fc2ブログ
散歩道で見かける野草や樹木。四季折々の変化がちょっと気になるこの頃です。( 河原の小石=ベルル )
2024年01月03日 (水) | 編集 |
 1月には、どんな花に会えるかしら? 

12月 <== 1月 ==> 2月

夜香木 2011年1月 ・ 枇杷 2011年1月
  

素心蝋梅 2010年1月 ・ 蝋梅 2010年1月 
  


Myブログ「散歩道の野草と風」

2023年1月
 ・ 20230121_散歩 シリーズ 近所散歩
 ・ 20230118_散歩 シリーズ 川沿いの遊歩道

2022年1月
 ・ 2022年1月18日の散歩 シリーズ
 ・ 2022年1月3日の散歩 シリーズ

2021年1月
 ・ 2021年1月8日の散歩 川沿いの遊歩道 シリーズ
 ・ 2021年1月4日の散歩 シリーズ

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

毎年の1月の記事を見てみましょう!
2024年1月2023年1月
2022年1月2021年1月2020年1月2019年1月
2018年1月2017年1月2016年1月2015年1月
2014年1月2013年1月2012年1月2011年1月
2010年1月2009年1月2008年1月2007年1月


2007年~2014年~に このブログの1月にのせた花 と 実 

    
 ・ しなまんさく
 ・ 白梅・紅梅 
 ・ クサ木瓜
 ・ 蝋梅
 ・ 素心蝋梅 (そしんろうばい)
 ・ 水仙
 ・ 蒲公英 (たんぽぽ)
 ・ 枇杷
 ・ 椿
 ・ 山茶花
 ・ 夜香木
 ・ 天鵞絨毛蕊花 (びろーどもうずいか) 
 ・ 枇杷
 ・ 楓 (ふう)
 ・ 金柑
 ・ 檸檬
 ・ まゆみ
 ・ まさき
 ・ たちばなもどき  
 ・ 八手 (やつで) 


 Myタグ
2023年08月02日 (水) | 編集 |
 8月には、どんな花に会えるかしら?

7月 <== 8月 ==> 9月


毎年の8月の記事を見てみましょう!

2023年8月
2022年8月2021年8月2020年8月2019年8月
2018年8月2017年8月2016年8月2015年8月
2014年8月2013年8月2012年8月2011年8月
2010年8月2009年8月2008年8月2007年8月

2020年8月
・ 20200808_A川原散歩 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

(2019年8月 無し)

2018年8月
★ 20180829_千葉 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
★ 20160804_日比谷公園 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
★ 20140813_日比谷公園 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
★ 2008/8/10 真夏の葛西臨海公園 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

ハイキングの写真は ⇒ 白神山地 ・ 高尾山 ・ 御岳 ・ 青梅 ・ 武蔵五日市




2016年~ 新たに このブログの8月にのせた花と実
  今後にご期待を (*^_^*)♪

 
 ・ アシタバ
  
 ・ アメリカデイゴ 
 ・ カリブラコア
 ・ カンナ
 ・ ギボウシ
 ・ サンクエール
 ・ スイレン
  
 ・ タデアイ
  2018年8月29日
  

 ・ ハイビスカス
 ・ ピラミッドアジサイ 
  
 ・ フヨウ 
 ・ ユーコミス
  (パイナップルリリー)
  2018年8月29日
 ・ ワタ(綿)
  2018年8月29日
  
 
 ・ ヤシ
  
   


2011年~2015年 新たに このブログの8月にのせた花と実

 
 ・ アカンサス
 ・ アサガオ
 ・ アフリカハマユウ
 ・ アルストロメリア
 ・ イヌタデ

 ・ カッコウアザミ(アゲラタム) 
   
 ・ キョウチクトウ
 ・ キンシバイ
 ・ コエビソウ

 ・ サルビア
 ・ シモツケ
 ・ ジュウニヒトエ
 ・ ダイズ
 ・ タチアオイ
 ・ タマスダレ
 ・ デュランタ
 ・ トケイソウ・ピッコロッソ
 ・ ナツミカン 

 ・ ニセコバンソウ
  
 ・ ノウゼンカズラ
 ・ ノカンゾウ
 ・ ノシラン

 ・ パープルファウンテングラス? 
   
 ・ ハギ
 ・ ヒマワリ
 ・ ヒャクニチソウ
 ・ ペラペラヨメナ
 ・ ボタンクサギ

 ・ マリーゴールド
 ・ マンデビラ
 ・ ムクゲ
 

 ・ ヤナギバルイラソウ
 ・ ヤブガラシ (標準和名は「ヤブカラシ」)
 ・ ヤブラン
 ・  ヤマノイモ
   

 ・ ランタナ
 ・ ルドベキア グロリオサ・デージー 
   
 ・ ルリマツリ
 ・ アガパンサス

 花と実
 ・ ゴーヤ
 ・ ヒョウタン
 ・ フウセンカズラ 
 ・ ヤブミョウガ


2007年~2010年に このブログの8月にのせた花と実

 2007年~2010年に
 このブログの8月にのせた花

 ・ あべりあ
 ・ あめりかのうぜんかずら
 ・ いぬほおずき
 ・ いんぱちぇす
 ・ えごのき
 ・ えんじゅ
 ・ おしろいばな
 ・ がざにあ
 ・ きばなこすもす
 ・ 
 ・ くましで
 ・ さるすべり
 ・ たけに草
 ・ てんにんぎく
 ・ なんきんはぜ
 ・ 合歓木の花
 ・ はまごう
 ・ はまぼう <== 葛西臨海公園で 
 ・ へくそかずら
 ・ りょうぶ
 ・ わるなすび
 ・ 白百合
 2007年~2010年に
 このブログの8月にのせた実

 ・ あかめがしわ の実 
   2009年に夢中になった。 (*^_^*)♪

 ・ 花梨の実
 ・ 楠の実
 ・ こぶしの実
 ・ 柘榴の実
 ・ 珊瑚樹の赤い実
 ・ せんだんの実
 ・ 椿の実
 ・ とくさ と 桐の実 <== 葛西臨海公園で 
 ・ はなずおうの実
 ・ ひめりんごの実
 ・ ぴらかんさの青い実
 ・ 藤の実
 ・ まてばしいの実
 ・ 紫式部の実
 ・ やまぼうしの実



 Myタグ
2023年07月05日 (水) | 編集 |
 7月には、どんな花に会えるかしら?

6月 <== 7月 ==> 8月

毎年の7月の記事を見てみましょう!

2023年7月
2022年7月2021年7月2020年7月2019年7月
2018年7月2017年7月2016年7月2015年7月
2014年7月2013年7月2012年7月2011年7月
2010年7月2009年7月2008年7月2007年7月

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2022年7月
・ 2022年7月18日 散歩 シリーズ : Myフィールド
・ 2022年7月5日 散歩 シリーズ : Myフィールド

2021年7月
・ ◇ 2021年7月14日の花壇散歩写真のまとめ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
・ 20210706_散歩 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

2020年7月
・ 20200718_散歩 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
・ 20200715_散歩 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

2019年7月
・ 20190718_散歩 シリーズ (未完) ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
・ 20190717_日比谷公園 シリーズ リュウゼツラン 他 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
・ 20190711_散歩 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

 2013年~ に このブログの 7月にのせた花や実

いぬがらし ・ さふらんもどき ・ なつゆきかずら
  

柳花笠 ・ べにばなせんぶり ・ のかんぞう
  

 露草、昼咲月見草、紫詰草、白粉花
 玉すだれ、ぎぼうし、千日紅、薮茗荷、薮蘭、睡蓮、
 たいまつばな、ちぇりーせーじ、ろーずまりー
 えんじゅ、金柑、金糸梅、浜茄子、牡丹臭木、でゅらんた
 らくうしょうの実、たいさんぼくの実、ひまらやすぎの実

 2012年~ に このブログの 7月にのせた花や実
待宵草、印度浜木綿 (アフリカ浜木綿)、向日葵、るどべきあ
夾竹桃、権萃、たいさんぼく、凌霄花
せんだんの実

 2007年~2011年~ に このブログの 7月にのせた花や実


 ♪ -- ♪ - 花

 ・ あかめがしわ
 ・ あれちはながさ
 ・ いぬたで
 ・ かいこうず
 ・ がざにあ
 ・ がま (蒲)
 ・ かもがやの白い花 
 ・ かんな
 ・ くましでの花穂
 ・ こむらさき
 ・ さるすべり
 ・ たつなみそう
 ・ 蒲公英
 ・ つめくさ
 ・ とうねずみもち
 ・ なつつばき
 ・ なんきんはぜ
 ・ にわぜきしょう
 ・ 合歓木の花

 - ♪ -- ♪  
 
 ・ はきだめぎく
 ・ はぜらん
 ・ ひごたい   
 ・ ひめじょおん
 ・ 昼顔
 ・ びろーどもうずいか 
 ・ 藤
 ・ へくそかずら
 ・ へらおおばこ
 ・ むくげ
 ・ もっこく
 ・ やぶがらし
 ・ やぶかんぞう
 ・ ゆうげしょう
 ・ りょうぶ
 ・ わるなすび

♪ - - 実 - - ♪ 

 ・ 無花果の青い実
 ・ いろはもみじの実  
 ・ 上溝桜の実
 ・ えごのき
 ・ 榎の実
 ・ かじいちご
 ・ 花梨の実
 ・ こならの実
 ・ ごんずいの実
 ・ 椿の実
 ・ 吊花の実
 ・ とちのき
 ・ まゆみの実
 ・ 山梨の実
 ・ やまぼうしの実
 ・ 山桃の実


あかめがしわ ・ やぶかんぞう ・ りょうぶ
  


 Myタグ
2023年03月11日 (土) | 編集 |
20230308_散歩 シリーズ

2023/3/8

ミステリアスなツバキの花、2月末には蕾でしたが、
ラッキー 満開です!

ツバキにしては、小さな花がたくさん咲いています。

ルチエンシス

DSC_0271_0308 ツバキ ルチエンシスの花満開_500

花をズームで見てみましょう!

DSC_0271_0308 ツバキ ルチエンシスの花Zoom_400


地面には、散った花びらがいっぱいです。

DSC_0265_0308 ツバキ ルチエンシスの花散る_400

DSC_0264_0308 ツバキ ルチエンシスの花、咲いて散る風景_400


そばには、普通サイズの椿の花も咲いています。

濃いピンクの花

DSC_0283_0308 ツバキの花_400

薄いピンクのおしゃれな花

DSC_0278_0308 薄ピンクのツバキの花_400

めも:2023/03/08 Xperia10Ⅳ で撮影

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2023/2/25
2月末に、ミステリアスなツバキの花を見に行きました。


ルチエンシス (シベの少ないツバキ) の蕾

DSC_0164_0225ルチエンシス、シベの少ないツバキの花の蕾_400

蕾がたくさん! 咲くのが楽しみ。

DSC_0163_0225ルチエンシス、シベの少ないツバキの花の蕾_400

めも:2023/02/25 Xperia10Ⅳ で撮影


ヒメサザンカ 「ルチエンシス」 ツバキ科ツバキ属 
原種椿 ルチエンシス 学名は Camellia lutchuensis

2021年の写真も見てね
 ⇒ Myブログ:3/19 ルチエンシス、シベの少ないツバキの花

 Myタグ 花の色.桃色 
2023年03月02日 (木) | 編集 |
 3月には、どんな花に会えるかしら?

2月 <== 3月 ==> 4月

毎年の3月の記事を見てみましょう!

2023年3月
2022年3月2021年3月2020年3月2019年3月
2018年3月2017年3月2016年3月2015年3月
2014年3月2013年3月2012年3月2011年3月
2010年3月2009年3月2008年3月2007年3月

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2021年3月
・ 20210319_散歩 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
・ 20210307_散歩 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
2020年3月
・ 20200312_散歩 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
・ 20200307_散歩 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
219年3月  
★ 20190324_散歩 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2015年03月13日 ⇒ Myブログ:カワヅザクラ(河津桜)が満開
2014年03月07日 ⇒ Myブログ:3/7 カワヅザクラ満開、小雪が

 ◆ 2012年3月 初めて見た花

   百合山葵   せんとうそう   かんすげ
    
 
   あずまいちげ   二輪草   こちゃるめるそう
   

   花猫の目   よごれねこのめ   猫の目草
    
 
   だんこうばい   あぶらちゃん
   


2007年~2012年~ に このブログの3月にのせた花と実

 ◆ 草花
 たねつけばな
 姫踊子草
 水仙
 おおいぬのふぐり
 ぺんぺん草(なずな)
 菜の花
 春の野芥子
 ほとけのざ
 たんぽぽ
 はこべ
 おらんだみみなぐさ
 耳菜草  
 富貴草
 春紫苑
 すずめのかたびら
 紫花菜
 雪柳
 かじいちご

 ◆ 樹木の花
 きぶし
 木瓜、草木瓜
 馬酔木
 こぶし、四手辛夷
 山桃
 れんぎょう
 ふさあかしあ 
 銀葉あかしあ (みもざ) 
 木蓮 紫、白
 青木
 姫林檎
 満作、支那満作
 山茱萸
 椿、藪椿
 花桃
 沈丁花 紫、白
 桜、寒緋桜(寒緋桜)、河津桜 
 柊南天
 梅
 三叉
 えりか
 せんぺるせこいあ

 ◆ 実
 やぶらん
 じゃのひげ 



 Myタグ
2023年02月28日 (火) | 編集 |
20230228_散歩 シリーズ


団地の花壇の脇を歩いていると、すごく華やかなツバキを発見!

花びらに先が尖っています。 ピンク色がゴージャス。

IMG_9110_0228団地のツバキ尖った花_400

IMG_9111_0228団地のツバキ尖った花_400

IMG_9107_0228団地のツバキ尖った花_400

IMG_9109_0228団地のツバキ尖った花と蕾_400

調べると、「チューリップタイム」というツバキが似ています。

開きかけの蕾が チューリップのよう、これはどうでしょう?

IMG_9106_0228団地のツバキ尖った花_400

めも:2023/02/28 PowerShot SX730 HS で撮影

 
参考
・ 「世界の椿館・碁石」のアメリカ産ツバキ(椿)’チューリップタイム’ 2015年1月16日(金) - peaの植物図鑑
・ 春の花 椿 チューリップタイム(2012_4) 花と旅のあるくらし
・ ツバキ属の交配種
 

 Myタグ 花の色.桃色 はじめて!.花 これは何??_花 場所_散歩.H団地 
2022年12月26日 (月) | 編集 |
寒い季節にお似合いの花、サザンカ (山茶花) と ツバキ(椿)。

どちらも園芸種が多くて変化に富んでいます。
おかげで、どちらか迷うことも多い。

花びらがハラハラ散っていれば、サザンカ。 花がまるごと散っていたらツバキ。

寒くなってまず咲くのは、サザンカ。 落ち葉の季節を連想します。
ツバキは早春。雪と陽射しの両方が似合います。

今日は、サザンカの花を 水彩画で描いてみました。

サザンカ



こちらも、みてね! 『2021年12月のサザンカ公園めぐり』
 ⇒ Myブログ:20211222_散歩 シリーズ

 ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~

これまでのブログの写真を まとめて見ましょう!

写真散歩で出会ったサザンカ ⇒ サザンカ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

花壇のサザンカ 
 ⇒ サザンカ ~ Myブログ「Niwa niha Hana (庭には花)」
 ⇒ サザンカ ~ Myブログ「花とおしゃべり:Niwa niha Hana(庭には花)-2」

ツバキの写真は、こちらを見てね。
 ⇒ ツバキ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 ⇒ ツバキ ~ Myブログ「Niwa niha Hana (庭には花)」
 ⇒ ツバキ ~ Myブログ「花とおしゃべり:Niwa niha Hana(庭には花)-2」

◆ ツバキ - Wikipedia
 ツバキ(椿、海柘榴)またはヤブツバキ(藪椿) 学名: Camellia japonica
   ツバキ科ツバキ属の常緑樹。照葉樹林の代表的な樹木。

◆ サザンカ - Wikipedia
 サザンカ(山茶花、茶梅) 学名:Camellia sasanqua
   ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹。 


 Myタグ イラスト 
2021年12月25日 (土) | 編集 |
20211222_散歩 シリーズ

こちらも見てね。 ⇒ Myブログ:12/22 サザンカ公園めぐり-1:サザンカと公園風景

亀戸中央公園に サザンカ の花を見に行きました。

サザンカコーナーだけでなく、公園内いたるところで咲いています。
IMG_3419_1222サザンカ公園の風景_400

看板を目安に、見てみましょう。
IMG_3381_1222サザンカの品種の看板_400

サザンカ 立寒椿 (勘次郎)  満開
IMG_3379_1222サザンカ立寒椿(勘次郎)満開_400

花も葉もきっぱりしています。
IMG_3378_1222サザンカ立寒椿(勘次郎)_400

名札がついているのは嬉しい。
IMG_3376_1222サザンカ立寒椿(勘次郎)_400


ツバキ 乙女椿 淡いピンク
IMG_3361_1222ツバキ乙女椿_400

シベをズームで見てみましょう!
IMG_3360_1222ツバキ乙女椿のしべZoom_500

IMG_3359_1222ツバキ乙女椿名札_400


サザンカ 富士の峰 白い花が美しい。
IMG_3357_1222サザンカ富士の峰_400

IMG_3355_1222サザンカ富士の峰全体と名札_400


サザンカ 昭和の栄
IMG_3428_1222サザンカ昭和の栄_400

IMG_3429_1222サザンカ昭和の栄_400

IMG_3426_1222サザンカ昭和の栄名札_400


サザンカ 笑顔
IMG_3345_1222サザンカ笑顔_400

美しい花、見ると笑顔になりますね。
IMG_3348_1222サザンカ笑顔_500

IMG_3346_1222サザンカ笑顔名札と散った花_400

たくさんの花が散っています。
IMG_3424_1222サザンカ笑顔のちった花_400

鮮やかな青空に、花が輝いています。
IMG_3350_1222サザンカ公園の風景_400

もう一度 看板を確認、右下の「蜀紅錦」が見つからなかった。

IMG_3381_1222サザンカの品種の看板_400

めも:2021/12/22 PowerShot SX730 HS で撮影


看板には、6種類のサザンカが載っていましたが、「蜀紅錦」は、見つからなかった。見たのにそれと気づかなかったのかも。 o(*'o'*)o

こちらに 2021/12/4の写真が載っています。 
サザンカの写真がたくさんのっているブログです。
 →  山茶花「蜀紅錦(しょっこうにしき)」 ~ チモシーファーム~命の輝き365日~

調べてみると、2018年11月30日は咲き始めだったそうなので、多分今日は咲いていたと思います。
2018年11月30日 亀戸中央公園 Facebook より (写真はありません)
亀戸:サザンカ「蜀紅錦」が咲きました
当公園のサザンカの中でも人気品種の鎌倉絞り改め「蜀紅錦」が咲き始めました。
(昔から「鎌倉絞り」の樹名板のついたサザンカが平成29年に「蜀紅錦」であることが判明。)
蜀紅錦(しょっこうにしき)
ハルサザンカ:一重で濃紅色地に白斑模様の花です。

B地区スポーツセンター横の蜀紅錦、大きな木の上の方から花が咲き始めています。
C地区通称「サザンカ島」にある蜀紅錦、低いところにもチラホラと咲いていて、近くで花がよく見えました。
まだ咲き初めなので花数は少ないです

蜀紅錦(しょっこうにしき):ハルサザンカ系、 花の時期:11月~3月
 花の色:濃桃色に白星斑、 花の形:一重平開咲き、花の大きさ:小輪~中輪

こちらも見てね。 ⇒ Myブログ:12/22 サザンカ公園めぐり-1:サザンカと公園風景

 → 亀戸中央公園(東京都江東区)


 Myタグ 花の色.白 花の色.桃色 花の色.赤 場所_亀戸中央公園 
2021年09月20日 (月) | 編集 |
20210907_樹木散歩 シリーズ

夏に真っ白な花を咲かせた ナツツバキ

リョウブ通り の ナツツバキは、ひときわ目立つ赤い木肌。

IMG_1457_0907ナツツバキの風景_400

IMG_1459_0907ナツツバキ_400

IMG_1458_0907ナツツバキの木肌_400

実がなっています。
IMG_1460_0907ナツツバキの実と葉_400

IMG_1462_0907ナツツバキの実と葉_400

同じ木です。  ⇒ Myブログ:6/21 ナツツバキ (シャラ) の白い花


こっちは、KK広場 
ナツツバキだか、ヒメシャラだか 迷います。
以前 花が咲いているときに 確認したはずなのに、忘れました・・・。

来年また、花を見てきますね。 (*^_^*)♪

IMG_1475_0907KK公園のたぶんナツツバキの風景_400

IMG_1479_0907KK公園のたぶんナツツバキの実と葉_400

IMG_1477_0907KK公園のたぶんナツツバキの実_400

めも:2021/09/07 PowerShot SX730 HS で撮影


ナツツバキ (夏椿) Stewartia pseudocamellia ツバキ科 ナツツバキ属。 落葉広葉。小高木
別名は シャラノキ (娑羅樹) 

ヒメシャラ (姫沙羅) Stewartia monadelpha ツバキ科/ナツツバキ属。 落葉広葉。小高木
 
おまけ
ナツツバキの花 と ヒメシャラの花
2021/06/02 2011/06/21
 

 

 Myタグ 場所_散歩.リョウブ通り 場所_散歩.KK広場 メモ.紛らわしい 
2021年08月18日 (水) | 編集 |
20210818_散歩 シリーズ


ナツツバキ も ヒメシャラ も 
近年 花をよく目にするようになりました。

花はどちらも 6~7月。

通りかかった住宅に、向かい合って 両方植えられていました。

今は花の後が実になっています。

ナツツバキの実
IMG_1068_0818ナツツバキの実_400

IMG_1067_0818ナツツバキの実_400

ナツツバキの葉
IMG_1070_0818ナツツバキの葉_400

ナツツバキの木と葉
IMG_1064_0818ナツツバキの木と葉_400

ナツツバキの幹2本、皮が向けたような樹皮
IMG_1071_0818ナツツバキの幹2本_300

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ヒメシャラの実
IMG_1074_0818ヒメシャラの実Zoom_400

ヒメシャラの実と葉
IMG_1074_0818ヒメシャラの実_400

ヒメシャラの木
IMG_1072_0818ヒメシャラの木_400

めも:2021/08/18 PowerShot SX730 HS で撮影


ナツツバキ (夏椿) Stewartia pseudocamellia ツバキ科 ナツツバキ属。 落葉広葉。小高木
別名は シャラノキ (娑羅樹) 

ヒメシャラ (姫沙羅) Stewartia monadelpha ツバキ科/ナツツバキ属。 落葉広葉。小高木
 
おまけ
ナツツバキの花 と ヒメシャラの花
2021/06/02 2011/06/21
 

 Myタグ
2021年06月30日 (水) | 編集 |
紫陽花の季節ですね。
色とりどり 形もバリエーション豊かな花を多く見かけるようになりました。

Myガーデンにも挿し木で育てたあじさいが咲いています。
 ⇒ アジサイ鉢-2020 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」
 ⇒ アジサイ鉢-2019 ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

散歩で見かけたアジサイ ⇒ Myブログ:アジサイ
Myガーデンや 花壇、近所のアジサイなど ⇒ アジサイ ~ Myブログ「Niwa niha Hana」

全体が装飾花の丸い形をした「セイヨウアジサイ」は、 日本が原産地で、ヨーロッパで品種改良されたもの。
それが 逆に日本に戻ってきて また大人気です。



    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

「セイヨウアジサイ」は、学名が・・・オタクサ ???

2019年6月、『先生のお庭番』 朝井 まかて (著) を読みました。
先生のお庭番:朝井 まかて著 ~ Myブログ:あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート

幕末のころ 長崎出島にきた シーボルト は、
アジサイ属の新種の学名に 自分の妻「おタキさん」の名をとって
Hydrangea otaksa (ヒドランゲ オタクサ) と命名しました。

でも最近、「オタクサ」ってアジサイの名前(学名)見ないなと思ったら、もう使われていない。 o(*'o'*)o
これは  『Hydrangea macrophylla』  だそうです。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

さて、シーボルトは 日本の植物などに感銘を受け 採取・標本作成などをし、日本の植物を 広く西洋諸国に広めました。
 → フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト Wikipedia

『先生のお庭番』に描かれる シーボルトの薬草園と、 ヨーロッパへ届けようとした植物について 本の内容をまとめました。
知っている名前があると嬉しい。 
これまで見たことのあるものは、このブログへのリンクをのせました

しぼると先生と相談して 熊吉が阿蘭陀に送るために用意した植物 485種

 花木
里桜(さとざくら)糸桜(いとざくら)犬桜(いぬざくら)
八重咲きの梅、 蝋梅(ろうばい)金縷梅(まんさく)
椿(つばき)山茶花(さざんか)連翹(れんぎょう)山吹(やまぶき)雪柳(ゆきやなぎ)
梔子(くちなし)石楠花(しゃくなげ)、 萩(はぎ)、 空木(うつぎ)

 葉の美しい樹木
瓜楓(うりかえで)
小葉団扇楓(うちわかえで)伊呂波紅葉(いろはもみじ)榎(えのき)隠蓑(かくれみの)
戸練子(とねりこ) 白文字(しろもじ)犬槙(いぬまき)芭蕉(ばしょう)深山樒(みやましきみ)

 実の美しい樹
青木(あおき)紫式部(むらさきしきぶ)万両(まんりょう)

 実が食べられる木
橙(だいだい)、 朱欒(ざぼん)、 丸金柑(まるきんかん)、 無花果(いちじく) 仏手柑(ぶしゅかん)

 葉物
藤(ふじ)、 蔦(つた)類、 葛(かずら)類

 樹木の下草
擬宝珠(ぎぼうし)、 艶蕗(つわぶき)、 八手(やつで)、 風蘭(ふうらん)

 草花
牡丹(ぼたん)芍薬(しゃくやく)
鉄砲百合(てっぽうゆり)、 鹿の子百合(かのこゆり)、 鬼百合(おにゆり)、 野姫百合(のひめゆり)
野萱草(のかんぞう)、 菖蒲(しょうぶ)、 射干(しゃが)、 苧環(おだまき)、 蓬(よもぎ)、 薄(すすき)

 アジサイ
萼紫陽花(がくあじさい)、 甘茶(あまちゃ)、 蔓紫陽花(つるあじさい)、 新種の紫陽花 

『先生のお庭番』 では、のちに四郎兵衛となった熊吉を シーボルトの娘イネが訪ね、
シーボルトが出版した色刷りの書物 「ふろら・やぽにか」を届けます。
掲載された紫陽花の種類は多く ありとあらゆる品種が出てくるのです。
最後に 熊吉は、イネにこういう。
「こいの学名は、せんせいがつけられたとですよ」・・・「ヒドランゲ、・・・オタクサ」

萼紫陽花(がくあじさい)、 山紫陽花(やまあじさい)、 紅萼(べにがく)、
蔓紫陽花(つるあじさい)、 大紫陽花(おおあじさい)
甘茶(あまちゃ)、 玉紫陽花(たまあじさい)、 草紫陽花(くさあじさい)、 七段花(しちだんか)

 
先生のお庭番:朝井 まかて著 ~ Myブログ:あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート
 

 Myタグ 本・図鑑 
2021年06月21日 (月) | 編集 |
20210617_散歩 シリーズ


ナツツバキ の花が、見上げるところに咲いています。

IMG_0077_0617ナツツバキの花_400

IMG_0075_0617ナツツバキの花Zoom_400

シベがたっぷり。
IMG_0077_0617ナツツバキの花Zoom_400

右側に 茶色の実(の殻)もあります。
IMG_0070_0617ナツツバキ_400

花は葉の向こう側。 (*^_^*)♪
IMG_0071_0617ナツツバキ_400

めも:2021/06/17 PowerShot SX730 HS で撮影

 
◆ ナツツバキ(夏椿) Stewartia pseudocamellia  ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木
別名 シャラノキ

参考 ナツツバキ(夏椿) 松江の花図鑑
 
 
 Myタグ 花の色.白 場所_散歩.リョウブ通り 
2021年06月05日 (土) | 編集 |
20210602_プチ散歩 シリーズ


初めて見る場所の、ナツツバキ の花

花と蕾
DSC_1731_0602ナツツバキの花と蕾と葉_400

名前の通り、真っ白な椿の花みたいね
DSC_1728_0602ナツツバキの花Zoom_400

シベもたくさん
DSC_1732_0602ナツツバキの花Zoom_400

DSC_1735_0602ナツツバキの花と実と葉_400

茶色の実
DSC_1736_0602ナツツバキの実_400

ナツツバキの木 全体の様子
DSC_1727_0602ナツツバキの風景_400

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

こちらは、ヒメシャラ の花です。

スポーツ公園に行く途中の道はよく通っていましたが、
ヒメシャラ の木があることを
今までちゃんと意識していなかったようで、花を見るのは初めて。

小さいので目立たないけれど、たくさん咲いています。
DSC_1718_0602ヒメシャラの花たくさん_400

花だけ見ると、ナツツバキとよく似ていますね。
DSC_1721_0602ヒメシャラの花_400

DSC_1721_0602ヒメシャラの花Zoom_400

ヒメシャラの葉と枝ぶり
DSC_1719_0602ヒメシャラの葉_400

木全体の様子
DSC_1717_0602ヒメシャラの木_400

めも:2021/06/02 SW001SH で撮影

◆ ナツツバキ(夏椿) Stewartia pseudocamellia  ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木
別名 シャラノキ

参考
・ 樹木図鑑(ナツツバキ) - 木のぬくもり・森のぬくもり
・ ナツツバキ - 松江の花図鑑
 
◆ ヒメシャラ(姫沙羅) 学名:Stewartia monadelpha ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木

参考
・ ヒメシャラの特徴と美しさを解説-シャラノキとの違い、自然なシンボルツリーとしての植栽実例も紹介します
・ ヒメシャラ - 庭木図鑑 植木ペディア
 

 Myタグ 花の色.白 メモ.紛らわしい 場所_散歩.S通り 
2021年03月30日 (火) | 編集 |
NHK TV 「植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之 」

山田孝之が、植物の奇妙な生態を大胆な擬人化で語る!
大反響を呼んだ山田孝之の植物番組。
美しき植物の謎の生態を独自の解釈で読み解く。
【出演】山田孝之,林田理沙


植物に学ぶ生存戦略5 話す人・山田孝之  2021/3/25(木) 午後10:45~午後11:14
公式サイト 配信期限 : 4/1(木) 午後11:14 まで

山田孝之による異色の植物番組、第5弾。シュールな演出と本格解説で大反響を呼んできた。
今回は 「逆転の発想で繁栄する花」 「秘術で心を溶かす花」 「かわいい果実の忍法」 の3つ。
またしても予想を覆す展開が待っている。
4億年以上も命をつなぎ地球のあらゆる環境を生き抜いてきた植物たち。
柔軟で多様な生き方が今、響く。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

待望の新作(第4弾)は、2020年8月26日 (水) 夜10時50分!

You Tube [植物に学ぶ生存戦略4 話す人・山田孝之]
8/26放送決定! | 待望の第4弾! | 2分PR | NHK



昨夜(8/22)、TVをつけたら、 第2段 チューリップの話が始まっていました。
以前にも見たことのある番組、一気に眠気が吹っ飛んで、笑ったり 驚いたり。

林田アナウンサーは 「ブラタモリ」以降おなじみになっているので、
今回のリアクションが、なんとも言えず・・・。(どうやって笑いを噛み殺しているのかな)

次回 8/26 見逃さないようにしよう!



登場する花の写真を このブログで探しました。

◆ 第5弾 で特集された植物は、「ツバキ」「フクジュソウ」「シロツメクサ」。
山田孝之による異色の植物番組、第5弾。シュールな演出と本格解説で大反響を呼んできた。
今回は 「逆転の発想で繁栄する花」 「秘術で心を溶かす花」 「かわいい果実の忍法」 の3つ。
またしても予想を覆す展開が待っている。
4億年以上も命をつなぎ地球のあらゆる環境を生き抜いてきた植物たち。
柔軟で多様な生き方が今、響く。

椿(ツバキ)  メジロ ~ 夜の街に学ぶ生存戦略 「西麻布」 = セレブな戦略

椿 2021/03/07

メジロ 2019/02/03 Goo5
 ⇒ メジロ ~ キュートな野鳥たち

福寿草(フクジュソウ) ハナアブ  ~ パボラアンテナ風の花びらが太陽光を集め 冬に暖かい花は、虫に人気が!
(いかにもという福寿草の写真は未だ撮っていません。)

ドングリ リス 貯食散布

2012/12/05


◆ 第4弾 で特集された植物は、「オオバコ」「ハラン」「シロツメクサ」。
真面目な生存戦略が、すごく変わったやり方で表現されます。 (見てのお楽しみ)

・ 「オオバコ」   登場人物 「スキンヘッドのおじさん」
敢えて人間や動物に踏まれる場所に生息し、本来なら競合するであろう他の植物と競合しないという生存戦略を立てている

オオバコの写真は、ほとんど撮ったことが有りません。
話題といえばこちら
 ⇒ Myブログ:隙間(スキマ)植物を探そう!

・ 「ハラン」  登場人物 「俳優の岡田将生さん」
「ハラン」は、その花がキノコを擬態している
ハラン(葉蘭、学名: Aspidistra elatior)とは、スズラン亜科ハラン属の常緑多年草で、巨大な葉を地表に立てる植物である。
古名は馬蘭(バラン)
まさか ここには欄が登場するとは! 生えてるのはもちろん花なんて存在すら考えたことがなかった。o(*'o'*)o
ハランの花 → ハランとは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版

・ 「シロツメクサ」 登場人物 「社会的地位がとてつもなく高いジャンベさん」
シロツメクサの花は小さい花の集合体であり、その花が少しずつ咲くことによって花の新鮮さが長持ちしていると虫たちに誤認させ、有利に子孫を残している

説明されたようなことは、全く考えたことがなかったけれど、シロツメクサの花はたくさん撮影しています。

 ⇒ Myブログ:シロツメクサ
2016年01月10日

◆ 第3弾   ネナシカズラ、カラスウリ、キャベツ

・ ネナシカズラ ~ 奇妙な生態を解き明かし人生のヒントを探る。  

ネナシカズラは、未だ見たことが有りません。
番組に登場した「ネナシカズラ」氏に、林田アナとともに 唖然 でした。 (*^_^*)♪


・ カラスウリの花 ~ 「想像絶するズルイ植物」「夜に誘惑する花」…。 
 ~ ジュディ・オング 美しい!

カラスウリの花 は、これから 夜になると レースを広げる
カラスウリ

・ キャベツの巻いた葉 ~ 

キャベツは、大好き。 でも写真はありません。
花はナノハナに似ているけど、話の要点は、光合成ができないくらいにきっちり巻いた葉。
ナノハナやハボタンの花は ここには およびじゃないですね。

「あなたは、どんな花を咲かせ、どんな種をのこしますか?」山田孝之の植物番組、第3弾。
植物たちの奇妙で不思議な生態を大胆な擬人化で描き、大反響を巻き起こしてきた。
脚本は、山田孝之の話題作を数々手がけてきた竹村武司。
支えるのは植物学と映像のプロたち。予想を裏切る内容と本格生態映像が織りなす、魅惑の世界がそこに。

待望の新作は、 8月26日 (水) 夜10時50分!


◆ 第2弾 梅(ウメ) 、オオイヌノフグリ、チューリップ
俳優の山田孝之が植物の謎めいた生態や生存戦略を語り、大反響を呼んだ番組の第2弾。
第1弾を超える驚きの展開! 

・ 梅(ウメ) ~ 「ウメ」の偽花戦略や、不幸な名前の花の巧妙な仕掛け、
2012/03/25 梅(ウメ)

・ オオイヌノフグリ ~ 
2018/03/11 オオイヌノフグリ

・ チューリップ ~ 人間を利用し世界を征服した「チューリップ」の生き方を学ぶ。 ~ 球根 クローン
2015/04/18 チューリップ

◆ 第1弾 ツユクサ、セイヨウタンポポ、ヘクソカズラ

ツユクサ」の繁栄の戦術をキャバクラの経営で解説。

2016/11/06 

セイヨウタンポポ」では名前の仕掛けを、

2015/03/13

ヘクソカズラ」では匂いや毛で嫌な奴を選別する生き方を伝えた。

2015/09/16

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

参考
・ 【校長室より】「植物に学ぶ生存戦略・山田孝之」
・ 植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之 - Wikipedia
 

 Myタグ 野鳥 
2021年03月22日 (月) | 編集 |
20210319_散歩 シリーズ

2月はじめに見つけた可愛らしい蕾。 何のつぼみかしら?
咲いたらわかるだろう思うのだけど、待ってもなかなか咲きません。
 ⇒ Myブログ:2/4、2/26 何の木の蕾と実でしょうか

3/19 今日こそは、と行ってみると 咲いています、きれい!
ラッキー! お庭の持ち主が水やりをしていています。
写真撮影をお願いしたら、快くどうぞ! って。 少しおしゃべりもしました。(*^_^*)♪
『花は、椿。 神代植物園で小さな苗を買って育てたもの。うちではサクラツバキって呼んでいます。』 だそうです。

特徴は、柔らかそうな明るい緑色の葉と、シベの少ない花。

ツバキをまとめたサイトを、「私のお庭のしいちゃん」に教えていただきました。
ありがとうございます。 → 「ツバキ・椿・つばき」 ~和みの庭

そこで調べると、「原種椿ルチエンシス」 または、「カメリア・ルチエンシス(サザンカ)」が似ています。
香りがいいそうですが、そのことを知らずマスクもしていたので、気づきませんでした。


優しい雰囲気の薄桃色の花。

IMG_7636_0319サクラ椿の花_400

IMG_7628_0319サクラ椿の花Zoom_400

IMG_7629_0319サクラ椿の花と葉_400

IMG_7630_0319サクラ椿の花シベが少ない_400

IMG_7631_0319サクラ椿の蕾と葉_400

色んな花に囲まれています。
IMG_7635_0319サクラ椿の花_400

散った様子でツバキかサザンカかわかるのだけど、微妙・・・。
花がまとまって散ってからバラけたのか、ハラハラと散ったのか? o(*'o'*)o
IMG_7635_0319サクラ椿の花、散った花びら_400

めも:2021/03/19 PowerShot SX730 HS で撮影


2021/2/26 蕾の様子です。
 ⇒ Myブログ:2/4、2/26 何の木の蕾と実でしょうか


調べた結果の例です。

原種椿 ルチエンシス 学名は Camellia lutchuensis
白色 一重 極小輪 有香
自生地 : 西表島~奄美大島
(沖縄)ヒメサザンカとも呼ばれる原種で 香りが強く 交配により多くの香り椿が生まれている。

ヒメサザンカ「ルチエンシス」
科、属   :ツバキ科ツバキ属
分類    :常緑小高木
花期、色  :12月から3月、葉の脇に小さな白い花を咲かせる
        3センチくらいで一重咲き
原産地   :日本固有種で奄美大島から西表島にかけて分布
性質    :ツバキ属の中ではもっとも香りが強い
その他   :ニオイツバキなどの多くの園芸品種達の交配親となっている。

サザンカと言うと一般的にはツバキより開花が早いように思うのですが、このルチエンシスは3月も末になって開花するという花期の遅い花です。

 「ルチエンシス」で該当するサイト。
・ 原種椿ルチエンシス Weblog 「和みの庭」
・ 庭の四季を綴る カメリア・ルチエンシス
・ ルチエンシス お庭番o-plants.の庭三昧花三昧
・ ルチエンシス 松花堂庭園つばきマップ|松花堂庭園・美術館
・ 椿寿庵 「サクラ」 という品種名の椿 こころはコロコロ日録

 「サクラ と言う名の ツバキ」を探したけれど、ちょっと違います。
・ 洋種椿 サクラ アメリカで作られたミニ椿。 - みんなの趣味の園芸 つばきやまさんのアルバム
サクラ:椿(ツバキ) ~ (日本椿の苗木)

 新型コロナウイルス感染が収束したらぜひ行きたい!
・ 神代植物園

 Myタグ 花の色.桃色 メモ.わかりました 
2021年03月09日 (火) | 編集 |
20210307_散歩 シリーズ

ツバキ の花がみごと! 3種類の花が咲いています。
IMG_7263_0307椿1本で3色_400

白・真紅・白地に赤い筋模様
よく見ると 1本の木に3種類が咲いているようです、なんと 贅沢な!!

真っ白の花
IMG_7268_0307椿1本で3色_400

真紅の花
IMG_7266_0307椿1本で3色_400

白地に赤い筋模様の花
IMG_7264_0307椿1本で3色_400

IMG_7269_0307椿1本で3色_400

めも:2021/03/07 PowerShot SX730 HS で撮影


ツバキ(椿、海柘榴) またはヤブツバキ(藪椿、学名: Camellia japonica)は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹。
照葉樹林の代表的な樹木。
日本内外で近縁のユキツバキから作り出された数々の園芸品種、ワビスケ、中国・ベトナム産の原種や園芸品種などを総称的に「椿」と呼ぶ


 Myタグ 花の色.白 花の色.桃色 花の色.赤 
2021年03月05日 (金) | 編集 |

団地の花壇に、ツバキ の花が咲いています。

よく見ると 何!! 派手すぎ この花弁。 o(*'o'*)o

調べるとどうやら  紅唐子(ベニカラコ) 、紅卜半(ボクハン)というツバキらしいです。

DSC_1365_0304団地のツバキ、ベニカラコの花Zoom_400

DSC_1366_0304団地のツバキ、ベニカラコの花Zoom_400

DSC_1368_ベニカラコ又は紅卜半(ぼくはん_400

DSC_1367_0304団地のツバキ、ベニカラコ_400

DSC_1363_0304団地のツバキ、ベニカラコ_400

大きな花が まるごと落ちています。(左下)

めも:2021/03/04 SW001SH で撮影

ツバキ ベニカラコ 紅唐子  学名 Camellia japonica ‘Benikarako’ ツバキ科ツバキ属
関西では’日光(ジッコウ)’、中部では’紅卜伴’と呼ばれる

・ Camellia japonica 'Benikarako' ツバキ ベニカラコ 紅唐子 ~ 花と緑の振興センター

それにしても ツバキって品種が多いんですね。
花と緑の振興センターには約460品種、1150本のツバキ・サザンカを展示しています。 → ツバキ・サザンカ一覧

参考
・ 椿「卜伴錦(ぼくはんにしき)」 ~ peaの植物図鑑


 Myタグ 花の色.赤 はじめて!.花 場所_散歩.H団地 
2021年02月26日 (金) | 編集 |
20210204_散歩 シリーズ

2021/3/19 追記
久しぶりに通ると、咲いています。
特徴は、柔らかそうな明るい緑色の葉と、シベの少ない花。  
庭の持ち主に聞いたところ 「ツバキ」 だそうです。

「原種椿ルチエンシス」 または、「カメリア・ルチエンシス(サザンカ)」が似ています。
 ⇒ Myブログ:3/19 ルチエンシス、シベの少ないツバキの花

  ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2021/2/26 もう一度見に行ったけれど、蕾のままほとんど変化なし。


めも:2021/02/26 SW001SH で撮影

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2/4 散歩道沿いのお宅に植えられた木に、可愛い蕾がついています。

何の花でしょうか? Googleレンズで調べたけれど、全然わかりません・・・。

IMG_6777_0204なんの木の蕾?_400

実もありました。
IMG_6780_0204なんの木の蕾?と実CUT_400

IMG_6780_0204なんの木の蕾?と実_400

IMG_6776_0204なんの木の蕾?_400

来週あたりには、花が咲くかもしれませんね。 楽しみ~。 (*^_^*)♪

めも:2021/02/04 PowerShot SX730 HS で撮影

 

 Myタグ これは何??_花 これは何??_葉 これは何??_実 
2020年09月13日 (日) | 編集 |
20200911_散歩 シリーズ


ツバキ か サザンカ の実がなっています。 割れた実もありますね。

IMG_3984_0911ツバキの実_400

IMG_3985_0911ツバキの実_500

IMG_3985_0911ツバキの木_400

めも:2020/09/11 PowerShot SX730 HS で撮影

ツバキか? サザンカか? どっちかは知りたくも有りますが、
最近は、チャドクガが怖いので、いまいちじっくり見ないことにしています。 (*^_^*)♪

参考
Q) 実がなるのは 椿でしょうか? 山茶花でしょうか? - Yahoo!知恵袋
A) ツバキ、サザンカどちらもともに実がなります(*1)。
実があれば簡単に、そして比較的確実に見分けることができます。。
ルーペで観察するか、手で触ってみるとよく分かるのですが、果実に毛がなくてつるつるしていればツバキの実、毛があってざらざらしていればサザンカの実である可能性が高いでしょう(*2)。
これでおよそ8割くらいのツバキ、サザンカは見分けることができると思います。
あまり言われることがありませんが、じつはこの果実(開花時には子房)の毛の有無が、ツバキとサザンカを見分ける簡単で、かつ比較的確実性の高いポイントです(*3)。

サザンカ (山茶花)  Camellia sasanqua.  ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹。

ツバキ(椿、海柘榴) または ヤブツバキ(藪椿、学名: Camellia japonica)は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹。
照葉樹林の代表的な樹木。
日本内外で近縁のユキツバキから作り出された数々の園芸品種、ワビスケ、中国・ベトナム産の原種や園芸品種などを総称的に「椿」と呼ぶ


 Myタグ 場所_散歩.S公園 メモ.紛らわしい 実.茶色 
2020年04月08日 (水) | 編集 |
 → 20190324_散歩 シリーズ

2020年4月 外出が自粛される昨今。植物観察もちょっと控えています。
その分、撮りためていた未整理の写真を 紹介しますね。

去年は、お花見のころでしたね。 提灯並木に グッとくるものが。 (*^_^*)♪
 ⇒ Myブログ: 2019/3/24 サクラが咲き始めたよ


2019/3/24 桜並木は お花見の準備です。
R0042255_20190324S公園のツバキ白と桜並木お花見準備_400

大好きなヤブツバキ(藪椿)
R0042253_20190324S公園のヤブツバキ_500

R0042252_20190324S公園のヤブツバキcut_400

凛としています。
R0042252_20190324S公園のヤブツバキ_400

紅白のツバキが並んでいます。
R0042254_20190324S公園のツバキ紅白_400

真っ白のツバキもステキですね。

R0042246_20190324S公園のツバキ白_400

優しい雰囲気
R0042250_20190324S公園のツバキ白_400

R0042248_20190324S公園のツバキ白_400

R0042247_20190324S公園のツバキ白_400

めも:2019/03/24 CX2 で撮影

 
ツバキ(椿、海柘榴) またはヤブツバキ(藪椿、学名: Camellia japonica)は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹。
照葉樹林の代表的な樹木。
日本内外で近縁のユキツバキから作り出された数々の園芸品種、ワビスケ、中国・ベトナム産の原種や園芸品種などを総称的に「椿」と呼ぶ

 Myタグ 花の色.白 花の色.赤 場所_散歩.S公園 
FC2 Management