!!
P5050137マムシグサ_400

めも:2013/05/05 SP570UZ で撮影

⇒ Myブログ:ムサシアブミ と マムシグサの奇妙な花 

こちらもみてね
 ⇒ 青梅でピクニック ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ イングリッシュガーデンのTeaRoom ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 Myタグ 場所_青梅 花の色.黒や茶系 
2013年05月09日 (木) | 編集 |
→ 20130505_青梅 シリーズ

永山ハイキングコース 
高い木に 白い花がたくさん! ミズキ(水木) でしょう。



P5050106山の広場のミズキの花Zoom_500

P5050102山の広場のミズキ_500

P5050101山の広場のミズキ_500

めも:2013/05/05 SP570UZ で撮影

ミズキ (水木)  ミズキ科 ミズキ属

こちらもみてね
 ⇒ 青梅でピクニック ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ イングリッシュガーデンのTeaRoom ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 Myタグ 花の色.白 場所_青梅 
2013年05月09日 (木) | 編集 |
→ 20130505_青梅 シリーズ

釜の淵公園 (多摩川)


鮎美橋と柳淵橋が 両側にかかっています。
 

ヤマフジは、盛りを過ぎていたので、あまり写真は撮らなかった。
けれど、やはり存在感のある美しさ!

柳淵橋からみたヤマフジ


昼食を食べた柳淵橋のたもとから見上げたヤマフジ

P5050081柳淵橋とヤマフジ_500

P5050082ヤマフジ_400


めも:2013/05/05 SP570UZ で撮影

ここで見た野鳥は、意外に少なくて ツバメ トビ ハクセキレイ カラスくらいでした。
キセキレイを見たかったの・・・。

こちらもみてね
 ⇒ 青梅でピクニック ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ イングリッシュガーデンのTeaRoom ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 Myタグ 花の色.紫 場所_青梅 
2013年05月08日 (水) | 編集 |
→ 20130505_青梅 シリーズ

青梅 釜の淵公園  柳淵橋 (多摩川)のたもと。
姫空木やら何やら いろんな草木が生い茂っています。

かわいい白い花を見つけました。 何の花でしょうか?

わかりました! マルバウツギ です。
ポポさんが教えて下さいました。ありがとうございます。

花と蕾が たくさん付いています。
中心がオレンジ色の花は、シベがつんつん。
上向きに咲いているので 元気いっぱいって印象です!

P5050087何白い花?Zoom_500

P5050085何白い花?_500

P5050087何白い花?_500

P5050083崖の草木白い花何?_500

青梅 釜の淵公園  柳淵橋 (多摩川)のたもとで


めも:2013/05/05 SP570UZ で撮影

マルバウツギ(丸葉空木、学名: Deutzia scabra)は、アジサイ科(ユキノシタ科)ウツギ属の落葉低木。ツクシウツギともいう。

こちらもみてね
 ⇒ 青梅でピクニック ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ イングリッシュガーデンのTeaRoom ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 Myタグ 花の色.白 場所_青梅 メモ.わかりました メモ.紛らわしい 
2013年05月08日 (水) | 編集 |
→ 20130505_青梅 シリーズ

多摩川の川岸で見つけた白い花。
ヒメウツギでしょうか、もう散り始めています。

P5050063ヒメウツギの花_500

P5050063ヒメウツギ_500

P5050074ヒメウツギ?_500

P5050066崖の草木の風景_500
 
青梅 釜の淵公園  柳淵橋 (多摩川)のたもとで


めも:2013/05/05 SP570UZ で撮影

 ウツギのことを調べて追記しました。 ⇒ ウツギ(卯の花のこと) ~ Myブログ「Niwa niha Hana」  


こちらもみてね
 ⇒ 青梅でピクニック ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ イングリッシュガーデンのTeaRoom ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

 Myタグ 花の色.白 場所_青梅 
FC2 Management