FC2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2018年10月05日 (金) | 編集 |
2018/10/6 に 秋の 遺跡庭園 縄文の村  自然観察会 に参加しま~す。

2018/4/14 に 春の 遺跡庭園 縄文の村  自然観察会 に参加しました。
 →  20180414_自然観察会シリーズ

そのとき見た植物のリスト (*印は 配布資料にのっていない植物)
  : クリックでこれまでにみた写真記事へとびます。

せっかくだから、秋の様子を見逃さないように 下調べします。

*アカシデ

アカメガシワの新芽 トウダイグサ科

アケビ アケビ科 → 実がなってるかも!


ガマズミの蕾 レンプクソウ科 → 実がなってるかも!


*クサボケの花

シロダモの新芽 クスノキ科 → 秋に雌雄の花と、前年からの赤い実 

*タラノキの棘 ウコギ科 → 果実は液果で、10月に黒紫色に熟す。

*トチノキの花

 ホオノキ モクレン科 → 10月 赤い実、種


ヤブデマリの蕾 レンプクソウ科
ヤマモミジ カエデ科 → 紅葉?!

*コナラの落ちた花 → 実がなってるかも!
*クヌギの落ちた花 → 実がなってるかも!
*オニグルミの落ちた花 → 実がなってるかも!

ゼンマイ ゼンマイ科
クサソテツ イワダンデ科
ワラビ コバノイシカグマ科
----------------------------
アマドコロの花 キジカクシ科
イチリンソウの花 キンポウゲ科
*イカリソウの花
*ウバユリ ユリ科ウバユリ属
ウラシマソウの花 サトイモ科
*エビネの葉
カキドオシの花 シソ科
カラスノエンドウの花 マメ科
キュウリグサの花 ムラサキ科
キランソウの花 シソ科
シャガの花 アヤメ科
シュンランの花 ラン科

タマノカンアオイの花 ウマノスズクサ科
ニリンソウの花 キンポウゲ科
*ノビルの花
*ハナイバナの花
ムラサキケマンの花 ケシ科
*ヤエムグラの小さな花
ユキザサ ユリ科
----------------------------
 

 Myタグ 場所_縄文の村 
2018年10月02日 (火) | 編集 |
 10月には、どんな花に会えるかしら?

毎年の10月の記事を見てみましょう!
 2018年10月2017年10月
 2016年10月、 2015年10月2014年10月2013年10月2012年10月
 2011年10月2010年10月2009年10月2008年10月2007年10月


 2006年~2011年に このブログの 10月にのせた花


 ♪ -- 花 -- ♪ 

 ・ あかざ
 ・ あかつめくさ
 ・ あきののげし
 ・ あしたばの白い花
 ・ あっさむ茶
 ・ あめりかいぬほおずき
 ・ いせはなび
 ・ おおいぬたで
 ・ おしろいばな
 ・ 女郎花
 ・ きんぎょそう
 ・ くこ
 ・ ぐみの花
 ・ こせんだんぐさ
 ・ しせんときわがき
 ・ しゃくちりそば
 ・ しゃりんばいの花
 ・ しろつめくさ
 ・ 睡蓮
 ・ せいたかあわだちそう

 ♪ -- 花 -- ♪ 

 ・ 蒲公英
 ・ 茶
 ・ つゆ草(露草)
 ・ とうふじうつぎ
 ・ ときわまんさく
 ・ とぼしがら
 ・ とらのおすずかけ
 ・ なんきんはぜの花
 ・ 萩
 ・ はきだめぎく
 ・ 蓮
 ・ はちじょうきぶし
 ・ はなずおう
 ・ はなまき(ぶらしの木)
 ・ ひがんはな 黄色の花
 ・ ひめじょおん
 ・ ぴらかんさ
 ・ 楓 (ふう)
 ・ 冬珊瑚
 ・ ほととぎす 白と紫の花 
 ・ みずかんな
 ・ もくせい 金銀の花
 ・ もみじばふう
 ・ やぶこうじ
 ・ ようしゅやまごぼう


 ♪ -- 実 -- ♪ 

 ・ いいぎりの実
 ・ 無花果の実
 ・ 公孫樹
 ・ えのころぐさ
 ・ がまずみの実
 ・ 烏瓜の実
 ・ 金柑の青い実
 ・ こむらさき
 ・ ごんずいの実
 ・ じゅずだま
 ・ とべらの実
 ・ ぴらかんさ
 ・ 朴(ほお)の実
 ・ もちのき
 ・ やぶみょうがの実
 ・ やまはぜの実

 あかざ 2009年10月18日(小石川植物園) ・ 明日葉 2013年10月4日

   

虎の尾鈴懸 2010年10月14日(自然教育園) ・ 伊勢花火 2009年10月18日(小石川植物園)
     
 


 Myタグ
2018年01月03日 (水) | 編集 |
☆干支の 戌(イヌ)にちなむ植物を探してみましょう! U・ェ・U

 干支にちなむものを 毎年少しずつまとめていきますね
 ・ 子(ネズミ) ・ 丑(ウシ) ・ 寅(トラ) ・ 卯(ウサギ) 
 ・ 辰(タツ) ・ 巳(ヘビ) ・ 午(ウマ) ・ 未(ヒツジ)
 ・ 申(サル) ・ 酉(トリ) ・ 戌(イヌ) ・ 亥(イノシシ)

「戌」がつく植物は見当たりません。
 「犬」の漢字が付く植物、 「イヌ」がつく植物 を 探します。 U・ェ・U ワン 
 
まずは、よく見るおなじみの イヌタデ (犬蓼) と オオイヌタデ
 


春を真っ先に教えてくれる 青い花 オオイヌノフグリ や タチイヌノフグリ
 ・ 『オオイヌノフグリとタチイヌノフグリ』 2015年3月
 ・ 『4/24 ミミナグサやカラスノエンドウやタチイヌノフグリ

 

これも、よく見る花
イヌホオズキ (犬酸漿)、アメリカイヌホオズキもあって見分けが難しい。
・ 『10/23 イヌホオズキの花


イヌヌマトラノオ 『イヌヌマトラノオ 2016年7月 附属自然教育園


見ていても 見逃すことが多いかも、イヌガラシ アブラナ科イヌガラシ属


イヌビエ (犬稗) と エノコログサ(狗尾草)
 『Myガーデンの野草:イヌビエ、エノコログサ
 


イヌシデ  『イヌシデ(クマシデ)の果穂


イヌビワ 『4/16 イヌビワの実、2種類 九州』



タブノキ (椨の木 Machilus thunbergii) クスノキ科タブノキ属の常緑高木。
別名 イヌクス、 イヌグス(犬楠) 、タマクス
・ 『タブノキの赤い果柄に緑の実


ヒメリンゴ (姫林檎)  バラ科  別名:イヌリンゴ (犬林檎) 
・ 『ヒメリンゴ咲く


イヌガヤ イヌガヤの実 白神山地


イヌガンソク (犬雁足) 白神山地


ラムズイヤー (lamb's-ear、学名:Stachys byzantina) シソ科 イヌゴマ属 
6/6 ラムズイヤー(ワタチョロギ)



[READ MORE...]  Myタグ
2016年11月14日 (月) | 編集 |

松岡美術館に行きました。
中国の陶磁と洋画の魅力:松岡美術館へ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

松岡美術館を出て、自然教育園の塀にそって歩きます。

サザンカが咲いています。 元気いっぱい!

R0023468サザンカの花_400

R0023470サザンカの花_400

淡い色のぼかしを フェンス越しにパ・チ・リ
R0023473サザンカの花薄桃色_400

かわいいですね。
R0023474サザンカの花薄桃色_400

庭園美術館 に着きました。
ボルタンスキー展:庭園美術館へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

本館に入る前に 庭園を散策。

R0023496庭園美術館の庭_400

サザンカは、まだ蕾。 よく探すと 咲いた花が!
R0023495庭園美術館サザンカの花の風景_400

白い花が 一輪。
R0023494庭園美術館サザンカの花白_400

ピンクの花も まだ少ししか咲いていません。 きれい!
R0023499庭園美術館サザンカの花ピンク_400

めも:2016/11/10 CX2 で撮影

これまでに庭園美術館で見た美術展は、こちら。 
庭園美術館 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 

 Myタグ 場所_庭園美術館 
2016年11月13日 (日) | 編集 |


自然教育園の塀の外、烏瓜・実葛の次は、 (トウ) ネズミモチ の実。

R0023465自然教育園の塀の外ネズミモチの実Zoom_400

葉の裏から葉脈が透けて見えるので、トウネズミモチだと思います。

R0023465自然教育園の塀の外ネズミモチの実_400

R0023466自然教育園の塀の外ネズミモチの実_400

いろんな木々が 顔をのぞかせています。
R0023464自然教育園の塀の外ネズミモチの実_400

めも:2016/11/10 CX2 で撮影

トウネズミモチ  唐鼠黐 学名:Ligustrum lucidum モクセイ科 イボタノキ属
  要注意外来外来生物に指定されてます。

参考 ネズミモチ(鼠黐) ってどんな木? 花や実、効能は? トウネズミモチとの違いは何? ~ 樹木事典

 Myタグ
2016年11月12日 (土) | 編集 |


自然教育園の塀の外を歩いていて、烏瓜の次に見つけたのは、これ!

サネカズラ の実

R0023461自然教育園の塀の外サネカズラの実赤_400

なんとか ズームで。
R0023462自然教育園の塀の外サネカズラの実赤Zoom_400

横から見ると、奥のほうにも 赤い実がありますよ。
R0023463自然教育園の塀の外サネカズラの実赤_400

塀の上ぎりぎりのところ、真ん中あたり に あるんですけど。 (*^_^*)♪
R0023460自然教育園の塀の外サネカズラの風景_400

早いうちに、自然教育園を 訪れたいです!

めも:2016/11/10 CX2 で撮影

サネカズラ(実葛、学名: Kadsura japonica)はマツブサ科サネカズラ属の常緑つる性木本。
ビナンカズラ(美男葛)ともいう 
 

 Myタグ 実.赤 
2016年11月11日 (金) | 編集 |

 11/10 松岡美術館から 庭園美術館へ行く途中。
自然教育園の塀に沿って歩いていると、あら! 真っ赤な実。 

カラスウリ の実ですね。
素通りする訳にはいきません、バックを地面においてカメラを取り出し パ・チ・リ。

R0023455自然教育園の塀の外カラスウリの実赤_400

R0023459自然教育園の塀の外カラスウリの実赤_400

緑の実は 縞模様が目立ちますね。
R0023456自然教育園の塀の外カラスウリの実緑_400

R0023454自然教育園の塀の外_400

めも:2016/11/10 CX2 で撮影

 

 Myタグ 実.赤 
2016年10月26日 (水) | 編集 |
→ 20161023_散歩 シリーズ

先日、テレビで 「バラのささやき 創られた美の物語 - NHK BSプレミアム」 を見ました。
うっとりするようなバラの花は、どれも 人工的に作られたものです。

その元になった自然のバラは、ノイバラ。 散歩コースに 確か一本ありました。

ノイバラの場所は藪に生っています。 よく見ると実が生っていますよ。

R0022935ノイバラの実_400

R0022936ノイバラの実_400


R0022934ノイバラの実_400

めも:2016/10/23 CX2 で撮影

ノイバラ (野茨、学名:Rosa multiflora)は、バラ科の落葉性のつる性低木。
日本のノバラの代表的な種。沖縄以外の日本各地の山野に多く自生する。ノバラ(野薔薇)ともいう。
 
ノイバラの実は、国立科学博物館 附属自然教育園 で見いたことがあります。
 ⇒ Myブログ:ノイバラの赤い実
 

 Myタグ
2016年10月23日 (日) | 編集 |
→ 20161023_散歩 シリーズ

原っぱには、いろんな虫さんがいます。

赤とんぼが やっと止まりました。
R0022842赤とんぼ_400

R0022839赤とんぼ_400

セイタカアワダチソウに、蝶。 キタテハ だと思います。
R0022909蝶_400

R0022906蝶_400

モンシロチョウも、セイタカアワダチソウに。
R0022945モンシロチョウ_400

めも:2016/10/23 CX2 で撮影

続きは、モンシロチョウ、蜂、ジョロウグモです。

参考 附属自然教育園で10月に見られる蝶
 

[READ MORE...]  Myタグ 虫.トンボ 虫.蝶 虫.蜂、虻 虫.蜘蛛 
2016年09月21日 (水) | 編集 |
→ 20160909_散歩 シリーズ


カヤツリグサ科 の 仲間は、よく見るわりには、写真を撮っていません。
名前がわからなくて 調べるのが面倒そうなので 敬遠しているんです。

今回は、形が面白いので、パ・チ・リ。 ユメノシマガヤツリ らしいです。

R0022184何カヤツリ_500

R0022184何カヤツリZoom_400

R0022195何カヤツリ_500

R0022195何カヤツリCUT_400

こんなにたくさん 風に揺れていたら 写真撮りたくなりますよね。
R0022197何カヤツリの風景_400
めも:2016/09/09 CX2 で撮影

 

ユメノシマガヤツリ (夢の島蚊帳吊) カヤツリグサ科
アフリカ南部からオーストラリア原産の帰化植物。低地の湿地に生える多年草。高さ50~70cm。
茎の頂部に5枚前後の長い苞葉があり、その間に2~7本の花梗を出し径3cm程の花穂を付ける。
1982年に江東区夢の島で見つかった。

似ているのに、 メリケンガヤツリ があります。

参考
・ ユメノシマガヤツリ<夢の島蚊帳吊> 長さんの花と野草の世界へ
・ カヤツリグサ科 荒川植物図鑑
・ カヤツリグサの仲間 花紀行

 ♪  --  ♪  --  ♪  --  ♪

これまでに撮ったカヤツリグサの仲間

 ⇒ Myブログ:7/2 オニスゲの実? 2016年7月2日 附属自然教育園 にて


 ⇒ Myブログ:カンスゲの仲間の銀色の穂 2012年3月25日 高尾山にて


Myガーデンには、ずい分前に シラサギスゲ というのがありました。
2002年9月8日 クルクマとカヤツリグサ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」


シラサギスゲ  カヤツリグサ科 (ディクロメナ・コロラタ) 
別名:シラサギカヤツリ (白鷺蚊帳吊、白鷺蚊帳釣り)、スターグラス

 

 Myタグ メモ.紛らわしい はじめて!.花 
FC2 Management