FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2006年12月31日 (日) | 編集 |
2006年はどんなだったかしら?
2009/1/5 作成

 ⇒ Myブログ:2007年まとめ  ⇒ Myブログ:2008年まとめ
カテゴリー 「索引とまとめ 」 も見てね)

♪   --   ♪   --   ♪   --   ♪

一度にたくさん撮ってブログに載せた写真と記事を、 撮った日ごと にまとめてみました。

というのも、散歩に行くとたくさん写真をとってきて、それを少しずつUPしています。
UPした日付は目安で、重要なのは記事の下方の 撮影した日付 です。
場所は、よく行く近所のコースは 「Myフィールド」 としました。

(単発で書いた記事は、このリストからは、抜けています)

日付をクリックすると その日付が記述されている記事が、検索されます。
(単純な検索なので、撮影日以外の記事も含みます・・・)


2006/12/16
R公園にて


2006/11/23
R公園にて


2006/11/12
鎌倉にて


2006/10/15
KN川原にて


2006/05/05
Myフィールド


2006/03/17
Myフィールド



 Myタグ
2006年10月31日 (火) | 編集 |
2007/7/26 追記
いつもお世話になっている平家蟹さんの「花盗人の花日記」 に同じ花を見つけました!⇒ 見てね

クコ (枸杞) ナス(茄子 なす)科
 中国原産のナス科の落葉低木で、食用や薬用に利用されます。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~
2006/10/31
小さな花が、潅木に咲いていました。 ちょっとすてきでしょ!



めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影

花盗人の花日記 にトラックバックしました。

 Myタグ 花の色.紫 メモ.クール! 場所_散歩.KN川原 はじめて!.花 
2006年10月30日 (月) | 編集 |
オオイヌタデ (大犬蓼) Polygonum lapathifolium タデ科
通称、あかまんまと呼ばれるおなじみの草。
夏~秋に、白または淡紅色の花が咲きます。
色も鮮やかな赤紫で、もともとは観賞用として植えられたもの。
今では、河原や荒れ地のあちこちで見かけます。

似た仲間の見分け方
オオイヌタデ (大犬蓼)は頭を垂れるますが、少し小さい イヌタデ (犬蓼)は まっすぐに穂が上へ伸びます。
さらにおおきいものに、オオケタデ (大毛蓼)があります。
オオケタデのMyガーデンの写真も見てね

R0019998タデ400

めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影


タグ ~ はじめて! 紫の花 紛らわしい 小さな花

 Myタグ 花の色.紫 メモ.小さな花 メモ.紛らわしい .花 はじめて!.花 
2006年10月29日 (日) | 編集 |
2008/11/27 追記 ナンキンハゼ だと思います。

大きな木に、地味な花がついていました。 




めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影

こちらもみてね  ⇒ Myブログ:ナンキンハゼ

参考 : ナンキンハゼ (トウダイグサ科)
 Myタグ .花 
2006年10月28日 (土) | 編集 |
11/11 名前がわかりました! 『アメリカイヌホオズキ』
平家蟹さん が教えてくださいました。 ありがとうございま~す。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

紫の小花が咲いていて、もう実がなっています。



緑からだんだんと黒く熟しているようです。



めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影

タグ ~ 実 はじめて! 紫の花 わかりました

 Myタグ  花の色.紫 メモ.わかりました .花 はじめて!.花 
2006年10月27日 (金) | 編集 |
アカツメクサ (赤詰め草)、別名:ムラサキツメクサ (紫詰め草) 学名:Trifolium pratense

マメ科の植物で花期は春? 秋にも咲いています。
元々はヨーロッパ原産の帰化植物で、牧草として栽培されていたものが野生化したとのこと。

R0019923紫つめ草1_400

花が咲いたあとはこんな風に!
R0019926紫つめ草2_400

似たものに シロツメクサ(クローバ) がありますね。
花の色が違うだけでなく葉などもだいぶ違います。
めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影


タグ ~ 紫の花 帰化植物 桃色の花

 Myタグ 帰化植物 花の色.紫 花の色.桃色 
2006年10月26日 (木) | 編集 |
シロツメクサ Trifolium repens  (マメ科 シャジクソウ属)

R0019897白つめ草400_350

シロツメクサはヨーロッパ原産の帰化植物。 クローバーとも呼ばれています。
日本に渡来したのは江戸時代です。
花を乾燥して ガラス器などの緩衝剤として詰め物にしたものから
   ・・・発芽したものだそうです o(*'o'*)o
3つの小葉を付けるのが普通だけど、4~6枚の小葉をつけることもありま~す。
 「幸せを呼ぶ四つ葉のクローバー」ですね!

R0019898白つめ草400

白だけではなく、紫ツメクサ もありますネ。
めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影


 Myタグ 帰化植物 花の色.白 
2006年10月25日 (水) | 編集 |
オシロイバナ Mirabilis jalapa L. (オシロイバナ科)

R0019879おしろい花400

めも:2006/10/15 KN川原にて CGXで撮影

オシロイバナは 南米原産(メキシコ)の多年生草本。
園芸用に導入されたものが、暖地では畑のほとりなどの肥沃な場所に野生化しています。
夏の初めから次々ときれいなピンク色の花を咲かせているのを、よく見かけますね。
「夕化粧(ゆうげしょう)」 の別名のように、夕方から咲き始めるのだけれど、秋になると午前中から咲き出します。 暑いのがイヤなのね、きっと!
種子の中のでんぷんが「白粉(おしろい)」のようなので、『オシロイバナ』と名前がつきました。

アカバナユウゲショウ というマツヨイグサの仲間の花があるので、混乱しないように!


 Myタグ 花の色.桃色 
2006年10月24日 (火) | 編集 |
キンギョソウ (金魚草) ゴマノハグサ科キンギョソウ属 Antirrhium majus
別名:アンテリナム 、コモン ・スナップドラゴン (common snapdragon)、スナップドラゴンsnapdragon)

園芸品種が野生化?したものでしょうか? 散歩道にたくさん咲いています。



春~初夏にかけて庭先でよくみかける花で、花色は赤や黄、白、橙、桃色があります。
金魚のような形をした小形のたくさんの花が穂のように咲きます。
原産地は、南欧~北アフリカの地中海沿岸、耐寒性の多年草。

キンギョソウ風景

めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影

タグ ~ 黄色の花 紛らわしい


 Myタグ 花の色.黄色 メモ.紛らわしい 
2006年10月23日 (月) | 編集 |
春の花と思っていたら、秋にも咲くのね!

R0019826タンポポ400

ふっと吹く前と、とんだあと

R0019919タンポポ400

めも:2006/10/15 KN川原にて Ca GX で撮影

タグ ~ 黄色の花


 Myタグ 花の色.黄色 
FC2 Management