FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2006年10月22日 (日) | 編集 |
ツユクサ(露草) ツユクサ科 Commelina communis
 別名は、アオバナ(青花),ボウシバナ(帽子花) 花期:夏

おなじみの花 露草 朝露の頃がきれい!

R0019949露草横400

R0019950露草前400

めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影

ツユクサのこだわりのページ見つけました。 ツユクサの庭
 Myタグ
2006年10月21日 (土) | 編集 |
11/11 名前がわかりました! 『ハキダメギク』
平家蟹さん が教えてくださいました。 ありがとうございま~す。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

これも白い花・・・ 花が、これまでのより貧弱です。

R0019847白D_400_400

めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影

タグ ~ 白い花 はじめて! わかりました 小さな花

 Myタグ 花の色.白 メモ.小さな花 メモ.わかりました .花 はじめて!.花 
2006年10月20日 (金) | 編集 |

白い花です。
似たような白い花がいくつもあるけど それぞれ、蕾の形やつき方が違いますね。

R0019983白C_FC2_400

めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影


 Myタグ 花の色.白 これは何??_花 メモ.紛らわしい  
2006年10月19日 (木) | 編集 |
11/11 名前がわかりました! 『アキノノゲシ』
平家蟹さん が教えてくださいました。 ありがとうございま~す。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

     白い花
R0019945白B_FC2_400

めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影

タグ ~ 白い花 はじめて! 紛らわしい わかりました

 Myタグ 花の色.白 メモ.わかりました メモ.紛らわしい .花 はじめて!.花 
2006年10月19日 (木) | 編集 |
11/11 名前がわかりました! 『アカバナユウゲショウ
平家蟹さん が教えてくださいました。 ありがとうございま~す。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

どれも、わからない花ばかり。 ♪(^^ゞ  少しづつ調べましょう!

R0019816何の花ピンク400

めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影
アカバナユウゲショウ アカバナ科マツヨイグサ属
アカバナ科の多年草で、花の直径は1.2~1.5cm。
マツヨイグサやツキミソウの仲間です。原産地は南米。
明治時代に観賞用に輸入され、栽培されたのが、いまでは関東以西に帰化しているそうです (朝日新聞社「世界の植物」による)。
  オシロイバナ を 別名ユウゲショウというので、混乱しないように!

タグ ~ はじめて! クール! 桃色の花 帰化植物 紛らわしい わかりました

 Myタグ 花の色.桃色 花の色.白 帰化植物 メモ.紛らわしい メモ.わかりました メモ.クール! はじめて!.花 
2006年10月18日 (水) | 編集 |
11/11 名前がわかりました!  『ヒメジョオン』
平家蟹さん が教えてくださいました。 ありがとうございま~す。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

白くてかわいい花、名前がわからないものを4つ、ABCDと紹介していきます。

まずはこれ。 皆さんも散歩道でよく見かけませんか?

R0019929何の花白A400.jpg

R0019931何の花白A400

めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影

タグ ~ 白い花 はじめて! 帰化植物 紛らわしい わかりました

 Myタグ 帰化植物 花の色.白 メモ.わかりました メモ.紛らわしい .花 はじめて!.花 
2006年10月18日 (水) | 編集 |
エノコログサ・・・『ネコジャラシ』 といえばおなじみですね。

R0019938エノコロ緑400

めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影

こちらは、金色の穂がきれいな キンエノコロです。

キンエノコロ_320_060925

めも:2006/10/15 KN川原にて Dimage5 で撮影

2009/5/8 追記 : この日は、カメラ2台持って行ったのかしら?
 Myタグ
2006年10月17日 (火) | 編集 |
散歩して帰ると、これが服にくっついていたので、さっそく、調べてみましょう・・・

オナモミ320_060925

めも:2006/10/15 KN川原にて Dimage5 で撮影
ひっつき虫の代表ですね。
ほかには、ヌスビトハギ などの小さな種もくっついていました。
オオオナモミ  Xanthium canadense Mill. (キク科 オナモミ属)
北米原産の帰化植物です。
元々は『オナモミ』が生えていましたが、今みかけるのは『オオオナモミ』ばかりです。
湖岸や放棄畑など、富栄養な場所に群生。
草丈は1mを越え、葉は長い柄があって五角形、9月頃から目立たない花を付けます。
オオオナモミの果実には先端が曲がった鉤状の棘があり、これで動物などに引っ付いて移動します。

 こちらも見てね ⇒ Myお絵かきブログ:ひっつき虫が

 Myタグ  帰化植物 
2006年10月17日 (火) | 編集 |
原っぱならどこでも見かけるセイタカアワダチソウ
最近は少しおとなしくなった・・・

セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウと橋

めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影

タグ ~ 黄色の花 帰化植物



 Myタグ 帰化植物 花の色.黄色 
FC2 Management